So-net無料ブログ作成
2019 ブログトップ
前の10件 | -

「ドキュメンタリー沖縄戦」ナレーションは「ゴジラ」の宝田明さんが担当!12月9日〜10日完成披露上映会@沖縄、入場無料 [2019]

75619078_3236222153118733_5981841432653070336_o.jpg


「ドキュメンタリー沖縄戦」ナレーションは宝田明さんが担当!

12月9日10日に沖縄の那覇で完成披露上映会のある「ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶」のナレーションは宝田明さんが担当している。僕の監督作「明日にかける橋」がご縁で実現した。

宝田さんは子供時代を満州で過ごし。終戦後に命の危険にさらされながら家族と共に日本に戻ってきた。その経験から、あの人生は戦争の悲しみを伝えることをテーマとし、講演会活動等を行なっている。

そのことを聞き、「明日にかける橋」では戦中を生き抜いた建築会社の社長の役を依頼。バブル景気も戦争時も金持ちが儲ける構図は同じ、国民が利用されていることを指摘する役どころを演じてもらった。

そして「沖縄戦」のナレーション。あれこれ考えて、やはり戦時中を知る方にお願いしたいと、「明日にかける橋」のご縁で、大胆にも大御所の宝田さんにお願いしてしまった。

快諾を頂き、都内のスタジオでナレーション録り。戦争を体験した人でなければ出ない説得力。そして名優ならでは言葉で作品は数段レベルアップ。ラストの言葉には映画を見た人たちは涙していた。

そんな宝田明さんがナレーションをする映画「ドキュメンタリー沖縄戦」はいよいよ12月に沖縄で完成披露上映会が行われる。入場無料。豪華パンフレットを全員にプレゼント。ぜひ!

「朝日のあたる家」の太田隆文監督作品
予告編=> https://youtu.be/81I-BLROlxY

12月9日(月)〜10日(火) 沖縄、那覇市、
パレットくもじ(県庁前)市民劇場
9日 ①午後3時〜 ②6時30分〜
10日 午前9時40分〜 入場無料



73320400_3138188356255447_1754527516606857216_n-1.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画監督 太田隆文プロフィール [2019]

73321415_3109912925749657_681684156815507456_n.jpg

太田隆文監督プロフィール

1961年生まれ。「スターウォーズ」のジョージ・ルーカス監督らハリウッド監督の多くが学んだ南カルフォルニア大学(USC)映画科に学ぶ。

「ストロベリーフィールズ」(2005年 佐津川愛美、谷村美月)

「青い青い空」(2010年 波岡一喜、鈴木砂羽、松坂慶子、長門裕之)

「朝日のあたる家」(2013年 並樹史朗、斉藤とも子、いしだ壱成、山本太郎)

「向日葵の丘1983年夏」(常盤貴子 田中美里、藤田朋子、津川雅彦、芳根京子)

「明日にかける橋 1989年の想い出」(鈴木杏、板尾創路、田中美里、藤田朋子、宝田明)

帰国後、大林宣彦監督に師事。地方を舞台にした感動作を作り続け、全ての作品は海外の映画祭で上映。大物俳優や国民的俳優が数多く出演。また、太田作品に出演したのち大ブレイクしたのが谷村美月、芳根京子ら。出演はしていないが、最終候補に残った若手俳優も、その後、NHKの朝ドラ等に出演。新人発見の監督と言われる。

2013年には原発事故を題材にした「朝日のあたる家」を監督。山本太郎が出演したことも話題になった。全国23館で公開。世界6カ国で上映された。最新作は沖縄戦を題材とした初の長編ドキュメンタリー作品。

E99D92E7A9BAE698A0E794BBE8888E_edited-2.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「明日にかける橋 1989年の想い出」DVDはTSUTAYAでレンタル中! [2019]

D6524uyUYAEYjCc.jpg-large.jpeg


太田隆文監督作品。第4弾! 感動の家族物語

1989年にタイムスリップ。みゆき、家族を救え!

出演 鈴木杏、板尾創路、田中美里、越後はる香、藤田朋子、宝田明
監督 太田隆文




監督ブログ=>https://cinematic-arts.blog.so-net.ne.jp

予告編=>https://youtu.be/MacNc2k56wQ

53050749_2506866409387648_171574876799238144_n.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

原発事故を描いた映画「朝日のあたる家」公式HP=>http://www.asahinoataruie.jp [2019]

asahi _edited-1.jpg

原発事故を描いた映画「朝日のあたる家」公式HP

公式HP=>http://www.asahinoataruie.jp



DzE_IftVsAILqoG.jpg家族写真.jpg

1452018_543998542341121_113827280_n.jpg552822_450692858338357_1276888785_n.jpg935285_464899953584314_169024586_n.jpg545979_544442505630058_1227426393_n.jpg58237_486649284742714_1585650533_n.jpg1496891_596660557074919_2003300535_n-5002d.jpg


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

驚きの250円弁当! 何かあるのか?食べてみる。 [2019]

74349811_3137662999641316_1622487770817626112_n.jpg


驚きの250円弁当! 何かあるのか?食べてみる。

食べ物の写真はあの「野菜足りない事件?」以来、極力掲載しないようにしているのだが、これは興味深いのでアップ。写真はサバ弁当。値段に注目。なんと250円!

僕が学生時代(30年ほど前)一番安かったのり弁当でさえ、290円したのに!この時代に250円とは驚き。

めっちゃマズイのか?

何かあるのか?知りたくて買ってみた。そこそこであれば、これから毎日、ランチはこの弁当だ!



okinawaビジュアル.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

太田監督の映画製作日記ーバックナンバーが読めます!三つのブログ [2019]

IMG_2081.jpg


太田監督日記ーバックナンバーのお知らせ

毎日アップしている記事。バックナンバーがブログで読めます。カテゴリー別に分けてあり、検索もできるので便利です。作品ごとになっていて、

●「明日にかける橋」監督日記

企画時からキャスティング、撮影、編集、完成披露試写会、宣伝、全公開、地元公開、そして今週末のアンコール上映まで。その先もお知らせがあるごとに更新します。現在、So-netブログ映画部門で10位。

https://cinematic-arts.blog.so-net.ne.jp

●「朝日のあたる家」監督日記

こちらも企画時から撮影、公開、DVD発売。その後の展開。最近は社会派の記事は全部、こちらにアップ。安倍内閣、トランプ、原発問題、さらには精神病、アッキード事件、ディープステイトの件まで。「朝日」路線の硬派記事を多く掲載。現在、So-netブログ映画部門で16位。

https://cinemacinema.blog.so-net.ne.jp

●「ドキュメンタリー沖縄戦」監督日記

これが最新作。春完成予定のドキュメンタリー映画。沖縄取材、沖縄戦勉強から、編集、この後は試写会、公開まで経過を詳しくレポートします。沖縄問題、戦争のことも綴ります。

https://okinawa2017.blog.so-net.ne.jp

ジャンルを選んでクリックすれば、その記事がズラーと出ます。映画界で仕事したい方。監督になりたい。俳優になりたい。スタッフをやりたい。という人も、現場の様子、作業の流れがよく分かる記事がいっぱい。

映画ファンの方も映画サイトでは伝えない、過酷な現実も掲載しています。もちろん、舞台裏も詳しく書いているので、映画が2倍楽しくなるはず。興味ある方は是非是非、お読みください。



0315_asu_B5_omote_1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶」監督日記、連載中! [2019]

69700968_2984971694910448_5954901151504662528_n.jpg

「ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶」監督日記、連載中!

ここ=>https://okinawa2017.blog.so-net.ne.jp

2019年秋、沖縄にて完成披露試写会を準備中。




nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ドキュメンタリー沖縄戦」はこうしてスタートした?=沖縄試写会までカウントダウン! [2019]

61654713_2708964762511144_8870839184168845312_n.jpg


「ドキュメンタリー沖縄戦」はこうしてスタートした?=沖縄試写会までカウントダウン!

それはある団体からの依頼で始まった。

「沖縄戦を伝えるドキュメンタリーを作りたい。ぜひ、太田監督にお願いしたい」

担当者に会い話を聞く。若いが、なかなか思いのある人だった。彼自身が少し前まで沖縄について何も知らなかったが、友人と共に慰霊の日に沖縄を訪れて衝撃を受けたという。沖縄戦を伝えなければ。それを職場で提案したところゴーサインが出たという。

学校教育では「日本史」を学ぶが太平洋戦争は詳しく教わらない。多くの日本人は沖縄戦をほとんど知らない。そのことを伝える映像を作ることはとても意味ある仕事だ。以前から僕は沖縄に興味があった。ぜひ、やりたい。ただ、製作費はかなり安い。この予算でどこまでできるか?だが、これはやるべき仕事だ。

それとは別に大きな不安があった。

学生時代の話だが、友人の誘いで見に行った原爆を題材にした舞台。戦前、戦中の広島を描き。戦争の悲しみを伝える作品だ。ところが最後に宗教の話が出てきて「だからこそ、***教にすがるべきだ」というような結末。???? 

芝居はその新興宗教の団体が主催。広島原爆は単なる題材であり、その宗教に入信することで苦しみから逃れることが出来たという物語。要は教団のPR。戦争の悲劇を描くことはいい。それを宣伝に使うのはおかしい。特に「わが教団の教えを否定するのは、戦争に賛同すること」というようなおかしな論理の押し付けに呆れ果てた。

同じように、戦争を利用して自社のPRをくっつける映画や舞台を主催する企業や団体がある。そんなことがあるので依頼してきた団体に対しても、もし、理念や教え。会社や団体のPRを作品に持ち込むのならやらない! 宣伝の片棒は担げない。沖縄戦を利用する恥ずべき行為。ただ、純粋に「沖縄戦」を紹介し伝える作品ならば、喜んでやらせてもらうと答えた。担当者はいう。

「今回の企画は政治や思想に囚われない客観的な視点で、戦争の悲劇を描く作品にしたいです」

そう聞いて快諾。長い長い取材が始まった。それが3年前。そして沖縄戦を猛勉強。9回に渡り沖縄取材。この3月に完成したのが「明日にかける橋」につづく僕の6本目の監督作であり、初の長編「ドキュメンタリー沖縄戦」だ。現在、スポンサーが沖縄で完成披露試写会を準備中。12月予定。「多くの人が賛同、協力してくれた作品なので、まず、感謝を込めて沖縄で上映したい」とのこと。

那覇市の大きなホールで盛大に上映するとの話を聞いている。関係者だけでなく、一般の方にも見てもらえるので、是非是非、来て頂きたい。これまでにないドキュメンタリーになっている。乞うご期待。



okinawaビジュアル.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「朝日のあたる家」で原発事故を描いた太田監督の最新作は「ドキュメンタリー沖縄戦」=監督日記 2019年秋、沖縄で完成披露試写会を準備中! [2019]

沖縄戦V.jpg

●「ドキュメンタリー沖縄戦」監督日記

「朝日のがあたる家」で原発事故の悲劇を描いた太田隆文監督の最新作。

m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg

今回はドキュメンタリー映画。2019年秋、沖縄で完成披露試写会を準備中!

50878333_2435526859854937_2037024472195661824_n.jpg

沖縄取材、沖縄戦勉強から、編集、

この後は試写会、公開まで経過を詳しくレポートします。

沖縄問題、戦争のこと

日本が抱える問題。監督が考えるあれこれを綴ります。

こちらで=>https://okinawa2017.blog.so-net.ne.jp

50924374_2437900409617582_4821826982830407680_n.jpg


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

大きな激震が始まりそうな予感。国も世界も変化の時期? [2019]

10891577_761839313890375_1313132478889368584_n.jpg

大きな激震が始まりそうな予感。国も世界も変化の時期?

昨夜、外を歩いていると「涼しい〜」と感じた。いつもなら駅から自宅まで歩くと、シャワーを浴びたように汗まみれで帰宅なのに、サラッとしたまま。いよいよ秋なのだと感じる。体調はかなりよくなかったが、やはり無理をすると(普通の行動をすると)翌日は体調不良になり何もできない。これは暑さのせいもある。このまま秋になってくれれば多少弱ったままでも、行動を開始できる。

何か予定されている訳ではないが、大きな戦いが始まる予感がする。いや、世の中の方が大きく変わろうとしているのかもしれない。昨日の改造内閣の面子を見ていても世も末。腐り切った人たちばかり。千葉県では電気も水道も止まった家が何万世帯もあるのに改造を優先。テレビも改造ばかり報道していた。政府もマスコミも終焉と感じる。

NHK以前に政府をぶっ壊さなければならない事態。それでも国民の多くは「どうせ俺たちには何もできないから」と我慢し続けるのか?10月からの消費税にも「仕方ないしね」と福祉ではなく、大企業の減税分を埋めるために使われるのも知らずに諦めるのだろうか?10%の消費税は1ヶ月分の給料がなくなるのと同じ額なのに。つまり、僕らは10月から1ヶ月ただ働きすることになるのだ。

その大企業は内部留保で物凄い額を溜め込んでいる。その1%を使えば消費税を10%に上げる必要がなくなる。なのに給与にも還元せず。ひたすら貯めんだ額は数兆円。要は政府と企業が組んで庶民から吸い上げた金を国民のために使わず、自分たちで独占しているのだ。これで景気がよくなるわけではない。

このまま行けば消費税アップ後はさらに消費が冷え込み。景気が悪くなる。物が売れなくなり、日本はさらに後進国に成り下がって行く。しかし、落ちるところまで落ちないと「仕方ないよ〜」と言っている人たちは気づかないかもしれない。改造内閣のメンバーを見ても、日本を良くしてくれそうなメンバーはいない。

期待できるのは「れいわ新鮮組」のみ。だが、野党共闘を阻む枝野という奴がいる。自民はほとほと運が強い。国民ではなく自己保身しか考えない奴が野党第一党。アイツさえいなければ先の参議院選で野党共闘が実現し、そこから日本が変わり始めたはず。それを潰したのが彼だ。

しかし、このまま撲滅して行くほど日本人はバカではないはず。トランプもその内にあのバカをクビにするはずだ。それともATMとしてこのまま利用し続けるのか? 何れにしても秋ー年始にかけて大きな変化がありそうな予感。


asahi20_edited-1.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 2019 ブログトップ