SSブログ

真実を探す方法⑥−⑩ [社会政治]

EzLHcYSVkAIDUxs.jpeg

真実を探す方法⑥
「憎しみを煽る情報に注意。これは酷い。許せない。監獄に入れろ!と感じさせる記事は危ない。冷静さを失わせて、ある種の方向に誘導するものがある。酷い!と思ったら、まず疑い、冷静に考えることが大事」


真実を探す方法⑦
「マスコミは正義の味方ではない。商売。必ずスポンサーがいる。それらに都合の悪い情報は流さない。多くが犠牲になっても目を瞑る。ただ、利害関係が変わると寝返る。それらを理解した上で情報を受け取ろう」

真実を探す方法⑧伝聞に注意する。
「**さんって前科者だって」と聞き「まじ!気をつけよう」とすぐに信じてはいけない。どこで聞いたのか? 誰に聞いたのか? 裏付けはあるのか?を確認してから信じることが大事。裁判では「伝聞」と呼ばれ採用されない。伝言ゲームのように中身が変って行くことが多い。

真実を探す方法⑨
「**さんって前科者だって」というのは伝聞。聞いた話なので信憑性が低い。それが「**さんって前科者なんだよ」と断定でいう人はより注意。裏付けがなければ単に思い込みの強い人だ。情報源にはならないタイプ。

真実を探す方法⑩
「会見で**さんは何かを隠している目をしていた」という記事。記者がどこにいたか?前後の文章から想像しよう。その会場のどこにいたのか? **さんとの距離は? 目を確認できる場所? それが成立しなければ、想像で書いている。その人を陥れる意図が存在する。




IMG_1219.jpeg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

アメリカでメディアを信じる人 [社会政治]


182448133_5425408134200113_7528587303378857694_n.jpg


アメリカでメディアを信じる人

民主党支持者 76%
無党派  42%
共和党支持者 21%

なるほどねえ。ちゃんと反映されてるねえ。

「アメリカの終わり」ーより。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

悪の組織の終焉。ドラマと現実は似ている? [社会政治]

181002662_5423794087694851_7750459334418346800_n.jpg

悪の組織の終焉。ドラマと現実は似ている?

ヒーローもの、特撮ドラマを見ていると、シリーズ全体としてはどれも同じ流れだ。悪の秘密組織(ショッカーとか、デストロン、ドクターヘルの軍団、恐竜帝国)が、世界制覇のために怪人、怪獣、機械獣、ロボットを送り込む。それを正義のヒーローが迎え撃つ。毎週、そんな形で戦いが続くが、敵の組織も次第に疲弊。「宇宙猿人ゴリ」では連れて来た怪獣がなくなり、部下のラーを差し向けるしかなくなる。ドクターヘルは大幹部をほとんど戦士させて自ら出撃。

ジオン軍に至ってはトップがすでに戦死。内部抗争まで起きて総帥のギレンがキシリアに殺されたり。そんな終焉に近づいても、悪の組織?は最終兵器を繰り出したり、一発逆転を狙った最終作戦を実施する。「ガッチャマン」のギャラクターはもう侵略ではなく地球破壊を進める。ワルダスターは全勢力を挙げて地球攻撃を計画。実はその辺、単なる子供向けドラマではなく、現実でも同じような展開をする。

ヒトラーは狂っていて、すでに全滅した舞台をベルリンに呼び戻して連合軍を背後から攻撃させるとか考える。太平洋戦争で日本は本土決戦を叫び、米軍に上陸させ国民を総動員して戦うとか、無茶な作戦を立てた。それで一発逆転ができると信じていたのだろう。沖縄戦でも摩文仁の司令部壕に隠れた牛島中将は自決するが、32軍に戦闘停止命令は出さず、戦い続けることを指示。(これは逆転狙いではないが)そのため終戦記念日となった8月15日を過ぎても沖縄でも戦闘が続いた。

特撮ヒーローものと同じように、追い詰められた組織、軍隊、国というのは現実でもドラマと同じように、負けが決まっていても、それを認めようとせず、悪あがきを続け、一発逆転を狙って最後の大勝負に出るものである。が、すでに弱体化、疲弊した組織で逆転できる訳もなく、やがて淘汰される。

ただ、その際に組織の一部、関係者が逃げ延びて、再起の機会を狙うことがある。ドラマと違い敵のボスを倒してめでたしではない。ここが現実の違うところ。その辺を逃さないためには、敵側に最後の作戦が成功したように思わせる手法をとることがある。何だか今は、まさにその最中ではないか?と感じてしまう。ま、ドラマの話なので深く考えないようにね?


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

アメリカに興味のない日本人。それを伝えない日本のマスコミ? [社会政治]

182448133_5425408134200113_7528587303378857694_n.jpg

アメリカに興味のない日本人。それを伝えない日本のマスコミ?

観光で数日間、その町で過ごしても、その街の本当の姿は分からない。日本にいてテレビでその国のことを見ても、ごく一部の断面を知ることしかできない。その意味で、昨年の大統領選挙がどのようなものであったか? アメリカに住む日本人の著者が書いたこの本を読むと、とてもよく分かる。

僕も6年ほどロスアンゼルスに住んだので、ある程度のことは分かるが、著者はシカゴの大学で勉強。その後、アメリカで事業を始めて現在に至る。その情報量は何百倍。腐敗や問題。矛盾。日本とは違う状況を詳しく説明してくれる。これがアメリカ人が著者の場合。日米の違いが分からず、アメリカの常識や生活感、価値観で説明されるので日本の読者には分かりづらい。著者が日本人なので、その辺も解説してくれるところもありがたい。

著者が指摘する大事な点。日本にいてマスコミ報道を聞いていても、特派員というのはニューヨークやLAのような大都会にいて取材する(どちらも民主党の支持基盤)。だから、その他の州のことが分からず、一部の情報しか伝わらない。その通りだ。アメリカのジャーナリストが東京に住み、東京の様子を伝えても、それは日本ではなく東京のニュースでしかない。原発反対デモが注目されても、地方に行くと「原発事故は収拾されたよね」というレベルだったりする。

加えて、この本で指摘しない点を挙げれば、日本のマスコミの問題点がある。ほとんどの局が米マスコミから情報をもらい、それを検証せずに垂れ流しにしているということ。また、日本側も明かにどこからかの指示で事実を歪めて伝える。事実を隠す。フェイクニュースを作り出すということをしている。それでなくてもマスコミ大好きな多くの国民。コロッと騙され誘導されたのが、あの選挙だった。

ハリウッド映画を見て、マクドナルドを食べて、コカコーラを飲んでもアメリカの事情は分からない。人種問題、不法移民問題、教育、経済、労働問題を日本人は関心がない。僕もLAに住まなければ国境の壁問題を正確に把握はできず、メキシコ人可哀想と思ったに違いない。同じように日本にいると聞きかじったニュースで「それは酷い!」と憤慨してしまう。その裏にある社会背景など知らずに、正義を振り回してしまう。だが、その国を知らないのだから事情を把握できないのも当然なのだ。この本を読みながら、そんなことを考えてしまう。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

現在は第四章⑥「オバマ大統領と背後にいた [社会政治]

182448133_5425408134200113_7528587303378857694_n.jpg

現在は第四章⑥「オバマ大統領と背後にいたディープステイト」

やはり、アメリカ在住で日本人である著者が書いたものは、我々日本人に分かりやすい。僕はアメリカに住んだ経験があるので、イメージしやすいが、多くの日本人はアメリカを知ってるつもりでも、ある一部であったり、美化された側面しか知らないことが多い。

観光旅行で1週間滞在しただけで分かったつもりになりがち。日常のことは意外なほど知らない。日本のマスコミもその辺をほとんど伝えないので、現実とのズレがどんどん大きくなる。この本はその日常的な部分をも解説。とても分かりやすく大統領選、アメリカという国を伝えてくれる。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

同調圧力について [社会政治]

172204944_5323327494408178_4372747248284548000_n.jpg

同調圧力について

日本という国は「皆と同じでなければならない!」という同調圧力が強い。学校でも同じだ。僕は高校時代に日本の教育に疑問を持った。「将来、役立たないことをなぜ、授業で教えるのか?」「10年勉強しても英語を話せないのは、教育が間違っているのでは?」そういうと、教師にも同級生にもこう言われた。

「そんなに勉強が嫌なら学校を辞めろ」「お前は勉強をしたくないだけの怠け者だ!」

どちらも答えになっていない。戦時中も同じだ。「この戦争に意味があるのか?」と疑問を持とうものなら「非国民。売国奴!」とバッシングされた。

「お前は戦争に行くのが怖いから、そんな言い訳をしている。臆病者だ!」

これも答えになっていない。この両者の共通点は何か?というと、目的や意味は置き去りにされ、決めたその目標を貫徹することになっている。そしてどちらも国策。意味や目的ではなく「戦争する」個人にプラスか?意味があるか?ではなく「勉強する」「大学へ行く」になっていることだ。そして多くの人がそれに対して疑問を持たず従う。疑問を持つとバッシングされる。その国策の推進力となったのが同調圧力なのだ。

時代が変わっても、日本人は同じ意見を持ち、同じ方向に進まないと同調圧力に攻撃される。皆、同じで関係性を乱してはいけない。空気を読み、「違う」と思っても同調する。そんなところが今も日本人にはある。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

地下鉄サリン事件=振り返ると多くが符号する現在進行形の事件? [社会政治]

174768163_5348624795211781_5362378253302456909_n.jpg

地下鉄サリン事件=振り返ると多くが符号する現在進行形の事件?

酷い事件であったことは言うまでもないが、人々の反応が僕には驚きだった。ご存知のように僕は捻くれ者。人が右!と言えば、左と言いたくなる。NHKでは絶対に働けない。

しかし、ジャーナリスト、作家、アーティスト、そして脚本家や映画監督という仕事はそれではいけない。多くの人と同じことを主張していたのでは意味がない。むしろ、異論、反論、オブジェクションを発信するべき職業なのだ。僕もその1人なので、皆が足踏みを揃えると粗探しをしたくなる。地下鉄サリン事件でもそうだった。数日でオウム真理教による犯行と報道された。すると、多くの人が「オウム許せない」「ひどい奴らだ」と怒りの声を上げる。が、いち宗教団体がサリンという兵器まで作ることができるのか?と疑問を持った。

その後、ワイドショーでは連日。オウム報道。サリンどころかロシア製の銃、軍用ヘリ。ボツリヌス菌を撒く。VXガス。とテロリスト顔負けの軍備と活動をしていたことが分かる。そして被害者、犠牲者の報道。今も忘れない大衆食堂で流れていたテレビニュース。それを見ていた60代のおじさん。タオルで捻り鉢巻き。ビールを飲みながら、画面に映し出された麻原彰晃の顔写真に向かって怒鳴った。

「俺にも1発殴らせろ!こいつだけは絶対に許せねえ!」

しかし、店の人と話すオヤジの会話から、彼はサリン事件の被害者ではない。家族や友人が被害に遭ったわけではない。また、警察も麻原を逮捕した訳でもない。あくまでも容疑者だ。テレビがそう報道している段階。なのに、なぜ、被害者でもない彼が麻原を殴る必要があるのか? 憤りを感じるのは理解できるが、それは単なる暴力行為であり、犯罪。オウムの実行犯と同レベル。だが、オジサンは「麻原は悪い奴なんだから暴力を加えても許される」という思いを持っているようだ。

そんな話を友人にすると、こう言われた。「お前、オウム擁護派か?あんな奴らは即、死刑になってもおかしくない。国民全員が1回ずつ殴っていいという刑とか作るといいんだよ」おかしい。それは私刑。リンチだ。犯罪者だから、いや、まだ容疑者で逮捕もされていない段階で、リンチを加えてもいいという発想だ。先のオヤジは酔っ払っていたし、テレビを見てヤジることでストレス解消するタイプ。だが、友人はまともな会社員だ。

なぜ、そうなるのか? テレビ報道だ。オウム真理教がいかに狂った宗教で危険であるか?を連日放送していた。そのためにオウムの道場は近隣の住民が立ち退き運動を始め。様々な誹謗中傷を受け始める。サリン事件は麻原を中心とした一部の信者の犯行。多くの信者は計画さえ知らされていない。にも関わらず、テレビは全ての信者が犯罪者であるかのように、オウムの悪行を連日放送した。僕も当時はその背景を知らず、ヤバイ組織であることは理解していたが、何ら被害を受けたわけでもない人たちがオウム憎しと怒りをぶつける姿には違和感を持った。

数年後、森達也監督のドキュメンタリー映画「A 」を見て、その謎が解ける。彼はオウムの道場内から外のマスコミを取材。どのテレビもなしえなかった角度からオウムの実態を描いた。マスコミは信者が近隣の人たちと揉めるとカメラを回す。修行に勤しむ信者は極々、普通の人たち。何も考えずに遊んでいるだけの若者より真面目にさえ見える。近隣住民と問題を起こさず仲のいいオウム施設も紹介される。彼らは施設を出ることになるのだが、住民は彼らにプレゼントを渡し、見送りにまで出る。

しかし、そんな光景はテレビでは絶対に放送されない。オウムは極悪非道、殺人鬼集団でなければならない。その方が視聴率が取れるからだ。その後、僕なりにオウムのことを調べた。これもマスコミで絶対に報じない事実。オウム真理教の原型となるオウム神仙の会は長らく、宗教法人の許可がでなかった。それをある政治家の一言で認可されている。宗教法人になると様々なメリットがある。一番大きいのが法人税の免除。あの有名な新興宗教もそれで大金を持つことができるのだ。話を戻す。

それを許可した政治家こそ、都知事になる前の石原慎太郎である。彼が当時の都知事である鈴木俊一に電話して許可しろと命じたそうだ。そして彼の息子の1人(キャスターや俳優でない方)はオウム信者(幹部)であったと言われる。その辺をマスコミは全く報じない。さらに、オウムのサティアンでサリン製造は無理という専門家がいる。ではどこで? それができるんはあの組織だと言われる。

そして数年前に突然、麻原をはじめとする幹部が一挙に処刑された。まだ残る疑問もあるというのに、もう喋る機会を与えるな!とばかりに口を塞がれた感が遭った。麻原は薬漬けにされて何も話せなくされたとの指摘もある。そして、逮捕前にマスコミに登場した麻原を思い出すと、強がって見せるが、実際は気が弱く繊細。人の上に立てる器ではないように思えた。彼の裏に誰かがいて、何かの組織があって、オウムを動かしているのでは?と感じる。そしてロシアルートもいつしかマスコミは報じなくなり、解明されぬまま終わっている。

そう考えると、サリン事件直後のマスコミ騒動。オウムを悪者にして視聴率を稼ぎ。背後にいる。あるいは関係する人たちの名前は出さない。その報道を見る人たちは「オウム許せねえ」「殴らせろ」と怒りをぶつける。そして「本当にオウムが主犯なのか?」というだけで「お前はオウムの味方か!」「被害者の気持ちを考えたことあるのか!」とバッシングされる。今でこそ、あの事件を冷静に振り返る人が増えたが、当時は「オウム」=「極悪」。疑問を持つだけでも、批判された。

同じではないか?もう一度、いうが「戦争に疑問を持つだけで、戦時中は非国民!と言われバッシングされた」日本人はマスコミに誘導され、都合のいい方向に連れて行かれる。同調圧力が働き、意見の違うものはバッシング。黙るしかなくなる。オウム事件はもう26年前。だからこそ、この記事を読むあなたも「そう言えば、あの時はちょっとおかしかったなあ。処刑の時期も疑問だよなあ」と思うだろう。

だが、もし、今、同じような誘導が起きているとしたらどうだろう? 一部の日本人は気づいている。が、マスコミは一切触れない。多くは疑問にも思わない。気づいた一部の人をバッシング。沈黙せざるを得ない。「オウム憎し」同じことが進行している。でも、まだ、疑問にさえ感じないだろう。恐怖と憎しみは判断力を鈍らせる。さらに「考える力」を育てない日本の教育。そして信頼度抜群のマスコミ。日本人を誘導するのは簡単なことなのだろう。

m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

国民を誘導するには「恐怖」を使うのが一番。誰も逆らわず、思うがままに動いてくれる? [社会政治]

img_3ceafc7f741ff6e6c4979237f2ae38ff571905.jpg

多くの人を誘導、動かすにはどうすればいいのか? 人はわがまま。なかなか言うことを聞かない。それが1万人、100万人、1億人となると、さらに困難。軍隊を使っても従わず、むしろ抵抗する人たちも出てくる。だが、そんな人たちの多くが従う方法がある。「恐怖」を使うことだ。つまり、軍隊が銃を突きつけて強制するのではなく、恐怖を演出することで、多くの人は。誘導している方向に積極的に動いてしまうのだ。

思い出すのは911。あの時、アメリカは揺れた。大きなショックを受けた。南北戦争以外に戦争を経験したことがない国民。他国がどんな酷い目に遭っても平気だが、自分の国が攻撃されると、驚くほど取り乱した。それもニョーヨークを象徴するワールド・トレード・センター。恐怖に打ちのめされた。その後、イラクが大量破壊兵器を所持していることが報じらた。国連でさえ武力行使を躊躇したのに、アメリカは単独で戦争を始めた。多くの国民はそれを支持。

その背景には911があった。あの時の恐怖に支配され、同じことが繰り返されてはいけないと、不確かな情報を信じて、戦争に賛同。政府はあの事件のどさくさに紛れて、愛国法まで通している。そして、911はビンラディンの仕業とされているのに、なぜ、イラクなのか? フセインとビンラディンは関係ないのに、恐怖で冷静さを失い、戦争に雪崩れ込む。そしてフセインは殺され、アメリカの軍需産業は大儲け、イラクには多くのアメリカ企業が参入。そして大量破壊兵器は見つかっていない。

先の手法と同じ。恐怖を使い国民を誘導。戦争で儲け、イラクを支配、アメリカ企業が大儲けした。911がなければ国民は不確かな情報を信じて参戦支持はしなかった。まんまと恐怖に操られて、一部の企業、政治家たちに莫大な利益を与えることとなった。そこで儲けた人たちこそが、国民を誘導する「恐怖」=911を演出したと思える。それにはマスコミも加担。恐怖を拡散するには彼らの力が必要。昔で言えば真珠湾奇襲で、日本がどれだけ悪逆非道か?を国民に伝え続けたのが米マスコミ。911でも同じことをしたのだ。

そんな風に大きな政治力ある人たちと、大企業。マスコミが組み、恐怖を煽れば、国民は思考停止となり、理屈に合わないことで積極的に参加する。その代表が「戦争」。さて、似たようなことが現在も起きている。政府があれこれ理不尽な要請を国民にしているが、恐怖に支配され、日本人のほとんどが従っている。先の事件と似てはしないか? だとしたら「恐怖」を演出している人たちは誰? 目的は何か? 誰が儲けているのか? 

911、今では旅客機の激突ではなく小型核爆弾によるWTCの破壊だと言われる。飛行機はCG合成。テレビで何度も放送すれば見た気になる。壮大なデモンストレーションだと言うことが次第に分かって来た。やはり、イラク戦争のための誘導が目的だったのだろう。同じように現在のコロナ禍も何かフェイクがあるのではないか? そんな気がしてならない。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

SNSは国民に不満を吐かせるための受け皿?=翌日から我慢してまた仕事をさせるためのツール? [社会政治]

177499865_5390618084345785_7592181272368242035_n.jpg

SNSは国民に不満を吐かせるための受け皿?=翌日から我慢してまた仕事をさせるためのツール?

昔は多くの人がテレビを見ながら「こいつ本当にバカだな」「へーー酷い事件だな」「その球が打てねえのか!」とぼやいていた。ブラウン管を通して局には言葉は伝わらないのに、ぼやく。

何の意味があるのか? これはテレビ時代から言われたことだが、「タレントはバカだから、バカをやるんじゃない。バカを演じることで人気を集め、高いギャラをもらうためにやっているのだ」それに気づかず多くが「松村、本当にバカだよな〜」とか言いながらバラエティ番組を見ていた。

そのことで学校で成績が悪くても、会社で業績が悪くても、自分よりもっとバカな存在を見ることで安心し、優越感を持つことができる。まあ、それがテレビの役割でもあった。それを確認するために誰に言うでもなし、言葉にしてしまう。

 「タレントって本当に、何も考えてないなあ! 俺の方が遥かにマシだよ」

 同じことを今、人はFBでやっているのではないか? 「小池、本当にクズだな」と書くことで「俺の方がマシだよ。俺が知事ならこんなことはしない」と感じ。自分は愚かな存在ではないと確認。だが、それが高じて正義中毒になる。

確かに政治批判は大切。声を上げることは重要。しかし、FacebookやTwitterはそんな風に批判をすることで満足し、また我慢して生活していくための緩和メディアになってはいないか? それが政治や社会に対する不満の吐口ならまだいいが、もっと低いレベルでの吐口になっているような気もする。

昔なら会社帰りに居酒屋で、上司の悪口を言う。でも、仲のいい同僚がいない。1人で作業する人、あるいは内気な人たちは悪口を言う相手もいない。自宅に帰ってSNS で政治家批判。有名人を中傷。著名人の揚げ足取りをする。そのことで欲求不満の解消。自分の名前や顔は晒さずに、安全地帯から批判。罵詈雑言。政治家を攻撃することで、賛同する人も出てくる「いいね」「シェア」ー傷ついた心が癒される。俺って凄いのかも?

調子に乗ってあれこれ書く。会社ではダメな俺が、社会に切り込んでいる。悪徳政治家と戦っているんだ!と感じる。ま、悪口言ってるだけなんだけど....充実感が持てる。革命家か?レジスタンス活動をしている気分。やがて、政治家以外にも目を向け、攻撃を始める、FBで自分と違う意見。あるいは世間で言われないことを主張する人を見つけると、批判コメント。ブロックされたら「逃げたな?俺の勝ちだ」と考える。

何かFacebookやTwitterは歪んだ吐口を求める者の受け皿として作られた部分もあるのではないか? そこで毒を吐くことで、本当の意味での批判はしなくなる。政治家を攻撃するのではなく、市民同士で争うように仕向けている部分もあるような気がする。本人はジャーナリスト気取りでいい気分。それに気づかない。そんなことを考える。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

菅総理に出されたハンバーガー [社会政治]

175327582_5357454200995507_7096810529041865970_n.jpg

菅総理に出されたハンバーガー[ファーストフード]

レタスあり。ビーフ二段重ね?ポテトなし?

赤い部分はケチャップ? 

あの方の好み?



m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画