SSブログ

困ったちゃんが書き込むコメント。何を考えて書いたのか? [FB問題]

185845115_5480863808654545_7666661290698463466_n.jpg

困ったちゃんが書き込むコメント。何を考えて書いたのか?

こんなのが多いー僕が記事で伝えようとしたことが全く分かっていない反論。的外れな意見。関係のない話。上から目線で皮肉たっぷりの批判。論理性のない思い込み。そんなコメントが来たときは少し考えて、削除か放置か?を決める。そのコメントを読むことで「友達」が嫌な思いをする。他の「友達」が読んで勘違いな論争が始まる可能性がある時は削除。毒にも害にもならない時は放置。「困った人がいるね〜」と思われることで気づけばいい。その種のものには誰も「いいね」を押さない。

上記はまだ罪のない人たちだが、明かに悪意のある。あるいは挑戦的なもの。質問には答えないと言っているのに「返答をもらっていない!」と執拗に迫るような人たちもいた。まあ、その辺はもう即、削除する。それがこの1年。そんな連中がコメントすると、注意をしてくれる「友達」がいる。それも反論とか批判ではなく、注意をしてくれる。

つまり、困ったちゃんは論争がしたくて堪らないタイプが多い。相手を批判して議論に持ち込み。知識をひけらかし、勝利して、自分の実力をアピールしたい!なので「映画監督?偉そうに社会を語りやがって」と批判コメントを書き込んでくることが多い。先にも説明した通り、その種は無視。大きな問題がなければ放置。だが、そうすると、何度も何度も、同じようなコメントをしてくる。「友達」はそんな連中を注意してくれる存在。非常に論理性のある注意してくれるので、多くが白旗をあげたり、無意味な弁明で撃退されるので、とてもありがたい。

もし、僕がコメントに返事をすると、相手の思う壺。あれこれ誹謗中傷して議論に持ち込もうとする。それが第三者から反論ではなく、注意されるとは効果がある。それも困ったちゃんの指摘する話ではなく、その人の論理性のなさ。根拠の薄弱。思いこみの強さ等を指摘。「監督は日頃から質問には答えない。議論はしないと主張しているのに、それを求めるのはどうか?」と言う筋の通った注意をしてくれる。とても、ありがたい。

それを僕が言うと「偉そうに!」「だったら***に答えてみろよ!」とか逆上したコメントがさらに来るのだが、第三者に注意されることで気づくことが多い。酔っ払いの喧嘩も、相手以外の第三者に止められて終わるが、同じ構図だろう。

困ったちゃんの特性は、FBを見るとき、自身と相手の二者の存在しか認識していないことが多い。それを第三者が見ていると言う認識が薄い。時には第三者たちにの前で「こいつを辱めてやるか!」と言う悪意を持つも者もいるが、いずれにしても第三者の介入を予期していないことが多い。思い込みが強いので「この監督。分かってねえなあ、教えてやるか!」と言う思い込みが強いタイプ。

友達が少なく、人や組織から評価されることがない。だから、ネット上で自分の力を誇示したい。名前も顔も出さなくて済む安全地帯から攻撃したいと言う思いが強い。でも、その種の人は、第三者から言われると意外に脆い。自分が愚かな言動をしていることに気づくのだろう。

「友達」が注意すると、コメント自体を削除することある。中にはその人に対して弁明や反論を始める人もいる。だが、その内容はやはり思い込みによるもの。あるいは凝り固まった思想での自己主張のみで、相手の指摘を理解していない。その「友達」も呆れて放置した輩もいる。何を言っても無駄と言う連中もいる。その種の人たちは同じ愚行を繰り返し。何度も返答を求めて来たり、事実無根の主張を繰り返すので、誹謗中傷でなくても結果、友達削除となる。先の「友達」が注意した人はほぼ全員が削除という結末。

ただ、その「友達」も誰でも彼でも注意しているのではなく、何度も気になっていた。いい加減、止めろよ!という見るに見兼ねる段階で注意していると思える。そのくらいだから、僕もすでにマークしている。注意が入るのは一つの目安になる。また、その注意で困ったちゃんが自分の愚行に気づけばそれは一番いいこと。

それにしても、誹謗中傷はなくなったが、相変わらずズレたコメントは多い。文章読解力がないのか?真剣に記事を読んでないのか? 聞きかじったことをあれこれ書き込んでくる人も多いが、そんな情報は求めていない。おまけにそれら情報はニュースソースがない。どこで知ったか?ネットならどのサイトの誰が書いたものなのか? それで初めて意味を持つ。「誰かが言ってたんだけどー」なんて情報とは言わない。出所不明の情報を拡散しても無意味。どこの誰が、いつ、どんなメディアを通して発言したか? 指摘したか?を確認してこそ、それが事実かフェイクかを検証することができる。

デマ、噂、都市伝説であっても検証すると事実であることもある。が、いかにも!というフェイクニュースが圧倒的多数。それを鵜呑みにして「あれは***ですよ!」とかコメントして来ても「あーこの人。リテラシー低いなあ」と思われるだけ。ま、それ以前に僕のFacebookで意見の主張は止めて欲しい。ご自分のアカウントで心ゆくまで語って欲しい。情報は自身で探すので、提供していただかなくても大丈夫。よろしく。


D7nVbYIVUAElq7L.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

的外れなコメントをする人が多い=その背景を探った? [FB問題]

138616864_4895941820480083_5757537015046747057_o.jpg

この数日。長めの記事を続けて上げた。今の時代に切り込むものだ。が、コメント蘭には首を傾げる文章が並ぶ。記事を理解していないのか? 「政府がマスクを強要する背景」を推理し記事にしたのに、その辺の感想や意見は1人だけ。あとは「僕はマスクしません」「**ではマスクしてませんよ」と言う意味不明のコメント。マスクするかどうか?ではなく、その背景を書いたのに?そこに対するコメントは1件だけ。

今日またドラマの感想を上げたが、そこにもトンチンカンなコメント。記事の意味分かってない。例えると「なぜ、バイデン は菅にハンバーガーを出したのか?」と言う記事を書けば、自分なりの意見や推論がコメントされるもの。だが、最近は「私もハンバーガー好きです」みたいのが多い。

僕のFacebook友達は非常にレベルが高く、かなりヤバイ記事でも多くが理解してくれていたのだが、最近どうも、非常にレベルが落ちているように感じる。で、考えた。頓珍漢コメントは記事が長いので読まずに、タイトルだけ見てコメントしているのだろう。だから、「マスク」の話も背景につて触れることができない。マスク!と聞いて「俺はしないよー」とか、そこから連想したことをコメントしてしまう。

しかし、記事を読まずにコメントしてどんな意味があるのか? それとも読むけど内容が把握できず、あの種のコメントになるのか? Twitterもそうだが、短い文章しか読まない人が多い。長文が読めない、理解できない人も多い。だったら長文の記事に無理にコメントする必要もないだろう。

「いいね」を確認すると、いつも鋭い記事を上げている人たちから「超いいね」がきている。が、コメントはない。もしかしたら、的外れなコメントが多いので、書き込んで絡まれたり、質問されたりするのが嫌なのかもしれない。

最近、毎日のようにコメントしてくれる人がいるが、驚くほど的外れ。空回り。年配の方なので、もしかしたら....とも考えるが、50代以上はテレビ世代。昔からニュース見ながら「この政治家ダメだな」「早く辞めろ」「そんな訳ないだろう!」とか独りで突っ込む人がいる。その感覚でコメントしてくるのだろう。僕へのクレームとか、意見ではなく。ぼやき。

しかし、他の友達がそれを読んでも何のプラスにもならない。それを読み、似たようなコメントを書く人も出てくる。そのせいか、本当にこのところのコメント欄は無意味なものが多い。コメント欄自体を削除できるといいのにと思ったり。ただ、彼らこそが今の平均的な日本人なのだ。そんなことからも時代が見えてくる。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

Facebook記事「私は陰謀論なんて信じません!」=この人の背景を推理した?信じているのはマスコミ?! [FB問題]

川内原発.jpg

Facebook記事「私は陰謀論なんて信じません!」=この人の背景を推理した?信じているのはマスコミ?!

続きの文章を読むと、陰謀論を信じる人たちがいかに愚かであり、自分は非常に賢明で常識ある人間であることが綴られている。50代くらい。男性。会社員だと思える。

こんな記事を読むとまた、分析したくなってしまう。その人の他の記事を読んでみた。菅政権に対する批判、コロナ対策の不備への批判。んー確かに常識ある人だ。だが、常識を疑っていないところは、本人の言うのと違い「賢明」ではない。この人を攻撃したい訳ではない。この手の人が今、とても多いので取り上げさせてもらう。

ネトウヨとか、差別主義者。国粋主義者というタイプは分かりやすい。どこか片寄っていて思いこみが激しい。昔から存在する。だが、今回取り上げたタイプは、カテゴリー分けは嫌いだが、その論法で行くとリベラルであり、一番まともな心ある人たちのグループに属するだろう。だが、その層が今一番、誘導されており、間違った方向に進んでいるように思える。

解説しよう。この方。非常に真面目である程度の情報もお持ち。だが、日本の教育とマスコミ洗脳で気づかない内に誘導されている。「私は陰謀論なんて信じません」この言葉の定義から考える。「陰謀論」というのは、世間一般にいう陰謀論と同じ定義。「ある事件の裏側、背景をありもしないことをあれこれ言って、妄想や想像で面白おかしくしたもの。事実ではない」という意味だ。

だから、「私は信じません」と断言。解説を始める。この文章の「陰謀論」は「デマ」と置き換えることができる。どちらも「根拠のない事実ではないもの」であり、同義語だ。置き換えてみよう。「私はデマなんて信じません」同じ意味になるが、ちょっと違和感を感じる。それはデマを信じないのは当たり前のこと。「私はデマを信じます」という人はいない。つまり「陰謀論」を信じる人だっていない。その人たちは「陰謀論」と思っていないから信じるのだ。

原発事故が発生した時。あるジャーナリストが「メルトダウンしている!」と伝えた。それに対して多くが「デマをいうな!」「メルトダウンはしてない!」と批判。その人は何年も先まで「デマ野郎」と言われた。が、今は誰でも知っている。メルトダウンはあったのだ。「メルトダウンしていない」の方がデマだった。だが、その時点では誰も燃料が格納容器の中にあるのか?ないのか?確認できない。にも関わらず、デマと決めつけた。なぜか? パニックになるのを恐れて、その真実を隠したかった。あるいは信じたくなかった。だからデマと決めつけたのだ。

だが、デマではなかった。事実だった。時間の経過と共に真実は明らかになった。つまり、その時点でデマか真実か?を多くの人は判断できないのだ。「メルトダウンしているんじゃないか?」「いやいや、そこまで行かないだろう」意見が分かれるのが普通。そんな時に「これが知れるとヤバイ」と考えたマスコミや政府が使うのが「デマ」。そして「陰謀論」である。

それら言葉はマスコミ等が貼るレッテル。先のFBの人は「陰謀論」と書いているが、彼が判断したことではない。記事をあれこれ読んだが、事件を分析して陰謀論と判断したものはない。「陰謀論は信じません」と自分の固い意思表示のように書かれているが、正確に書くなら「マスコミが陰謀論だと言うものを、私自身で確かめた訳ではないですが、それは陰謀論だと思うので信じません」が正解なのだ。

だが、マスコミが言ったらからと正しい訳ではない。メルトダウンは事実だったにも関わらず、多くのマスコミはデマだと否定。あるいは沈黙。福島から北に避難する人たちが大勢いたが、爆発で放出された放射能も北に吹かれた。が、それを政府もマスコミも発表せず、多くが被曝した。

マスコミや政府は都合の悪いことを黙っていたり、デマや陰謀論として封印しようとするのだ。彼らを信じていてバカを見るのは国民。デマや陰謀論という言葉で都合の悪い現実を隠そうとする。なのに国民が「私は陰謀論を信じません」=「デマを信じません」とわざわざfbで主張するなら、政府やマスコミは大喜びだろう。マスコミが「デマだ。陰謀論だ」と言えば国民は受け入れるのだ。その手の人がとても多い。

大切なのことは自分で考えて、その情報が「デマ」なのか? 「陰謀論」なのか?を判断することだ。政府やマスコミが決めたことを素直に受け入れることではない。「陰謀論なんて信じない」という人の多くはマスコミや政府を信じているということ。自分で考えずに誘導されているということなのだ。ちなみに僕は捻くれ者なのでマスコミが繰り返し「デマ」「陰謀論」というと「そこに真実があるはずだ!」と思ってしまう。そして真相にたどり着くことが多い。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

なぜ、記事内容に即したコメントが少ないのか?=これでは連想ゲーム! [FB問題]

134670171_4843421069065492_9064064376000390211_o.jpg


なぜ、記事内容に即したコメントが少ないのか?=これでは連想ゲーム!

先日、「僕のFB友達は思ったよりレベルが低いと感じている」「コメント欄を見ると、記事も読まずにコメントしているか? 読解力がないので、おかしなことを書くのか? 本当に鋭い人たちはコメントしない」と言う乱暴な記事をアップしたら、コメントが減った。hahaha。ただ、本当に最近のコメント欄は「落書きコーナー」に近かった。

通常、コメントと言うと、その人が書いた記事に対して、賛同、感想、感謝。批判(僕の場合はいらない)を書くのが普通。「私もそう思います」「なるほど、そう言うことですね」「私も同じような経験があります」「こんなことも言えますよね?」と記事内容に沿ってコメントする。が、このところは「バイデン はなぜ菅にハンバーガーを出したのか?」と記事を書くと「私もハンバーガー好きです」とコメントが来る。記事の意図を理解していない。

その理由は先に説明した通りだが、今回はなぜ、そんなコメントするのか? 何の意味があるのか?を考えてみる。思うのは、それらコメントは僕に対するものではない。通常は書いた本人へのメッセーを書くのだが、そうでないことが多い。例えば小池知事のことを書いたら「小池、許せない!」「緑の化物!」とか、僕が指摘する問題ではなく、小池に対する印象、中傷をコメントする。

「大統領官邸でハンバーガー」=>「私も好きです」「シグナルのスペシャルはなぜ面白くないのか?」=>「私も毎週見てました!」感想や意見ではなく、連想したこと、思い出したことを書いているだけ。つまり「考えていない」。記事の中の言葉から連想したことを言葉にしているだけ。そこから思い出した体験を上げる。感想、意見ではなく「連想ゲーム」(若い人は知らないかな?そんな番組が昔あった)なのだ。なぜ、考えて思いを文章にしないのか? 

これ学校のテスト例えると「源氏物語と現代を重ねて、感想を書け」と言う問いに対して「高校時代に読みました」と答えるようなもの。これいつも指摘する学校教育の問題がある。考える力を育てない。答えを覚える教育。自分の言葉で表現せずに、三択。つまり、自分で考えて、自分の言葉で思いを伝える訓練がなされていない。

次にテレビ。先に洗脳装置としての役割を記事にしたが、考える暇を与えずに情報を送り込んでくる。報道番組でも賢そうなキャスターが、分かったようなことを言う。切り取り編集された映像でさらに誘導。決められた答えに導かれる。そんな番組をその昔、多くが何時間も見ていた。学校で「考えず」自宅でもテレビで「考えず」与えられることを受け入れるだけの生活が大学時代まで続く。そんな人たちに「考えて」「自身の言葉で表現しろ」といってもできないのが当然なのだ。

だから、連想した言葉をコメント欄に書き込む。本当は何か、自分の思いを書き込みたい。主張したい。伝えたいと言う思いがあるはず。でも、できない。その現れが意味不明、記事の無関係なコメントがよく来る背景ではないか? なんて書いたら、ますますコメントが減るなあ。いや、その方がいい。コメントするより、あれこれ考えることに意味があるのだから。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

FBのコメント欄に質問してくる人へ。テレビ見るのをやめ、自分で調べる努力をしてほしい=それがあなたのプラスになる! [FB問題]

12363230_941104822630489_7135530922662495235_o.jpg

FBのコメント欄に質問してくる人へ。テレビ見るのをやめ、自分で調べる努力をしてほしい=それがあなたのプラスになる!

プロフィールを見ると明らかに僕より年上。あるいは、もう20歳そこそこではないよね?という男性(女性は少ない)たちが最近よくコメント欄に質問を書き込む。「この監督に訊けば、正解が分かるかも?」と思ってくれるのだろう。嬉しい話と考えることもできるが、会ったこともない人から、プロフィールも詳しく書かれてない人、顔写真も本人でないであろう人たち。なぜ、僕が時間を取り、返事をせねばならないのか?

もし、これが「なるほど!そこは気づかなかった!」と思える質問なら違う対応をする。が、その質問を読んで分かるのは、マスコミ情報しか収集していないということ。深く考えず、一次的な段階で考えるのを諦め、他で調べることもなく質問してくる。Googleで検索もしない。FBの他の記事を読んで、考えた上での質問でないことはすぐに分かる。

会ったこともない僕に質問して、時間や労力を費やして質問に答えるという想像が全くなされていない。申し訳ないとか、自分のためにそこまでしてもらうという感謝が全くない。そして質問内容も、明らかにズレたもの。誰でも少し考えれば分かることばかり。

長年の学校教育で「考える」という訓練がされていない。教えられた答えを記憶するだけ。だから、あれこれ考えずに答えを求める。自分で努力して調べるということをしない。そんな30代。40代。そして年配層がよくいる。

そんな人たちのために時間を割き、キーボードを打ち。答えることはしたくない。答えることはむしろ、彼らにとってマイナス。自分で調べ、考えて、答えを探すことが大切。その種のコメントはこれからも即、削除する。自分の質問が消えていたら、いろんな記事を見て、検索をして、自分なりに答えを探してほしい。それがあなたのプラス体験となるはずだ。



m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

多くは便所の落書きレベル? 鋭い人はコメントして来ない! [FB問題]

ExnCjx3VEAIbmuH.jpeg


本当に残念なことだが、Facebookで論理性を持ってコメントする人は少なく、多くは便所の落書きレベル。自身の不満を政治家にぶつけているだけ。多少、理性的に書いているように見えても、根拠のない思い込みであったり。一読に値するコメントはなかなかない。

ただ、コメント欄ではなく、いろんな人の記事を見るとマスコミ顔負けの情報と分析を伝える人も多い。とても素人とは思えない人がいる。そして彼ら彼女らはほとんど他人のページにコメントしない。あれこれコメントしてくる人たちの多くは、自分で情報を集めず、聞き齧った情報を鵜呑みにして、正確に分析することもなく、論理性を持たない烏合の衆ということなのだろう。

誰かの主張や意見に文句をつける。否定する。でも、的確な反論はできない。議論ではなく、イチャモンつけているだけ。要は欲求不満の解消をするために他人に絡んでいるだけなのだ。そんなケースがほとんど。それらの人たちのコメント。読むだけで疲れる。

しかし、Facebookは承認制ではなく、それらコメントを他の友達も読む。それら根拠のないコメントに対して議論を始める。全く無意味。こちらは精神科の医師、複数に訊いて書いた記事に対しても「あいつは単なる嫌な奴なんだよ! 病気じゃねえよ」と医学的な知識もないであろう人が思い込みだけで批判してくる。憎しみのあまり、客観性を失っている。

そんな人たちと関わっても無意味。血圧が上がるだけ。お願いだから、放っておいて。書きたいことは自分のFacebookで!と思ってしまう。ただ、そんな人たちを見ていて、マスコミが簡単に誘導。政府にコロッと騙される日本人。その構図が実感できるのはメリット。まあ、そもそも、休止していたのに311で記事あげないと!とアップしたら、翌日に「F50」がテレビ放送されて、黙ってられなくなり、間違いを指摘した記事を挙げたら大好評。その流れで今日まで来てしまった。そのことは反省。

ただ、そのことで幾らかの人たちがあの映画のフェイクを知ってくれたのなら意味もあるはず。ただ、そこから派生した総理問題。その実態を理解していない人があまりにも多い。それも掴んだ真相を告げるべきか?と考えたが、理解できない人が多く、特に精神障害の問題はマスコミも蓋をする。多くが知らずにいる。そこに医学の世界では常識である事実であっても、無知な人たちはそれを受け入れることができず、反発してしまう。つまり、多くが理解できる情報は喜び、自分たちの許容範囲からはみだすと、論理性を持たずに拒否するという構図がある。

その辺をマスコミや政府は利用して、多くの人を誘導する。まさにその問題に直面する。聞き齧ったマスコミ情報を信じ切り、自身で裏付けをしない。あれこれ別のメディアから情報を集めない。それが多くの日本人だと思える。現在のコロナ感染で小池百合子知事を批判する声が多い。オリンピック強行に関しても批判ばかり。しかし、小池を選挙で選んだのは都民なのだ。給付金を配ると公約した山本太郎を落としたのも都民だ。それが「金は配らず、自粛しろとは何だ」と怒る商店。あんたは誰に投票したの? そして多くの都民が小池を選んだのだから、あんたにも責任あるのだよ。文句言うなら、あの時に山本太郎応援運動をするべきだったのだ。

ま、でも、Facebookをやることで、そんなことを考えるきっかけにはなる。やはり、それはメリット。ただ、血圧が上がる。何も調べずに思い込みで主張する人とは関わりたくない。こちとら心理カウンセラーではないのだ。できれば再び休止できるようにしたい。が、宣言するとまた、あれこれ質問が来るので、FB友達に気づかれずに休止する方法を考えている。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

FBのコメント欄から見えること。新しい時代を生きる人。旧時代を生きる人。 [FB問題]

118600885_4282235325184072_2035114101494638064_n.jpg

FBのコメント欄から見えること。新しい時代を生きる人。旧時代を生きる人。

先日、コメントについて意見させて頂いた。「**は嫌い」と趣味嗜好を書き込むのを始め問題あるものを指摘。人のFBのコメント欄に書くべきことか?どうか?考えて欲しいとのお願いをした。多くの方がご理解頂いたようで、その後、その種のコメントがほぼなくなった。感謝している。

facebookは「2ちゃんねる」ではない。落書きコーナーでもない。好き勝手なことを書いていいものではない。また、質問コーナーでもない。訊かれた方はあれこれ答えるのに時間も労力もかかる。それを考えず、会ったこともない人にそれを要求する。僕の場合、その手の質問が何十も来た事があり、午前中にはその対応で潰れた時期がある。それからもう質問に答えるのはやめた。

一部の人たちは突き詰めない。facebookとはどういうものか?と考えない。だから、昔からのテレビで番組を見ている感覚だと捉える。出演者が「焼き鳥好きです」との発言に突っ込む「俺は嫌いだな〜」その感覚でFBにコメント。テレビの前で呟くのは自由。でも、それをわざわざコメントする意味は何か? 自分が「焼き鳥嫌い」なことを会ったこともない相手に伝えてどうなるのか?

例えば僕が「石破の本を読んでます」と記事を書く。それを読み「こいつ嫌いなんだよな」と思ったら「俺は絶対に読まない」とコメントする。「読んで欲しい」とは書いていない。これもテレビ感覚。僕の場合なら5000人近い「友達」が読む可能性がある。それを想像しているのか? 「ぜひ、読んで欲しい」と問いかけてもいない。なのに「俺は読まない」と答える。テレビとfacebookの違いを意識していない。

レストランのCMでタレントが笑顔で「来てねー」というのを「俺は絶対に行かねえよ!」と言いたくなる時がある。が、それをfacebookでしている。もっと言えば、子供がレストランの床に寝転がる。自宅とレストランの違いを理解していないから。自宅では許される。が、多くの人がいればやってはいけない。それに近い感覚が「俺は嫌いだ」「私は読まない」というコメントなのだろう。

それらのコメントは読んでいて決して心地良いものではないし、見つければ削除するが、そこからも時代の移り変わりを感じる。人は無意識に過去の価値感に縛られ、時代が変わっても気づかずに、その価値観に従い行動、発言してしまう。コメント欄からも時代に乗れる人。今も旧時代を生きる人。見えてくる。


60764999_2681749791899308_369149531398340608_n-8d7ef-51fa7-7dd60.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

Facebookに無神経なコメント。批判。=多くの人が悩んでいる。 [FB問題]

42748032_2188963914511234_3578087780569317376_n.jpg

Facebookに無神経なコメント。批判。=多くの人が悩んでいる。

「友達申請をくれる方へお願い」という記事を書くと毎回「いいね」がたくさん来る。何で? 単なる「お願い」だ。「批判や反論はいりません」というわがままなお知らせ。というのも一時期、無神経なコメントを書き込んで来る「友達」が多かったからだ。Facebookは2チャンネルではないし。Q& Aでもないのに、あれこれプライベートな質問してくる人がいた。議論を吹っかけてくる人。

イベントのP Rや長文の持論を書き込む人。「そんなことは自分のFacebookで書け!」と怒り爆発。顰蹙覚悟で「禁止条項」を挙げた。「何を偉そうに!」「何様だ」「Facebookは交流のためのツールだろ!」とか批判殺到?と思ったら「友達」数は全く減らず、むしろ増えた。

それからもう8年以上経つが、新しい友達が増えるたびに「お願い」を掲載する。その度に「いいね」多数。多かれ少なかれ同じ悩みを抱える人が多いのだ。僕の過激発言に共感した方々が「いいね」をくれるようだ。ある友人もいう。

「本当におかしな人は即ブロックできる。が、悪意がないのに、あれこれ言ってくる人。親切なのは分かるけどウザい人。的外れなコメントする人。上から目線で説教する人。そんな人たちはブロックしにくい。と言って、余計なことコメントするな!とは言いづらいし、友達削除して逆恨みネットであれこれ悪口を書きまくるの叶わないしなあ」

実際に会って話す時は許されるが、ネットではいけないことがあるのを理解できない人がいる。また「友達承認」されると本物の友達になったと思い込み、タメ口でコメントしてくる人もいる。顔写真はアニメ。プロフィールも空欄。年齢も分からない。そんな人から親しげにコメントされても怖さが先立つ。居酒屋で話すのと、会社で話をするのは違う。それぞれの場でしてはいけない話。してもいい話がある。ネットも同じなのだが、それが分からない人がいる。

そんな姿勢で寄って来られても、日本人は相手を傷つけたくないと対応してしまうことが多い。次第に我慢の限界に来てFacebookをやめてしまう。僕もいい加減うんざりして2度ほど数ヶ月休んだことがある。そこで無神経な態度で来られる前に「反論はいらない。批判もいらない。議論もしない。友達削除します」と宣言した。おかしなコメントは激減。皆、悪気はなく、ついつい勘違いしてあれこれ必要ないことを書き込んでいたのだ。

今でも無神経で攻撃的なコメントは来る。その場合は即、削除させてもらっている。これは会社で仕事をしていると、知らない人が訪ねて来て、殴りかかってくるのと同じ。殴り返さないが、その人には出て行ってもらうのは常識。Facebookでも同じ対応をするべきだ。それでなくても職場や通勤途中でストレスが多い。なぜ、ネットでまで余計な気遣いをする必要があるのか? 注意を伝えた上でも無神経な言動をする人には遠慮はいらない。そんな風に考える。



IMG_2850.jpeg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

何故、人のFacebookに「**は嫌いです」なんて書き込むのか?=趣味嗜好を会ったこともない人に伝える人たち [FB問題]

42559780_2184330188307940_385835659731927040_o.jpg

何故、人のFacebookに「**は嫌いです」なんて書き込むのか?=趣味嗜好を会ったこともない人に伝える人たち

コメント欄。以前のような失礼千万なものはほぼなくなったが(時々ありますが)最近も首を傾げるものを見かける。これはひねくれ者の私の主観であり、一般的にはよくあることかもしれない。が、とても気になる。

「私は**が嫌いです」というコメントしてくる人がいる。橋下やホリエモンのことを記事にすると、よく書き込まれる。彼らを嫌う人は多いだろう。でも、それ以外の政治家や芸能人でもそんな似たようなコメントをする人がいる。

そんなことをコメント蘭に書いて何になるのだろう? これが「嫌いです。何故ならば*****だから、それは首長として相応しい行為とは思えません」と理由を書くのならまだ分かる。が、好き嫌い、好み、趣味嗜好。そんなことを聞かれてもいないのに、書き込んでくる意味が分からない。読んだ人の何かプラスになるのか? 

親しい同士ならまだ「君はあの人が嫌いなんだね」と、その人の嗜好を知る情報ともなり、付き合う上での指針ともなるかもだが、Facebook上の友達にそれを知らせる意味はない。「エビフライ食べました」という写真入りの記事に「洋食は嫌いです」とコメントするのと同じ。「あんたも食べろ」というのではない。そう考えると、無意味であることがよく分かるだろう。

何でそんなことを書き込むのか?考えてみる。橋下と聞き「あーあいつねー、嫌いなんだよなー」と感じる。それを深く考えずに「嫌いだ」と書き込む。その記事を書いた僕がどう思うか? それを読んだ他の読者がどう感じるか?も考えずに書く。テレビを見ていて、嫌なタレントができてた。「こいつ嫌な奴だよなー」と1人でつぶやくことはある。それと同じ。でも、いちいち、他人のFacebookに書き込む必要はない。2チャンネルではないのだ。

僕のFacebookのコメント蘭を見てもらえば、多くは真面目に社会や政治を考えている人が多い。ちょっと破茶滅茶な人もいるが、真剣に考えていることが分かる。そこに「こいつは嫌いだ」と自分の趣味嗜好をコメントすることに意味があるか? 駅の伝言板(最近はないけど)「バカ」「***死ね」「**嫌い」と書くようなもの。要はコメント欄を感情のはけ口に使っているだけなのだ。

ただ、僕も橋下は大きな問題を感じる。が、それを「嫌い」と言っても広がらない。多くに問題点が伝わらない。彼の問題点を挙げて批判してこそ他人の理解が得られる。好き嫌いをいくら叫んでも多くの賛同は得られない。そこを考えることが大事ではないか? 


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

Twitterは操作されている。コロナ対策批判をすると、フォローが増えなくなる? [FB問題]

94134350_3695246807216263_5688368971607179264_n.jpg

Twitterは操作されている。コロナ対策批判をすると、フォローが増えなくなる?

このブログ「朝日のあたる家ー監督日記」記事のアドレスは、Twitterでも発信。多くが読みに来てくれる。先日の「PCR検査抑制の真相」記事は5000件アクセスを超えた。「バカがバカを呼ぶ」も好評。

そのせいか、この数週間で500人くらいがフォローが増えた、間も無く8000人フォローになる。が、急にフォローがピタリと止まった。逆に毎日、数人ずつ減って行く。「いいね」「リツイート」は相変わらず多い。少し増えてもまた減って行く。変だ。僕のツイート内容の多くは「コロナ対策問題」批判や疑問や分析。そんな時に23億円のコロナ情報統制費用のニュースを聞いた。

こちら=>https://lite-ra.com/2020/04/post-5363.html?fbclid=IwAR3DF4hiEtNACjFaFT-ZZnO3bv6uq2dQWbg_gGLpO6ahtHF1LQd549Qr1Iw

かなりの大金を使い。批判を抑え込もうとしている。特にフォロワー数の多い危険人物を押さえておかねば!ということだろう。僕は約8000人。著名人のように何万ものフォロワーはいないが、映画監督業種では多い方だろう。おまけにツイート内容が過激?「こいつはやばいぜよ〜」と目を付けられたのかもしれない。

現在、正確にはフォローが4973人。ここからほとんど増えない。増えてもすぐに減る。この数値がどれだけ減るか?で抑制作戦の動きも見える。しかし、コロナ対策にはよほど批判が強いので僕のような小物まで抑制せなばならんのやろなあ。


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画