SSブログ

騙されてはいけない。誘導されてはいけない。正義感が強く、行動力のあるあなた。ご注意あれ! [再掲載]

117444450_4195956660478606_7584262177885892346_o.jpg

騙されてはいけない。誘導されてはいけない。正義感が強く、行動力のあるあなた。ご注意あれ!


杉下右京は言う。「細かいことが気になる困った性格!」僕も似たようなところがある。だから脚本家という仕事ができるのかも? ただ、嫌がられる。「そんなんこと。どうでもいいだろう!」とよく言われるが、どうでもよくない。

問題ある奴がいる。迷惑ばかりかけている。「なぜ、彼は嫌われることばかりするのか? 何か理由があるんじゃないか?」と言うと、友人は「あいつは単に嫌な奴なんだよ!」と怒る。が、調べていくと、その人は精神病だった。悪意はないが、精神状態が普通でないので無責任なこと、人を傷つける発言が多い。そのためにトラブルが起きていた。

何か事件やトラブルには必ず原因がある。嫌われている人がいたら、彼ら彼女らの背景や生活に何かがある。単に「嫌な奴」なんてあり得ない。ただ、考えるのが面倒という人が多い。「嫌な奴」と決めつけ、済ませてしまう。

「あの政治家は許せない。裏切られた。2度と応援しない!」

と怒る友人もいる。理由を聞く。ほとんどが聞きかじった情報やツイッターでのデマが背景。さらに聞くと、友人はその人を過大評価していた。なのに現実が見えてくると「裏切られた!」「彼は変わってしまった!」と嘆く。もともと、そう言う人なのに...。

あるいは「勝手な思い込み」で、その人を見ていた。現実が見えてくる。「自分の見る目がなかった」とは考えず、「裏切れた」「彼は変わった」と断定。怒りに駆られ、誹謗中傷。バッシング。「俺は裏切られた!」「正義は私にある!」と攻撃。悲しい。ただ、彼ら彼女らは熱く、真面目で、正義感が強い。だから、強い怒りがこみ上げる。悪い人たちではない。むしろ「思い」ある人たち。でも、現実が見えない。

その噂。本当に正しいのか? その情報。本当に事実なのか? 思い込みはないか? 別のことをダブらせていないか? 関係ない怒りを向けてはいないか? そうは考えない。ツイート見る。「何ーーーそれは酷い。許せない!」リツイートして攻撃。誰が、いつ、発信したツイートか確認しない。発信した人物が何者で、どんな背景があるか?確認しない。アイコンがアニメキャラでハンドルネームなのに安易に信じてしまう。

マスコミが「今、日本は**国から攻撃を受け、多くの子供が殺害されました」と報じれば、「何〜許せねえ! 志願して自衛隊に入って戦うぜ!」と言う人が続出するのではないか? アメリカがよく使う手だが、日本も過去に使っている。情報を確かめることは大事だ。いつ、誰が、どんな人が発信したのか? 背景は? 目的は? 裏は? 情報の真偽は? 少し考えるだけで、いろんなことが見えてくるはずだ。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

日本人は合理性より、無意味な習慣やルールを大切にする?=その陰で大儲けする連中がいる。 [再掲載]

71164839_3049469441794006_139280648333426688_n.jpg

日本人は合理性より、無意味な習慣やルールを大切にする?=その陰で大儲けする連中がいる。

合理性、論理的ということ。僕の中ではかなり重要だと。再確認することが多い。カバンでもセンスやデザインも重要だが、機能性(つまり合理的)も大事。収納したものが素早く取り出せるバッグでなければ!と思う。

反対に習慣とか慣習というのには拒否感がある。合理的でないからだ。正月に神社に行くとかしない。お参りしたからと神様が何かしてくれるのか? それ以前に神様は存在するのか?いたらなぜ、不幸になる人を助けないのか?とか思ってしまう。そんなスタンスなのでトラブルもよく起こす。

             *

製作会社でシナリオを書いたとき。社長が的外れな意見を言うと、社員Pは「なるほど〜そのアイディアはいいですね」と持ち上げ、それをシナリオに入れとと言う。が、僕は入れない。必要ないからだ。それで面白くなるならいいが、浮いてしまう。大事なのはいい物語を作ること。社長のご機嫌を取ることではない。

「大人しく、ハイハイと言っておけばまた仕事がもらえるんだよ」

と関係者には言われるが、そんな習慣のある会社で仕事をしたくない。こんな性格なので、無意味な習慣やルールが多い地方社会では生活できない。近所だから仲良くするとか、親戚だから親しく付き合うとか、それは昔々の、皆が百姓だった頃の習慣だ。

意味もないこと。無駄なこと。必要のないことが嫌。そのせいで高校時代。勉強することに意味がないことに気づいてしまった。10年学んでも話せない英語、暗記するだけの歴史、社会では使わない連立方程式。そんな意味ない授業に1日の大半を使うこと。とても無駄だと思えた。その理由はのちに解き明かす。

             *

サラリーマンになるため。と言うのなら無意味な勉強でも、別の意味も出てくるが、僕は会社員にはなりたくなかった。だから無意味なのだ。それならプラスになることをしたい。そんな高校生だった。アメリカ留学をして気づく。アメリカ人の発想はそれに近かった。合理的。無意味な習慣やルールに縛られない。留学生活の中で何度も痛感した。

銀行に預けたお金は24時間、365日、いつでも引き出せる。だって、自分の金なのだから。なぜ、銀行に手数料を取られるのか?なぜ、8時以降は引き出せないのか? なぜ、銀行の都合が優先されるのか? 合理的ではない。でも、日本はそれだ。

日本には無意味な習慣やルールが溢れていることに気づく。高校の頃からイラついたのは、そのためではないか? 日本をダメにしている背景もそこではないか?そして影で大儲けしている連中はそれを利用しているのではないか? いろんなことが見えて来た。また、別の機会に続きを書く。



m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「私は愚痴は言わない」と胸を張る人。批判と愚痴の違いが分からない日本人? [再掲載]

10636333_805716776169295_271445461532430799_n.jpg


ちょうど一世代上の先輩。新人の頃にとてもお世話になった。が、一つだけ困ったことが、僕のFacebook記事を読むとこんな小言を言ってくる。

 「愚痴を書いてはいけない!」


一見、先輩の言っていることは正しく思えるが、違う。「愚痴を書いていはいけない」と先輩は言うが、国語辞典で調べるとこうだ。

 「言っても仕方のないことをグダグダと言い続けること」

居酒屋で「あの部長、本当にうざいよな〜」と同僚と話す。部長の理不尽、無能ぶりを語る。それが愚痴だ。Facebookで書くなと先輩は言うが、僕が書いているのは経験した問題や事件。それがどんなものであり、どこに原因があったか? どんなマイナスがあったか?それらを総括。反省して、どのように対処すべきだったか? 何より原因は何であったか?を追求するために記事にしている。

愚痴ではない。総括であり、反省であり、分析。それらを読んでもらうことで、第三者には映画界とはどんなところか? どのような仕事をしているか? 背景にあるものを指摘し、今の日本の風潮や悪しき習慣を知ってもらう。そんな意図で書いている。

残念ながら先輩はそれを読みとってくれず、愚痴だ!」と判断したのだ。彼だけではない。以前は必ず相談していた実業家の方がいた。いつも見事なアドバイスをしてくれる。が、プロジェクトが終わり報告に行くと、最後まで聞こうとしない。「愚痴は聞きたくない」と言われた。

相談に乗ってもらった仕事がどのように展開し、どんなプラスとマイナスがあったか?それを踏まえて同じ失敗を繰り返さないための報告。それを「愚痴」と解釈され「前向きな話なら聞く」と言われた。

反省せずに、問題点を把握せずに、新しいことを始めてもうまくいかない。だが、その人も愚痴と解釈してしまう。実はそんな人は多い。日本人の多くは失敗すると口をつぐみ、誰にも言わず、無かったことにする。反省をせず「終わったことは忘れて、次に進もう!」と美しい言葉を掲げて、同じ失敗を繰り返す。でなければ本来の愚痴。言っても意味のないことをグダグダと言い続けている。それなら「上司に直接言えよ」と思うが、言おうとしない。

その種の人と同類に見られることがある。記事をしっかりと読んでもらうと分かるが、記事で批判、あるいは問題ある一般人の名前は上げていない。大事なのは書くことで僕自身が事態を把握、原因を究明、反省し、次の教訓にすること。そして先に書いたように読者の参考になる。面白がってもらう。それが目的だ。

それを「愚痴」と言うのは、彼らの問題というより、日本人の体質ではないか?「辛い話をする」「失敗を伝える」「批判する」「問題を追求する」「反省する」ということを避けて通りたい意識がある? 嫌なことは早く忘れたいというのが本音ではないか?

まさにザ・日本人。どれだけ政権が悪辣でも、それを批判せず、避けて通り、選挙にも行かない。不満も言わず、戦争ができる国になるのを受け入れ、真面目に税金を収める。自民を政権にしてしまった国民として、何が悪かったか?どうすべきだったか?反省しない。なぜなら、こう思っているのからだろう。

 「愚痴は言いたくない....」

それが多くの日本人の思いではないか? 愚痴と批判は違う。追求、把握、反省してこそ、前に進める。それができないのはなぜか? 日本人が昔から縛られる「村ルール」何度も記事にしたので覚えている方もいるだろう。「トラブルはなかったことにする」「知らない振りをする」「関わらないようにする」それらと同じ構図だ。「私は愚痴は言わない」と胸を張る人。それは「私は反省しない」と言うのと同じ。そして「批判」を「愚痴」にすり替える空気がある。目的は国民を黙らせること。

政府に対し、企業に対し、社会に対して何も言わせないこと。そうやって僕らはここまで追い詰められたのだ。今の日本人に必要なのは問題の追求、批判、把握、反省だ。それを「愚痴」と解釈して黙ってはいけない。それこそが彼らの思う壺なのだから。

2019年6月

60764999_2681749791899308_369149531398340608_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

元経産大臣のツイート。国民を煽てるだけで補償するつもりなし? [再掲載]

95038335_3730542803686663_6445334250035085312_n.jpg


1年前の2020年4月30日の記事より

この人のツイッターを読んでほしい。ヤバイと入院する方だ。

甘利 明@Akira_Amari · 4月27日
「東日本大震災しかり、危機の時こそ日本人は世界の尊敬を集めました。要請だけで接触をここまで減らせる日本って、やっぱり凄いですね。あと一息です。ゴールデンウィークをステイホームで「さすがニッポン!」って、もう一度世界に言わせませんか」

政治家の本音を感じる。「要請するだけで、国民は仕事を止めて商売を休んで、収入を断ち、家賃は自分で払って、家に籠るんだよ。補償金はいらないんだよ。要請だけで十分。来年のオリンピックでまた金いるし。さすが日本!と煽てればいいだ。ちょろいね〜国民は〜」という思いが見える。

特に「さすがニッポンって言わせませんか」の部分は庶民の発言ならまだ分かるが、この人は元経産大臣。なのに国民を煽てるだけ。自身が政治家として何をするか? 頑張る国民をどうサポートするか?を伝えるべきではないか? これでは「高みの見物」ー高いところから「日本、頑張れー」と言うだけだ。やはり、この党に危機管理能力はない。


60764999_2681749791899308_369149531398340608_n-8d7ef-51fa7.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

言論弾圧するあのYT社?拡散されたくない動画をこうして止める?! [再掲載]

241823656_6093203847420535_4261776287517856819_n.jpg

言論弾圧するあの会社?拡散されたくない動画を止める方法?!

Y社動画。昨日のものが「収益化ー不可」と表示。かなりヤバイ話だったので予想はしていたが、悔しい。そこでタイトルを変えてアップ。すると「不可」表示が消えた。そのことは昨日の記事で紹介。すでに「不可」になっているもののタイトルも変えてみた。

「山本太郎を攻撃するあの人」=(太田光のことです)。これはかなりの人気動画なのだが、不可なのだ!もしかしたら「攻撃」という言葉がアウトなのかも?と思えて、「暴言を吐く人」にしてみた。ら、「不可」が消えた。「攻撃」という言葉がAIにインプットされており、それを探知すると「不可」にするようだ。

あと見つけたのが「タブーに挑む」、別の言葉に変えたら動画内容は同じだが「不可」サインが消えた。だが「沖縄で見つけた山本太郎の足跡 沖縄戦取材」はどこが問題か分からず、「沖縄戦」を外してみたが「不可」サインは消えない。動画内の何かの言葉にAIが反応したのだろう。

ただ、その言葉が何なのか?分からない。さらに動画の部分的削除は難しい。時間もかかる。なので不可のままにしておいた。この動画は嘉手納基地に面した道の駅で、太郎さんのサイン色紙を見つけたというだけの話。何がアウトか?分からない。太郎ではなく嘉手納基地が問題なのかもしれないが、調べようがない。

なぜ、こんな風に問題ある言葉を指摘せずに「不可」サインをつけるのか? これでは対応できない。が、もし禁止用語をあげたら、言論弾圧として批判を受けるだろう。言葉狩りということなのだから。先に挙げた「タブーに挑む」とか「攻撃」も日常で使う言葉。

特殊な団体が「**(個人名)を攻撃しろ」というタイトルで差別行動をする時に使ったりすれば危険だが、歴史を語るときに「攻撃」という言葉は必要。「タブーに挑む」は原発や基地問題を論じる上で出てくる。まさにタブーに挑んで欲しくないということなのだろう。そんな風にY社は言論統制をしている。

収益金は余計な発言をしなければ小遣いやるよ!という餌なのかもしれない。テレビや新聞の大手マスコミだけではなく、人気動画サイトなどもコントロールして、ヤバイことが世間に伝わらないようにしているのだろう。ある種の人たちに都合の悪い情報が拡散されないように抑え込んでいる。

動画もやってみると、その辺を実感。そのカラクリを動画で暴露したら即バンかな? しばらくは様子を見ながら続けよう。また、面白いことが分かったら記事にする。


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

時代は変わりつつあるのに、古い価値観を振りかざし拒否する日本人? [再掲載]

90556218_3601580806582864_2319445093330714624_o.jpg

時代は変わりつつあるのに、古い価値観を振りかざし拒否する日本人?(大好評なので短縮版をアップ)

最近、多くの日本人が感じているであろうこと。僕もその1人だが、2000年代まで「日本は経済大国」と思い込んでいた。それが映画祭でLAに行った時、留学時代と違い、日本の電化製品がほとんど絶滅していて驚愕した。韓国製品だらけ。時代は変わっていたのだ。

また先にも記事にしたが、帰国してから25年ほど、新宿まで歩いていける街に住んでいた。でも、日本は大きく変わり、都会に住まなくても何ら生活に困らない環境がすでに整っている。それに僕は数年前まで気づかなかった。今は脱都会生活。何ら困ることはない。あるいは会社員ならコロナ禍でzoom会議。そのことで会社に行かなくても仕事ができることに気づいたり。あの満員電車で毎朝の通勤は何だったのか?と思えたり。

つまり、人は同じ生活を繰り返していると、時代が変わったことに気づかない。それどころか、より安く、便利で、クオリティが高いものを生産できるのに、古い方法論に縛られる。それどころか新しいやり方を批判、「邪道だ」と排除しようとさえする。パソコン黎明期にも、オヤジたちは「そんなものがなくても仕事はできる!」と言い張っていたが、メールの送り方も分からず顰蹙だった話をよく聞いた。今はその世代は引退し、仕事でパソコンは当然のものとなっている。

そんなふうに時代の変化というのは人々にも業界にもプラスであったとしても、過去の価値観や習慣に縛られた人たちは拒否し、排除しようとするところがある。時代の変化が大きいほどに、反発も大きい。僕の周りには今も「日本は経済大国」「ただ、不況で苦戦」と思い込んで「日本はまだまだ大丈夫」と高いプライドを持っている奴もいるが、今は韓国の方が時給高いことを知らない。

同じように政府やマスコミは国民のために、仕事をしていないことが明確になってきた。これまではそれを隠し、庶民の味方である芝居をして来たが、時代の変化で、彼らもなりふり構ってられなくなった。同時にネットの普及もあり、事実を多くが知るようになったこともある。「新聞テレビはフェイクだ。誘導されて大変なことになる」と気づいた人は多い。

だが、過去の価値観に縛られた多くの人たちは「テレビが報道するんだから間違いない」「ネットなんて嘘ばかりだ」と思いこんでいる。「政府が国民を犠牲にすることをする訳がない」と思っている人もいるだろう。でも、実は昔から「オレ達だけが儲かればいい。生き残ればいい。国民はどうなっても構わない。ただ、後で責任を追及されないようにしなくては!」というのが政府であり、大企業であり、マスコミなのだ。

そこに気づかない人たちがたくさんいる。これはもう、先に気づいた者が伝え続けるしかない。ただ、現実を知る人たちは昔から「変り者」と思われてしまう。そして彼らは事実、異端者でことが多い。だからこそ気づいたのだが、多くの人は「あいつ変わってるからなあ」「あんな奴の言うことなんてなあ」「陰謀論好きだしね」と思ってしまう。時代に置き去りにされている人たちに、どうすれば現実が伝わるのか? 心が痛くなる。



57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

国民を誘導する手口ー多くがハメられたことに気づかない! [再掲載]

138616864_4895941820480083_5757537015046747057_o.jpg


国民を誘導する手口ー多くがハメられたことに気づかない!

企業が金儲けを考える。政府に条例や宣言を出させる。マスコミがそれを拡散。恐怖を煽る。ビッグテック(FB、Twitter、YouTube等)はそれらのフェイクを見破った意見を抑え込む。誘導にかかった意見を拡散する。こうして三位一体!包囲された国民はもともと考える力が貧しいのでまんまと引っかかり。誘導され、彼らの思うツボにハマる。

企業は大儲け。政治家たちは献金をもらう。庶民が犠牲になり、踏みつけられ、金を巻き上げられる。が、からくりに気づかず、「酷い***なんだったね」「でも、仕方ないよね〜」と諦め、政治家も、企業も、マスコミも恨まれずに終わる。そしてまた次のプロジェクトで、国民は同じ罠にハマる。


m_57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n-55d86.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「朝日のあたる家」英語字幕版予告編。ロングバージョンを公開! [再掲載]



海外にお住まいの方。ぜひ、シェアをお願いします。

ロサンゼルス、アリゾナ、シンガポール、ドイツ、ニュージーランドですでに上映されました。




Contact=レンタル上映のお問い合わせはこちら=>http://www.shibuyapro.net/映画-朝日のあたる家-フィルムレンタルの御案内/
%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202014-10-16%2021.31.17.png
nice!(2)  コメント(0) 

大手新聞の正体? [再掲載]

新聞は正義ではない。

中立公正でもない。

ジャーナリズムでさえない。

事実か?どうか?ではなく、売れる記事を載せる。

或いはスポンサーの広報紙となる。

権力を批判して見せ庶民の味方の振りもする。

それが大手新聞。


m_57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n-55d86.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

服装に騙される日本人。中身や政策を判断する力がないから? [再掲載]

117444450_4195956660478606_7584262177885892346_o.jpg

服装に騙される日本人。中身や政策を判断する力がないから?

政権に問題がある!という話は何年も書き続けてきた。が、コロナ禍で、もう一つの問題を強く感じている。政権がアホなだけでなく、国民もアホなのだということ。先に書いた記事。田舎のおじさんが映画監督に対して「スーツにネクタイでないと信用されない」と言った記事が好評だった。格好だけで判断する人が多く、同じように呆れた思いをした人が多かったのだと思う。

映画監督なんて、よほどの場合でないとスーツなんて着ない。表現者は「縛られたくない!」という思いも強い。もし、スーツ姿で「私は映画監督です」と言って来たら怪しいと思った方がいい。だが、その町ではスーツを着て来た別の映画人には4000万円も出資してしまった。結果は騙されたような形。なんで服装や肩書きだけで?と思ったが、実はそれに左右される日本人は多いことを思い出す。

災害時。政府の会見では歴代総理。皆、作業服を着ている。中にはヘルメットまで被っていた人もいた。最近ではシャベルを持っていた人も! あんたが被災地で作業する訳じゃないでしょう?と思う。そもそも国会内での会見に作業服やヘルメット。シャベルが必要なのか? マットーに考えればおかしい! それが慣習化しているのは、その会見を見た視聴者。つまり国民に評判がいいからだろう。

「総理。やる気あるな!」と頼もしく思う。が、ちょっと考えれば、彼らは官邸で指示するだけ、災害が終わってから視察するだけ。会見でそんな服装をする必要はない。なのに、そう考える人は少数派で、多くが「やる気感じるなあ〜」と思うので、あのパフォーマンスは続いているのだろう。ということは、意味もないのに、服装を変えるだけでいかに多くが支持、信用してしまうか?

スクリーンショット 2020-06-02 10.48.06.png

先のスーツにネクタイと同じ。それだけで信頼。だから映画監督にまで「スーツで来い」という田舎のおじさんがいる。服装ではない。いかにその人が強い思いを持っているか? どんなプランを用意しているのか? そちらが大事だが、それを聞いて判断する力がない。だから、ちゃんとした服装なら、ちゃんとした人だと思ってしまう。スーツにネクタイで来られるとコロッと騙され大金を出してしまう。それが多くの日本人。だから、総理は災害になると作業服で会見するのだろう。



IMG_1219.jpeg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画