SSブログ
前の15件 | -

LAの映画祭で受賞!大ヒット「ドキュメンタリー沖縄戦」@厚木、京都、沖縄で上映中=映画館はここ! [沖縄戦]

122043091_4531623796911889_7713893514100213786_o.jpg


LAの映画祭で受賞!大ヒット「ドキュメンタリー沖縄戦」

7月に東京公開がスタート。全国各地での上映が続き、現在は終盤。以下の3劇場で上映中。

お見逃しなく!



神奈川県厚木市 あつぎのえいがかん kiki 10/17(土)~10/30(金)

 https://atsuginoeigakan-kiki.com

121485427_4501143556626580_6364341543028984232_n.jpg

京都市     京都みなみ会館     10/9(金)~10/29(木) 
 
 https://kyoto-minamikaikan.jp

京都みなみ会館.jpg

沖縄県沖縄市 シアタードーナツ 10/1(木)~11/11(水)

 https://www.theater-donut.okinawa

120299083_4438412582899678_3787711709715518106_n.jpg


IMG_4781.jpeg


121028346_4480772221997047_3793303542237251727_n.jpg

img002.jpg

116836593_4161795333894739_8427820725751132090_n.jpg

116906646_4134021550005451_4526225423859643217_n.jpg

115999580_1462418677278333_5045221133595380297_n.jpg

スクリーンショット 2020-07-19 21.22.31.png

スクリーンショット 2020-07-19 21.20.18.png

116228803_4131493430258263_5447661645045666228_n.jpg


109313098_4071576156249991_2350759494800458491_n.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

菅政権を批判する勉強家のオジさん。でも、トランプのことはフェイクニュースに乗せられてる!? [社会政治]

117444450_4195956660478606_7584262177885892346_o.jpg

今朝は調子いい!と、長い目の記事を書いたら、昨日は午後から体調不良。でも、リハビリ。本日も挑戦。

先日、繁華街を歩いていると、「菅政治を許さない!」と言う弾幕を張り、ビラを配っているオジサンたちがいた。いかに菅総理が問題あるか?を町行く人に伝えている。立ち止まり、張り出した文面を読んでいると70代後半くらいの真面目なオジさんが「どう思います?菅政権..」と話しかけて来た。

彼は仕事を引退。毎週、この曜日に活動しているとのこと。このままでは日本はどんどんダメになる。子供たちの為にも現政権を倒すこと。政治を健全にすることが大事。でも、気づいていない人たちが多い。それを伝える活動だと言う。素晴らしい! ただ、話かけたのが僕であったので、オジさんは困惑することになる。まず、菅総理の印象を伝えた。これは以前にこのFacebook記事でも書いた通り。安倍路線を踏襲することで、総理になった人。ビジョンもなく、知識も少ない。単なる役人でしかない。

ただ、後にいるのが二階。あくまでも暫定政権であり、次第に安倍路線から離れて行くのではないか? 秀吉が死んだ後の家康のような行動に出るのでは?と話した。おじさんは頷き。「私もそれに近いことを考えていました。菅政権は長く続かない」ここまでは同意。そこから、いろんな話をしたのだが、トランプの話題になったところで意見が分かれた。おじさんは言う。

「あんな差別主義者が大統領であること自体が許せない。あいつは戦争屋です。日本はアメリカなど相手にせずに各国と協調して進むべきですよ」

ーん? 僕が偉そうに言うのも何だけど、おじさんはとてもよく勉強している。安倍、菅については新聞を読む以上の情報を集めている。が、トランプに関してはデマを鵜呑みにしているところがある。まあ、海外の情報はテレビが中心。日本のテレビ局がアメリカのニュースを発信する時、情報源は全てアメリカのテレビ局。四大ネットワークは全て反トランプなので、デマや中傷が中心。フェイクニュースのオンパレード。なのに日本はそのまま放送。当然、トランプの印象は悪くなる。この話も以前に記事にした。オジさんにはこう伝えた。

「今年が選挙なので、すでに4年、大統領をやっているけど、彼は一度も戦争をしていないですよね?」

trumpdonald2_042719getty.jpg

オジさん。そう言えば...と言う表情を見せるが、すかさず

「いや、でも、これから戦争を始めるね。そう言うタイプだよ」「でも、4年間、1度も戦争をしていない大統領っていました? 北朝鮮とだって戦争には、とてもいい機会だったのに仲良くなってしまった。なぜ、戦争しなかったんですか?」

オジさん。少し困った顔をしたが「でも、金正恩と会っただけ。何も変わっていない。あれでは意味がない!」フジテレビのキャスターの台詞と同じことを言う。両国のトップが会うことに「意味がない」訳はない。歴代の大統領が誰も会っていない北朝鮮のトップと会談したのだ。そこからがスタート。日本の当時のトップは結局会うことができなかったのだ。そして北朝鮮はテポドンの発射テストをほぼ止めた。「何も変わっていない」ではない変わったのだ。

つまり、トランプは戦争屋とは言い辛い。では彼の目的は何か? そこでアメリカ・ファーストの話をした。オジさん。ある程度納得したようだが、こう続けた。

「トランプのこと。そんな風には考えなかったし、知らなかった。勉強します。ただ、言えることは彼はアメリカの大統領には相応しくない。フィリピンあたりならいいが、あんな口の悪い、態度も悪い、チンピラのような差別主義者がアメリカのトップというのは危険。私なら投票しない。私が世界で一番、応援したいのはグレタさんだ。私の財産を全部寄付してもいいくらいだ」

あちゃーー。それはまずいぜよ。オジさん。日本の政治には詳しいが海外の情報には疎い。日本で「安倍総理は素晴らしい」という人たちと同じだ。本質を理解していない。そこで山本太郎についても聞いた。これも同様。典型的な誤解をしている。んー〜ー、安倍&菅の問題点。マスコミが伝えないことを把握している人でも、デマを信じてしまうものなのだなあ。

やはり、デマやフェイクニュースはとても有効なのだ。こんな勉強家で情熱があり、子供たちの将来を憂う人まで誘導し、間違った認識をさせてしまう。この件の解説。いずれまた。



60764999_2681749791899308_369149531398340608_n-8d7ef-51fa7-7dd60.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

10代の頃から感じていた違和感の正体。ムラ社会ルールに縛られた大人たち。それが日本という国...。  [ムラ社会ルール]

122407737_4535855379822064_5568394511483111456_o.jpg

高校時代。夏休みは夜起きて、朝寝るという生活をしていた。夜遅くまでテレビで深夜劇場を見て、その後、本を読んだり、書き物をしたり。日が昇る頃に寝る。生活が逆転して、夕方起きて朝寝るというパターン。学校は休みだから問題はない。

当時はビデオデッキはないが、その頃からシナリオを書いていた。昼より夜が調子いい。静かだし、集中できる。邪魔されない。だが、当初は親がうるさく言った。「朝きて夜寝るのが健康的だ」「それが常識だろ」と。学校が始まり、教師との面談の時も休み中の生活を訊かれ素直に答えるとこう言われた。

「そんな不規則な生活をしていたのか!」

不規則ではない。夕方起きて、朝寝る。規則的だ。そういうと怒られる。

「朝早く起きて、頭の冴えている間に勉強して、夜寝るのが当然だろ!」

当然だろうか? 勉強にしろ、シナリオにしろ、夜の方が頭が冴える。なぜ、朝が冴えると決めつけるのか? その後、30代で脚本家デビューしてからも、40代で監督業を始め編集をする時も同じ。夜の作業が集中できて、効率がいい。

ただ、カタギの人たちは朝起きて会社に行き、夜終わって帰宅して寝る。学校も夜ではなく、朝から夕方だ。それは分かる。かと言って個人で活動するのに、なぜ、夕方起きて夜中がいけないのか?誰に迷惑をかける訳でもない。

中学の頃。夏休み。海に近い親戚の家に行く。そこでも朝まで本を読んだりして起きるのは昼頃。大人たちはいう。「子供は朝早く起きろ!」おかしい。朝早いのは老人。子供が朝早い意味があるのか? 小学生ならセミ捕りで朝早くはあるが、こちとら朝方まで勉強(映画のね)していて、早起きしたら睡眠不足になる。

高校を卒業して1人暮らしを始めると、もう誰も何も言わない。自分の仕事に合わせて早起きする時もある。徹夜が続くこともある。でも、それは必要でやる。シナリオを書くのは夜。もう、数十年。それについてうるさくいう人はいない。夜作業したか?昼したか?を問う人はいない。大切なのは面白いシナリオを書くこと。盛り上がる編集をすることなのだ。

だが、その後も大人たちと関わると、あれこれ言われた。「結婚しないの?」「彼女はいるの?」「正月は実家に帰るの?」大きなお世話だ。さほど親しくないのに、そんなことに答える必要があるのか? 子供の頃もそう。近所の人や親戚が

「勉強してるか?」「大学はどこに行く?」「就職は?」

あんたらに関係ないだろ? やがて気づいた。全て「ムラ社会ルール」昔から日本人を縛るあれ。小さな村で問題を起こさず、安泰に生活するための知恵。

それが日本人に染み付いている。はみ出す人を日頃からチェック。問題を起こしそうだと、あれこれ口を出してくる。とにかく皆と同じでなければならない。1人だけ別のことをしてはいけない。効率や価値観は関係ない。昔ながらの皆がやることをやる。朝起きて、夜寝る。大学を出て、会社に入る。結婚して子供を作る。ほとんどの日本人と同じ人生を求めてくる。はみ出すことがトラブルに繋がる。だから、監視し修正する。

それを日本人は無意識にやってしまう。僕はというと中学、高校時代からそのルールを破り続けた。その行き着く先が映画作りという仕事だった。そもそも映画界ははみ出し者の集まり。アーティストやクリエーターというのは普通の生活ができない人。僕からすると親も親戚も教師も近所の人も、みんなが寄って集って人生の邪魔をされているようにしか思えなかった。

僕だけではない。ムラ社会ルールには縛られない日本人もいる。が、それを実践すると悪意のない多くの大人たちが邪魔しにくる。それがこの日本という国なのだ。



60764999_2681749791899308_369149531398340608_n-8d7ef-51fa7-7dd60.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

人と違うことをする。新しいことを始めると、止めに来る大人たち。それがムラ社会ルール。日本がダメになった背景!? [ムラ社会ルール]


122018734_4535739419833660_2403765801215583509_o.jpg

「将来、映画監督になる!」

高校時代。そう言ったら多くの大人たちに反対された。親、教師、親戚、先輩たちが「子供みたいなことを言うな!」「現実を見ろ!」と意見し、止めようとした。何ら迷惑がかかる訳でもないのに? 大人たちはあれこれ言って邪魔をした。

背景にはまず「優しさ」がある。「この子が嫌な思いをしないように」との願い。だが、同時に新しい何かをしようとする人を阻害し、潰そうとする心理も感じる。それこそが「村社会」ルール。人と違うことをする。新しいことを始めると排除する。「優しさ」からスタートしたように見える「お節介」は、村社会の安定を維持するためのメカニズムなのだ。アメリカ留学中にも、同じ発言。

「将来は映画監督になりたい!」

そのときの反応は日本とは180度違った。アメリカ人たちは「凄い!」「いいぞ!」「がんばれ!」「応援する!」「ハリウッドの友人を紹介するよ!」誰もが前向き。忠告したり、説教する人は1人もいなかった。

なのに日本はなぜ? 考えた。日本の多くは狭い村だった。その中で誰かが勝手なことを始めると、いろんな弊害が出る。秩序が乱れ、安定が壊れるかもしれない。だから始める前に止める。真似たり、あとに続いたりする人も出て来る。子供たちにも悪影響がある。だから潰しておく。長い年月で出来上がった田舎特有のメカニズムではないか? だが、奇妙なのは個人としては「村の調和のため」とは思わず「本人のためだ!」と思い説教し、止めようとするところ。

江戸時代から続く村社会。その習慣。それが今も日本人の中で生きているだろう。さらに学校教育。同じ制服を着て、同じ髪型。同じ学科を勉強して、同じように良い成績を求める。そんな学校生活のあとは、サラリーマン生活。同じようなスーツを着て。似たような髪型で、スタンドプレーはしない。目立ってはいけないという社会生活の中で、新しいこと。前例がないことをしてはいけないという意識が育つ。

結果、彼らは新しいこと&前例のないことをする者がいると、その行動を止め、潰し、排除。誰が指示しなくても、自発的に新しいことをする人を淘汰する。それがムラ社会ルール。学ばなくても村社会で育つと、それをマスターしている。それが日本人。そのことで嫌なことでも一致団結。みんなで突き進み、経済大国となった。だが、激動の時代になると、次々にアジアの国々に追い抜かれた。新しいことをすると潰される環境だ。新しい時代に乗れない。それが今、日本をダメにしている背景ではないか?


60764999_2681749791899308_369149531398340608_n-8d7ef-51fa7-7dd60.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「大阪市の権限、金をむしり取る」<=大阪都構想の目的はこれやで〜! [社会政治]

122125476_4523517581055844_3535014477153430208_o.jpg


「大阪市の権限、金をむしり取る」<=大阪都構想の目的はこれや〜!

 止めな、アカンわ。維新の大阪独裁計画や〜

 下写真。クリックしたら大きなるで。

A4-01.png

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画「朝日のあたる家」予告編ロングバージョンー 山本太郎さん出演でも話題になった。 [予告編]



原発事故の悲劇を描いた映画「朝日のあたる家」予告編ロングバージョン
山本太郎さん出演でも話題になった。

太田隆文監督作品。第3弾(2013)

DzE_IftVsAILqoG.jpg

予告編=>https://youtu.be/rP2ztda0kpg

60764999_2681749791899308_369149531398340608_n-8d7ef.jpg

m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ドキュメンタリー沖縄戦」上映スケジュール 10月〜沖縄、京都、厚木 [2020]



「ドキュメンタリー沖縄戦」上映スケジュール 10月〜


 沖縄市 シアタードーナツ 上映中。

 厚木市 あつぎのえいがかんKIKI 10/17(土)~10/23(水)。

 京都みなみ会館 10/9(金)~。


7月にスタートしましたが、今も各地で上映が続いています。

(ロスアンゼルスの映画祭での受賞記事)

記事=>http://eigajoho.com/189147...
記事2=>https://mirtomo.com/okinawasen-award/...


118791317_4298505766890361_8313874717155338516_o.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

服装に騙される日本人。中身や政策を判断する力がないから? [my opinion]

117444450_4195956660478606_7584262177885892346_o.jpg

服装に騙される日本人。中身や政策を判断する力がないから?

政権に問題がある!という話は何年も書き続けてきた。が、コロナ禍で、もう一つの問題を強く感じている。政権がアホなだけでなく、国民もアホなのだということ。先に書いた記事。田舎のおじさんが映画監督に対して「スーツにネクタイでないと信用されない」と言った記事が好評だった。格好だけで判断する人が多く、同じように呆れた思いをした人が多かったのだと思う。

映画監督なんて、よほどの場合でないとスーツなんて着ない。表現者は「縛られたくない!」という思いも強い。もし、スーツ姿で「私は映画監督です」と言って来たら怪しいと思った方がいい。だが、その町ではスーツを着て来た別の映画人には4000万円も出資してしまった。結果は騙されたような形。なんで服装や肩書きだけで?と思ったが、実はそれに左右される日本人は多いことを思い出す。

災害時。政府の会見では歴代総理。皆、作業服を着ている。中にはヘルメットまで被っていた人もいた。最近ではシャベルを持っていた人も! あんたが被災地で作業する訳じゃないでしょう?と思う。そもそも国会内での会見に作業服やヘルメット。シャベルが必要なのか? マットーに考えればおかしい! それが慣習化しているのは、その会見を見た視聴者。つまり国民に評判がいいからだろう。

「総理。やる気あるな!」と頼もしく思う。が、ちょっと考えれば、彼らは官邸で指示するだけ、災害が終わってから視察するだけ。会見でそんな服装をする必要はない。なのに、そう考える人は少数派で、多くが「やる気感じるなあ〜」と思うので、あのパフォーマンスは続いているのだろう。ということは、意味もないのに、服装を変えるだけでいかに多くが支持、信用してしまうか?

スクリーンショット 2020-06-02 10.48.06.png

先のスーツにネクタイと同じ。それだけで信頼。だから映画監督にまで「スーツで来い」という田舎のおじさんがいる。服装ではない。いかにその人が強い思いを持っているか? どんなプランを用意しているのか? そちらが大事だが、それを聞いて判断する力がない。だから、ちゃんとした服装なら、ちゃんとした人だと思ってしまう。スーツにネクタイで来られるとコロッと騙され大金を出してしまう。それが多くの日本人。だから、総理は災害になると作業服で会見するのだろう。



IMG_1219.jpeg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

後輩を否定する先輩監督=彼が抱える歪んだ心理? [映画業界物語]

59301607_2643874175686870_6321547812186095616_n-1.jpg


ある中堅の映画監督。デビューからもう30年以上経つが、監督作は数本。もう10年撮っていない。その監督が10年ほど前に見た新人監督(僕の後輩です)の映画。「ダメだこリャ!」と思ったそうだ。そして昨年、その新人監督が新作を撮ったと知る。「あいつ、まだやってるのか?」と思って映画館で見た。「やっぱりダメだな〜」と思ったそうだ。が、その新人は10年の間に6本の映画を撮っていた。

その新人。その中堅監督を尊敬していたと言う。だから、その話を聞いて落胆。「まだ、やっているのか?」と言うことは「あいつは才能ない。1本で終わると思ったら、まだ、やってる。才能ないのによく撮れるよな。多少は成長したかと思って映画館に行った」と言う意味だろう。そして「やっぱりダメ」と言われたと知り、落ち込んだ。

客観的に見ると見えるものがある。実は後輩監督。その中堅監督の作品が好きなだけあって両者の作品は同じテイスト。中堅監督は後輩を可愛がってもいいようなもの。だが「ダメだ。こりゃ!」と思った。あまりに方向性が近いので近親憎悪したのだろう。もしかしたら中堅の先輩より力があった。だから認めたくない。あるいは、少しばかりテイストが違った。先輩は「それじゃダメなんだよ!分かってないな」そう考えたかもしれない。

別の推察をすると、自分はこの10年映画を監督していない。なのにその新人は6本も撮った。「許せない。あいつに才能があるのではなく、世の中が間違っている。あるいはPに取り入るのがうまい。その辺を見極めてやろう」と見た。

ただ、認める訳には行かない。認めると、同じスタイルでは後輩が優れているから何本も監督できる!と思えてしまう。絶対に認められない。後輩はダメな奴であらねばならない。そんな深層心理も働く。そこで悔しがる。憤ると言うことがあれば、まだその先輩も可能性がある。が、それを自分の価値観だけで「やっぱりダメ」と断定してしまうのは、悔しいとか嫉妬を超えて、感性が固まり自分の価値観やテイスト以外を認める余裕を失っているからだろう。

手塚治虫は若き石森章太郎に「お前のは漫画じゃない」と言ったが、あとで嫉妬だと認めて謝罪した。その嫉妬が手塚の原動力だという人もいる。「若い奴には負けたくない」。だが、その中堅監督は嫉妬ではなく否定するだけ。なぜ、自分が監督できないか?と結びつけて考えていない。映画界だけではない。どの世界も同じ。頑張る奴を「あれじゃダメだよ」と言う人に限って自分は何もせず、自身の問題点を顧みないことが多いように思える。


IMG_1219.jpeg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

山本太郎の演説を聞いたことない人へ! 消費税はゼロにできる話。 [れいわ新選組応援]



山本太郎の演説を聞いたことない人へ!
私が撮影しました!昨年、参議院選。@新宿
消費税はゼロにできる話。

太郎さん出演の「朝日のあたる家」予告編=>https://youtu.be/06Y47Ff657E

asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

理想主義だけは映画を作れない。なぜ、日本人は100点を望むのか? [社会政治]

99127667_3838107646263511_3874689868319686656_n.jpg


先にも書いたが、20歳前後に学生映画をやっていた。その経験からかもしれないが、僕は理想主義者ではない。どんなに理想を語っても、それが実現できなければ意味がない。理想は大事だが、100%が無理なら理想の30%でもいい。現実に即した展開が大事と考える。が、友人の中には100%が不可能なら意味はない。「俺はやらない!」という奴が何人もいた。

人生は1回勝負ではない。最初に30点でも次に40点。徐々に100点に近づけばいいのに、100点でないと意味がないという奴が少なからずいた。「映画監督になりたい!」というのに10万円の学生映画を嫌だという。「俺はプロを目指すからお遊びはやらない」。だが、プロ野球選手を目指す場合でも、最初は草野球。そして少年野球チーム。野球部。甲子園と進んでいくもので、いきなりプロには行けない。

つまり、野球部にも入らず、試合もしたことないのにプロのチームで投げたい。打ちたいというのと同じ。ただ、映画監督になるための試験も、トレーニングもないので、いきなり出来てしまうという錯覚に囚われるのだ。学生映画であっても自分でカメラを回し、俳優に指示し、スタッフと相談して、自分で編集をしてこそ、映画作りが学べる。いろんな演出や技法を試してこそ、自分なりの表現ができるようになる。

ここにも「才能があれば」という勘違いが背景にあるのだろう。「才能さえあれば、いきなりプロで勝負できる!」みたいなこと。でも、「才能」なんて存在しないことに気づいていない。「才能」と言われるのは、常識を超えた努力をした人が自分の素質を磨き、独自のスタイルを打ち立て、それを表現した時に「とても真似が出来ない。凄い!」と思う理由を「努力」ではなく「才能」というものにすり替えているだけ。

努力と思うと「私は努力が足りなかった」と自己嫌悪になるので努力では掴めない「才能」という言葉で誤魔化しているだけ。だから、そんなありもしないものが自分にあると思い込んで努力しない若者は結局、挫折する。映画監督志望にも多かった。話が逸れた。そんな訳で僕は学生映画をやり、カメラを回し、映画を作ることがどれだけ大変か!?を思い知った。どうすれば映画館で上映されているような映像が撮れるのか?思考錯誤した。

学んだ一つが理想主義ではダメということ。いきなり100点は取れない。最初は30点でいい。そして現実主義が大事ということ。今、やれることをやる。製作費が少ない。友達に俳優を頼むしかない。プロの俳優は出てくれない。ギャラも出せない。その中でヤクザ映画を作ってもダメ。20代の若者が演じてもヤクザには見えない。皆、真面目な学生。この間まで高校生だ。ヤクザごっこにしか見えない。

それなら20代が主人公のストーリー。ドンパチもなく、カーチェイスもない。青春ものをやるとか、できることをすべきなのだ。が、学生映画仲間の多くは、刑事物、カンフーもの。アクションものを作りたがった。それらは刑事ごっこ、李小龍ごっこ、西部警察ごっこになっていた。でも、作るだけ偉い。完全主義の友人たちは「10億ないと俺は撮らねえよ!」と何もしない。

いずれも違うと思った。できることをする。選挙でも同じ。応援したい候補がいないから棄権する人がいる。だが、大事なのは何か社会を変えること。もし、ある候補が問題があっても、もっと危険な候補がいれば、そして他にまともな候補がいなければ、危険なやつを落とすために、問題ある候補を当選させることも大事。理想だけでは行かない。まず現実を少し変えること。とりあえず30点でもいい。マイナスにならないことだ。

だが、100点の候補がいないから選挙に行かない! という人も多い。プロになれないのなら映画監督にならない。テレビドラマに出られないなら俳優になっても意味はない。何だか似ている。大事なのは目の前の問題を少しでも変えること。それがいつか大きな結果に繋がる。



m_57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n-5dfe5.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「山本太郎ってどんな人?」と聞かれた、この映画のこの場面を見てほしい! [れいわ新選組応援]




「朝日のあたる家」は2013年に製作された原発事故の悲劇を描いた映画。

 議員になる前の山本太郎さんが出演している。

 この映画を見てもらえれば、山本太郎とはどういう人なのか?が伝わるはずだ。


「朝日のあたる家」公式HP=http://www.asahinoataruie.jp

予告編=>https://youtu.be/06Y47Ff657E


57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg


60764999_2681749791899308_369149531398340608_n.jpg
nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

映画「朝日のあたる家」は原発事故の悲しみを伝える映画 [原発問題]

60764999_2681749791899308_369149531398340608_n-8d7ef-51fa7.jpg

映画「朝日のあたる家」は原発事故の悲しみを伝える映画

この映画は福島の原発事故と時間軸も、事象の展開も全く同じにして描いている。劇中のテレビ報道もあの当時と全く同じにしてある。ただ、場所だけを福島から静岡県湖西市 に移した。

そうすることで見た人が「福島大変だったなあ」と他人事のように思うのではなく、どこにでもある懐かしい風景のある湖西市を舞台とすることで、自分の故郷で原発事故が起きたかのように感じ、物語を見つめてもらえるようにした。

人が何千人も死ななくれても、どれだけの悲しみが溢れるのか? 生まれ育った故郷を追われることがどれだけ辛いことか? 生活していた家に戻れないことがどんなに厳しいことか? 新聞やテレビニュースでは伝わらない「痛み」「悲しみ」を伝えられるのは映画だと製作した。

しかし、4度目の311がやってきても事態は何も変わっていない。より悪くなったとさえいえる。あれだけ「原発反対」と叫んでいた人が今は「景気」という。だが、その前にもう一度、事故を見つめてみよう。悲しみだけでなく、そこに日本人が忘れた大切なことがたくさんあるからだ。

日本人は戦後、お金や学歴や会社が大事と必死に働いてきた。けど、本当に大事なものを忘れていたと思える。悲しみを見つめることで、その忘れていたものも見つかるはず。それを描いたのが「朝日のあたる家」である。完成から3年目の今年も各地で自主上映会が行われている。機会がある方はぜひ観てほしい。

また、上映会をしたい方は連絡してほしい。目先の景気に翻弄されてはいけない。もう311以前に日本は戻れない。これからの未来のために何が大切か? それを今後も映画で伝えて行きたい。

映画レンタルの問い合わせ=>bit.ly/1v9iGQY

予告編=>https://youtu.be/rP2ztda0kpg

asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

浜松が舞台の青春書道映画「青い青い空」 宅配ゲオでレンタル中! [告知]

65712519_2805145362893083_8163322834882396160_n.jpg

浜松が舞台の青春書道映画「青い青い空」

2011年の書道映画ブームのきっかけとなった作品。2010年にロケ地浜松市で大ヒット4ヶ月に及ぶロングラン。涙と感動の映画と話題になり、3万人を動員。

翌2011年に東京公開されたが、5日目に東日本大震災で上映中止。全国公開も行なわれずに終了。幻の作品となった。が、その感動的な物語からDVD化の声が絶えず、太田監督の新作「向日葵の丘」のヒットを機会に待望の発売が決定した。

 出演: 相葉香凜, 草刈麻有, 波岡一喜, 長門裕之, 松坂慶子

 監督&脚本: 太田隆文

 予告編=>https://youtu.be/3qK8Q8o-pyY

現在は宅配GEOでDVD[CD]レンタル中。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の15件 | -