SSブログ
社会政治 ブログトップ
前の10件 | -

ハハハハハ。説明いらいないね。 [社会政治]

200044745_5626260470781544_4779604421106420019_n.jpg


ハハハハハ。説明いらいないね。


D7nVbYIVUAElq7L.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

東京オリンピックと沖縄戦は同じ構図=市民を犠牲にして国が利益を得ようとする。 [社会政治]

191894691_5557486287658963_2759044244155154467_n.jpg

東京オリンピックと沖縄戦は同じ構図=市民を犠牲にして国が利益を得ようとする。

オリンピック報道を見ていて、思い出したのが沖縄戦での政府の対応。「ドキュメンタリー沖縄戦」で紹介できなかったエピソードがある。沖縄には32軍が送り込まれた。そこで飛行場建設。地元住民が動員された。規定には賃金を払うとあったが、ほとんどの地区で支払いはなかった。タダ働き。そして、飛行場はアメリカ軍に取られ、今も米軍基地として使われている。他にも農家、漁村から食糧を取り立て、女性を動員して兵士の食事を作らせた。14歳から70歳までの住民を総動員。軍に協力させたのだ。

徴兵とは別に防衛隊という組織を作り、住民を徴用。軍の手伝いをさせた。戦場での武器運搬もさせられて、死んだ者も多い。映画でも描いたが、離島では軍の指示で集団自殺までさせられている。「生きて虜囚の辱めを受けず」と教え込み、アメリカ軍に捕まるくらいなら死を選べ!と擦り込んだ。しかし、本当の理由は住民がいると軍の足手纏いになること。食料が不足すること。捕まって軍のことを喋られては困るという、軍の都合だったと聞く。

74591907_3184165541657728_5972235695345893376_o.jpg

何よりも、軍は沖縄を守ろう。米軍を撃退しようという思いは最初からなかった。沖縄に米軍を釘付けにし、体力消耗させ、時間を稼ぎ、その間に本土決戦、本土防衛の準備をするというのが目的。つまり、大本営としては32軍が玉砕するのは当然。沖縄の住民がどれだけ犠牲になろうと構わないということだった。なので、軍に住民の避難計画はなく、多くが軍と行動を共にしたために多くの犠牲が出た。米軍の容赦ない攻撃も大きいが、住民が巻き込まれたのは日本軍の方針が大きく影響している。そのために当時の人口の4分の1が犠牲になったのだ。

それを思うと、今のオリンピックがダブる。民間人にボランティアを求める。医者までボランティア。それでいて、取りまとめをするパソナのような会社は莫大な額で請け負っている。まさに沖縄戦と同じ構図。本土(パソナ)の利益のために、沖縄住民(国民)にタダ働きさせる。無謀な作戦でも突き進み。国自体の損得しか考えない。コロナ禍の中で開催。観客や関係者にどれだけ犠牲が出ようと進める。まさに沖縄戦と同じと思える。76年前の日本と、今の日本。同じではないか? 

そんな時代。昨年大ヒットした「ドキュメンタリー沖縄戦」を再公開したいという声が各地から上がり、6月から各地の映画館で上映される。DVDには当分ならない(永遠に?)とのことなので、ぜひ映画館で見て頂きたい。学校では絶対に教えない歴史。そして今の日本が見えてくるはずだ。


144698748_4971400386267559_9205383203717573495_n.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

なぜ日本人はなぜ、他人の声を気にして自分の意見を言わないか? [社会政治]

122018734_4535739419833660_2403765801215583509_o.jpg

なぜ日本人はなぜ、他人の声を気にして自分の意見を言わないか?

日本人で論理性を持って物事を見る人、とても少ない。「あいつは悪徳政治家だ。だって顔が怖い!」「有名な***さんが言ってるから事実」「マスコミが指摘しないからデマ」そのレベルで物事を判断する人が多い。

その背景にあるのは2つ。日本の教育は「考える力」を育てない。「記憶すること」「与えられたことを理解してやる」と言うことが中心の教育。いつも書いているが優秀な会社員を育てるのが目的。「考える力」があると、上司に逆らったり、命じられたことに疑問を持ったりする。会社ロボットとして言われたことだけをするような教育。だから、考える力がない。上に従うようにしつけられるのでマスコミ報道を鵜呑みにする。

もう一つの背景は「村社会ルール」狭い地域では問題が起こると大変なので異分子を排除する。人と違うことをする、発言する、その種の人は村八分にして自重させる。そのために人々は問題視されないように、皆と同じ言動、行動をする。目立たない。調和を乱さないことを大切にする。そんな習慣が日本の地方では生き続けて現代に至る。教育されずともそのルールを多くの日本人は受け継いでいる。特に学校や会社内ではそれが有効。子供たちも皆と違った者を見つけていじめをする。

その2つの背景があることで、まず自分なりの意見を導き出せない。意見を持っても人目を気にして言えない。皆が何と言っているか?世間がどう言っているか?を確認して、それに沿った意見を言う。あるいは口をつぐむ。それらは現在のマスく問題。少し前の寅騒動でも言える。

多くと違う意見をFacebook等で書くと、よってたかって攻撃する。これも先の「村社会ルール」から来るものだ。だから、皆、黙る。自粛警察のような働きをする。「人と違うことを言ったら損だ」と思う人が増え、村社会ルールの教えが引き継がれる。「考える力」がないことことも問題だが、これはまた詳しく節明する。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「菅も安倍も同じだ。何も変わらな〜い!」という批判に感じる違和感?=批判することで単なるストレス解消? [社会政治]

10945025_776151212459185_4288329094889857581_n.jpg

Facebookを始めとするSNSを見ていると、菅や安倍、政治家たちへの批判が多い。ま、批判されて当然の人たちなのだが、捻くれ者の私は引っかかることがある。菅や安倍を弁護する気はないが、何か違和感を持ってしまう。よく見る批判「菅になっても何も変わらない」「安倍より酷い」「日本がダメになる」「安倍も菅も同じ穴のムジナだ」それを多くの人が賛同。「いいね」や「シェア」を押している。

私は細かいことが気になる悪い癖がある。本当に「菅になっても何も変わらない」のだろうか? もちろん、菅が総理になり改善された。よくなったことはないだろう。森友事件の追及が進み出したとか? 安倍逮捕に踏み切ったとか?そんな展開はない。が、菅と安倍では大きな違いがある。安倍は戦争に前向きだった。「爺さんの仇を打つため!」と、戦争法を強行採決した。アメリカからの指示もあったが、彼も真剣だった。

一方の菅はどうだろう?真剣に戦争をするつもりか?「コロナ禍だしね〜」というかもしれないが「ウイルスは中国から拡散された。これは宣戦布告だ」と理由をつけて「戦争だ!」ということもできるが、そうは言わない。教科書会社の関係者に聞くと、菅政権になり戦争の罪を消し去る動きは減ったという。安倍時代は沖縄戦の集団自決が軍の指示というのを必死で無くそうとする動きがあったが、今はそれほどではない。先日、その手の教科書を文科省は認定したが、すでに多くの学校では別のものに決まっている段階でのことだ。文科省も以前ほど、その手の修正に前向きではない。

つまり、戦争をしたい人たちがいるから日本軍の愚行や過ちを教科書から消し去りたかった。総理がその先頭に立つから文科省も忖度していた。その影響力が弱まった。菅の思は「真剣に戦争したい」ではないのだ。安倍とはそこが違う。そもそもリーダーシップもない。安倍と言う巨悪が後ろにいたから強気になれただけの人。さらに以前の記事で紹介したが「安倍政権を引き継ぐ」と言うのはポーズであり、二階をバックにした裏切り。戦争どころか、中国寄りの立ち位置なのだ。

二階が特捜を動かして「逮捕するぞー」と脅し、安倍に辞任を迫ったのが真相。このことは以前に書いた。事情通から聞いた情報だ。多分、正解。でなければ安倍は退任しなかった。持病が原因も嘘。今は元気にしているのが何よりの証拠。その辺の事情を想像せず、考えず、建前で「安倍政権を引き継ぐ」と菅が言うと「これじゃ何も変わらない!」「同じだ!」「安倍より酷い」と批判。どれも的を得ていない。菅は安倍傀儡ではなく、バックは二階だ。このことはもう公になっている。安倍政権を引き継ぐ気なんてもともとない。

つまり、批判する国民の側は現状を見ず、分析せず、調べず、テレビニュースだけを見て「安倍はダメだ〜」「菅もダメ〜」「どちらもダメだ〜」と批判しているだけ。これは東京の不動産屋に行き「日当たりがよくて、広くて、家賃が安い、役に近い物件がいい!」というのと同じ。そんなものが東京にある訳がないのに「家賃が高い」「駅が遠い」「日当たりが悪い」と文句を言っているのと同様。では、何を優先し、何を捨てるか?を考えるのが部屋選びだ。

菅の良い部分を探せとか、我慢しろとは言ってない。ただ日本は戦争の危機からは以前よりは遠ざかった。アメリカの都合もあるが、菅は安倍ほど真剣ではない。また、安倍のようにマスコミを強行に脅してはいないだろう。だから支持率が35%と正確な数字が出ている。安倍政権が50%前後を維持したのはマスコミからの忖度。つまり、マスコミも菅をそれほど恐れてはいないということ。

考えれば、いろんなことが分かる。そこから突っ込んだ批判もできるのに、ネットでは「菅はダメだ〜」「日本をダメにする〜」「安倍と同じだ〜」「戦後最悪だ〜」と深く考えずにただ文句を言っているだけの人たちがとてもとても多い。それがもし、大多数の国民の声だとすると、そのレベルに相応しい総理が選ばれているということだ。その人たちの心理を分析してみよう。

菅を批判していると、自分の方がマシだと思える。「俺が総理をやった方がまだ良い」とさえ考える。いつも上司から注意されてばかりなので他人を否定すると気分がいい。では、誰が良い?「小泉、麻生、石破?全部ダメだ。あいつらでは無理だ!」そう言って全否定する自分に酔う。「俺は世の中を分かっているから、あいつらでは無理なことを理解している!」と自己満足に浸る。そう、批判はそこに陥る危険性=単なるストレス解消となりがち。本当に大切なことは、誰が一番マシか?を考えて、応援し、育てて行く。ダメなら引き摺り下ろす。そういう作業が必要だ。それが国民の責務。

にもかかわらず「安倍はダメだ〜」「菅もダメだ〜」「麻生も、小泉もダメだ〜」そんなことを言っていて日本がよくなるのだろうか? 上から目線で政治家を全否定するというのは、ストレス解消でしかなく、自分が世間を知る賢い存在であることを確認する(勘違いだが)ために行っているだけだ。100回、菅批判しても意味はない。それなら徹底して菅を分析。問題点を記事にする。ツイートする。それを上げている人に賛同する。拡散する。単なる批判をツイートしても意味はない。報道されない問題点を探し出すのだ。

私は捻くれ者なので「菅になっても何も変わらない」とか聞くと、「そんなことないだろう?」と思ってしまう。安倍にはない菅の資質が新たな問題点となり、そこを突けば退陣は早い!と考えたりする。ストレス解消のために批判しても無意味。ま、私は捻くれ者。そんなことを考えたりする。



m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

**会議を知りたい方にはこちらを。イチオシは菅野さん。 [社会政治]

182836040_5430068570400736_4279532762202758427_n.jpg

日本会議を知りたい方にはこちらを。

イチオシは菅野さん。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

真実を探す方法⑥−⑩ [社会政治]

EzLHcYSVkAIDUxs.jpeg

真実を探す方法⑥
「憎しみを煽る情報に注意。これは酷い。許せない。監獄に入れろ!と感じさせる記事は危ない。冷静さを失わせて、ある種の方向に誘導するものがある。酷い!と思ったら、まず疑い、冷静に考えることが大事」


真実を探す方法⑦
「マスコミは正義の味方ではない。商売。必ずスポンサーがいる。それらに都合の悪い情報は流さない。多くが犠牲になっても目を瞑る。ただ、利害関係が変わると寝返る。それらを理解した上で情報を受け取ろう」

真実を探す方法⑧伝聞に注意する。
「**さんって前科者だって」と聞き「まじ!気をつけよう」とすぐに信じてはいけない。どこで聞いたのか? 誰に聞いたのか? 裏付けはあるのか?を確認してから信じることが大事。裁判では「伝聞」と呼ばれ採用されない。伝言ゲームのように中身が変って行くことが多い。

真実を探す方法⑨
「**さんって前科者だって」というのは伝聞。聞いた話なので信憑性が低い。それが「**さんって前科者なんだよ」と断定でいう人はより注意。裏付けがなければ単に思い込みの強い人だ。情報源にはならないタイプ。

真実を探す方法⑩
「会見で**さんは何かを隠している目をしていた」という記事。記者がどこにいたか?前後の文章から想像しよう。その会場のどこにいたのか? **さんとの距離は? 目を確認できる場所? それが成立しなければ、想像で書いている。その人を陥れる意図が存在する。




IMG_1219.jpeg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

アメリカでメディアを信じる人 [社会政治]


182448133_5425408134200113_7528587303378857694_n.jpg


アメリカでメディアを信じる人

民主党支持者 76%
無党派  42%
共和党支持者 21%

なるほどねえ。ちゃんと反映されてるねえ。

「アメリカの終わり」ーより。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

悪の組織の終焉。ドラマと現実は似ている? [社会政治]

181002662_5423794087694851_7750459334418346800_n.jpg

悪の組織の終焉。ドラマと現実は似ている?

ヒーローもの、特撮ドラマを見ていると、シリーズ全体としてはどれも同じ流れだ。悪の秘密組織(ショッカーとか、デストロン、ドクターヘルの軍団、恐竜帝国)が、世界制覇のために怪人、怪獣、機械獣、ロボットを送り込む。それを正義のヒーローが迎え撃つ。毎週、そんな形で戦いが続くが、敵の組織も次第に疲弊。「宇宙猿人ゴリ」では連れて来た怪獣がなくなり、部下のラーを差し向けるしかなくなる。ドクターヘルは大幹部をほとんど戦士させて自ら出撃。

ジオン軍に至ってはトップがすでに戦死。内部抗争まで起きて総帥のギレンがキシリアに殺されたり。そんな終焉に近づいても、悪の組織?は最終兵器を繰り出したり、一発逆転を狙った最終作戦を実施する。「ガッチャマン」のギャラクターはもう侵略ではなく地球破壊を進める。ワルダスターは全勢力を挙げて地球攻撃を計画。実はその辺、単なる子供向けドラマではなく、現実でも同じような展開をする。

ヒトラーは狂っていて、すでに全滅した舞台をベルリンに呼び戻して連合軍を背後から攻撃させるとか考える。太平洋戦争で日本は本土決戦を叫び、米軍に上陸させ国民を総動員して戦うとか、無茶な作戦を立てた。それで一発逆転ができると信じていたのだろう。沖縄戦でも摩文仁の司令部壕に隠れた牛島中将は自決するが、32軍に戦闘停止命令は出さず、戦い続けることを指示。(これは逆転狙いではないが)そのため終戦記念日となった8月15日を過ぎても沖縄でも戦闘が続いた。

特撮ヒーローものと同じように、追い詰められた組織、軍隊、国というのは現実でもドラマと同じように、負けが決まっていても、それを認めようとせず、悪あがきを続け、一発逆転を狙って最後の大勝負に出るものである。が、すでに弱体化、疲弊した組織で逆転できる訳もなく、やがて淘汰される。

ただ、その際に組織の一部、関係者が逃げ延びて、再起の機会を狙うことがある。ドラマと違い敵のボスを倒してめでたしではない。ここが現実の違うところ。その辺を逃さないためには、敵側に最後の作戦が成功したように思わせる手法をとることがある。何だか今は、まさにその最中ではないか?と感じてしまう。ま、ドラマの話なので深く考えないようにね?


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

アメリカに興味のない日本人。それを伝えない日本のマスコミ? [社会政治]

182448133_5425408134200113_7528587303378857694_n.jpg

アメリカに興味のない日本人。それを伝えない日本のマスコミ?

観光で数日間、その町で過ごしても、その街の本当の姿は分からない。日本にいてテレビでその国のことを見ても、ごく一部の断面を知ることしかできない。その意味で、昨年の大統領選挙がどのようなものであったか? アメリカに住む日本人の著者が書いたこの本を読むと、とてもよく分かる。

僕も6年ほどロスアンゼルスに住んだので、ある程度のことは分かるが、著者はシカゴの大学で勉強。その後、アメリカで事業を始めて現在に至る。その情報量は何百倍。腐敗や問題。矛盾。日本とは違う状況を詳しく説明してくれる。これがアメリカ人が著者の場合。日米の違いが分からず、アメリカの常識や生活感、価値観で説明されるので日本の読者には分かりづらい。著者が日本人なので、その辺も解説してくれるところもありがたい。

著者が指摘する大事な点。日本にいてマスコミ報道を聞いていても、特派員というのはニューヨークやLAのような大都会にいて取材する(どちらも民主党の支持基盤)。だから、その他の州のことが分からず、一部の情報しか伝わらない。その通りだ。アメリカのジャーナリストが東京に住み、東京の様子を伝えても、それは日本ではなく東京のニュースでしかない。原発反対デモが注目されても、地方に行くと「原発事故は収拾されたよね」というレベルだったりする。

加えて、この本で指摘しない点を挙げれば、日本のマスコミの問題点がある。ほとんどの局が米マスコミから情報をもらい、それを検証せずに垂れ流しにしているということ。また、日本側も明かにどこからかの指示で事実を歪めて伝える。事実を隠す。フェイクニュースを作り出すということをしている。それでなくてもマスコミ大好きな多くの国民。コロッと騙され誘導されたのが、あの選挙だった。

ハリウッド映画を見て、マクドナルドを食べて、コカコーラを飲んでもアメリカの事情は分からない。人種問題、不法移民問題、教育、経済、労働問題を日本人は関心がない。僕もLAに住まなければ国境の壁問題を正確に把握はできず、メキシコ人可哀想と思ったに違いない。同じように日本にいると聞きかじったニュースで「それは酷い!」と憤慨してしまう。その裏にある社会背景など知らずに、正義を振り回してしまう。だが、その国を知らないのだから事情を把握できないのも当然なのだ。この本を読みながら、そんなことを考えてしまう。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

現在は第四章⑥「オバマ大統領と背後にいた [社会政治]

182448133_5425408134200113_7528587303378857694_n.jpg

現在は第四章⑥「オバマ大統領と背後にいたディープステイト」

やはり、アメリカ在住で日本人である著者が書いたものは、我々日本人に分かりやすい。僕はアメリカに住んだ経験があるので、イメージしやすいが、多くの日本人はアメリカを知ってるつもりでも、ある一部であったり、美化された側面しか知らないことが多い。

観光旅行で1週間滞在しただけで分かったつもりになりがち。日常のことは意外なほど知らない。日本のマスコミもその辺をほとんど伝えないので、現実とのズレがどんどん大きくなる。この本はその日常的な部分をも解説。とても分かりやすく大統領選、アメリカという国を伝えてくれる。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 社会政治 ブログトップ