SSブログ
映画感想 ブログトップ
前の10件 | -

「踊る!大捜査線」映画版「レインボーブリッジを封鎖しろ」について② 20年前の映画に今の日本がある!小池知事がダブるキャラも? [映画感想]

71YmwgqZuPL._AC_SY741_.jpg

「踊る!大捜査線」映画版「レインボーブリッジを封鎖しろ」について② 

=20年前の映画に今の日本がある!小池知事がダブるキャラも?

テーマに関する感想は昨日書いた。が、他にも紹介した側面がある。昔の刑事物は「刑事」vs「犯人」だった。正義の刑事が凶悪な犯罪者を追う話。だが、このドラマは「現場刑事」vs「上層部」と言う構図。犯罪を追うのに上層部がバカで邪魔をすると言うもの。

昔のドラマなら、そんな時には二谷英明の課長や裕次郎が体を張って圧力を拒否して現場を優先させるのだが、「踊る」の湾岸署では署長以下のトップ3人は上にゴマをするだけの存在。劇中ではコメディリリーフとして登場する。代わって現場を守ろうとするのが、柳葉敏郎扮する室井管理官。

管理官という存在を登場させたことが、このドラマを現代的にしている。昔の刑事物は全ての事件を所轄署が担当する「太陽にほえろ」では七曲署。だが、「踊る」では殺人事件の場合は所轄署ではなく、本庁から管理官が送り込まれ、所轄署の警官は下働き的な存在となる。情報は全て上だけで把握。現場刑事たちは目的も分からず、聞き込みや警備に当たらされる。昔のドラマならトップに二谷英明や裕次郎がいて、部下はみんないい奴で、チームワークで事件を解決した。

それが「踊る」では所轄署のトップは何の権限もなく、本庁から来た管理官が頭ごなしに命令。刑事たちは不満を抱えながら捜査すると言う構図なのだ。今の日本では警察機構だけでなく、大手企業ならどこでも似たようなことが行われているだろう。「こんなもの売れるの?」と言う新製品を開発。売って来いと言われる。世間の需要に応えていない物が売れるわけないが「それを売るのが仕事だ」と理不尽に言われる。

「踊る」でもそうだが、上層部は事件解決より、自分の経歴に傷がつかないか?外部からクレームが来ないか?トップの心象を悪くしないか?そして無意味なエリート意識を守ろうとする。その日本人の考え方がバブル崩壊を招き、20年を超える不況を呼び起こしたのだと思える。世界のメイドインジャパンーと呼ばれて自惚れた結果がそれ。その背景になったが、上層部が全てを決める企業システムだと思える。

だからこそ、「踊る」には多くの人が共感した。刑事vs犯人と言う古いスタイルのファン以外の人も飛びついた。さらに「レインボーブリッジ」で興味深いのは、事件を仕切る本部長として女性管理官(真矢みき)が登場する。本庁が女性が活躍する職場ということでアピールするための起用。今回の事件にふさわしいということではない。だが、彼女は自分のプライド、イメージ作りにばかりこだわり、逆らう者はすぐに排除。権力を振りかざす。めっちゃ嫌な奴。おまけに無能で何をやっても失敗ばかり。

ん?何か聞いたことある話だな? そう、このドラマより約20年後に湾岸署ではなく、都庁にやってきた小池百合子知事を彷彿とさせる。それだけに憎々しさが倍増。理不尽を押し付けられる織田裕二演じる青島刑事たちの憤りが自分のことのように思える。そして、最後に立ち上がる室井管理官(柳葉敏郎)はもう拍手喝采だ。応援せずにいられない。「室井さん。ありがとう!」という感じ。彼はいう。「捜査員は自分の判断で行動しろ」ー涙が溢れた。

ドラマに感動しただけではなく、まさに今の時代に必要な言葉だからだ。マスコミが567の恐怖を煽り、枠てんに誘導。多くが殺到する。危険を感じているからこそFBで「40時間過ぎても何もなし。勝利」とかバカな文章をアップする。テレビで毎日、五輪を放送すれば「感動もらった。励まされた」と喜ぶ。競技にかかった金は税金なんだよ?それを感染対策や病床確保に使えるのに、多くの国民は大喜び。

上から与えられると疑問も持たず、乗せられ行動してしまう。それがどれだけ自分たちの首を締めていることになるのか? 「踊る」の中で青島刑事たちはまだ理不尽を感じ、抵抗しながら従う。が、今の日本人は完全に乗せられ、理不尽にさえ気づいていない人が多い。ほぼ奴隷状態。すぐに枠てん打ち、五輪に感動できる。だからこそ思う。室井さんの言葉「自分の判断で行動しろ!」これほど今の日本人に必要なものはないだろう。

映画にはもう一つのテーマがある。それを伝えるのは青島刑事だ。「俺たちは組織の中で働いている。でもなあ、上にできる奴がいると強い力になるんだよ」室井管理官のことだ。そう、上がバカだから刑事たちは理不尽を感じる。小池がバカだから都民が困る。上に行くのはプライドやイメージを気にするだけのエリートではなく、現場を知っている人間が行くべき。それがこの映画のもう一つのテーマだろう。それもまさに今の日本。菅、小池、安倍、まさに「踊る」のトップと同じ。

2003年公開の映画にまさか、今の日本が描かれているとは思わなかった。Netflixで見られるので、チャンスあればぜひ見て欲しい。


57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「踊る!=レインボーブリッジ」最後まで観た。今、この時代にこそ見るべき映画。涙が溢れる! [映画感想]

228222568_5893607904046798_3752132955266593142_n.jpg

「踊る!=レインボーブリッジ」最後まで観た。今、この時代にこそ見るべき映画。涙が溢れる!

前半は今では考えられない能天気な軽いノリとコミカルな展開なのに、後半からクライマックスはずっと涙が止まらない。悲しいとか、感動した!ではない。自分でも意味の分からない涙が何度も溢れる。

これが今の時代なのだ。かつてない局面に対峙した時。命令されたことをやっているだけでは、目の前の問題を解決することはできない。自分で考え、判断しないと、切り抜けることができない!それがこの映画のテーマであり、まさにそんなクライマックス。

「そうなんだよ。その通りだよ」という共感の涙だったのかもしれない。ただ、90年代の作品。80年代の名残があり真面目に進むと、少し茶化す。笑いを取る。今見ると、いらないんじゃない?と思えるが、そういうテイストがウケた時代なのだ。

警察は縦社会。上の命令は絶対だ。でも、それでは解決できない事件。柳葉敏郎扮する室井管理官は全捜査員を前にこういう。「各自、自分の判断で行動しろ!」そのセリフに全ての答えを感じる。Netflixで見られる。ぜひ、見てほしい。


57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ドント ブリーズ2」怖い! [映画感想]

231456658_5956132937794294_6714116060194458028_n.jpg

現代版の「暗くなるまで待って」という感じの

ドキドキハラハラ映画。

ちょっとグロいが、あー〜ーやめてくれーーと

夢中で見てしまう。怖い。



57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「フリーガイ」は感動ドラマ。脇役なんていない。皆、誰もが主人公なのだと応援してくれる物語。 [映画感想]

220926332_5947107608696827_5670185720539331198_n.jpg


「フリーガイ」は感動ドラマ。脇役なんていない。皆、誰もが主人公なのだと応援してくれる物語。

あのポスターどう見ても感動作には見えないのだが、声を出して「Oh Yes!」と叫びたくなる場面が何度もあった。物語は「ビデオゲームの中の世界」と「現実の世界」が同時進行。あの「竜とそばかすの姫」と同じパターンだ。が、こちらの方が十倍感動した。個人的な思いが強いが紹介しよう。

主人公はゲームの中のモブキャスト。その他大勢というキャラ。そこに現実世界の人たちのアバターが登場。その街では何をしてもいいという設定。殺人、強盗、ひったくり、暴力。それらの行為で得点が上がる。ストレス解消ゲームなのだ。そのやられ役が主人公のガイ。が、彼らモブキャストはそのことに気づいていない。そこが作られた擬似空間とは知らない。

そこにゲームを作った女性。ミリーがアバターを使い登場。ある秘密を暴くために潜入したのだ。その彼女と出会ったことで、ガイは恋に落ち、そこから自分の存在が何なのか?を考え始める。毎日、同じ生活。決められたセリフを言う(ビデオゲームだからね)そこに乱入するプレイヤーに殴られ、撃たれる。

朝起きて金魚に挨拶し、いつも同じブルーのシャツを着て、出社前にコーヒーショップで、いつもと同じテイクアウトのコーヒーを買う。そして銀行に出社。出納係(日本と違いアメリカでは銀行の窓口業務は誰でもできる平凡な仕事という認識がある)仲のいいガードマンに挨拶。お客に愛想よく対応。そこに毎日、銀行強盗。毎日、その繰り返し。他のモブキャストも同様。決められたことしかしない。できない。

そんなガイがミリーと出会ったことで、繰り返しの毎日でいいんだろうか?と悩み始める。この映画、凄いのはビデオゲームの中の話なのに、これって現実社会の僕らのことじゃないか?と思わせる。朝起きてコーヒーを飲み、満員電車に揺られて会社へ、上司に叱られ、お客にへつらい。夜は同僚と居酒屋へ。酔っ払って家に帰り、また朝になると会社へ。そんな繰り返しでいいのか?と訴えるのだ。

目覚めたガイは何か新しいことをしよう。大切なものを探そうとゲーム設定とは違うことを始める。が、ゲーム会社はそれを許さない。様々な手を使ってガイをその世界から削除しようとする。これもまさに現実。会社や学校で、これまでと違うこと。マニュアルにないことをすると排除にかかる。

「お前らは言われたことをすればいい。あれこれ考えなくていい」というのと同じ。だが、次第に他のモブキャストたちもガイに賛同。ゲームの世界自体を消し去ろうとする会社側に対応。ガイの応援を始める....そして、ミリーは?というストーリー。

一番共感したこと。僕が映画撮影をするとき「エキストラ」という言葉は使わない。エキストラ=その他大勢。人生にエキストラはいない。皆、それぞれの人生で主役なのだ。

それを「その他大勢」というのはおかしい。ただ、Aさんを主人公にしたとき、Bさんは単なる通行人かもしれない。しかし、Bさんの人生では彼が主人公なのだ。だから、エキストラではなく市民俳優。

シナリオ執筆も同じ発想だ。主人公はみゆきだが、彼女の父にも母にも人生があり、そのドラマでは主人公。彼女が高校時代に好きだった不良少年ユキヒコはいわゆる悪役だが、彼の人生では彼が主人公なのだ。

映画で描かれる前の物語があり、映画の後の人生もある。だから、登場人物の前後も考えてシナリオを書く。主人公に都合のいいキャラにしてはいけない。物語を進行させるために、セリフを無理やり言わせてはダメ。皆、それぞれの人生を生きているのだから。

という思い、まさにこの映画も同じ。モブキャストだからと決められた台詞で毎回、同じ人生を送る必要はない。1人1人が人生の主役なのだ。この人が主役でこの人が脇役なんてことはない。脇役でもまた別の物語では主人公なのだ。そんな思いで作られたのが、この「フリーガイ」なのだ。その意味でまさに僕は超共感した。

おまけに「アベンジャーズ 」や「スターウォーズ」のパロディ?が出てきて、アメリカの映画館なら拍手喝采だ。この厳しい時代に笑って、ハラハラして、感動して泣かせてくれる貴重な映画だ。ぜひ。見てほしい。


57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「フリーガイ」は予想外の感動ドラマ! [映画感想]

220926332_5947107608696827_5670185720539331198_n.jpg

「フリーガイ」は予想外の感動ドラマ!

タイトルとポスター。そして予告編を見ても、まったく想像できなかったが、ここ一番の感動物語。笑って、ハラハラして、感動して、泣ける。

上映中の「クレヨンしんちゃん」と並ぶ、お勧め作品。設定は「龍とそばかす姫」と同じ方向だが、10倍。こちらが好き。アメリカの映画館で見たらクライマックスは拍手と声援の連続だったろう

僕は1人で大笑いし、拍手し涙した。お勧め。辛い日々が続くが、希望を感じることができた。本当に見てよかった!



57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ワイルドスピード」最新作。宇宙にまで行くがレベルは低い [映画感想]

233451224_5925356464205275_2254814116176276425_n.jpg

「ワイルドスピード」最新作。宇宙にまで行くがレベルは低い

金はべらぼうにかかっている。アクションは派手だ。物語もある。兄と弟の対立(007みたい?)父の苦悩。家族愛と感動要素もある。が、感動できないどころか、退屈してしまう。ストーリーに乗れないと、どんな派手なアクションがあってもハラハラできない。わー凄いなあ。で終わる。

まさに、そんな映画。、あ。このシリーズはもともと、そんなノリなので、変に感動要素を入れない方が良かったのかも?しかし、全く乗れなかった。その理由を考えたい。

57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ザ・スーイサイド・スクワット」おバカなB級アクション?でも、怪獣映画! [映画感想]

234024371_5925356940871894_7384918524248955995_n.jpg

「ザ・スーイサイド・スクワット」おバカなB級アクション?でも、怪獣映画!

ポスターでも分かるように前作とは違い、おバカなキャラによるおバカなアクション映画。グロい表現。センスのないギャグ。イギリス製の007のような品はない。が、それはそれで嫌いではないが、メンバーも前回とはほとんど違う。変な奴ばかり。ジョーズまでいる!イタチもいる。誰にも共感できない。

なのでハーレクインが出てくるとホッとする。彼女は相変わらずアホでチャーミング。この映画を支えている。出ていなければ単なる下らないB級の下品なアクション映画にしかなっていない。が、クライマックスなり、この作品は怪獣映画になる。

それも登場人物の1人が「Monster」ではなく「Kaijyu(怪獣)」と言う。監督はかなりのマニアだろう。その怪獣もなんと,,,,,,ネタバレかな?でも、タイトル言ってもマニアでないと知らないしなあ。群馬の先生くらいしか分かってくれないかも? まあ、予告編にもチラッと出るので分かるのだが、ある古い日本映画の怪獣?宇宙人が出てくる。ゴジラやガメラではない。もっとマニアな。ガッパでもない。

そこからはA級の予算。怪獣VSスーイサイド・スクワットになる。かなりアホで退屈していたのに、気合が入り、アホなメンバーを応援したくなる。そこはハリウッド映画。満足の結末。「ワイルドスピード」よりお勧め。でも、私はマニアなので、一般の方は「ワイルド」かも?


57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「シグナル」日本版と韓国版の違いを比較した。 [映画感想]

o0540078013761932707.jpg

「シグナル」日本版と韓国版の違いを比較した。

「シグナル」韓国版。毎晩1話ずつ見ている。オリジナルは韓国版であり、日本は権利を得てリメイクしたもの。そもそもは最初に劇場版を見て、面白かったので、Netflixで日本のドラマ版を全て見た。そしてスペシャルも400円払ってみて、今は韓国のドラマ版を見ている。いよいよ、後1話で完結。

日本版との違い。日本のシリーズは10話。韓国版は16話。事件にすると二個分を日本は省略している。その1個をスペシャルで使い、あと1個残っている。が、かなり強烈な話で、心をえぐられる内容。母親による子供の虐待が背景にある事件で、日本では過剰反応が起こるかもしれない。そのためか?そのエピソードは日本版にない。

他にも大きな違いがある。日本版キャラでいうと、連続女性殺人事件で殺された大山刑事が可愛がっている元不良少女。あれがオリジナルでは彼が片思いの大人の女性となっている。その後も殺された彼女への思いが忘れられない。そんな彼に片思いをするのが若き日の桜井刑事。日本版では軽い片思いになっているが、日本版ではない強烈なエピソードで愛が深まり。クライマックス直前に桜井刑事(韓国版の)は愛を告白する展開がある。

それゆえに、大山刑事を助けたい!という思いが強くなり、物語は盛り上がる。その辺の心理をしっかり描いているエピソードをカットしたために、不良少女に変更。櫻井刑事は告白できない片思いになってしまった気がする。これはもったいない。

header_visual02.jpg

あのエピソード強烈で日本でリメイクできなかったと思えるが、予算がなく、16話を10話にせねばならない予算的な問題もあったのかもしれない。平田満のエピソードも韓国版ではベイブリッジが落ちての事故。日本版は交通事故。韓国版はもうパニック映画のスケール。その辺からも予算もかなり違うことが分かる。

もう一つ。韓国版の1話はなぜか1時間15分とか、1時間20分とかあるものが多い。日本のドラマは1時間枠の場合。CMが入るので42分ほど。なのに、韓国版は中身が1時間15分とかロング。テレビ放送の枠は何時間だったのか?と思うが、その分、あれこれ深い描写ができる。それで16話。対して日本は42分1本で、10 話。この辺で深さが違ってくる。

そして日本版の俳優陣。とてもいい。だが、韓国版を見るともっといい。芝居とは思えない人たちがいる。脇役までいい。もちろん、日本の場合。顔の知れた俳優が出てると、役より本人のイメージを感じてドラマの世界に入れないということがある。その点、韓国の俳優に詳しくないので、リアルに感じる部分はある。が、日本の脇役。昔は胡散臭い役者がよく出ていたが、今は何かこざっぱりとした人が多く。怪しさとか嫌悪感とかを感じない。その意味で韓国俳優の層がハリウッド同様に厚いのか?と考える。

いろんな意味で韓国版は優れており、ストーリーは知っているのに見てしまう。現在は最後の事件。結末知っているのに「イ刑事。兄貴を助けてやってくれ!」とか叫びそうになるし、チャ刑事がトランシーバーでイ刑事と話す場面は泣けてしまう。日本版ではカットされたエピソード、変更された思いが、それを薄めている。それらがある韓国版は視聴者の方も熱い思いが込み上げる。決して日本版のクオリティが低い訳ではない。近年のドラマではダントツ。しかし、韓国版はその上を行っている。

さあ、今夜はいよいよ最終回。今回も1時間半くらいある(映画並み!)撃たれたパク刑事はどうなるのか? イ刑事は殺されるのか? そして日本版と違う何か結末はあるのか? 見るたびに暗い思いになるが、見ずにいられない。久々に上質のドラマ。日本版を気に入った方はぜひ、韓国版も見て欲しい。Netflixで見られる。


20210212-00010024-realsound-000-1-view.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「チェルノブイリ」日本でテレビ放送すべき問題作 [映画感想]

EvwL3cMVkAMD7V1.jpeg

 全5話。見終わる。

 事故発生=>騒動=>事故の被害=>対応=>

 と来て、最終回は裁判で、事故原因を追求するというもの。

 この作品は単に原発事故を描いただけではなく

 ソ連という理不尽な隠蔽国家の問題点を描いている。

 共産主義の問題を指摘しているのだが、見ていると日本も同じ状態であることを感じる。

 とにかく、いろんな意味でよくぞ製作した!という作品

 日本の「Fukushima」なんとかという、作業員を英雄にして、嘘を混ぜて美化した映画があったが

 まさにあれこそが共産主義国家で作られそうなプロパガンダだと改めて感じる。

 「チェルノブイリ」はテレビでゴールデンタイムに放送すべきドラマ。




asahi .jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

アメリカのミニシリーズ「チェルノブイリ」を見ている [映画感想]

EvwL3cMVkAMD7V1.jpeg

 アメリカのミニシリーズ「チェルノブイリ」を見ている。全5話。

 チェリノブイリ原発は取材で訪れたことがあるが、よく再現している。

 あの場所で撮ったとしか思えないリアルさ。

 そして、放射能による悪夢を淡々と描く。目に目ない恐怖。

 よくぞ製作したという作品。

 放射能の恐怖だけでなく、当時のソ連。閉鎖的な体質もまた事故収束を遅らせて行く。

 残り2話。



 asahi .jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 映画感想 ブログトップ