SSブログ
2021 ブログトップ
前の10件 | -

今日からマヨネーズはキューピーだ! [2021]

242206891_6104172246323695_7203457005803286464_n.jpg

「ひるおび」八代弁護士デマ発言で、共産党を貶めようとした件。

番組スポンサーのキューピーマヨネーズが降板。

快挙。今日からマヨネーズはキューピーだ!

おまけにこの商品。

「血圧高めの人向け」まさに私。これ愛用する。


57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

最近、続けて食べたのが、こちら。ベトナムのサンドウィッチ。 [2021]

242142898_6100417893365797_1637396621789402344_n.jpg

最近、続けて食べたのが、こちら。

ベトナムのサンドウィッチ。

パクチーがいっぱい。

これが美味しく!


57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

これが日本の現実。腐り切った植民地。 [2021]

242211252_6111825942224992_1073590101744254676_n.jpg

これが日本の現実。腐り切った植民地。

2017年の本ではあるが、鋭い。僕はほかのメディア等で学び、内容のほとんどは知っていたが、これだけ隠された事実を並べられると壮絶だ。テレビしか見ないで自分が知らない現実と出会うと、「陰謀論だー」と騒いでいる人。これ読んで現実を把握した方がいい。日本という国が腐り果て、ハイエナの餌食になっていること。直視した方がいい。

57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

さて、減量生活の報告。 [2021]

242096504_6093925104015076_2892582771229110698_n.jpg

さて、減量生活の報告。

人と会うと、飲み会だ食事だと食べてしまう。また、遠方に出かけると、地元の美味しいものを食べたくなる。そんなことが続いたので、−8キロ減まで行き、あと一息で−9キロ台に入れたのに、現在は−7キロ台に逆戻り!

やはり、コロナ禍で人で会わないから減量生活が成り立つことを痛感。でも、まあ、また、食事の量を減らせばいいので、ー9キロ台を目指す。最終目標は−10キロ。そこまで行けば、あとは維持だけ。ま、それも大変そうだけど。


57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

緊急告知 「ドキュメンタリー沖縄戦」」がネットで見れます! [2021]



緊急告知

「ドキュメンタリー沖縄戦」」がネットで見れます! 

有料ですが、日本全国どこでも見られます。

DVD発売はありません。本日9月10日配信開始。

詳しくはこちらのサイトで=>

バーチャルシネマ https://www.aevc.aeoncinema.com


144698748_4971400386267559_9205383203717573495_n.jpg



241209675_6060635724010681_3188916835530540886_n.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

バーミアンと言うとダーミアンに思えて、 [2021]

241410089_6036925569715030_2328444859806470576_n.jpg

バーミアンで食べた冷麺。

結構、美味しかった。

ただ、バーミアンと言うとダーミアンに思えて、

666か!と怖くなる。


57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

日本人はなぜ、新しいこと。人と違うことを始めると、事情を知らない者まで否定しに来るのか? [2021]

日本人はなぜ、新しいこと。人と違うことを始めると、事情を知らない者まで否定しに来るのか?

「YOUTUBER始めたら?」との提案を数人からもらった。どうだろう?と言う記事をあげた。滅多に意見を求めることなどないのだが、反応を知りたくて聞いてみた。日頃から思っていることだが、僕のFB友達はリテラシーが高い人が多い。と言うか、あれこれ挙げ足取りやネトウヨのように文句をつけてくる人は即、削除するので、良識ある人たちが残り、今も読んでくれていると言うことだろう。

何よりも僕のことを理解した上で、***な形がいいのでは? ***はどうだろう?と言う意見をくれた。納得できるものが多い。日頃から記事を通して人間性を理解してくれていたのだろう。ただ、一部に????と言うコメントをする人もいて興味深かった。

例えば「YOUTUBERはお笑いタレントが人気だから、あなたには無理だ」と言う人。しかし、現在のYOUTUBERはお笑いばかりではない。政治系、マニア系、ニュース系、趣味系、スピリチャル系といろんなジャンルがあり、いろんなタイプの人がやっている。それぞれに人気者がいる。さらに提案は「youtubeで人気を取りたいのなら」と言う意味だとも思えるが、僕は人気を取りたいとか考えていない。このFBと同じで読みたい人が読む。見たい人が見るでいい。

つまり、僕が日頃から書く記事が「友達」を増やしたい。人気者になりたいと思って書いているのなら「YouTubeで人気を取りたいのなら」と言われるのも分かる。が、日頃からそんな記事は書いていない。まず、そこが理解されていない。勝手な思い込みが存在する。そして「YOUTUBERはお笑い系が多いから」「あなたは違うからダメ」と言うのは、僕のことを誤解し、YouTubeの1部だけを見て「ダメ」「やめた方がいい」と言うコメントなのだ。

思い出すのは高校時代。大阪の進学校だった。例えば、ある生徒が「俺は早稲田に行きたい」と言ったとする。と、他の生徒たちから即「お前には無理じゃ」「アホが行ける学校とちゃうで」「行ける訳ないやろ」と言う罵声が飛んだ。関西人的なノリもある。漫才や吉本新喜劇ではよく見る光景。だが、クラスメートはその生徒の成績を知っていて、早稲田は無理と言ったのか?否。みんな自分の成績は絶対に人に告げない。とすると、なぜ、クラスメートは彼には「無理」と思ったのか?

答えは簡単。見るからに勉強ができる生徒ではなかったから。そして早稲田の偏差値を知っている訳でもなく、「早稲田ー入学が難しい大学」と言う認識しかない。もしかしたら、その生徒は見かけによらず成績が良かったかもしれない。が、クラスメートたちは見かけと「早稲田は難しい」と聞きかじった情報だけで判断。「お前には無理じゃ!」と推論ではなく断定をし、否定したのだ。

僕が「将来は映画監督になりたい」と言ったときも、同じことが起こった。映画界で働いたこともない。知人が働いている訳でもない人たちから「お前が監督になれる訳ないやろ!」言われた。親、親戚、教師。多くの大人たちが口を揃えるようにそう言った。「才能あるのか?」「世の中甘くない」

当時は自分より長く生き、経験豊富な大人たちが言うことだからーとも考え、真面目にあれこれ悩んだ。が、のちに振り返ってみると、映画界とは無縁。情報も知識もない人たちが「無理だ」「やめろ」と言っていただけ。聞きかじった知識や思い込み。「芸能の世界は厳しいと聞く」「才能がないとダメ」「そんな甘いもんじゃないだろう」と何も知らない人が想像や妄想だけで、あれこれ否定して来たのだ。

当時はそこまで分析できなかったが、人に相談したり、意見を求めても意味のないことを痛感。その後、よほど親しい人以外には思いを打ち明けないようにした。同時に学んだのは、何も知らない人、聞きかじったことしか知らない人たちが、鬼の首を取ったように得意げに、意見、否定する。それが日本人の特徴であること。

そんな無責任な言葉を毎日、投げかけられて、夢を諦めた友人たちが何人もいる。人のことなんだから放っておけばいいのに、あれこれ言ってくる。これ一つの村社会ルールなのだろう。人と違うこと。これまでと違うことをすると、多くが止めようとする。会社や社会でも同じ。閉鎖的な体質。

アメリカ留学時代に同じ発言をしたことがあるが、多くが「いいな。頑張れ!」「お前ならできるよ!」「ハリウッドに友達がいる。紹介するよ!」と全員が応援してくれた。日本と対照的。当時の日本映画は「世の中は甘くない。結局、夢は実現できない」的な暗いものが多く、嫌いだったが、まさにそれが日本。対してハリウッド映画は「やればできる。やってみろよ」と言う作品が多い。

さらに夢を追う者を日本人は「あいつは現実を知らない子供だ」と蔑むところがある。逆に世の中に期待せず、何ら努力せず、耐えるだけの生活をすることを「俺は現実をよく理解している。夢を追ったりしない大人なのさ」と悦に浸る者がよくいる。

そして映画業界を知らないのに「どうせ***だよ」と決めつけて、夢を追う者を見つけると、頼まれもしないのに寄っていき踏み潰す。それを本人は親切だと感じているのだが、深層心理では自分が夢破れたことを癒すための行動。「俺が無理なんだから、お前も無理だ」と思いたい。でないと自分が否定される。

さすがに最近は、あれこれ言ってくる人はいない。が、久しぶりに人の意見を求めると、わずかではあったが、情報がないにも関わらず、一部しか知らないのに、否定、断定をしてくる人がおり、高校時代を思い出した。


57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ストーンズ・ライブを見たくてLAで暮らし?=ついに見たライブの思い出。チャーリーよ永遠に。 [2021]

240477970_5984656001608654_1937122379179922818_n.jpg

ストーンズを見たくてLAで暮らし?=ついに見たライブの思い出。チャーリーよ永遠に。

「アメリカで映画の勉強をしたい!」その思いは本当だったが、2番目の目的があった。アメリカに行けば、ローリングストーンズのコンサートが見れる!高校時代から聴き続けているストーンズ。ドラッグ問題で彼らは日本には入国できない。それをネタに原爆を作って政府を脅し、「コンサートをしろ!」と言った沢田研二までいる(映画「太陽を盗んだ男」の話ですよ)と言うことでLAに留学した!

ところが、当時はミックとキースの中が悪くてライブどころか、アルバムもなかなか出ない。やっと発売されたのが「ダーティワーク」ジャケットからしてキースが真ん中。「ワンヒット」のミュージックビデオではケンカしているように見える。コンサートもなし。解散さえ噂された。何年もLAで生活してコンサートなしで解散?それはないぜよ。

ようやく5年目にアルバム「スティール・ホイールス」で全米ツアー。NYのグランドセントラルからストーンズ自身が発表。それをMTV生放送で見て興奮。いよいよ見れるぜ!アルバムタイトルの「Steei Weels」は日本語にすると「スティール・ホイールス」だが、英語で発音すると「スティル・ウイル」に聞こえる。それは「Still Will」であり「まだ、やる」と言う意味に取れる。解散の噂もあったのでファンへのメッセージなのだ。

LAはメモリアルコロシアム。20万人入れる会場だ。そこで5日間。全部通った。オープニングの「スタートミーアップ」からスタート。(その前にコンティネンたるデイバインディンドのイントロが流れる)コンサートは圧倒的だった。何日目だったかはチケット屋で(ダフ屋ではない)少し高いチケットを買い、前から20番目くらいで見た。何とその日に演奏したのが「ワンヒット」その後、日本でも来日するたびに行くのだが、演奏したのはこの時だけ。血が逆流した。

ライブのクライマックスはヒット曲のオンパレード。「イッツオンリーロックンロール」「ブラウンシュガー」「サティスファクション」アンコールが「ジャンピングジャックフラッシュ」最後に花火が上がる。「今死んでも後悔しない!」と言う感じ。2時間半。圧倒的なライブだった。

その1989年のライブでビルワイマンが引退した。そして32年後の今日、チャーリーワッツが亡くなった。ミックはもうすぐ80歳。そう言う時代なのか....。17歳から聞き始めたストーンズ。40年以上聴いている。人生の師とも言える存在。スプリングスティーンの歌詞ではないが、学校ではなく彼らのレコードからいろんなことを学んだ。

前回の日本ツアーでは、キースがあまり動かず。「たったまま死んでいるのでは?」とファンが気をもんだ。その前のツアーではファンが投げ込むプレゼントを一つ残らず集め、笑顔で持ち帰ったのに、動かない。本当に演奏しているのか?と思っていると、動いた。「おーー!」と言う声が会場を包む。なのでキースの健康を気にしていたのに、先にチャーリーが逝くなんて...。

そして先のビルワイマン。引退したのは50代。あの頃、僕は20代で50代とはそんな歳か?と思っていたが、僕自身がその50代を終えようとしている。一方でミックは80歳になろうとしているが、元気そう。歌い続けている。日本では矢沢永吉とパンタが70歳を超えた。昔は若者がやるのがロックだったが、今は80代でもロック。年月が過ぎていくのを感じる。

下写真のtシャツ。ライブで毎回買う。撮影の時はこれらを必ず来て演出している。僕の監督作もまたロックなのだ。今日はストーンズを聞きながら、あの頃を思い出す。そして80歳になっても(そこまで生きてるか?分からないが)ストーンズを聞き続けたい。




nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

古賀茂明さんの新刊を読み始める。 売り切れで、しばらく手に入らなかった。 [2021]

240331728_5983012255106362_7942451508664028657_n.jpg

古賀茂明さんの新刊を読み始める。

売り切れで、しばらく手に入らなかった。

彼の本は今の日本を知るためにガイドブック。

そうだ。古賀さんも

「ドキュメンタリー沖縄戦」見てくださったとのこと。感謝。


144698748_4971400386267559_9205383203717573495_n.jpg




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

何んか黒板五郎さんからの贈り物みたい? [2021]

240465377_5971289809611940_4884769869465883685_n.jpg


僕の監督作を毎回、観てくれる横浜の方から頂きました。

何んか黒板五郎さんからの贈り物みたい?

ありがとうございます。


57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 2021 ブログトップ