SSブログ
原発問題 ブログトップ
前の10件 | -

映画「朝日のあたる家」は原発事故の悲しみを伝える映画 [原発問題]

60764999_2681749791899308_369149531398340608_n-8d7ef-51fa7.jpg

映画「朝日のあたる家」は原発事故の悲しみを伝える映画

この映画は福島の原発事故と時間軸も、事象の展開も全く同じにして描いている。劇中のテレビ報道もあの当時と全く同じにしてある。ただ、場所だけを福島から静岡県湖西市 に移した。

そうすることで見た人が「福島大変だったなあ」と他人事のように思うのではなく、どこにでもある懐かしい風景のある湖西市を舞台とすることで、自分の故郷で原発事故が起きたかのように感じ、物語を見つめてもらえるようにした。

人が何千人も死ななくれても、どれだけの悲しみが溢れるのか? 生まれ育った故郷を追われることがどれだけ辛いことか? 生活していた家に戻れないことがどんなに厳しいことか? 新聞やテレビニュースでは伝わらない「痛み」「悲しみ」を伝えられるのは映画だと製作した。

しかし、4度目の311がやってきても事態は何も変わっていない。より悪くなったとさえいえる。あれだけ「原発反対」と叫んでいた人が今は「景気」という。だが、その前にもう一度、事故を見つめてみよう。悲しみだけでなく、そこに日本人が忘れた大切なことがたくさんあるからだ。

日本人は戦後、お金や学歴や会社が大事と必死に働いてきた。けど、本当に大事なものを忘れていたと思える。悲しみを見つめることで、その忘れていたものも見つかるはず。それを描いたのが「朝日のあたる家」である。完成から3年目の今年も各地で自主上映会が行われている。機会がある方はぜひ観てほしい。

また、上映会をしたい方は連絡してほしい。目先の景気に翻弄されてはいけない。もう311以前に日本は戻れない。これからの未来のために何が大切か? それを今後も映画で伝えて行きたい。

映画レンタルの問い合わせ=>bit.ly/1v9iGQY

予告編=>https://youtu.be/rP2ztda0kpg

asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

傷ついた人達は本当の敵ではなく、寄り添う人達を否定してしまう現象=やり切れないこともある。 [原発問題]

IMG_5455.jpg

傷ついた人達は本当の敵ではなく、寄り添う人達を否定してしまう現象=やり切れないこともある。

「朝日のあたる家」でいろんな方に取材した。完成後もいろんな方にお会いした。多くの人が賞賛し喜び、評価してくれた。が、思い出すことがある。福島在住で原発事故で避難を余儀なくされた方に言われた。

「この映画に出てくる家族より、もっと酷い目にあった人はたくさんいるんですよ!」

それは分かっている。何よりあの家族が最悪だなんて描いたつもりはない。多くの被害者の中の一つとして描いている。観客も理解しているはずだ。が、非常に厳しく言われた。その方は後からメールをくれた。

「すみません。監督の意図は分かっています。多くの監督が映画にしようとしない原発事故を描いてくれたことは本当に感謝しています。でも、あの映画を見た人が、あの家族が最も酷い目に遭った家族だと思われると悔しい。もっと大変な人がたくさんいる。そんな思いが込み上げ、監督に酷いことを言ってしまいました....」

%E5%86%99%E7%9C%9F-21.JPG

辛い思いをした人はその悲しみを本当の責任者ではなく、身近にいる理解者にぶつけることがある。それと似た状況がある。原発を反対する高齢者は若い人達。原発反対する人達を批判しがち。

「俺たちはチェルノブイリから反対してるんだ。福島の事故から反対するようじゃ遅いんだよ。勉強不足なんだよ!」

そんなことを言う人をたくさん見た。怒りは推進派に向けるべきなのに、同じ反対派の若い世代に向ける。そのことで原発デモに行かなくなった人。原発への関心を失った若い人も多い。「ドキュメンタリー沖縄戦」の完成披露試写会の時も同様。多くの人は高く評価してくれた。

「県外の人達が沖縄戦を伝えてくれて本当に嬉しい!」と言ってくれたが、一部、極々一部だが批判、中傷する人達がいた。「***事件が描かれていない!」「***の切り込みが浅い!」「勉強不足だ!」「沖縄に対する愛がない...」「***が不謹慎だ!」「お前なんか応援しない!」「基地問題が描かれていない!」

福島の悲しみを伝えようとしても「お前は分かっていない」「私たちの本当の苦しみを理解していない」と批判する人達。何十年も原発に反対して来た人達がその問題に気づいた若者を否定。日頃「なぜ、多くの日本人は沖縄問題に関心を持ってくれない」と憤る人は、関心を持ち行動する人を見たときに、嬉しさよりも「勉強不足だ!」「努力が足りない!」と感じてしまい、批判しがち。

悪気はない。「もっともっと頑張って伝えないと、伝わらないないんだよ!」と思ってしまう。が、そのことで寄り添おうとする人達が困惑し、離れて行くことに気づかない。長い間悲しみに耐えて来たことで、心を広く持つ余裕がない。結果、応援する人達を傷つけるだけで終わることもある。でも、悲しみを抱えた彼らを責めたくない。.........そんなことを時々、考える。

asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

朝日のあたる家ーこれまで上映した国は6カ国! 日本国内では27館の映画館で公開 [原発問題]

29468693_1862957927111836_5389029988961878016_o.jpg

朝日のあたる家ーこれまで上映した国は6カ国!

日本国内では27館の映画館で公開

amazonでは今もDVD発売。ゲオ宅配ではレンタル。

まだまだ、原発事故の現実を伝え続けます。

原発事故の悲劇を描いた映画「朝日のあたる家」(山本太郎出演)
公式HP=> http://www.asahinoataruie.jp




60764999_2681749791899308_369149531398340608_n-8d7ef-51fa7.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

現実に潰されて反原発を蔑むようになった、ある女性の悲劇 [原発問題]

99258096_3819090838165192_9001842322421317632_n.jpg

現実に潰されて反原発を蔑むようになった、ある女性の悲劇

原発事故の悲劇を描いた映画「朝日のあたる家」公開時には全国各地の映画館で舞台挨拶をさせてもらった。現地には前日入り、チラシをバッグいっぱいに詰め込み、街に出る。店頭に貼る。店内に置かしてくれるところがないか訪ねて回る。すでに映画のことを知り応援してくれる人たちがいる街もあり、ある原発が近い街であちこちに連れてくれる方がいた。

「商店街にかなり以前から原発に反対している有名なおばさんがいます。ご紹介しますので行きませんか?」

是非是非。と連れてもらった。小さなお店。そこの奥さん。60代くらい。ただ、店に入り、その人を見た途端。何かヤバイものを感じた。応援団の方が紹介。

「こちらは原発事故の映画を作った太田監督です。明日から映画の上映が始まるので宣伝に来られました」

その奥さんの眼差しは冷たく。嘲笑するように僕を見ていた。そしてこう呟いた。「ふーーーん。そうなの....」この人は本当に原発反対なのか? 共感も賛同も喜びも示さない。それどころか「あんたも愚かだね〜」と言う見下した感じが伝わってくる。それも病的なものが...。説明をした。この映画を作った動機。企業が支援してくれないので市民から寄付を集めて作ったこと。山本太郎さんも出演していること。

だが、奥さんは薄ら笑いを浮かべるばかり。本当に原発に反対なのか?と言って推進派でもないようだ。チラシを見せると、一瞬目を向けただけで読もうとしない。そして「だったら、その辺でチラシ配って回ればいいのよ!」と僕の手から数枚のチラシをひったくると、店にいた2人組の主婦の元に歩み寄り「この人。映画監督で、原発の映画作ったんですって!」とチラシを渡した。主婦たちは怪訝そうな顔で受け取り、こちらを見る。明らかに困惑している。

90468949_3588506184556993_5408237031169982464_n.jpg

奥さんは戻って来て「その辺でチラシ撒きなさいよ。宣伝したいんでしょう?」と言う。「どうせ無駄よ」と言っているような口調だ。不穏な空気を感じたので、お礼を言って店を出た。連れて行ってくれた応援団の方も唖然。「原発反対で有名なおばさんと聞いていたのに...」と言う顔をしている。が、事情は理解できた。あのおばさんは元々原発反対だったのだろう。

彼女はいろんな活動をし、原発の危険性を訴えた。が、共鳴し、行動を共にする人はいなかったと想像する。原発が近い街は恩恵を受けている。反対はし辛い。彼女が声を上げることを不快に思う人たちも多いはず。嫌がらせをする。デマを振りまく。「あの店で買い物しない方がいい」「共産主義者だ」「頭がおかしい」地方ではムラ社会ルールが今も蔓延っている。

嫌がらせがあっても周りの人たちは見て見ぬ振りをする。奥さんは精神的に追い詰められる。店の売り上げも落ちる。友達は離れて行く。家族も誹謗中傷を受ける。子供から「お母さん。やめてよ」と言われる。そんなことが何年も続く。やがてこう考えるようになる。

「この街のために原発を反対したのに、子供たちの健康のために危険を伝えて来たのに。なぜ、私がこんな辛い目に遭わなければならないの......。分かった....巨大な原発ムラに個人がいくら声をあげても無駄なんだ。嫌な思いをするだけなんだ。東京ではデモしている人たちがいると聞くけど、世間知らずなのよ。どうせ原発は無くならない。デモなんかしても無駄。それに気づかないのは愚か。原発は国策。反対しても無駄。世の中そう言うものなのよ」

だから、僕が原発事故の映画を作ったと話した時、蔑むような目で見ていたのだ。「ここにも1人。バカがいた.....」そう感じたのだ。「どうせ無駄なのに...」奥さんは原発反対の署名活動などもしたことがあるだろう。だが、わずかな署名しか集まらず失望したこともあるのではないか? 

1002947_477988068942169_292926315_n-3a095.jpg

だから、チラシを奪い取り店の客に渡した。「ホラ、この人たちも興味を示さないでしょう? 映画なんて観に行かないわよ。街でチラシを配れば、誰も関心を示さないことを痛感するわよ。あんたも無駄なことをしていることに気づくはずよ」そう言う意味だったと思える。

応援団の人もいう。「昔はあんな風じゃなかったんですけど...」でも、街の心ない人たちが寄って集って彼女を批判し、侮辱し、嫌がらせをして、歪めてしまったのだ。金で苦労した人が「世の中金なんだよ」と思い込む。希望する会社に入れなかった若者が「世の中コネなんだ...」と思い込むことがあるように、人は打ちのめされると間違った現実を受け入れ、肯定してしまう。

努力をやめ、世間を恨みながら、理想を掲げる人を見つけると否定せずにいられない。「愚かな人。現実が見えていないのね」と...。かつては反原発を訴えた彼女、今は推進派の応援をしているようなもの。悲しいが、そんな人たちとも、あちこちで出会った。



asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

建設中の大間原発は住宅街の真ん前!!! [原発問題]

89942580_3588506424556969_4953208988737994752_n.jpg

建設中の大間原発。住宅街の真ん前!!!

青森県下北郡大間町に建設中の電源開発の原子力発電所。

大きな写真で赤いクレーンが見えるのが建設現場。

手前が住宅街(2012撮影)

原発事故の悲劇を描いた映画「朝日のあたる家」(山本太郎出演)
公式HP=> http://www.asahinoataruie.jp


90468949_3588506184556993_5408237031169982464_n.jpg


90233765_3588506324556979_3065583635378733056_n.jpg


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

女川原発 ー311でも大きな被害を出してない。理由は東電の管轄ではないから [原発問題]

IMG_7185_2.jpg

女川原発

ここは311でも大きな被害を出していない。理由は東電の管轄ではないから。東北電力管内だから。同じく太平洋側の東海第二も大きな被害なし。実は津波対策をしていた。管轄はここも東電ではない。

IMG_7138.jpg

上写真はPR館。来館すると記念にボールペンがもらえた。もちろん、僕らが払った電気代で購入したものだろう。

原発事故の悲劇を描いた映画「朝日のあたる家」(山本太郎出演)
公式HP=> http://www.asahinoataruie.jp

asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

原発事故関係の本。読みづらい。ー理由を考えた。 [原発問題]

89931396_3578062515601360_7827037860657102848_o.jpg

原発事故関係の本。読みづらい。ー理由を考えた。

原発事故の追加勉強で読んでいるが、新聞記者や弁護士の書く文章は非常に読みづらい。教科書や専門書を読むような感じ。何を言っているのか分からない?結局、どうなのか?が伝わらない部分もある。

特に記者の場合。新聞記事を読めば多くの読者が感じることだと思うが、視点は誰なのか? 個人ではなく三人称?それって神の視点?書いてるのは人間だろ?記者だろ?何で上から目線?とか感じる。対して週刊誌は一人称が多く、読みやすく分かりやすい。

どうも、新聞社の伝統なのか?プライドが高いのか?独特の書き方。そんなことが若者が新聞を読まない。ー僕が10代の頃からーと言われ、発行部数を下げて来た背景ではないか?僕自身の読む力が低いので、読みづらいのか?と長年思っていたが、それだけではないと思える。


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

NHKでも指摘。東電は大津波を防ぐ機会があったのに、あえて潰し原発事故を招いた。 [原発問題]

safe_image-1.php.jpeg

NHKでも指摘。東電は大津波を防ぐ機会があったのに、あえて潰し原発事故を招いた。

昨日、アップした記事。「東電原発裁判ー福島原発事故の責任を問うー」(岩波新書 添田孝史)の内容を紹介し、東電の呆れた体質を伝えた。先日放送されたNHK番組の再放送を見ると、同じことを指摘していた。

原発事故までに3回の津波予測がされ、対応のチャンスがあったのにいずれも東電が潰してしまい、あの事故を招いたと伝えていた。物事を証明するには複数の意見を見る必要があるが、元朝日新聞の科学記者が調べたこと。裁判での判決。そしてNHKが同じ結論にたどり着いている。東電の体質。危険を察知しても、対策を講じるより、その指摘を潰すために金と労力をかける。

まあ、安倍政権のコロナ対策と似ているが、どちらも日本をメチャメチャにしている。そんな体質の組織や会社は改善ではなく、解体して、作り直さないと何度も同じ過ちを繰り返す。公開中の映画「F50」も同様。NHK が指摘した津波の予測を一切描かず、東電職員は命をかけて頑張り日本を救ったという嘘の物語を作り上げている。こちらも東電体質だ。

昨日の記事=> https://cinemacinema.blog.ss-blog.jp/2020-03-19-3

NHK=> https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/46/2586233/?fbclid=IwAR3cC7a_k2g1-kO0mfsU6ZUS6J9Ld_70uqZMudYTMnKCuFNY0VKfxPomsFY


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

東電は事故の9年前から津波の危険性を把握していた?=想定外はウソ! [原発問題]

90193131_3577813972292881_3000414932660387840_o.jpg

東電は事故の9年前から津波の危険性を把握していた?=想定外はウソ!

朝日新聞の科学記者だった添田孝史著「原発と大津波 警告を葬った人々」(岩波新書 2014年)に次のような一文がある。引用する。

「東日本大震災が引き起こした津波を専門家は予測していた。地震の9年前に専門家がまとめた政府の公式な報告書で、岩手から茨城にかけてどこでも10メートル級の高い津波が起きることを警告していた。それにも関わらず政府も東電も対策を取らず、多くの使者と原発事故の大きな原因となった。対策が難しい自身は『起こらないもの』と決めつけて無視し、備えを取らない」(P52)

東電トップは9年前から大津波の危険は専門家に指摘されていたのだ。さらに

「想定を超えた津波は、すぐに炉心損傷を引き起こすことを2002年までに東電は把握していた。それにも関わらず対策に動かなかった」(P118)

津波によってメルトダウンの可能性があることも9年前から把握していたという。そして、2008年の東電社内文章にはこう書かれている。

「大津波にすぐ備えない説明が『いくらなんでも時期尚早』という科学的根拠ない言葉であることに、東電に姿勢がよく表れていると思った」(P116)

東電のトップが事故後に「1000年に1度の津波。想定外だった」と発言しているが、それは真っ赤な嘘。把握しているのに、費用がかかるので対策を講じなかったというのが事実なのだ。あの映画でも、その辺の東電の怠慢は描かず、東電側の主張通りに「想定外の大津波」という物語になっている。やはり、東電を弁護し、再稼働を応援するための映画なのだ。

俳優について=>https://cinemacinema.blog.ss-blog.jp/2020-03-09

製作面について記事=https://cinemacinema.blog.ss-blog.jp/2020-03-07

要は東電賞賛映画?=>https://cinemacinema.blog.ss-blog.jp/2020-03-08



asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 原発問題 ブログトップ