So-net無料ブログ作成
映画感想 ブログトップ
前の10件 | -

ジョーカーに共感する理由を考える。今の日本との共通点とダマされて来た私たち? [映画感想]

72592384_3091000547640895_7612927882616111104_n.jpg

ジョーカーに共感する理由を考える。今の日本との共通点とダマされて来た私たち?

主人公とはいえ、犯罪者となるジョーカーになぜ、共感するのか? そこには庶民のやりきれない思いが描かれているからだ。

コメディアンになるという夢

を追うアーサー。現在、俳優や歌手、作家や漫画家を目指している人なら強く共感するところだ。また、頭ごなしのアーサーの上司も、日本でも数多くいる存在。ブルースウェインの父など、政権のあの人や経団連の会長がダブる。アーサーが撃ち殺すエリートサラリーマンの高圧的な振る舞いも、契約社員に対する正社員。大手から中小社員への接し方で感じることが多い。

アーサーの母は病気でおかしくなっているとは言え、彼は母の言われたことを信じた。同様に日本でも子供の頃から「勉強しなさい」「いい大学に合格するのよ」と言われ深く考えず、受験勉強を続けた子供が一流大学に入って、安定した生活。不安のない給与。年金。それらを得たと思いしや、会社が倒産したり、窓際に飛ばされる。リストラ。これまで何のために努力して来たか?悩む。

その始まりは母の言葉。

それを疑うことなく来てしまった。が、それが間違いの始まり。親を恨んでも時間は取り戻せない。また、僕の周りにはそんな親の押し付けに反抗して、エリートコースから飛び出してしまった友人も数多くいる。その後の人生を見ると彼らの方がハッピーに見える。

そしてテレビ。象徴がデニーロの司会者。

憧れの存在。いつかテレビに出て有名になりたい。でも、その願いが叶った時、アーサーは全てを知る。欺瞞。晒し者。物笑い。それがテレビというものだった。テレビは庶民を惑わし、ありえない希望を与えながら、現実から目を逸らさせる役割だった。これは現実。

その一つ一つの意味を観客は把握しないかもしれない。それでも物語を見つめて心のどこかで「そうだ。その通りだ。俺たちも惑わされ、誘導されて来た。誰も俺のことなんて考えていない!」という憤りを感じる。それが映画「ジョーカー」に多くが共感した理由だろう。ただ、この映画のラストではジョーカーは暴徒から喝采は浴びるが、彼らを指揮して暴れたりはしない。

ここ監督の意図を感じる。ジョーカーはこの後、悪の帝王になる。が、あなたはどうだ? 

あんたならどうする? 

それでいいのか? 

この現実を見てどうする?

と問いかけているのだ。私たち日本人にも突きつけられたものであるだろう...。





m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ジョーカー」の後日談が「ダークナイト」そこから見えてくる彼の目的=そして人の醜さを暴くこと? [映画感想]

i-img1010x1200-1569451844vktznw107008.jpg

「ジョーカー」の後日談が「ダークナイト」そこから見えてくる彼の目的=そして人の醜さを暴くこと?

「ダークナイト」を見れば

「ジョーカー」の意味がさらによく分かる。すでにご覧になった方も多いと思うが、思い出してみよう。悪の帝王となったジョーカーはバットマンが守るゴッサムシティで行動を開始する。が、これまでの悪は街を破壊する。人々を殺す。という活動だった。

それがジョーカーがやったのは、街を守るバットマンを差し出せという通告。でないと、市民を順番に殺していくというもの。この脅迫のいやらしいところは、これまでバットマンに守られていた市民や警察の力で彼を捕まえ、差し出せというもの。それに対して市民の多くが市庁舎に押し寄せて「バットマンを渡せ」とデモを行う。

ジョーカーが次にしたのは、

客船2隻に爆弾を仕掛けること。起爆装置もつけてある。そして両方の船長に先にスイッチを押して相手の船を爆破した方を助けてやると通告する。これも自身で手を汚さず、船長に何百人という乗客を殺せと命じる。共通するのは、市民に犯罪を強要すること。つまり、これらは人間性への挑戦なのだ。


72592384_3091000547640895_7612927882616111104_n.jpg

「お前らはいつも善良な市民を装っているが、結局、自分さえ良ければそれでいい。他人なんてどうなってもいい。自分たちを守ってくれる存在であっても、自分が危険な目に遭うのなら殺してもいい。それがお前ら庶民なんだよ」

といわんがばかり。人間の醜さを暴き立て、証明するための犯罪なのだ。単に金が欲しい。街を支配したいというのが目的ではない。その背景にあるものこそ、新作「ジョーカー」で描かれた部分。

「君のことは好きだよ。でも、同僚たちが..」

とアーサーに注意する上司。結局、彼の立場や苦しみを理解せず、電話1本でクビにする。アーサーが殺した会社員3人。が、彼らは酔った勢いで若い女性に絡み、ピエロ姿のアーサーに暴行。その背後には特権意識が見える。なのにニュースでは「エリート社員が無残に殺された」と報道。

行政は福祉費用を削減。

アーサーは治療を受けられなくなる。「街を改革する」と宣言する大金持ちのウェインはアーサーを汚いもののように扱う。そして誰も彼には救いの手を差し伸べない。

「お前らは建前だけだ!他人のことなんて考えてもないくせに、綺麗事言いやがって。だったらその仮面を引き剥がしてやる。お前らは自分さえ良ければいい最低の存在であることを思い知らせてやる!」

そんな思いを反映したのが「ダークナイト」での凶行だ。そこに現代の歪みも見える。「ジョーカー」に登場した人たち。皆、貧しく苦しい生活をしている。その背景にあるのはウェイン社長のような金持ちの存在。それに気づかず、アーサーの母も「素晴らしい人よ」と称賛。そして貧しい者同士がひがみ合い、傷つけ合う。まさに今の日本と同じ構図。

この映画がアメリカでも日本でもヒットしたのは、現実を映し出した、その背景に多くの人が共感したからだろう。私たちもジョーカーなのだ....。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「クロール」B級映画。台風の日に襲い来るワニの群れ! [映画感想]

73191884_3082880595119557_7554522112711458816_n.jpg

「クロール」B級映画。台風の日に襲い来るワニの群れ!

サム・ライミが製作した作品。出演者は十人ほど。大型台風の日の物語。それもレベル5と昨日、関東を襲ったものと同じ規模。その日にワニ園から逃げ出したワニたちが街へ。

実家に戻った主人公はその地下室で怪我をして動けない父を見つける。雨水が流れ込み、プールのようになり、ワニが入り込んでくる。どうやって父を連れて脱出するのか? 台風で近所はすでに避難済み。というハラハラドキドキのB級映画。親子の絆も描かれていて泣ける。

この手の低予算(といっても日本でいえばかなり製作費がかかっている)はとても好き。


60764999_2681749791899308_369149531398340608_n-8d7ef.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画「ジョーカー」に登場する歪んだ人たち。日本にも大勢いるよね? [映画感想]

Joker-Film-1.jpg

映画「ジョーカー」に登場する歪んだ人たち。日本にも大勢いるよね?

映画「ジョーカー」に登場する歪んだ人たち。日本にも大勢いるよね?

この数年、僕が出会った「クソ野郎」と言いたくなる人たち。「ウジ虫」「困ったちゃん」「アホ」などと呼んで来たが、映画製作を邪魔したり、足を引っ張ったり、心ある人たちを踏みつけたりした連中。ドラマなら悪役となる人たちだ。ただ、昔の映画ならその手は権力欲が強く金のためなら人を殺し、踏みつける金持ち、政治家だった。だが、今の時代は多種多様。そんないろんな「クソ野郎」たちが見事に「ジョーカー」では描かれている。

①ブルース・ウェインの父 本来は街を浄化しようし、息子であるブルースに影響を与えた人物だが、この映画では庶民の痛みを理解しない実業家として登場。日本で言えば経団連会長や大企業のトップ。あるいは官邸にいるあの人のイメージ。ただ、これは従来からいる「クソ野郎」タイプ。そして、この人たちだけが悪でないことを映画は描いている。その他を以下で紹介。

②アーサーの上司 ピエロ派遣会社のマネージャー。彼はアーサーを「皆が君は変だというが、僕は君が好きだ」などと煽てて使うが、アーサーが災難に遭っても(子供たちに看板を盗られ壊されても)理解しようとせず、頭ごなしに非難。拳銃の件では会いもせずに電話でクビにする。社員を労働力としか見ず、問題点や職場環境を考えず、社員の苦労を理解しない。日本にも多い、ブラック企業の上司のような存在。この種のバカヤローが社員を苦しめる。


③アーサーの母 精神病による妄想で、ありもしないことを信じて、周りの人たちを巻き込む。本人は病気であり、悪意はない。が、息子がその妄想を信じたためにトラブルになり、人生が壊れて行く。実際、日本でもその種の事件は多い。患者が「私は酷いことをされた」と妄想し発言。周りが振り回され、罪のない人が加害者だと思われ関係者からバッシングを受け、そして反撃。諍いとなる。病気が原因での発言とは誰も思わず、無意味な争いを続ける。


④アーサー 病気の母の言葉を信じたばかり希望を持ち、そして破滅して、暴走して行く。彼自身が被害者なのに、加害者になってしまう。僕の周りにいた人たちも似ている。善良な市民だが、患者の妄想で酷い目に遭った被害者を加害者だと思い込み、批判、攻撃して追い詰め、孤立させ「当然の報い」と考える。妄想に巻き込まれたジョーカーが自分に正義があると感じたように、彼らも間違った正義を振りかざし、罪のない人を踏みつける自らの行動を把握できていない。

いずれのキャラも悪意はなく、自身の行動が誰かを傷つけていることに気づいていない。悪の組織や悪徳政治家だけではない。その種の人たちもまた、多くの人々を苦しめる。むしろ自分たちが被害者だと感じ、正義を振りかざすので始末に悪い。最後のシーンで暴動を起こす市民もまた同じ。もはや被害者ではなく加害者になっていることに気づかない。

そんな部分まで描かれていることで、多くの人が自分を重ね、いろんなことを感じたのだ。まさに日本も同じ。映画「ジョーカー」はそんな現代を映し出した作品である。



m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ジョーカー」2回目。心の闇を解き明かせたか? [映画感想]

71725316_3058853160855634_2566514993998594048_n.jpg

「ジョーカー」2回目。心の闇を解き明かせたか?

もう一度冷静に見つめないと、闇の世界から戻ってこれない。平日の最終回。500席の劇場で僅かな観客と見た。以下に当てはまる人は要注意。「ジョーカー」を見ると戻ってこれないかもしれない。

●生活が苦しい●古いアパートに住んでいる●低所得者である

●恋人がいない●上司から理不尽な注意をされた●社会保障を打ちきれられた。

●親の介護をしている●夢があるが叶わない●持病を抱えている

●サラリーマンにバカにされた●職場をクビになった●母子家庭である

●親に理解されていない●憧れの人に踏みつけられた●暴れたい!

●誰にも理解されない。●怒りのやり場がない。●金持ちが許せない

現代の日本で生きていたら、どれかが当てハマるだろう。あたなはジョーカーになる素質があるということ。映画の中の彼は決して正当化できない。しかし、誰もが彼に共感し「これは俺だ!」「これは私かも」と思わずにはいられない。そしてバットマンことブルース・ウェインの父が、日本の首相や経団連の会長とダブってしまう...。

階段で踊ってみたくなる。拳銃を手にしたら思いを果たしたくなる。暴動に参加したくなる。そんな誘惑にかられる映画だ。まだ、心の中で「That's the Life 」が流れていて、うまくまとまらない。いずれまた....。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画「ジョーカー」を見てはいけない。心の闇に陥り、帰って来れなくなる? ただ、今年一番の傑作だ。 [映画感想]

71725316_3058853160855634_2566514993998594048_n.jpg

映画「ジョーカー」を見てはいけない。心の闇に陥り、帰って来れなくなる?

昨日は1日、気分が滅入り立ち直れなかった。映画「ジョーカー」を見たせいだ。予感はあった。見たらヤバイ。ハリウッド映画の爽快感やエンタテイメントを期待したら大変なことになる。その通りだった。上映中。早く終わってくれと願いながら見ていた。辛すぎる。闇の世界に心が引き摺り込まれていく。

物語は「ダークナイト」等でお馴染み

の悪役ジョーカーの若き日を描いたもの。ノーランのシリーズでいうと「バットマン ビギンズ」以前の部分。青年がいかにして悪のジョーカーになるか?物語にはのちにバットマンとなるブルース・ウェインの幼い頃の姿も描かれ。彼の父、ウェイン財閥の創始者も登場する。だが、ノーランが描いた「ダークナイト」シリーズ以上にダークでヘビーな世界がある。

「ビギンズ」で描かれたブルースの両親の死が、犯罪者側から描かれる。そこに至るまでジョーカーはどんな環境で、どんな生活を、どんな思いでしていたのか? 映画はそれを瞬きせずに見つめる。だが、それはあまりにも悲しく、あまりにも陰惨で、あまりにも希望のないジョーカーの若き日。予想外に自身を重ね共感してしまう。そう、ジョーカーは誰の心にもいる。

この映画は「タクシードライバー」

の影響を多大に受けている。監督自身が愛する作品なのだろう。いたるところにオマージュがあり、先の作品を知っていると感嘆する。ジョーカーは「タクシー」の主人公トラビスでもあるのだ。そのトラビスを演じたロバート・デ・ニーロもこの作品に出演している。そこにも監督の強い思いが感じられる。

「タクシー」を見ていても多分、気づかないであろうところを紹介すると、ジョーカーの職場にいる黒人。衣装やファッションが「タクシー」の夜カフェにいる黒人と同じ。ジョーカーが愛する黒人女性。デ・ニーロが私生活で黒人好きだったことを踏襲? しかし、「タクシー」のオマージュというだけでない、重く、暗く、やり切れない世界が展開する。

それは主演俳優と監督の執念

ともいう「思い」がなし得たもの。アメリカでは上映中の映画館に警察官が配備されているという。「ジョーカー」を見た観客が暴動を起こすかもしれないからだ。実際、映画を見ると闇の世界に引きずり込まれ、皆、ジョーカーになってしまう。人の心に住む邪悪な世界に引きずり込む映画。痛快なハリウッド映画を期待する人は見ない方がいい。だが、今年のベストと言える傑作である。



60764999_2681749791899308_369149531398340608_n-8d7ef.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ドラマ「沈まぬ太陽」を見てーあれこれ考えたこと。腐敗する組織、豪華俳優の共演、撮影方法? [映画感想]

70247742_2994218937319057_4115689820557148160_n.jpg

ドラマ「沈まぬ太陽」を見てーあれこれ考えたこと。腐敗する組織、豪華俳優の共演、撮影方法?

同じ山崎豊子原作の「二つの祖国」は「山河燃ゆ」というタイトルでNHKの大河ドラマとして1980年代に放送された。この「沈まぬ太陽」も現代劇としてNHKの連続ドラマでやるべき内容。WOWOW製作のドラマなので見る人が限られる。現在はNetflixで見ることができるが、地上波で多くの人たちが見るべきドラマだ。

ただ、描かれているのは日航をモデルにした航空会社の物語。腐りきった会社の話。それはまさにNHKも同じ。流石に自社の内情を見るようで耐えられないので、ドラマ化しなかったのかもしれない。JA Lが腐敗したのは半官半民という組織だったから。NHKも似たようなものであり、裏金作りなどもしている。

それを昔担当した社員が今の立花議員(N国)であり、彼は内部告発をした。それが「NHKをぶっ壊す!」という行動の始まり。同じく宗教団体。役所。その種の組織は腐敗しやすく、本来の目的を失い、権力争いを繰り返し、裏金作りに勤しむことが多い。

地方で市民が映画を作ろう!という時に、一番協力すべきは市役所であり、観光課であるはずなのに、一番非協力的で、邪魔ばかりするのがその部署であることが多い。市民が故郷をアピールする映画を作ろうとしているのに、役所が一番、嫌がり、足を救う。半官半民どころか、こちらは全官だが、本当の意味で協力してくれた役所は僕の経験では少ない。

ドラマを見ながら他のことも考えた。出演者は豪華だ。主人公に上川隆也。ライバルに渡部篤郎。実にはまり役。そして何より悪役の皆さんがとてもいい。陣内孝則、板尾創路、國村隼、古谷一行、高嶋政伸、袴田吉彦、佐野史郎と、これだけのメンバーがめっちゃ腹立たしい役をやるから盛り上がる。さらに平幹二朗、橋爪功、伊武雅人、というベテランがさらに悪い奴を演じている。

以前にお仕事をした俳優さんたちが何人も出ており「こんな役もできるんだなあ」と仕事モードで見てしまった。モロ師岡さん。本田博太郎さん。袴田吉彦さん。螢雪次朗さん。「やはり、いい役者さんだとなあ」と改めて感じる。板尾創路さんとは2年前にお仕事したが、変な役は多い俳優さんだが、ここまで悪役なのは初めてではないか? 國村隼さんは先日見た「全裸監督」とほぼ同じ役?この手の役が最近は多いのかもしれない。

ただ、ドラマとして製作費はかかっているが現場はかなり大変であったことも感じる。海外ロケがいくつもあるが、期間を短くするためにできる限り日本で撮っているようだ。そして國井会長と主人公の恩地が「初めて会う」場所と「別れ」の場所は同じロケ地。まとめ撮りだろう。テレビ等ではよくあることだが、時間と労力を考えて一緒に撮る。ただ、俳優は大変。映画なら低予算でも別日にすることがあるが、テレビはそうは行かない。WOWOWでもそういうスタイルなのだと知る。

映画版もよかったが、この物語を映像化するには3時間でも無理。20時間の連続ドラマという形だからこそ、ここまで表現できた。映画ではできないこと。ドラマでは可能になることがある。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

Netflixドラマ「沈まぬ太陽」見終わる。今回も魂が震える。 [映画感想]

70247742_2994218937319057_4115689820557148160_n.jpg

Netflixドラマ「沈まぬ太陽」見終わる。今回も魂が震える。

全20話。20時間のドラマを最初は1日1話ずつ。この3日間は1日3話ずつ見て本日、最終回を見た。あれこれ思うことがある。山崎豊子原作ものは毎回「あーよかった」という結末ではなく、物語自体が「もう、やめてくれ!」と叫びたくなる過酷な現実の連続だ。

今回の舞台は航空会社だが、それにとどまらず他の業界にも言える物語(映画界も同じ)本当に大切なことを疎かににして、目先の利益に走る。そのために人命を危険に晒しても平気。利益に群がる人々。

政治家。銀行。商社。企業。魑魅魍魎たちの醜い争いが続く。そんな物語を通して、自分自身はどう生きるのか? 何を求めるのか?を考えてしまう。大切なものは何なのか? 何のために生きているのか? そんなことを考えながら、他人事とは思えない物語。最後は止まらなくなり3時間続けて見てしまった。

「國井会長には改革をやり遂げて欲しい」「恩地さんは報われて欲しい」「八馬さんには罰を!(演じるは板尾さんですが!)」「そして行天(渡部篤郎)はどんな結末となるのか?」久々に夢中になって見てしまった。しかし、山崎豊子さん。凄い。毎回、魂が震える物語。「不毛地帯」「二つの祖国」に並ぶ名作。原作もいずれ読んでみよう。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

Netflixで「沈まぬ太陽」を見ている。体験がダブりドラマとして見れない! [映画感想]

70247742_2994218937319057_4115689820557148160_n.jpg

Netflixで「沈まぬ太陽」を見ている。体験がダブりドラマとして見れない!

自身の初期監督作品の記憶がダブる。素晴らしい映画を作ることより、製作費を抜き、自社の利益を上げることに奔走、作品を踏みつけた会社。劇中の国民航空と同じ。

正しいことを行うものがバカを見て、金を抜き横車を押す連中が笑う。

「恩地さん(上川隆也)。頑張れ!」

と主人公を応援せずにいられないが、物語は彼の後ろ盾である國井会長(長塚京三)に大きな力が襲い掛かる。俳優陣が素晴らしい。そして山崎豊子の原作。あと3話ほどで完結だ。


69948932_2979017495505868_4069159609456132096_n-1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ドラマ「沈まぬ太陽」第6話7話見る。他人事でない怒りが沸き起こる [映画感想]

70247742_2994218937319057_4115689820557148160_n.jpg


ドラマ「沈まぬ太陽」第6話7話見る。他人事でない怒りが沸き起こる。

15年ほど前に原作を読もうと思ったのは、1本の映画製作が終わった頃だった。その本が「沈まぬ太陽」。ただ、今、読むべきではないと思えた。僕が終えたばかり映画製作体験と物語がダブりそうで、耐えられないかもしれない。と思えたのだ。

その映画を作った製作会社は作品に対する愛が一切なかった。経費を削減していかに自分たちの利益を出そうか?しか考えていない。僕が企画、製作費も集めた作品。それを会社側は誤魔化し、すり替え、脅し、威圧、嘘、ありとあらゆる手を使い、作品を曲げようとした。金を握り、権力を持つ会社側と戦うのは簡単ではない。卑劣なやり方の連続に何度も社長を殴り倒そうと思った。

しかし、そんなことをすれば法律を盾に取り、僕を外して社長たちが思う古臭い作品を変えてしまう。そんなことはさせられない。皮肉、中傷、人格否定。「才能ないな」「お前は映画監督じゃない、評論家だ」「こんな映画は誰も観ない」「全てが最低だ」毎日のように言われた。監督料も、脚本料もゼロにされた。さらに作品をねじ曲げようとする。ここで怒ってはいけない。

悔しくても手を出してはいけない。大事なのは観客が喜ぶ映画を作ること。感動し涙が溢れる作品もすること。会社の指示に従っていてはダメだ。妥協せず、納得できないことには反対。思いを曲げない。嫌がらせが加速した。が、8割以上を望む形で仕上げた。社長が吐き捨てるようにいった「途中で席を立ち全員が出て行く最低の作品だな」しかし、映画館では多くの観客が涙を流し、最後は拍手。初日は満員御礼。上映延長になった。その後は心ない会社を排除。観客が喜んでくれる作品を作れる環境を作った。

そんな経験があったので今、観ているドラマ「沈まぬ太陽」の主人公・恩地元(上川隆也)が人ごととは思えない。会社に従わないことで報復人事、僻地に飛ばされた。嫌がらせ、圧力、酷い仕打ちが続く。他人事とは思えない怒りが沸き起こる。舞台は航空会社。日航がモデルだ。安全性より利益優先。人命を預かる仕事なのに、社員に長時間労働と人員不足を押し付ける。労働組合を潰しにかかる。事故が起きれば責任回避と隠蔽。

しかし、どんな仕打ちを受けても屈しない恩地元。寝返る親友(渡部篤郎)そして妻からも「このままでは家庭が崩壊する」と詰め寄られる。自分の思いを通すことで家族が傷つき、仲間を追い込んで行く。人はどう生きればいいのか? 体制に降参し、うまく立ち回るべきなのか? あれこれ考えてしまう。山崎豊子の物語はいつも重い。(Netflixで配信中)


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 映画感想 ブログトップ