SSブログ

今がチャンス。国民が声を上げれば政権を倒せる。だが、それに気づかぬ人もいる? [A政権について]

99127667_3838107646263511_3874689868319686656_n.jpg

今がチャンス。国民が声を上げれば政権を倒せる。だが、それに気づかぬ人もいる?

小泉今日子さん。本当に凄い!「検察法改正案反対」だけで終わらず、総理批判のツイートまでしている。根性あるわ〜。多くの人が彼女に賛同、賞賛した。が、気になることもあった。こんなコメントをした知人がいた。

「小泉さん。素敵! 彼女のツイートをきっかけに、他の芸能人も声をあげて欲しいと思います」

ちょっと待てよ。違うだろ? 何で芸能人に期待するの? 芸能人は批判されやすい、すぐに「政治的発言」と言われる時代に彼女は声を挙げた。それを見てなんで「他の芸能人も」になるの? 「だったら私も!」でしょう? 何で観客席から声援を送るようなことしかしないのか? その女性に聞いたらこんな答えが返って来た。

「だって、私は普通の主婦だし、何もできない。Twitterのフォロワーも少ない。私なんかが反対しても何も変わらない。小泉さんのように有名な芸能人が声を上げた方が拡散される。私は平凡な主婦ですから...」

違う。主婦だってツイートできる。「#検察法改正に反対します」と発信することができる。皆に呼びかけることができる。が、彼女は何もしない。さらにこういう。

「そんなツイートをしたら、いろんなことを言われる。批判される。怖い。私には何もできない。芸能人やマスコミが頑張らないと日本を変えることはできないんです」

アホか!と言いたかった。この発想は選挙時も同じ。「私1人が票を入れても変わらない。どうせ自公が勝つんだ。だから投票に行かない」同じことを何十万人も考えた結果、自公が勝った。ここ数年の投票率は50%前後。多くが選挙に行かない。だからあの政権が生まれた。彼女が今回思ったのも同じ。「私は無力」「マスコミ、芸能人がやるべき」その発想が日本をダメにしてしまったのだ。

一般の人が声を上げる以上に、芸能人が声を上げることは危険。干されて仕事を全て失うかもしれない。拡散力もあるが、批判も多い。それを遠くから見て「他の芸能人も頑張れ」は違うだろ。「私も声をあげよう」になぜならないのか? 今は大きなチャンスだ。声を上げても、その一つ一つ潰す余力は政府にない。小さな声が集れば大きな声になる。声をあげよう。「反対」と言おう。「さよなら安倍政権」と言おう。その声が日本を必ず変える。



IMG_1219.jpeg
nice!(2)  コメント(0) 

amazonプライムでこの映画が観れるなんて!「快楽の漸進的展開」 [映画感想]

amazonプライムでこの映画が観れるなんて!

「フレンズ」(テレビドラマの方じゃないよ)は1971年に日本でも大ヒットしたティーンエイジャーのラブストーリー。「小さな恋のメロディ」公開と同じ年で話題になった。そのヒロインを演じたのがフランスの女優アニセーアルビナ。日本でも大人気。フランスではその後も多くの映画に出演したが、日本公開はなし。

ようやく1980年になってからデザイナーの高田賢三が監督した「夢・夢のあと」が日本公開。サントリーのCMにも出演したが、その後の作品も未公開。そして若くして死去。作品は撮影されるたびに「ロードショー」「スクリーン」で紹介されたのでタイトルは知っているが、全く観れていない。それが何と
99288513_3845077378899871_2938369233806950400_o.jpg

50年近い時を超えて、amazonプライムで配信されている。驚き。

この映画。当時は「快楽の漸進的展開」というタイトルで紹介。期待してたが、日本では未公開。フランス映画はなかなか見る機会ないので、amazonは本当に凄い。



IMG_2850.jpeg
nice!(0)  コメント(0) 

この映画。観た人いるかな?シリーズ。 「ローラーボール」 [映画感想]


98186869_3845124698895139_5165994931440844800_o.jpg

この映画。観た人いるかな?シリーズ。

「ローラーボール」1976年公開。その少し前に日本で流行ったローラーゲームを進化させたような感じ。それが未来のメジャースポーツになり人々は熱狂する。でも、その裏に隠された目的が.....、監督は「夜の大捜査線」のノーマン・ジェイソンなので、単なるSF映画ではない。主演は「ゴッドファーザー」のジェームズカーン。僕が映画館で観た2本目か3本目の映画。中学生だった。




IMG_1219.jpeg
nice!(0)  コメント(0) 

コロナ感染で映画人が絶体絶命の危機! どんな状況なのか? [コロナウイルス]

90556218_3601580806582864_2319445093330714624_o.jpg

コロナ感染で映画人が絶体絶命の危機! どんな状況なのか?

4月7日に発令された緊急事態宣言。先日解除されるまでに、ほぼ2ヶ月近く。飲食店やライブハウスの収入が激減。倒産、店じまいの危機に晒されていること、テレビで報道されている。が、マスコミが伝えないのは映画、ドラマのスタッフ。ほとんどがフリーなので、製作が止まれば賃金は支払われない。

昔と違い、スタッフのギャラも低下の一途を辿り、若いスタッフは貯金がない者も多い。「撮影していれば、とりあえず飯が食えますから〜(ロケ弁出るから)」という後輩もいる。そんな中で2ヶ月も仕事がないことは本当に大変。僕なんか1人身だから食えなくても何とかなるが、妻や子がいる人たちも多い。また、緊急事態宣言が解除されても、直ぐに撮影再開にはならない。

撮影こそが究極の三密。ラブシーンもある。ロケバスは人でいっぱい。スタジオの撮影も同様。どのテレビ局も製作会社も感染対応に右往左往。そのために撮影は直ぐに再開されない。そんな時友人から給付金や支援金の精度があることを教えてもらった。なかなか来ない政府が出す10万ではなく(昨日、ようやく届いたけど)他にもいろいろあるという。

何か「モーニングショー」で解説していたな〜と思い出したが、自分が適用範囲ということに気づかなかった。少し前に「早く出した方がいいですよ」と急かされて作業。しかし、書類を整え、書き込み、という作業は本当に難しい。シナリオを書く方が楽? 承認されるか?分からないが、いくつか申請。そんな一つ。Netflixが映画人1人に10万円の支援金という応援をスタート。千人まで受け付けるという。それが昨日から始まったのだが、同日の午後8時に予定数を超えた。

映画関係者って全国で1000人以上いるんだなあ。と呑気なことを考えていたが、生活がかかっている。そうだ。他の友人にも教えてあげようと数日前に、特にその手の情報に疎い人たちに連絡した。ら、全員知っていて、すでに申請したと言われた。知らなかったのは、おまけに申請もまだしていないのは僕だけだった....。みなさん。しっかりしている。



60764999_2681749791899308_369149531398340608_n-8d7ef-51fa7.jpg
nice!(0)  コメント(0)