SSブログ
前の12件 | -

東京オリンピック開会式。「アスリート」を聖人化し印象操作。危険な演出? [オリンピック問題]

217168071_5799679080106348_957435024290609718_n.jpg

東京オリンピック開会式。「アスリート」を聖人化し印象操作。危険な演出?

日本政府の思い。「どんな汚い手を使っても五輪開催権をゲットする」最初からそうだった。ワイロを使い、総理が「アンダー・コントロール」と嘘までついて東京五輪を決定。どこかの女性タレント(のちの議員夫人)が笑顔で「おもてなし」というスピーチ。本当に気持ち悪かった。「表なし」つまり「裏ばかり」という風にしか聞こえなかった。

このコロナ禍で感染者が連日1000人を超える中で、それも緊急事態宣言下での強行開催。狂っているとしか言えない。その開会式ーNHKにチャンネルを合わせる。前日に問題となり解任された「ユダヤ人大量虐殺ゴッコ」の演出家のプラン通りに行われる(前日ではさすがに変更は効かないので、変更なしで行くという委員会)世紀の茶番を見つめた。

開会式パフォーマンスに対して、あれこれ批判するつもりはない。そんなことをいくらでも言える。その中で「ユダヤ人大量虐殺ゴッコ」を演じる訳ではない。それよりも強く感じたのは、NHKが式を盛り上げるために放送した番組。ジャニーズ・タレントが進行役で出場選手を紹介。

コロナには触れないで、オリンピックへの期待感だけを盛り上げる台本。もちろん選手に罪はない。大会に向かって何年も努力して来た姿を紹介されると感動的。昨年の延期で心折れた選手。夢破れた人もいたはず。それが、いよいよ檜舞台へ!「頑張れ!」といいたくなる取材映像。しかし、危険な演出を感じる。

もし、これが戦争で。多くの国民が犠牲になっているのに、長年訓練して来た兵士の努力を映像取材。「彼は日本を守るために血を吐くような訓練を続けた来た」「彼は日本を愛し、戦うためのが夢であった」「その彼の思いがいよいよ実現する」「頑張れ日本」と言い出すように思える。そして戦争を続ける。

特攻隊にも言える。「国を守るために純粋な気持ちで特攻を志願し、散って行った若者たち」だから、批判しづらい。「無駄死にだった」といえば「お前らに死者を冒涜するのか!」という声が聞こえてくる。そして「彼らの犠牲の上に日本は守られたのだ」と安倍晋三はいう。それは違う。彼らだけではなく日本軍は日本を守りきれなかった。日本は負けアメリカに占領されたのだ。

にも関わらず「若者たちは素晴らしかった」「彼らが日本を守った」と聖人化。称えることで戦争をも美化していく。アスリートも同じ形で利用されている。コロナ禍の中で、大会を強行する必要はない。大会さえしなければ感染しない多くの人が病に倒れ、死んで行くかもしれない。

なのに無理やり強行したのが東京五輪。それを忘れさせるためにアスリートを利用。「あんな思いで努力して来たんだ。大会でがんばって欲しい!」と国民に思わせる。すり込む。印象操作。洗脳。それがNHKの番組であり、開会式の演出なのだ。それを強く感じる。戦争になっても政府は同じことをするだろう。

そして多くの若者が誘導され、感動して、銃を取り戦場に行く。年寄りは手を振り声援を送るのだろう。その分岐点は今。この大会で多くの日本人選手が金メダルを取り、大きな歓声が上げる。「無理して五輪やってよかったな〜」「選手たちに元気をもらった!」と感染者拡大を忘れて思うようなら、見事に誘導されたということ。戦争が始まればまた利用される。

しかし「やるべきではなかった」「美しい言葉の裏で既得権益者たちを喜ばせただけ」と冷静な結論を持てれば、日本にもまだ可能性が残る。いつの時代も政府は国民を騙し、誘導し、自分たちの利益に繋げる。国民は毎回「アンダー・コントーロール」なのだ。いつまでも騙されていてはいけない。今回はそれが問われる機会なのだ。


asahi .jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

もう日本で反戦映画は作れない?=その背景にある政府の意向 [沖縄戦]

127570880_4689803764427224_4741668744662647832_o.jpg

もう日本で反戦映画は作れない?=その背景にある政府の意向

今の日本映画界。戦争ものを作るなら「日本軍は素晴らしかった!」「勇敢だった!」「彼らが日本を守った!」という方向でないと、どこの企業も金を出さないようだ。

あるいは「戦争はいけませんよ〜」「多くの人が亡くなり悲しいですね〜」(といいながら誰の責任か?なぜ戦争になったか?は描かない)そんな上っ面だけの作品しか製作されていない。原発事故の映画と同じ。大企業が出資するのは「東電職員は命がけで日本を守ったんだよ〜!」という嘘800=加害者を被害者にして賛美する「Fukushima」なんとかという映画だけだ。

戦争法を強行採決した政府が「右!」というのを「左!」というマスコミや大企業や団体は存在しない。NHKだけではない。塚本晋也監督が作った「野火」。父の遺産を注ぎ込んで製作。彼のような有名な映画監督の作品でさえ戦争ものだと、どの企業も費用を出そうとはしなかった。インタビューでこう答えている。「次第に戦争映画が作れない空気が広がっているのを感じた。早く作らないと作れなくなってしまう」その空気がもう日本に溢れている。

オリンピックがまさにそれ。緊急事態宣言下。感染者がどんどん増えているのに強行。国民の半分以上が反対しているのに、政府は止めようとしない。これが戦争ならどうか? 政府は同じことをするだろう。その戦争を進めるために何年も前から教科書を書き換え「日本は悪くなかった」と子供たちに教える。沖縄戦の集団自決の記述を削除。悲惨な戦争映画を作らせず、日本賛美の映画ばかりにして「日本軍は素晴らしかった」「彼らが国を守った」と刷り込む。

特に沖縄戦を描く映画などあり得ない。「軍が県民を犠牲にして本土を守った」ーなんていう酷い事実を絶対に知らせたくないだろう。すべては来るべき戦争のための準備。オリンピックを見ていると、そう思えてしまう。本当に必要なのは悲劇を伝える作品なのだ。が、それを作ろうとする映画会社も企業もない。


asahi .jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

この国は国民が犠牲になってもオリンピックを強行する!=聖火リレーを見て絶望的な気持ちに。 [オリンピック問題]

213665205_5736731056401151_6217366111102890228_n.jpg

この国は国民が犠牲になってもオリンピックを強行する!=聖火リレーを見て絶望的な気持ちに。

政府、都、自治体、警察、ボランティア、住民が一緒になり行われているのが、写真の聖火リレー。公道を警察が閉鎖。交通をストップさせて、スポンサーの巨大な宣伝トラックを走らせる。十数分それを見せられた後に、どこの誰とも知れない若い男性が聖火を持って走ってくる。え? この人?というのが昨日見た聖火リレー。場所は埼玉県。オリンピックは東京でしょう? 

213078632_5736741826400074_107793242430561194_n-1.jpg

おまけに、聖火はワープして全然違う場所で続きを走るという。もはや、聖火本来の意味をなくして、単なるパフォーマンスであり、宣伝パレードに落ちぶれている。そんな茶番としか言えないものに、多くの人が集まる。警備スタッフは「道に出ないように!」と繰り返し注意。人々は歩道にぎゅうぎゅう詰め。緊急事態宣言が終わったばかりであり(この日。また宣言続行が決める)感染者数がさらに増えているとマスコミ報道が続く時期なのだ。小池知事が自粛し、普及不要の場合は外出を控えると訴えているのに、なぜ、群衆になるようなイベントを行うのか?

答えは簡単だ。「感染拡大」とかいい収束に努力しているようなことを言いながら、国民がどれだけ感染し、死んでも、病床が足りなくなってもOKなのだ。菅政権も、小池都政も。それより企業の顔を潰さないように、オリンピック を強行することが大事なのだ。この聖火リレーはそれを伝えている。見ていて強く感じたのは戦中の学徒出陣式や兵士の出征を見送る光景だ。映画やドラマでよく見られるが、多くの人が沿道に出て戦場に行く兵士を見送り。まさにそれがダブった。

209732102_5735470716527185_701993415204638272_n.jpg

日本が戦争を始めても、このリレーのように多くが沿道に出て、出征する若い人たちを笑顔で見送るのだろう。そして、今回と同じようにコカコーラや日本生命、NTTは「我が社は日本軍を応援しています」とかスピーチするのだろう。そして喜び組のような若い女性たちがお揃いのユニフォームで踊り「日本、がんばれ!」と叫ぶのか? このリレーの先にはそれしか感じられない。国民の6割が反対しても強行するオリンピック。それでも多くの人が沿道に出て、スポンサーのトラックに手を振る。

官邸前でどんなに反対しても再稼働する原発と同じように、戦争が始まればどんなことをしても強行すること。予想できる。これが今の日本なのだ。

動画で見るともっと驚愕。醜悪とさえ言えるパレード=> https://youtu.be/J45j2imwup4


210187322_5735493163191607_6704674786061656081_n.jpg

210043467_5735512893189634_8853718879699787103_n.jpg
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ユダヤ人大量惨殺ゴッコ」が許されない理由=日本にいては実感できない部分?(より詳しく) [オリンピック問題]

217168071_5799679080106348_957435024290609718_n.jpg



今朝から日本中を走り抜けたこのニュース。数時間で担当者の解任速報が流れた。が、著名人の中にも「切り取りで批判するべきではない」等の擁護論を出す人もいた。その分野で著名な方でも島国発想から抜け出せないことを強く感じる。そもそも「ユダヤ人大量虐殺」とは第二次世界戦でナチスドイツがユダヤ人を大量に虐殺したことを指す。収容所に入れ、青酸のシャワーを浴びさせたり、大量に銃殺したりして、罪のない多くのユダヤ人を虐殺した歴史がある。

あのスピルバーグ監督のおじいさんもアウシュビッツに収容されており、手に番号を刺青に刻まれていた。そんな経験から彼はのちに「シンドラーのリスト」を監督する。同じ過ちを繰り返さないように映画やドラマで繰り返し伝えられる。が、日本人が「シンドラーのリスト」を見ても、その種の話を聞いても、「へーー酷いねえ」と他人事としか感じないのではないか?

しかし、日本にいるユダヤ人は少ない。馴染みがない。だから、「惨殺ゴッコ」と言われてもピンと来ない。それも90年代のこと。「そんなに怒ることないんじゃない?」と思う人も多いはずだ。30年前だと、まだまだ狭い日本の価値観だけで生きていたかもしれない。当時は問題にならなかっただろう。多くの視聴者は深く考えずに笑ったはずだ。

では、こういい変えよう。日本人は子供の頃から広島原爆の酷さを学校でも学び、修学旅行で訪れ、映画やドラマ、そして「はだしのゲン」のような漫画でその悲しみを学ぶ。それを外国人が「広島原爆、日本人惨殺ゴッコ」というギャグをしているとしたら、どう思うだろうか? おじいちゃん。おばあちゃんが広島出身の人もいるだろう。広島だけでなく長崎の人でも同じ境遇の人はたくさんいる。

家族や親戚にいなくても、原爆は「戦争を終わらす」という名目で、アメリカが行った人体実験である。広島に落とされたファットマン。長崎がリトルボーイ。それぞれにプルトニュウムとウランを原料にしている。その違いを知るために日本が降伏する間も無く、短い期間で落としたのである。広島だけで14万人が犠牲になっている。同じ日本人だ。

それを「虐殺ゴッコ」などというギャグとして、テレビや舞台で笑いを取った者が、世界のアスリートが集まるオリンピック開催式の演出をするというのをどう思うだろう? 国辱もの。絶対に許すことはできないだろう。

同じように「ユダヤ人大量惨殺ゴッコ」もギャグにはならない。アメリカやヨーロッパには多くのユダヤ人。ユダヤ系民族が生活している。僕も留学時代にユダヤ系アメリカ人の友人がいた。その人のおじいさんはポーランドの収容所にいたと聞く。そんな人たちが東京オリンピッックの開会式の演出をするのは「大量惨殺ゴッコ」という台詞で、笑いを取った元コメディアンであると聞いたら、どういう気持ちになるだろう。

憤慨するに違いない。絶対に許さないだろう。ユダヤ系の選手。各国にいる。彼ら彼女らが皆、出場辞退をしてもおかしくない。そんな輩に開会式の演出をさせるなんて国辱的な対応だ。これが日本の「おもてなし」なのか?

今の時代。この国際時代に国際的なスポーツの祭典で、過去とは言え、そんな島国の価値観で国辱的なギャグをしていた人物を演出家として採用することは問題。もし、これが韓国人、中国人差別をギャグにしていたらどうか?そう考えると実感するだろう。アメリカ大会でKKKメンバーが開会式の演出をするようなもの。過去のことと言っても許されない。

世界の人たちが集まる祭典に、そのような狭い歪んだ発想で、無知をひけらかし、他民族を馬鹿にし踏みにじる言葉をギャグにした人物に演出を任せるべきではないのだ。今から罰しろとは言わないが、今日のオリンピック演出に参加させるべきではない。

そして問題は彼だけではなく、障害者をいじめたことを雑誌で自慢していた人物が、同じ開会式の音楽を担当。数日前に辞任したばかり。オリンピックだけでなく、パラリンピックも開かれるのに、その2人はまさに大会のテーマと真逆の存在。ただ、同じくらい恥ずかしいのがバッハや日本の委員会メンバーや丸川大臣、そして菅総理。もう大会自体を中止するべきである。


asahi .jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ユダヤ人大量惨殺ごっこ!」これはギャグでは済まない理由=原爆をギャグにする外国人を許せるか? [オリンピック問題]

217168071_5799679080106348_957435024290609718_n.jpg

ユダヤ人大量惨殺ごっこ!ーこれはギャグでは済まないこと。分からないのか?

小山田「いじめ」過去に続き、開会式の演出する人物が差別的な表現があるコントを過去に演じていたことが発覚。Twitterはその動画がかなり流れているので、すぐに見れる。「ユダヤ人大量惨殺ゴッコ」というセリフがある。が、これはギャグにはならない。小山田事件でも指摘されたが90年代だから許されるというものではない。

もし、海外のオリンピックの開会式演出をする人が「原爆ー日本人大量虐殺ゴッコ」というギャグをした人なら私たちは許さない。そんな台詞を使う演出家がスポーツの祭典の開会式を担当するなんてあり得ない。単一国家である日本にいるとユダヤ人の存在は実感しづらいかもしれないが、それで許されるものではないし、国際的な祭典にその人物は選ばれるべきではない。

先の小山田といい、今回の演出家といい、たまたま選ばれただけではないだろう。選んだ側にも同種の体質があるのではないか?だからこそ、感染拡大の可能性があり、犠牲者が出るかもしれない状況で、オリンピックを強行できるのだ。他人を踏みつけても平気。それを笑いにする鬼畜の所業ー先の2人だけではなく、オリンピック関係者の多くにも共通するものではないか?そんな祭典はやるべきではない。


asahi .jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

オリンピック聖火リレー=この呆れる茶番を動画見て欲しい! 7月7日収録 [オリンピック問題]




オリンピック聖火リレー見聞録=この呆れる茶番を見て欲しい! 7月7日収録

リレーというよりスポンサーパレード。こんなことに税金が使われる!評判悪いスポンサーの宣伝カー。それを取り巻く若い女の子たちが「喜び組」に見えてしまう。警察は公道を閉鎖、企業がしっかり宣伝できるように警備。

スタッフが「道路に出ないで!」と繰り返し、人々を狭い歩道に押し込める。感染拡大が目的か?とさえ思える。そして戦中の学徒出陣式がダブる。国と企業と国民が協力しあって、問答無用で進めるプロジェクト。それが戦争とオリンピック? この動画見れば説明無用。9分30秒


209202621_5735489996525257_8252560932241289893_n.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

小林よしのりーコロナ論読む。 [コロナウイルス]

217622198_5798296116911311_8014274218262081104_n.jpg

小林よしのりーコロナ論読む。

「コロナは軽いインフルエンザだ!」というのが彼の主張。頷けるところは多々ある。そもそも、毎年のインフルエンザの方が死者も感染者もコロナより圧倒的に多い。

でも、緊急事態宣言は出ていない。ここはその通り。だが、日本よりアメリカの方が死者の多い理由。日本人がきれい好きだからだけで、説明できない。

また、生物兵器説に全く触れないのもヘン。漫画家なのだから一番に想像しそうなものだが、、、、続きを読む。


asahi .jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

仮定論だが、もしオリンピックが中止なれば、 [オリンピック問題]

217168071_5799679080106348_957435024290609718_n.jpg

仮定論だが、もしオリンピックが中止なれば、

あるいは終了後に感染爆発すれば、菅内閣は総辞職だろう。彼らは金メダルで国民は全てを忘れ、政権支持率アップになることを期待して強行しているだけ。中止、爆発になり、IOC と委員会の癒着、賄賂漬け。不正をどこかが暴露すれば、世界に報道される。オリンピックはもうできなくなる。

あるいはギリシャで細々と開催。菅政権も終わり。2fも力を失う。背後の中共も失望、そうなると世界は良くなる。既得権益とオリ貴族のためだけの祭典。終わりにした方がいい。今回はそのチャンス?それを知ってシナリオを書いた奴がいる。小山田の件を思うと、そんな推理をしてしまう。当たっていると嬉しい。


asahi .jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

FBのコメントから見えくるもの=時代についていけない日本人。 [日本人の問題]

213319280_5740892989318291_3528163439474618580_n.jpg

FBのコメントから見えくるもの=時代についていけない日本人。

僕のFB友達はレベルが高い。といつも書く。が、レベルはコメントを読むことで分かる。ということはコメントを頻繁にくれる常連さんが中心となる。だから、その他の人たちがどうなのか?は正直にいうと分からない。FBの機能では「いいね」や「シェア」をしないと、その人の記事が流れて来なくなる。まあ、全員のが流れてくると、物凄い数になるので大変だが、FB社はそんな嫌らしいシステムにしている。

見たこともないアイコンの人が突然にコメントしてくることがある。常連ではない。見たこともない。かなり昔に「承認」した友達だろう。単なる映画好きの人で、「おー映画監督!」と申請してくれたかもしれない。その種の場合、ごく一般の人であることが多く、常連さんのように、567や枠てんの真相。寅事件解明に情熱を燃やすタイプではない。また最近の僕の記事も読んでいない。

そして、その種の人のコメントはたいてい的外れ。理由は何だろう?誤解のないように説明せねばならないが、僕は映画屋であり、昔はライターもやっていた。世間や時代を把握せねば仕事ができない。また、性格的に仕事でなくても原発や安倍政権。ウイルスや枠てんには興味を持つ。「裏があるのでは?」と疑う。趣味が「謎解き」のようなもの。

対して会社員とか主婦とか、生活のために仕事をする人。会社でも嫌なことがある。ご近所さんとトラブルがある。子供の教育。夫婦関係。不況の日本。寅問題や原発に興味を持つ余裕がない人たちも多い。仕事で忙しい。テレビは見る。新聞は読む。でも、ネットでマイナーな情報は探さない。そうなると完全に企業や政府に誘導された状態。枠てん接種のお知らせが来れば、疑わずに受けてしまう。「だって、コロナは怖いから」と思っている。

多分、そういう人たちが日本のマジョリティなのだろう。それでも一部の人たちは、YouTubeで新しい情報を取り込む。「スピン」という言葉を覚える。政治的に発表できない。あるいは発表しても注目されたくない時に、別の大きな事件をあえて報道してかき消してしまう作戦。芸能人が覚醒剤で逮捕。というのがそれに使われがち。警察や検察を使い。以前から狙っていた芸能人をその時期に逮捕させる。それは本当のことだが、ある人がこんなコメントをくれた。

「カルロスゴーンが逮捕された。これはスピンに違いない。他に重要な事件が起こっているのだ」

それは違う。芸能人と違いゴーンのような大物は簡単に逮捕できない。その背景も以前に記事したが、スピンの解釈が間違っている。こんなのもあった。都議会選の時にFBが「オリンピックに反対する候補」を応援するアカウントのシェアをできないようにした。それは言論封殺だ!と記事にしたら、「僕もシェアできない」「私も」というコメントが多数届いた。こんなコメントもあった。

「どこの誰がシェアを止めているのか? どこで作業しているのか?」

いやいや、どちらも問題ではない。シェアを止めているのはFB社。どこで作業ーサーバーを操作できるところ。考えれば分かる。問題は誰がFB社に指示したのか? である。これが「朝日新聞社で爆弾騒ぎがありました」なら、「誰がやったんだ?」「どこの支社で起きたんだ?」は意味がある。先のスピンと合わせて、現代の事象、環境がよく分からない人が多いということだろう。人のことは言えない。次々と新しいテクノロジーが登場。僕も使いこなせないでいる。社会構造も変化が激しく、50代を超えると頭がパンクしそうだ。

ただ、困るのはその種の的外れコメントに限って、上から目線で「お前は気付いていないので教えてやるが」的な文体で書き込んでくることが多い。あまり外れているのは削除する。他の人が読んで「そうか!」と思うのも困るので。新しい価値観や環境を理解しないで、昔の発想や観点で物事を見ても真実には辿り着けないということ。そんなこともFBのコメント見ていて感じる。


asahi .jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

愚かな日本人=枠てんの説明書を読み、なぜ恐怖や疑問を感じないのか? [コロナウイルス]

217398592_5787954331278823_4071773806119879554_n.jpg


昨日、届いた予防接種のお知らせ。あれこれ噂を聞いているが開封して説明書を読んだ。

「感染予防効果は十分には明らかになっていません」

「これまでに明らかになっていない症状が出る可能性があります」

以上、2つの記述が引っかかった。最初の方「予防効果は十分に明らかになっていません」なぜ、明かになっていないものを接種するのか?「567ウイルスは実態は十分に明らかになっていません」なら理解できる。が、それを予防するためのものの効果が「明らかになっていません」では日本語としておかしいだろう。枠てんは最初からあるものではなく、感染予防のために作られたもの。それが「明らかになっていない」という表現はおかしい。意味不明。そんな説明をされて接種をする気にはならない。ウイルス以上に怖い。

2番目の「これまでに明らかになっていない症状が出る可能性」ーこちらも負けじと怖い。そして意味不明の記述だ。「これまでに明らかになっていない」とはいつ以前の話か? 新型567に対する枠てんなのだから、ウイルスが存在しない5年10年前のことではないだろう。ということは、接種が始まった数ヶ月前に発覚した症状ということしかない。だが、そこで分かった症状も明記されていない。なんていい加減なんだ。聞いた限りで紹介すると発熱とか、痛み、腫れがある。それらとは違う症状が出る可能性があるということだろう。



例えば、免疫が不全になる。妊娠できなくなる。失明する。痴呆症になる。そんな「これまでに明らかになっていない症状」が出る可能性があるという説明だ。つまり、そんな弊害や後遺症の可能性があるけど、打つね?ということなのだ。「先のことは分からんというたんやさかに、あんたがどうなっても文句言うなよ」と言う意味だ。

おまけに先の説明「予防効果は十分に明らかになっていません」=「効かんかもしれへんで〜」と言う意味だ。もっと言えば、「ワシはよー分からん。あんたが死んでも責任取れへんからなあ」と言うことだ。こんな無責任な説明書はない。その辺の問題点や疑問を明確にしてから接種を始めるべき。「臨床実験が行われていない」「動物実験では検体の犬、猫等は全て死亡した」と聞くが、それは事実であろうと思えてくる。

そして1番の問題は、この説明書を受け取ったにも関わらず接種を受ける人たち。これを読んで疑問を感じないのか?危険を察知できないのか? わかりやすく言うと「死んでも文句言うなよ」と言う警告。それを読まずに接種したら、詐欺師が出した契約書を読まずにサインするのと同じ。読んだ上で接種するのなら、覚悟の上と言うことだろう。

報道だけでなく、いろんな情報を精査して考えることが大事。この記事を読み、何かに気づく人もいるだろう。そんな人たちに向けて記事を書き続ける。

asahi .jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

なぜ、政府はオリンピックを強行開催しようとするのか?=事情通の指摘から考える。  [オリンピック問題]

213078632_5736741826400074_107793242430561194_n-1.jpg


なぜ、政府はオリンピックを強行開催しようとするのか?=事情通の指摘から考える。 

感染拡大中。そんな時に海外から選手やマスコミを受け入れるか? アホちゃうか?としか思えない。利権か? とも思うが、海外からの客は受け入れないから、観光収入は見込めない。会場も無観客とのこと。入場料も入らない。放映権。それはIOCが儲けるだけ。

ゼネコンはすでに豪華な競技場を作り、儲けているので中止でもOK。これでは感染が増えるだけ。海外から新たな感染者が入って来て、枠てんが効かない新種も出てくるだろう。そのために感染がさらに広がり、犠牲者が出る可能性もある。そこまでして、なぜ強行開催するのだろうか?スポーツに詳しい友人に聞いてみた。

「それはもう意地でしょう。次に中国でオリンピックがある。ここで日本が中止にしたら、次も出来なくなる可能性がある。そのことでアメリカやIOCの圧力があるかもしれない。同時に中国が無事に開催できて、日本ができないと悔しいと言う政府の思いもある。日本が中止したら海外からバカにされる。こんな状況でも東京オリンピックは開催しました。と世界に誇りたい。もう、そんな意地だけじゃないのかな?」

スポーツに詳しくなく、合理的な考え方が好きな僕にとっては余り納得できない意見だった。IOCにしても東京が中止だから中国が中止になるとは考えないだろう。ボイコットではない。原因は感染だ。また、海外からバカにされると言うが、経済力がなくて中止ではなく、感染拡大。命の問題だ。そんなんことでバカにする国の批判など気にする必要はない。

むしろ、こんな非常事態で開催を考えるのは日本という国しかないだろう。そう考えると「意地」というのはあるかもしれない。「海外にバカにされたくない」と勝手に思い込む、二流国の政治家たち。田舎の金持ちが見栄を張るような者だろう。

213665205_5736731056401151_6217366111102890228_n.jpg

さらに考えると、戦時中がまた重なる。そもそも太平洋戦争は勝てもしないアメリカに挑んだ。それで真珠湾攻撃がうまく行ったので調子に乗る(本当はアメリカが攻撃して欲しかった)ミッドウェイ海戦ではボロ負けする。事前にシュミレーションをし、最悪のケースも確認していたが、「それはなかったことにしよう」と対応を考えずに作戦を決行した。

結果、その最悪のケースとなり、ボロ負けしたのだ。そしてインパール作戦。武器も弾薬も不十分なのに、大本営は敵陣地への切り込みを指示。「気合があれば勝てる」と多くの兵士を無駄死にさせている。この辺の背景にあるのも不必要なプライドから生まれる「意地」だ。

菅総理を始めとする、政府関係者が76年前の戦時中と同じ、つまらないプライドから意地を張り、世界の国にバカにされないように、令和のインパール作戦を決行すると理解すれば分かる気がする。僕より上の世代には、今も日本は経済大国で、中国や韓国には負けてない!と思い込んでいるオヤジたちがいる。バカにしている。下に見ている。アジアの連中には負けたくない!という詰まらないプライドがある。

209202621_5735489996525257_8252560932241289893_n.jpg

若い連中でも小林よしのりの「戦争論」を読み、「日本人は素晴らしい」と勘違いしている人たちがいる。ネトウヨもその一派だ。彼らの価値観から考えると、伝統あるオリンピックを東京で開けないことは屈辱と感じるだろう。だから、やらねばならない。犠牲が出てもやる。

安倍前総理が先に「オリンピックを反対する人は反日だ」と発言している。オリンピック=日本ではない。何を戯けたことを?と思ったが、先の価値観に当てはめると、「ソウルでも開催。中国でも間も無く開催するオリンピック。東京だけ中止では恥ずかしい。日本人のプライドが許さない。そのオリンピックを反対するのは反日だ」となるのだろう。なるほど、やはり無意味なプライドと意地からの発言だったのだ。

僕など、昔からテレビでオリンピックを見たことがない。全く興味がない。おまけに日本はもうアジアの負け組であることも承知している。バブル時代は日本にいなかったので、経済大国の国民!という自負もない。だから、彼らの発想を想像することもできなかった。

210644949_5735492383191685_1527371903596159270_n.jpg

が、戦時中の軍部を考えると、未分不相応の高いプライド。勝てるはずのない大国アメリカに気合で勝つ!と信じ込んだように、今の政府、そして政治家たちも詰まらないプライドだけで、オリンピックを開催に意地になっていると考えると理解できる。

そして戦時中も、今も、そんな無意味な意地を張る連中は、国民がどれだけ犠牲になろうと、突き進もうとする。太平洋戦争で多くが死に犠牲になった。同じことを繰り返そうとしているということでもある。

しかし、あの時、国民は声を上げることもできず、巻き込まれることしかできなかった。時代は違うとは言え、「オリンピック反対」という声は挙げられても政府や都を止めることはできない。その意味で戦時中と同じだ。であるなら、このまま開催させて、感染爆発させることで、自らの愚かさを知るしかないだろう。

そうなれば菅政権は総辞職。解散総選挙。そこで自公、ファーストを徹底的に落とす。でも、そこでまた彼らに投票するバカが日本には多いんだろうなあ。あと、心配なのは、菅たちが考えているのは、強行開催しても日本選手が金を多量に獲得すれば、国民は感動して「やっぱオリンピック。無理してもやってよかったね〜。菅さん偉い!」となることを期待しているはず。

そうなる可能性は少ないと思うだろうが、567はすでに消滅している説、そもそもウイルスは存在しない説もある。それらが正解ならオリンピック開催に問題はなく、菅の期待通りの展開もあり得るのだ。

そして最後のもう一つの可能性。アメリカ選手団の不参加。それが発表されれば、全ては完結してしまう。梅さん。あるいはその背後にいる人?はどう考えているのか? 背後にいる人は567はない!説のはず。だったら、不参加はないか? あれこれ考えてしまう。


asahi .jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

祈ります?! [日本人の問題]



いくら仏や神に祈っても、

戦争も原発

オリンピックさえも止められない。

「祈ります」by. A夫人。

だからー意味ないってー


asahi .jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の12件 | -