SSブログ
日本人の問題 ブログトップ

日本人は悲観主義者を大人と考え、楽天家を軽蔑=だから時代が変わらないのだ。 [日本人の問題]

60360099_2681381781936109_4371430164978991104_n.jpg

日本人は悲観主義者を大人と考え、楽天家を軽蔑=だから時代が変わらない。

「安倍も菅も同じだ。総理が変わっても何も変わらない!」

そう主張する人の話を先に書いた。非常に違和感のある意見であり、ズレている。そこで安倍と菅はこんなに違うこと。記事にした。おさらいすると、安倍は頭がおかしく常識がない。違法行為でも平気でやる危険なところがある。賢い人ではないが、巨悪と言える。対して、菅は小役人。平気で無茶する安倍がバックにいたから、強気になれただけ。人の上に立てる才覚はなく、今は見るも無残な姿を官邸で晒している。

その他、戦争についても書いた。マスコミも安倍は恐れたが菅に対しては平気で支持率30%と発表。その辺を見れば安倍と菅が同じでないことは分かる。菅が小物であり、総理をやる器ではないことも痛感できる。なのに「安倍も菅も同じだ!」と言う声を聞く。「何も変わらない」いや「より悪くなった」とまでいう。歴史の改竄についても先の記事で節明。菅政権になり歴史修正が弱まっていることも紹介した。

にも関わらず、的はずれな指摘をする人が多いのはなぜか? それは「菅嫌い」「安倍、最低」と言いながら、自分が嫌う政治家について詳しく知らないから。テレビで見た発言で嫌悪感を持った。新聞が批判していた。見るからにズルそう。「消費税あげた」「不況対策ができない」「コロナ対策が遅い」ということで「嫌い」というレベルに思える。

未だに菅が安倍政権の方針を引き継いだ後継者だと思っている人。安倍の傀儡であると考える人。その辺も違うことを先に節明した。ではなぜ、「安倍も菅も同じ」なんてズレた発言そうすのか? 例えばこう言うとどうだろう?「安倍は最低だが、菅は単なる無能なおっさんだ」そんな指摘を聞いてどう思うか? それより「菅も安倍と同じだ。いや、菅はもっと酷い!」と言う方が力強く聞こえないか? 政治に詳しく、勇気を持って声を上げているように思えないか?

その背景にあるもの。日本人はオプチティミスト(楽観主義)が嫌いなのだ。こう批判する。「現実を見ていない。考えが甘い。楽天家だ! 世の中厳しい」といいたがる。対してペシミスト(悲観主義者)を評価する。「世の中は悪くなる一方だ。さらにひどくなる。より厳しい日々が続く」てなことを言った方が、現実をよく認識、その中で確実性を持って進んでいるようなタイプに見てしまう。こんなセリフは聞いたことはないか?

「君のためになるので、あえて褒めないで厳しい指摘をしよう」

勝ってカブトの尾を締めるとか、より現実を厳しく見つめることが大事という思いが大事!と言う認識が日本人にはある。だから、オプティミストより、ペシミストを評価する。昭和40年代の「根性もの」もそうだった。鬼コーチに厳しく指導され、褒めてもらえず、耐えて頑張ることが大事だと教えていた。だが、現実的に成功するのはオプティミストだ。「あれもダメだ。これもダメだ!」と言っている奴が成功したのを見たことがない。

「黙って我慢して耐える」「己の非力を理解して身の程を弁える」「勝てもしない戦いに挑むのは馬鹿者だ」そんな思いを、日本人は引きずっている。縛られている。だから「菅は戦争する気はない」と指摘しても「甘いんだよ」「安倍と同じだよ」「現実を見ろ」と言いたがる。厳しいネガティブな意見をいうのが大人であり、現実的だと考える。だから、菅についてロクに知らないのに、こういうのだ。

「菅も安倍と同じだ。総理が変わっても何も変わらない!」

自分は現実を理解する大人だ。観測的な希望を掲げたりしない。そんな深層心理が働いて、そんな事実ではない発言をしてしまう。いつまでも自民党を引きずり下ろせないのは、多くの日本人がペシミストで、ネガティブな意識に縛られ、ただただ耐えて、絶望的なことを呟くことが大人だ、巨悪には勝てない!という思い込みをしているからではないか? いつの時代も勝つのはオプティミスト。楽天家が後先考えずに行動したときに、時代が変わるのだ。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

ボランティアの意味を理解しない日本人=大企業に利用される愚かな庶民?ー改訂版ー [日本人の問題]

179956186_5411236952283898_4002847042483685306_n.jpg

日本人は「金儲け」というと「良くないこと」だと考えることが多い。「結局、金のためか?」と批判する人もよくいる。が、どうも最近、その発想は、裏で金儲けしている連中の隠れてミノになっているような気がする。一番分かりやすい例でいうと、オリンピック。昨年からボランティア・スタッフを募集。真夏の太陽の下で、ただ働きする人を集める。医者までボランティアで呼ぶという。だが、それらを管理にするパソナのような会社には莫大な経費が払われる。

「オリンピックを成功させるためだから、賃金がなくても頑張ろう」

という人たちの心を利用した金儲けだ。同じことは毎年、夏のテレビ番組でも行われる。「愛は地球を救う」と言って寄付を集める。「恵まれてない人たちに、愛の手を、障害者に車椅子を」とか有名タレントたちがテレビから呼びかけて寄付を募る。

だが、タレントたちはボランティアではなく、ギャラをもらっている。テレビ局はスポンサーから何億円という莫大な広告料をもらっている。国民は身銭を切り「困っている人のために」と寄付するが、タレントや局は大儲け。メイン司会だとギャラは1000万と聞く。その種の番組は通常より高い広告料を取るが、その収入から寄付することはない。視聴者から集めた寄付だけが使われる。それが「愛は地球を救う」という意味なのだろう。

明石家さんま。かつて番組のオファーを受けた時「ギャラは全部、寄付したい」と言ったら局側は「それはできない」といい、出演辞退。たけしも、同様の裏を指摘。出演したことがない。これもオリンピックと同じ構図だ。ボランティアを利用して金儲けする、この商法。先に挙げた日本人の「金儲けは良くない」という発想を利用したもの。慈善事業は美しいと思わされている。

「ボランティアです」「お金のためではありません」「さあ、あなたも!」

その裏で企業は大儲け。庶民は非常にうまく利用され、踊らされている。オリンピックも同様なのだ。



m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

日本人はアメリカを知らない。分かった気になっているだけ=だから、現実を見ることができない? [日本人の問題]

181658961_5419392764801650_8698161613899976685_n.jpg

日本人はアメリカを知らない。分かった気になっているだけ=だから、現実を見ることができない?

中学時代からアメリカ映画ばかり見ていた。テレビでは「刑事コロンボ」「刑事コジャック」「スタートレック」「バイオニック・ジェミー」「チャーリーズエンジェル 」とアメリカドラマ。音楽はB・スプリングスティーン。ビリージョエル。Cベリー。ハンバーガーを食べてコーヒーを飲む。80年頃はテレビ朝日がCNNを放送。テレビ神奈川がMTV。しっかり見ていた。アメリカ三昧?!日本にいてアメリカ生活?

「スクリーン」「ロードショー」も読んでいたからアメリカ映画界のこともバッチリ! 出来ないのは英語だけ?と言う状態。映画を見ているとアメリカの生活、習慣、価値観、歴史、事件、政治も学べる。だから、留学しても何も困らないと思っていた。が、アメリカで生活してみると知らなかったことがいろいろあった。文化芸術面ではアメリカ人より詳しい(英語学校の先生と懐かしのアメリカドラマの話なんて出来るのはクラスで僕だけ!)だが、生活面となるとそうでもなかった。当たり前のことを知らなかった。

お金にしても、日本人の大人なら会社に行く時は財布に数万円入っている。帰りに飲み会あるかもしれないし。営業中にサボって映画見たりするかもしれない。飲んでで遅くなりタクシーで帰宅するかもしれない。が、アメリカ人はキャッシュで持つのはせいぜい50ドル〜100ドル。1ドル=100円とすると、1万円ほど。多くの人がクレジットカードを使う。今でこそ、日本でもキャッシュレスとか言うが、アメリカでは80年代からそんな感じ。

理由は治安の悪さ。道歩いていても強盗に遭うことがある。銃やナイフを突きつけられる。その時に渡すためのキャッシュが50〜100ドルなのだ。最低40ドルは持っておけと言われた。でないと、強盗が「なにー!10ドルしか持ってない?こっちも体張ってやってたんだ!」と憤慨して殴られたりする。が、40ドルでも盗れれば「少ないけどまあ、いいか」と納得するらしい。こちらも40ドルで殺されなければいいか?と言うこと。それがロスアンゼルスの常識だった。

大きな買い物はクレジットカード。あと、財布にキャッシュは入れない。ズボンのポケットに分けて入れる。右に40ドル。左に50ドルとか。レジで財布開くと、客を装った泥棒が中身を確認。金が入った財布の主を尾行。人通りのない道まで来て襲撃。財布を奪うと言うことをする。だから、日本のように財布にキャッシュ、身分証、クレジットカードを全部入れたりしない。なのに多くの日本人観光客は財布にドルを入れてショッピング。レジで財布を開いて支払いをする。だから、よく狙われる。

アメリカ映画をかなり見ていたが、そのことは知らなかった。日本人旅行者が知らないのは当然だ。他にもいろんなことがある。ガイドブックには「**人を見たら注意」とか書かれていない。差別に繋がる。しかし、貧しい人たちには犯罪に走る人が多い。注意が必要なのだ。が、その事実は日本のニュースでも絶対に報道しない。偏見を煽ることになる。(マスコミは情報を脚色したり、大切なことを伝えないことが多い)そんなふうに日本にいると、知ることができない悲しい現実がたくさんある。旅行では分からない。何年も住んでみないと分からない。

一番危険なのは、その種の事実を知らないのに、マスコミ情報だけで分かったつもりになり、日本の価値観や道徳で判断。批判したり攻撃したりする人たちがいる。不法移民問題もその一つ。移民と不法移民は違う。後者は犯罪者だ。にも関わらず日本では「かわいそうな人たち」と解釈することが多い。そこから誤解と事実誤認が始まる。そうやって誘導する人たちもいる。アメリカのことを考えるなら、まずアメリカを知ることから始めるべきだ。多くの日本人はアメリカについて何も知らないと思った方が正解。そうすれば、いろんな事件も読み解くこともできる。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

日本は今も鎖国状態?=情報があるのに状況を理解していない。 [日本人の問題]

181209263_5419414201466173_2596886067539254303_n.jpg


日本は今も鎖国状態?=情報があるのに状況を理解していない。

ロスアンゼルスは犯罪が多く危険と言われても、留学時に僕を訪ねて来た日本の友人の多くは東京気分。カフェでバッグをテーブルに置いて料理を取りに行く。レジで財布からキャッシュを取り出して買い物をする。「犯罪者に狙ってください!」と言わんがばかりの行動をする。

彼らは日本の価値観とルールに従い行動しているのだが、その前提として「LAも東京と同じ。安全な街である」と認識していないが、理解はしてない。正確に言うと「ここはLA」は認知している「LAは危険」と言うのも理解している。「では、東京とは違う行動をせねば、危険な目に遭う」と言う思考ができていないのだ。

考えれば誰でも分かることだが、友人のほぼ全員がそれを強く意識していなかった。多くの日本人観光客も同様。その街に住む人たちはアメリカの価値観で、ルールで生きている。犯罪者であれば、獲物を狙って少ないリスクで仕事をしようとする。そんな中で「狙ってください!」と言う行動を取るのが日本人観光客。島国で、教えられたこと。ルールが染み込んでいて、母国を出ても、それに縛られる。多くが日本人である国で長年暮らすとアメリカは「違う」と言うことが認知できない。感覚が麻痺するのだろう。

それで気づいたのが、日本人は日本にいても、海外を日本の価値観やルールで判断、理解したつもりになり、批判したりしている。まずいことに日本のマスコミが流す情報は脚色されたものが多く、都合の悪いものは流さない。それを日本人は鵜呑みにし、日本の価値観で判断、分かった気になる。外部からの情報があっても、これでは鎖国状態。

北朝鮮は海外のインターネットと繋がらない。テレビでは「北はアメリカに牛肉を贈った」とか嘘のニュースが流れ「総書記、万歳」。日本は情報があっても、同じ結果に陥っている。だから、巨悪を支持したり、正しいものを否定。見え見えの悲しみに同情し、支援したり。誘導されている。ただ、北は最初から情報が遮断されていることは知っているが、日本は「十分な情報を得ている」と思っている。どちらが怖いのか? 考えてしまう



m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
日本人の問題 ブログトップ