SSブログ
前の12件 | -

「ドキュメンタリー沖縄戦」昨年の大ヒットで「もういちど !」の声!今月より上映!=予告編2021 [沖縄戦]



「ドキュメンタリー沖縄戦」昨年の大ヒットで「もういちど !」の声!今年も上映します!

#横浜シネマリン 6/19(土)〜6/25(金) 初日、監督舞台挨拶
#第七藝術劇場 (大阪) 6/19(土)〜25(金)
#キネカ大森(東京) 7/9(金)〜7/15(木)
#京都みなみ会館 夏頃
#沖縄市民小劇場あしびなー 6/28(月)~29日(火)


予告編=>https://youtu.be/PSTPwvC94ao

144698748_4971400386267559_9205383203717573495_n.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ドキュメンタリー沖縄戦」今月より各地で再公開! 横浜シネマリン 6/19(土)初日、 太田隆文監督舞台挨拶 [沖縄戦]

IMG_4389.jpeg

「ドキュメンタリー沖縄戦」今月より各地で再公開!

横浜シネマリン 6/19(土)初日、

太田隆文監督舞台挨拶

ぜひ! 

予告編=>https://youtu.be/PSTPwvC94ao

196083385_5589243297816595_4493433965914736495_n.jpg



144698748_4971400386267559_9205383203717573495_n.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ハハハハハ。説明いらいないね。 [社会政治]

200044745_5626260470781544_4779604421106420019_n.jpg


ハハハハハ。説明いらいないね。


D7nVbYIVUAElq7L.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

このIOC委員の発言。本当の意味はこれ!許せんぜよ!日本人をなめるな! [2021]

safe_image.php.jpeg

このIOC委員の発言。意味は

「日本人がどんだけコロナに感染して死んでも関係ないで〜。アメリカのテレビ局がオリンピックを放送するために払う放映権7780億円。中止になると入ってけーへんやろ!!どんな犠牲が出てもやってもらわな困るんじゃ!」

と言っているのと同じ。そこまで言われてもオリンピック がやりたいか?日本人よ。

(記事より)Yahooニュース

国際オリンピック委員会(IOC)の最古参委員であるディック・パウンド氏(79)の「アルマゲドン」発言が波紋を広げている。英紙「イブニング・スタンダード」(電子版)は2021年5月25日、東京五輪開催へ向けてのパウンド氏の見解を報じた。記事の中でパウンド氏は「前例のないアルマゲドンに見舞われない限り、東京五輪は計画通りに進むだろう」と持論を述べた。

■最終戦争、人類滅亡意味する「アルマゲドン」
 パウンド氏が口にした「アルマゲドン」とは、最終戦争、人類滅亡を意味する言葉で、とても過激な表現だ。パウンド氏は、突発的な大事に直面しない限り五輪は開催されると強調したかったかもしれないが、残念ながら「アルマゲドン」を用いたことで理解に苦しむものになった。
 そもそも東京五輪・パラリンピックは、スポーツを通じて東日本大震災の復興を後押しするもので、「復興五輪」を掲げてきた。そして現在、新型コロナウイルスの影響で先行きに不安を抱えている国民もおり、そのような中であまりにも配慮に欠けたIOC委員の発言だった。

D7nVbYIVUAElq7L.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

いつもの駅そばではなく、フードコートの店。そばツユがこちらはワンランク上。 [原発問題]

197401363_5606856062721985_3606088772404732495_n.jpg

いつもの駅そばではなく、フードコートの店。

そばツユがこちらはワンランク上。

かき揚げも豪華。


D7nVbYIVUAElq7L.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

元経産大臣のツイート。国民を煽てるだけで補償するつもりなし? [再掲載]

95038335_3730542803686663_6445334250035085312_n.jpg


1年前の2020年4月30日の記事より

この人のツイッターを読んでほしい。ヤバイと入院する方だ。

甘利 明@Akira_Amari · 4月27日
「東日本大震災しかり、危機の時こそ日本人は世界の尊敬を集めました。要請だけで接触をここまで減らせる日本って、やっぱり凄いですね。あと一息です。ゴールデンウィークをステイホームで「さすがニッポン!」って、もう一度世界に言わせませんか」

政治家の本音を感じる。「要請するだけで、国民は仕事を止めて商売を休んで、収入を断ち、家賃は自分で払って、家に籠るんだよ。補償金はいらないんだよ。要請だけで十分。来年のオリンピックでまた金いるし。さすが日本!と煽てればいいだ。ちょろいね〜国民は〜」という思いが見える。

特に「さすがニッポンって言わせませんか」の部分は庶民の発言ならまだ分かるが、この人は元経産大臣。なのに国民を煽てるだけ。自身が政治家として何をするか? 頑張る国民をどうサポートするか?を伝えるべきではないか? これでは「高みの見物」ー高いところから「日本、頑張れー」と言うだけだ。やはり、この党に危機管理能力はない。


60764999_2681749791899308_369149531398340608_n-8d7ef-51fa7.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

マスコミはいつの時代も真実を伝えない=金儲け優先。権力者には逆らわない? [マスコミ問題]

195384578_5564415380299387_5060944664574057295_n.jpg

マスコミはいつの時代も真実を伝えない=金儲け優先。権力者には逆らわない?

この本は大手新聞が戦時中、いかにして真実の報道をやめて軍に迎合し、大本営発表に追づいするようになったか?を検証している。軍に都合のいいニュースを、嘘を、今でいうフェイクニュースを連日、国民に伝えた当時の新聞。朝日新聞、毎日新聞の変節。何か、ここしばらくのマスコミと通じるところがあり、興味深い。

昨年辺りからマスコミはフェイクニュースで国民誘導をすることが使命のように、嘘やデマを垂れ流している。もちろん、以前からその向きはあったが、ここしばらくは戦中を思わせる酷さ。特に昨年の大統領選、567感染のあたりは報道ではなく、完全な誘導になってしまった。その意味で戦時中を見つめることで、今が見えてくると思えた。

戦前に一番売れていたのは毎日新聞。今や、いつ消えるのか?と言われる毎日が一番のメジャー紙だった。ついで朝日新聞。その朝日が発行部数を伸ばし、毎日を抜くことになるのだが、そのきっかけは戦争報道だった。戦争を報道すると売れる。国民は「どうなるんだろう?」「アメリカ参戦するのかな?」「満洲はどうなっている?」「俺も戦争に行くのかな?」とか不安になるので、状況を知りたくて新聞を読む。テレビのない時代。ラジオはあったが新聞はとても大事な情報源だった。

不安があるから知ろうとするーだから新聞が売れる。なので、戦争の記事を増やす。これ、現在のテレビ状況と同じ。567が不安!感染するかも?どうなっているんだろう?知りたい。だから、報道番組を見る。視聴率が上がる。もっと視聴率を取りたい。だから、番組は恐怖を煽る。ある有名な朝の番組のPが言っていたが、「不安を煽れば視聴率が取れる。だから567ネタを毎日放送する」真面目で誠実そうなキャスターや政府を忖度することなく物言う社員コメンテーターを見ていると、真剣そのものだが、実は番組としてはそれが本音なのだ。

そのことを裏付けるように、戦時中の朝日新聞(先の番組と同じグループ!)も、戦争を記事にすると売れる。と言うことで連日、戦争を扱い、毎日新聞を追い抜く。戦争情報が必要だ。そのために軍と接触する。そうなると軍に批判的な記事が書けなくなる。批判すると情報をくれない。結果、軍の言いなりとなり、嘘も、フェイクも、軍の言う通りに記事して、所謂、大本営発表になって行く。負け続きの戦況を「連戦連勝」と報じるようになった、それが背景なのだ。さらに、世論も戦争推進に向いていた。賢明な記者たちには戦争反対の者もいたが、世論に逆らうと発行部数が下がる。批判を受ける。強硬な団体から抗議が来て、脅迫される。それらも考慮して朝日新聞は「戦争推進」「軍のいいなりの報道」路線を選んだという。

昨年からのテレビ、新聞のおかしな報道も、同じように大きな力(この場合は世論ではなく、政府や大企業。巨大権力)の指示でフェイクニュースを流したと思える。戦時中も現代も、マスコミには「真の報道」と言う思いはなく、売り上げ、権力者のいいなり。それが報道機関であることが分かる。この本、読み進めたらまた記事で紹介する。


D7nVbYIVUAElq7L.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

この方、知事ではなく、広報しかできない人。 知事や政治家の能力はなし。 [緑のタヌキ]

197246424_5589349191139339_9200600212969737955_n.jpg

この方、知事ではなく、広報しかできない人。

知事や政治家の能力はなし。まして初の女性総理候補でもない。

単なる広報係しかできないおばちゃん。

フリップ持って標語を伝えるしか能がない。

自慢できるのはソロスとお友達? 

いくらテレビに露出しても、今後も一切、

あんたには投票しない。

D7nVbYIVUAElq7L.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

この本を読んでいる。マスコミは真実を報道しない。危険を煽ると新聞は売れる!テレビも同じ? [マスコミ問題]

195384578_5564415380299387_5060944664574057295_n.jpg

この本を読んでいる。マスコミは真実を報道しない。危険を煽ると新聞は売れる!テレビも同じ?

まず、分かったこと。戦前は毎日新聞が一番売れていて、続いて朝日。この2つが2大メジャー新聞。戦争になり、朝日が売れ出し毎日を抜く。理由は戦争をバンバン報道したから。読者は戦争を知りたい。戦争を報道すると新聞は売れる。これは現代にも通じる。コロコロ感染を報じると視聴率が取れる。

だから、情報番組はコロを毎日特集する。「モー」が代表。その関係者の言葉思い出す。「危険を煽るほどに視聴率は取れる」戦中の朝日新聞も同様。こうして「朝日」は軍に迎合。大本営発表はタレ流して行く。そういえば「モー」も同じグループだったけ? 今のマスコミも同様なのか?


D7nVbYIVUAElq7L.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

埼玉県でも禁酒法発令中? 愚かすぎる行政の対応 [コロナウイルス]

IMG_4075.jpeg


埼玉県でも禁酒法発令中? 愚かすぎる行政の対応

コロナウイルスってアルコールが好きなのか? 酒飲んで陰気になり話さなくなる人もいるのに?
そもそも会食時での感染は5%なのに? なんで酒禁止なんだろう? こんなことしても酒屋と飲食店が経済的打撃を食うだけではないか?



89961421_3567547866652825_4859062506745757696_n-40746.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

困ったちゃんが書き込むコメント。何を考えて書いたのか? [FB問題]

185845115_5480863808654545_7666661290698463466_n.jpg

困ったちゃんが書き込むコメント。何を考えて書いたのか?

こんなのが多いー僕が記事で伝えようとしたことが全く分かっていない反論。的外れな意見。関係のない話。上から目線で皮肉たっぷりの批判。論理性のない思い込み。そんなコメントが来たときは少し考えて、削除か放置か?を決める。そのコメントを読むことで「友達」が嫌な思いをする。他の「友達」が読んで勘違いな論争が始まる可能性がある時は削除。毒にも害にもならない時は放置。「困った人がいるね〜」と思われることで気づけばいい。その種のものには誰も「いいね」を押さない。

上記はまだ罪のない人たちだが、明かに悪意のある。あるいは挑戦的なもの。質問には答えないと言っているのに「返答をもらっていない!」と執拗に迫るような人たちもいた。まあ、その辺はもう即、削除する。それがこの1年。そんな連中がコメントすると、注意をしてくれる「友達」がいる。それも反論とか批判ではなく、注意をしてくれる。

つまり、困ったちゃんは論争がしたくて堪らないタイプが多い。相手を批判して議論に持ち込み。知識をひけらかし、勝利して、自分の実力をアピールしたい!なので「映画監督?偉そうに社会を語りやがって」と批判コメントを書き込んでくることが多い。先にも説明した通り、その種は無視。大きな問題がなければ放置。だが、そうすると、何度も何度も、同じようなコメントをしてくる。「友達」はそんな連中を注意してくれる存在。非常に論理性のある注意してくれるので、多くが白旗をあげたり、無意味な弁明で撃退されるので、とてもありがたい。

もし、僕がコメントに返事をすると、相手の思う壺。あれこれ誹謗中傷して議論に持ち込もうとする。それが第三者から反論ではなく、注意されるとは効果がある。それも困ったちゃんの指摘する話ではなく、その人の論理性のなさ。根拠の薄弱。思いこみの強さ等を指摘。「監督は日頃から質問には答えない。議論はしないと主張しているのに、それを求めるのはどうか?」と言う筋の通った注意をしてくれる。とても、ありがたい。

それを僕が言うと「偉そうに!」「だったら***に答えてみろよ!」とか逆上したコメントがさらに来るのだが、第三者に注意されることで気づくことが多い。酔っ払いの喧嘩も、相手以外の第三者に止められて終わるが、同じ構図だろう。

困ったちゃんの特性は、FBを見るとき、自身と相手の二者の存在しか認識していないことが多い。それを第三者が見ていると言う認識が薄い。時には第三者たちにの前で「こいつを辱めてやるか!」と言う悪意を持つも者もいるが、いずれにしても第三者の介入を予期していないことが多い。思い込みが強いので「この監督。分かってねえなあ、教えてやるか!」と言う思い込みが強いタイプ。

友達が少なく、人や組織から評価されることがない。だから、ネット上で自分の力を誇示したい。名前も顔も出さなくて済む安全地帯から攻撃したいと言う思いが強い。でも、その種の人は、第三者から言われると意外に脆い。自分が愚かな言動をしていることに気づくのだろう。

「友達」が注意すると、コメント自体を削除することある。中にはその人に対して弁明や反論を始める人もいる。だが、その内容はやはり思い込みによるもの。あるいは凝り固まった思想での自己主張のみで、相手の指摘を理解していない。その「友達」も呆れて放置した輩もいる。何を言っても無駄と言う連中もいる。その種の人たちは同じ愚行を繰り返し。何度も返答を求めて来たり、事実無根の主張を繰り返すので、誹謗中傷でなくても結果、友達削除となる。先の「友達」が注意した人はほぼ全員が削除という結末。

ただ、その「友達」も誰でも彼でも注意しているのではなく、何度も気になっていた。いい加減、止めろよ!という見るに見兼ねる段階で注意していると思える。そのくらいだから、僕もすでにマークしている。注意が入るのは一つの目安になる。また、その注意で困ったちゃんが自分の愚行に気づけばそれは一番いいこと。

それにしても、誹謗中傷はなくなったが、相変わらずズレたコメントは多い。文章読解力がないのか?真剣に記事を読んでないのか? 聞きかじったことをあれこれ書き込んでくる人も多いが、そんな情報は求めていない。おまけにそれら情報はニュースソースがない。どこで知ったか?ネットならどのサイトの誰が書いたものなのか? それで初めて意味を持つ。「誰かが言ってたんだけどー」なんて情報とは言わない。出所不明の情報を拡散しても無意味。どこの誰が、いつ、どんなメディアを通して発言したか? 指摘したか?を確認してこそ、それが事実かフェイクかを検証することができる。

デマ、噂、都市伝説であっても検証すると事実であることもある。が、いかにも!というフェイクニュースが圧倒的多数。それを鵜呑みにして「あれは***ですよ!」とかコメントして来ても「あーこの人。リテラシー低いなあ」と思われるだけ。ま、それ以前に僕のFacebookで意見の主張は止めて欲しい。ご自分のアカウントで心ゆくまで語って欲しい。情報は自身で探すので、提供していただかなくても大丈夫。よろしく。


D7nVbYIVUAElq7L.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

芸術家を飢え死にさせたい政治家たち=何のために支援なのか? [原発問題]

芸術家を飢え死にさせたい政治家たち=何のために支援なのか?

昨日、やっと芸術支援金が振り込まれた。承認から数週間。申請から何と10ヶ月だ。毎日、銀行に行き口座を確認するたびに、ため息。250円という表示を見つめた。さらに「税金はよ払え」催促が何度も来ていて延滞金までついた。それを支援金が入ったので払うというのはどういうものなのか? 文化庁から出た金を財務省に収める。残った額で来月分の家賃払ったら終わり。あの時間と労力を使えば、それ以上の額がもらえる仕事をできたとさえ思える。

もらっておいて何だかが、この支援はおかしい。コロナ禍で芸術家が大変だから給付!ではなく、何か進めるプロジェクトの費用を一部支援するというもの。つまり、仕事がなくて困っている芸術家のためではない。お金がそこそこあって生活した上に、新しいプロジェクトを手掛けていて、その補助をするという制度なのだ。要は金持ちとは言わないが、コロナでも生活できる人が仕事を止めずに進めるための応援なのだ。

そもそも、僕なんかがもらえるものではないのだろう。コロナ感染でいくつかのプロジェクトが中止。そして延期。映画界では撮影、製作自体がほとんどストップした1年。何か業界内でアルバイトというわけにも行かず。マクドナルドでバイト?というにも店が閉まっていたりした。そんな状態で新たなプロジェクトを自腹で始めるなんて、誰ができるの?という話だったのだ。

が、友人たちからいろいろ教えられて、中断している仕事(これは金を借りて進めていた)を再開させるのにも有効だと聞き。応募した訳だ。ただ、そのプロジェクトを完結させるためには、まず自腹で金を調達する必要がある。そもそもが借りた金で進めていたので、ここで支援金をもらうと、返済時の金額が減るということ? 僕の場合。そういう制度になってしまう? が、それでもコロナ終息!と言ってすぐに仕事が再開できる訳ではない。今から準備しておかないとダメだ。その意味でイライラの連続ではあったが、ほんの少しだけ、助かったというのはある。

でも、僕はたまたまそういう状態でプラスになったが、通常の仕事をなくした芸術家の助けにはならない。ドイツでは芸術家に毎月、給付金が出ていると聞くが、日本では感染ゼロの映画館の営業を止めて、芸術家を見殺しにするのが政治家たちの仕事なのだろう。

144698748_4971400386267559_9205383203717573495_n.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の12件 | -