SSブログ

「Beyond JFK」ケネディ暗殺を分析するテレビ番組 [事件]

スクリーンショット 2020-05-27 8.17.09.png

「Beyond JFK」ケネディ暗殺を分析するテレビ番組

映画「JFK」公開時放送されたと思われるテレビ特番。内容は映画版を踏襲しているが、編集のテンポがなく延々とインタビューを紹介したりするので退屈。ただ、劇中で登場するミスターX(ドナルド・サザーランドージャックバウワーの父?)のモデルとなった人物のインタビューは初めて見た。

当時の記録映像は多用。本物のクレイ・ショー。デビッド・フェリー、オズワルドを紹介。オリバーストーン監督は限りなく本物に近いキャスティングをしていたことも分かる。主人公のジムギャリソンもインタビュー映像があるが、彼だけは全然似ていないケビンコスナー。

ある意味でギャリソンはマスコミや世間に山本太郎的な扱いをされている。正しいことを伝えているのに、バカ扱い。いつの時代も真実に迫ろうとすると寄って集って潰そうとするのか。

あと、この番組を見て、先日放送された「NHKスペシャル」の「ケネディ暗殺」がいかに酷いものであったか?を再確認できたのは良かった。amazonプライムで見られる。



IMG_2850.jpeg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

検察の定年延長問題。なぜ、今、なのか?を推理した=もしかしたら....もしかしたら! [事件]

96018235_3748897568517853_9108162730300276736_o.jpg

検察の定年延長問題。なぜ、今、なのか?を推理した=もしかしたら....もしかしたら!

芸能人からも反対の声が上がり、かなり大きな問題となっている。すでに中身はご存知の方が多いと思うので簡単に説明。検察官の定年は63歳。それをこの1月に黒川検事長だけを延長、特例扱いにする閣議決定が行われた。なぜか? 

その黒川こそが現政権でヤバくなった人たちを起訴せずに逃した張本人。その彼が2月で63歳で定年になるのを止めたかったから。それがバレたので、特例ではなく検察官の定年年齢を上げるということで、後付けしようという法案が国会に提出。それが大きな波紋を起こしている。

黒川がトップの検事総長になればさらに65歳まで定年が延びる。つまり、現総理が任期を終えた後に、告訴され逮捕されたときに助けてもらえるセーフティネットにするため。と指摘されている。

報道番組ではそこまで言わないが、感づいた国民が怒りの声をあげた。いつもは政治にコメントしない芸能人までが数多く批判。あのKYON2までツイートで反対。だが、与党はまた以前と同じように強行採決しようとしている。が、ちょっと待って欲しい。では、なぜ、コロナ感染で大変な時に、そんなことを国会に持ち出したのか?

「決まってるだろう。コロナ禍で皆が気づかない内にこっそり決めたいんだよう」

そうだろうか? こっそりやらなくても、これまでも集団的自衛権、特定秘密保護法等は堂々と強行採決している。こっそりやる必要はない。むしろ、今だと目立つ。さらなる批判をされる。支持率も落ちている。こんな時になぜ、言い出したのか? そして、すでに陰謀があることはバレて検察のOBにまで批判されている。なのになぜ? ここは批判を避けるために先延ばしにすれば?と思える。

総理の任期は来年秋?まで。急ぐ必要はない。なのになぜ、今なのか? 最近、彼の顔色はかなり悪い。崩れ落ちそうにさえ見える。持病も限界だと聞く。もしかしたら近々、辞任をしようと考えているのではないか? だから、来年でもいいのに今、検察を抑え込もうとしている。「近々、特権がなくなり、逮捕される状態になるから」来年の任期前、近い内に辞めるので、早くセイフティネットが必要ということではないか?

事情通の知人からは「本人は昨年暮れから、もう辞めたい...」と漏らしていると聞く。持病に一番悪いのはストレス。特効薬も限界まで使用しているらしい。体が持たない。顔色。肌ツヤに出ている。なのに周りが止める。まだまだ、甘い汁を吸いたいから。バレたら彼らは「総理の指示でした。逆らえませんでした」というだろう。本当に問題なのは彼らなのだが、世間はあの人を攻撃する。だから今なのだ。そんな結末。間も無く出るということかもしれない。



asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ケネディ暗殺に興味のある方にオススメの3作 [事件]

96092098_3745587132182230_1997741477240766464_o.jpg

ケネディ暗殺に興味のある方にオススメの3作。

先日のNH K「未解決事件/ JFK暗殺」があまりに酷くて未だに気分が悪い。さらっと放送したならまだ「NHKってズレてるね」で済んだが、前編で物凄い真相を明かすかのようのナレーション。「NHKだからできた」「NHKの総力を上げて作った」的な言葉を繰り返し、蓋を開けたら30年前の映画「JFK」の足元にも及ばない中身。思い出すのは宣伝で「安倍政権に切り込む」的なことを言いながら、昔ながらのドラマ「事件記者」ものだった映画「新聞記者」。

この手のやり方。同じ映像の仕事をしている者として本当に情けない。中身ないのに思わせぶりで視聴率を取る。観客を動員する。それは反則。ただ、それらの手法は映画界でも昔はあった。「スナッフ」と言う映画は「劇中で本当の殺人が行われる」と言う触れ込みで宣伝。確かにそれと思える場面が最後にあるが、明らかにやらせ。でも、引っ掛かった人は多く映画はヒットした。

先の2つもそれと同等。だが、多くの人がそれに乗せられて「素晴らしい」とか言うことが多いので、またため息が出る。幸い「未解決事件 JFK暗殺」を絶賛する声はまだ聞いていないのが、ご覧になり消化不良の方にオススメしたいのが下の3つ。映画ならオリバーストーン監督の「JFK」。この映画の下敷きになったのが、ケビン・コスナーが演じたジムギャリソン検事自身が書いた「JFK ケネディ暗殺の謎を追え」だ。これにプラスαしたのが映画版。

そして日本のジャーナリスト落合信彦が書いた「20世紀最大の謀略」これは以前発売された「2039年の真実」に加筆したもの。チョツト胡散臭い作家だが、この本では非常に詳しく暗殺計画を解明している。いずれもNHKの百倍詳しく、鋭い指摘をしている。

果たして「未解決事件」のスタッフをこれらを確認した上で番組作りをしたのか?していたら確信犯だし、していなければテレビマン失格。興味ある人は、どれかをぜひ。一押しは映画「JFK」だ。映像で見るのが一番分かりやすい。マジック・バレット(魔法の銃弾)の解明は文章では伝わりにくい。ぜひ。



60764999_2681749791899308_369149531398340608_n-8d7ef-51fa7.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

NHKスペシャル「未解決事件」JFK暗殺=酷すぎる!あえていう。クソだ! [事件]

95142704_3739964119411198_3366512340039106560_n.jpg

NHKスペシャル「未解決事件」JFK暗殺=酷すぎる!あえていう。クソだ!

酷かった!なんじゃこれは〜という感じ。30年前の映画「JFK」以上のことは何も判明していない。なのに「すごいぞ」「すごいぞ」という前振りばかり。「JFK」の方が遥かに詳しい。

明らかに的外れの仮説もあったーオズワルドが逮捕された場所を番組スタッフは知らないのか? 映画館だよ! 東京のミドリは初披露だったが、本筋とはほとんど関係ない。ジャックルビーの動機をなぜ追求しない。暗殺の時ー大統領の車が走った道。エルムstはいつもは一方通行。誰が逆走を許したの?その権限があるのは誰?その辺もまるで触れない。

もう10年以上前にはサム・ジアンカーナが計画に参加したことも言われているが、それにも触れず。動機がFRBやベトナム戦争にあることも避けて通る。「歪んだ愛国心」で通そうとする。グラシノールからの狙撃を新事実のように紹介していていたが、そんなことは30年以上前から言われている。

昨年見た最悪の番組がある。それも同じNスペ「日航123便墜落事件」もっと酷かった。ウソで塗りつぶした現実のみ。あれでは政府の陰謀隠しのためのプロパガンダ。そんな番組作る局なので、ケネディ暗殺はそもそも無理。

中身ないのに思わせぶりな演出、変なプライドを感じる。「NHKだからできた」的なナレーション。中身は30年前以下。腐ってるね。この局。もし、ケネディ暗殺に関心のある方はぜひ、オリバーストーン監督の「JFK」を見て欲しい。1万倍素晴らしい。


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

週刊文春ー話題の記事。朝1番に書い、マックで読み始めた。が、辛すぎる。 [事件]

90704481_3585057048235240_2852307813001068544_n.jpg

週刊文春ー話題の記事。朝1番に書い、マックで読み始めた。が、辛すぎる。

辛すぎて、一気に読めない。財務省職員の苦悩。追い詰められ死を考える。

誰のせいか? そう、あの能天気な人の軽々しい発言がきっかけだ。




asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ANAインターコンチネンタル・ホテルへの批判するのはおかしい=状況を整理してみよう! [事件]

P1040031.jpg

ANAインターコンチネンタル・ホテルへの批判するのはおかしい=状況を整理してみよう!

「圧力に負けた」「ニューオータニと同類」との批判が出て来た。が、その批判は的外れであることに気づいて欲しい。比較しよう。ニューオータニは最初から官邸に忖度して口裏合わせをした。が、ANAホテルは明細、領収書等で「どこも特別扱いはしていない」ことをメールで辻本議員に伝えた。

対して総理はホテルに電話をさせて回答を得る。「営業の秘密で含まれないものもあると」とホテル側が言ったとしたが、その後マスコミの質問に対してホテル側は「営業の秘密とは言ってない。例外はない」と回答。総理発言を否定した。

その後、再びマスコミがホテルに連絡したが「業務内容に関しては個別のことは口外できない」と返事をされる。ここで「圧力だ」「政権に屈した」「ニューオータニと同類だ」と言う人が出て来た。が、よく考えて欲しい。オータニの場合は圧力を食らう前から忖度して5000円のバイキングの件を明快に答えていない。対してANAホテルは領収書、見積もりの件を正確に答えている。

そして最初から「前夜祭のこと」とは言っておらず、基本姿勢を伝えている。圧力があった後も「個別のことは口外できない」と言い。姿勢は変わっていない。どちらも「前夜祭」の件には触れていない。にも関わらず「圧力に負けた」との指摘はおかしい。もし、ホテル側が「例外もありました。訂正します」と言うなら「圧力に負けた」白を黒と言ったことになるが、そうではない。

では、なぜ批判が出たのか? まず、マスコミが関心を持たれるように官邸の圧力で答えが変わったかのように報道。世間も「どーせ、ニューオータニと同じになる」と言う先入観から「負けた」と思い込む。それが今回の構図。そこで間違った批判が出た。ただ難しいのは「圧力」は実在したと言うこと。「それなりの人が謝罪に来た」と自民側が発言。呼びつけてあれこれ怒りをぶつけたのだろう。脅しもあったはず。

ホテル側は報復をされないように注意する。が、「先の発言を撤回」とは言っていない。なのにANAホテルをツイートやFacebookで批判するのは違うだろう。考えて欲しい。あなたが書いた首相批判ツイートを官邸の関係者が読み。電話がかかる。「あのツイートについてお話を伺いたい。明日、官邸まで来て欲しい」と連絡があったらどうだろうか?ツイートの削除要請、「勘違いでした」とツイートして欲しいと言われたらどうするか?

「それでも戦う」と言うのならいい。そのことで別件逮捕されたり、国税庁が査察に来たりする可能性もある。勤める会社に官邸からクレームが行くかもしれない。そのくらいのことは朝飯前の政府だ。にも関わらず、ANAホテルは前言を撤回していない。それを評価すべき。もちろん、今後、本当に圧力に屈して前言撤回することもある。その時こそ「同類!」と批判すべきなのだ。でも、現段階ではそうではない。安易な批判をしてはいけない。


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

あなたも誘導されている?=ゴーン事件と原発事故報道の構図は同じ! [事件]

IMG_3044.jpeg

あなたも誘導されている?=ゴーン事件と原発事故報道の構図は同じ!

原発事故をきっかけにあれこれ勉強したことで、いろんなことを知った。映画「朝日のあたる家」でも描いたが、原発をやっているのは電力会社。そこは「電気を大切ね」とかテレビCMをバンバン打っていた。当時、その意味に僕は気づかず大バカ者だと痛感したのだが、CMは競合相手の会社がいる場合にするもの。ホンダならトヨタ、日産。SONYならPanasonic。ANAならJAL。でも、当時は東京電力のライバル企業はない。関西電力のライバルもいない。なのになぜ、CMを打っていたのか?

要は広告料という名の賄賂。500億円ほどの宣伝費をテレビや新聞、雑誌にばら撒くことで、大手優良スポンサーとなる。局や社のお得意様になる。そんな電力会社に都合の悪いニュースは流さないよね? 原発は小さな事故をよく起こしていたが、ほとんどニュースにならない。危険性を感じさせる事実や批判も報道されない。そうやって原発安全神話を築いていった。「日本の原発は優秀だ。チェルノブイリとは違う」多くがそう信じるようになった。

が、現実は世界に類を見ない3機が爆発!今世紀中に収拾はできない。いまだに放射能を撒き散らしている。つまり、最初から危険だったんだ。それを伝える情報や事実をマスコミが握りつぶしていた。事故が起こればテレビも新聞も、30キロ圏外に避難。官邸発表を垂れ流していた。官邸はというと東電からの報告がなく、福1に総理が乗り込む事態。政府にも情報を隠し続けた。そんなことができるほど、電力会社は強い立場なのだ。

その背景となるものも阿漕。その辺も「朝日のあたる家」で描いたのでここでは省略する。総括原価方式で検索すれば、ネットでも知ることはできる。そんな手法で電力会社は我々から必要以上の電気代を集め、政治家やマスコミを飼いならしていった。さて、今回のテーマは原発ではない。そのようなスポンサー、大企業というのは力がある。マスコミに対して強い影響力を持つ。

自社に都合の悪いことは放送させない。巨額の利益をもたらす企業に対してマスコミはそれに従う。嘘でも流すし、事実を歪める。そのことは原発事故前後の報道で痛感した。その視点で最近のニュースを振り返ってみよう。

ゴーン事件。異常なほどのゴーン批判、中傷を報道番組がしている。なぜだろう? まるで悪者のようにいう。キャスターも、コメンテーターも、市民のインタビューさえも同意見。1人くらい「ゴーン、やるねえ。さすがやっちゃえ、日産!」という人がいてもいいのに全員が批判。原発事故と同じ構図を感じる。原発推進は国策。実行部隊は東電だった。今回は巨大企業の日産。東京地検が扱う事件。なるほどーという感じ?

「あれは社内クーデターではない。ゴーンが汚職をしたのだ」「日本の裁判は公正だ。ゴーン批判で詩織さん事件や籠池夫婦長期勾留の批判に繋げたくない」「ゴーンは悪いやつなんだ!」

日産と地検がそう考えれば、マスコミは従うだろう。大手スポンサーとテレビ局の関係はそんな関係のだから。



asahi20_edited-1-f0023.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:映画

なぜ、マスコミはゴーンを攻撃するのか?=背景を推理してみた。誰が得をするのか?損をするのか?意外な登場人物? [事件]

IMG_3044.jpeg

なぜ、マスコミはゴーンを攻撃するのか?=背景を推理してみた。誰が得をするのか?損をするのか?意外な登場人物?

昨夜のゴーン報道。あまりにも偏り、感情的で、強い違和感を持った。日頃、テレビ報道は官邸から「偏向報道はしないように」と言われて(実質は官邸批判をしないでねという意味だが)双方の意見を紹介する方式を取る。賛成派と反対派。なのに昨日のゴーン報道での市民インタビューは全員が「批判」(NHKのニュースウオッチ9)というおかしなもの。とにかくゴーン憎しというような報道だった。

こんな時に有効な考え方がある。「ミステリー小説的犯人探し」である。殺人事件が起こる。被害者に恨みを持っているのは誰か? 被害者が死んで得するのは誰か?と探偵は考える。同じ方法論だ。

ゴーンを悪者にして得するのは誰か? 日産だ。もともとゴーンを追放したくて始めたクーデター。彼を有罪にして日産を取り戻したい。だが、ここでおかしいのはゴーンを追放してから、業績が右肩下がり。トヨタは業績アップ。ホンダは横ばい。日産だけが下がった。これはゴーンに変わる有能なトップがいないということだ。

キナ臭い見方をするなら、業績はいいがゴーンの方針に反対する人たちが彼を追い落とし、実権を奪いたいと考えた。奪って業績を上げるならいいが、落ちた。これは権力を持ちたいだけの人たちがゴーン追放を計画したと考えられる。ここまでならお家騒動で済むが、そこに司法が絡む。特捜の捜査が入る。ロッキード事件からそうだが、アメリカに逆らう人を逮捕することが多い。

実祭、この部署は戦後GHQに作られたもので、当初は財閥が隠した資産を探すのが仕事だった。その後はアメリカ様に逆らうものを潰す係。田中角栄、小沢一郎。もターゲットにされた。と言われている。それでいうとゴーンもターゲットにされた? それと連携して社内で引き下ろし作戦? では、アメリカはなぜゴーンを貶めたいのか?

これは固い情報ではないが、ゴーンの里ルノーが中国の企業と提携した。そのことで日産の機密情報が中国に流れる。それが兵器に転用されると困るというのがアメリカの不安条項。だから、ゴーンを潰したい。日産の重役たちと利害が一致した。ということだと、ある情報通はいう。

今回、その件は表に出ないとしても、ゴーンが日本の司法を否定して国外逃亡したことを多くの日本人が支持したとする。「日本の裁判はいい加減だ。信用できない!」そんな声が高くなるとする。次に上がる声はこれだ「そういえば詩織さん事件でも容疑者の記者の男は無罪だったなあ」「籠池夫婦も無意味に長期間拘置されたよな!」「原発差し止め判決出した裁判官は皆、左遷だよな」「日本の司法はおかしい。ゴーンの言う通りだ」ーこれはマズイと言うのはあるだろう。

だから、アメリカ、司法、日産、官邸はゴーンが悪者でいてくれないとマズイ!と言うことになるだろう。「ゴーン。いいね。日本の司法なんてダメだからなあ」なんて市民の声を報道番組で流せない。それこそ「非国民め!」と言うことだろう。それらの意向にマスコミが従った。その辺が背景ではないか? まあ、単なる推理だけどね!


asahi20_edited-1-f0023.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:映画

マスコミはゴーンを悪人に仕立ててたいのか?=あまりにも的外れな批判ばかりの報道 [事件]

71164839_3049469441794006_139280648333426688_n.jpg

マスコミはゴーンを悪人に仕立ててたいのか?=あまりにも的外れな批判ばかりの報道

ゴーン事件。昨夜の報道(特にNHK)を番組を見ていると、意図的に彼を貶めようというものを感じた。「法律を破った」「犯罪者」「国外逃亡」「司法を愚弄した」等の意見をコメンターター、キャスター、インタビューを受けた市民が口を揃えていう。「ゴーンの会見で新しい事実が出て来なかった」との批判なんて、アホかいなと思えた。

ゴーンは事件を詳しく知らない世界に向けて、これまでの概要を伝えた。当然、その多くは日本ではすでに報道されていることだ。が、それを世界は知らない。それを伝えることが会見の意味だ。それを「新しい事実がない」という批判をするのは的外れ。「新事実の発表」は次の段階で十分。あまりにいろんな情報を一気に発表しては、報道側が混乱する。

つまり「新事実」の発表をゴーン側はするつもりはない。それを日本のマスコミは「新事実がない」と批判する。的外れとしか言えない。また「一方的な主張である」との指摘もあったが、容疑者とされたゴーンが客観的な主張ができるだろうか? まずは本人の思い、主張を聞くのが真相に辿り着く一歩。客観的な指摘は弁護士なり、第三者がするべきであり、本人に求めるものではない。

そのように見ていくと、いつも冷静(他人事?)の報道する特にNHKが非常に感情的で、ゴーン憎しというかのような報道。他の局も近いところがある。何か、ゴーンを悪者に仕立てて、嫌われて者にせねばならない背景があるかのようだ。とどめは森法務大臣だ。

「司法の場で正々堂々と無実を証明せよ」

と言い大恥をかいた。裁判というのは検察側が「罪を証明する」場であり、それができなかったら無罪。それを被告に「無罪を証明せよ」なんて大臣自ら発言するのは、日本は法治国家ではないと認めたようなもの。

トランプ=金正恩会談のマスコミ報道も感情的で否定的だったが、うまく行っては困る人たちが裏で指揮しているようだった。今回も同様。ゴーンが日本の歪んだ司法から逃れて、会見されては困る。彼を悪役にせねばならないという背景を感じる。



asahi20_edited-1-f0023.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:映画

ゴーン逃亡劇について=「モーニングショー」玉川さんいいこという! [事件]

catch51-1024x683-fa0b9.jpg

ゴーン逃亡劇について=「モーニングショー」玉川さんいいこという!

昨日の「モーニングショー」で石原良純が「犯罪。許してはいけない」と力説していたが、玉川さんは別の意見。

「最初からおかしな事件。要は会社内の勢力争い。反ゴーン側からの要請か、別件かは分からないが民事に特捜が介入した。最初から有罪ありきのような裁判から逃げたくなっても当然だ」

その通りだと思う。映画「ミッドナイトエキスプレス」と同じ構図(映画はかなり脚色があると言われるが)、明らかに別の目的で拘置され、形だけの裁判で長期の禁固刑を言い渡された主人公が脱走する物語だが、今回の件もかなり近いものがある。

それでなくて詩織さん事件でも、総理の友達が被疑者というだけで逮捕状が取り消されたり、刑事事件では無罪になったのを知れば、この国でまともな裁判は行われないと思うだろう。原発停止裁判でも、「停止判決」を出した裁判長は皆、左遷され、高裁で判決が覆されるのを見れば、日本の裁判は信用できないと考えてもおかしくない。

テレビというのは、一応建前を言わねばならないメディア。ゴーンに賛同すると「だったら逃げてもいいのか?」とクレームをつける視聴者が出てくる。その中で玉川さんの発言は勇気あるものであり、なるほどと思えるものでもあった。


asahi20_edited-1-f0023.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:映画