SSブログ
2019 ブログトップ
前の10件 | -

今年2019年の出来事ー「ドキュメンタリー沖縄戦」のみで1年終了!それが公開中止。虚しい。 [2019]

81742827_3333385040069110_4481904119765794816_o.jpg

今年2019年の出来事ー「ドキュメンタリー沖縄戦」で1年終了!

1月、「沖縄戦」編集
2月、「沖縄戦」編集
3月、「沖縄戦」編集、完成
4月、過労でダウン
5月、過労でダウン
6月、「明日にかける橋」稚内映画祭上映
7月、過労でダウン
8月、過労でダウン
9月、過労でダウン
10月、沖縄完成披露上映会が決定。宣伝開始
11月、宣伝活動、
12月、沖縄完成披露上映会。

はあ、「沖縄戦」で1年が終わっている....。3年間全力でかかったので春に過労でダウンして、自宅入院状態が何ヶ月も続いた。毎度、医者が「休まないと死ぬよ」いうのだが、そうも行かずと映画が終わると倒れるのだが、3年分の疲労回復には数ヶ月かかる。

ようやく起きられるようになったら、完成披露上映会。何で3月に完成しているのに、9ヶ月もかかるの?っという感じだが、上層部は上映会必要なしとの意向だったが、現場職員の努力で開催できた。が、宣伝活動をしたことのない彼らでは無理。宣伝会社を雇い、僕が中心となり活動した。

映画は評価され、沖縄の方々から「ぜひ、全国で公開して欲しい」との圧倒的な声。デニー知事からも熱い要請。だが、スポンサーはそれを拒絶し、団体内のみで自主上映することを決めた。それでは数百人しか見ることができない。映画館公開をすれば数十万人、その後のテレビ、ケーブル、衛星、ネット、DVD展開も可能なので、数百万人が見ることになる。

それを伝えても映画館公開を拒否し、団体を優先する意味が分からない。何より今回は沖縄の皆さんとの合作というべき作品。なぜ、そこまで沖縄の声を無視するのか?映画スタッフもかなり低い額で全力で頑張った。それは日本中に沖縄戦を伝えたい!という思いがあったから。それもまた無視されている。平和活動をするスポンサーの意図が分からない。「政府への忖度」という関係者もいるが、それが信憑性を持ってしまう。


中止2.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

「ドキュメンタリー沖縄戦の全国映画館公開はしない」とスポンサーから連絡あり!!=理不尽すぎるその内容? [2019]

81230039_3314507918623489_4313414957925400576_o.jpg

「ドキュメンタリー沖縄戦の全国公開はしない」とスポンサーから連絡あり!!=その内容?

沖縄での完成披露上映会は大盛況。2日間3回の上映で千人の観客がご覧になった。まさに賞賛の嵐「映画を作ってくれてありがとう!」「全国で上映してくださいね!」との熱い声を多くの方から頂いた。アンケートの回収率は80%を超え、そのほとんどに「全国公開を! 沖縄の悲しみを伝えてほしい!」と書かれていた。

78966995_3271313712942910_5433317428270465024_o.jpg

さらに上映会の大盛況をデニー知事に報告すると、とても喜んでもらえた。「ぜひ、全国の映画館で上映してほしい。沖縄を伝えてほしい!」との熱い要望も頂いた。それらをスポンサーの担当者が持ち帰り、トップに報告。その結果連絡が届いた。

「全国の映画館では上映しない。今後は団体の関連各所で希望するところが上映をする」

というものだった。意味が分からない。なぜ、沖縄から熱い要望が来ているのに、多くの人が見ることができる映画館公開をしないのか?すでに配給会社や映画館も手を上げ、来月からでも上映できる状態なのに? 確かにスポンサー側の当初の計画では、作品完成後はDVDを関係各所に配り、そこで平和学習の教材として使うというものだった。

が、作品の出来は良く、多くの人が全国の上映を希望している。関係各所で教材として使用しても団体の関係者他、限られた人しか見ることができない。映画館で公開すれば何万、何十万の人が見るし、その後の衛星、ケーブル、テレビ、ネット配信に展開できる。教材にすると、そこで終わりだ。関係者しか見れない。

沖縄の人たちの多大な協力で完成した作品。全国で上映してほしいという熱い希望があるにも関わらず、デニー知事からも要望をもらっているのに外部では上映しないということ。これは沖縄を利用して自社のための教材を作っただけと言われても仕方ない行為だ。なぜ、多くの人が見られる映画館で公開しないのか? 多くの人に見られては困ることでもあるのか? 何のために「沖縄戦」を取り上げたのか?

予告編=> https://youtu.be/81I-BLROlxY



nice!(2)  コメント(1) 

「ドキュメンタリー沖縄戦」公開中止か?の記事について=スポンサー名を伏せる理由? [2019]

78869540_3266346653439616_1048753459458736128_n.jpg

「ドキュメンタリー沖縄戦」公開中止か?の記事について=スポンサー名を伏せる理由?

「沖縄戦」全国公開をしようとしないスポンサー。その名を伏せているのは、絶対に戦争ドキュメンタリーを封印するような行為をしてはいけない団体だからだ。名前が知れれば大きな打撃を受け信頼を失う。その前に事態に気づき全国公開を決めればと願っている。

戦争の悲しさを伝える作品を作ろうと、自らの団体で企画推進、素晴らしい活動をしている。なのに、完成後に封印するのは一部の人がどこかに忖度したからだろう。沖縄で映画の協力をしてくれた皆さんのためにも、早く問題に気づいて頂きたい。裏切るようなことはして欲しくない。

でも、事態が理解できないようなら、実名を上げ様々な形でアプローチするしかなくなる。進行は逐次、Facebook、ブログ、Twitterでお伝えし、民意を彼らに伝えて行きたい。しんゆり映画祭の「主戦場」上映中止問題と同じになってしまった。注目、応援をお願いしたい。


予告編=> https://youtu.be/81I-BLROlxY



nice!(2)  コメント(0) 

「スターウォーズ =スカイウォーカーの夜明け」初日1回目に観た! [2019]

79490875_3300138340060447_5720505475988979712_n.jpg

「スターウォーズ =スカイウォーカーの夜明け」初日1回目に観た!

詳しくは書けない。「えー!」と驚かせられる真実もある。泣けるシーンもある。でも、期待してはいけない。期待しないで観ても、それなりでしかない。その理由はまたいずれ。




nice!(0)  コメント(0) 

「ドキュメンタリー沖縄戦」完成披露上映会@沖縄 終了後にデニー知事訪問。 [2019]

78698425_3271329989607949_5962379922222612480_o.jpg


「ドキュメンタリー沖縄戦」完成披露上映会@沖縄 終了後に知事訪問。

2日間で約1000人が鑑賞。絶賛、絶賛、また絶賛の声。その報告を県庁のデニー知事にお届けした。知事からも感謝「これは全国の映画館で公開し多くの人に見て欲しい」との言葉を頂いた。

79373042_3271330066274608_7732261384271953920_o.jpg

来年の終戦75年に合わせての映画館公開。それをスポンサーに提案している。映画館で上映することが多くの人たちに見てもらえる。日本中で上映することが大事。その辺の説明をスポンサー側に続け、来年度の全国公開を進めたい。これで終わりにしてはいけない。
ここからが始まりなのだ。

78333202_3245059878901627_1537660045007781888_o.jpg
nice!(3)  コメント(0) 

ドキュメンタリー沖縄戦ー完成披露上映会@沖縄。お陰さまで満員御礼の連続。 [2019]

79831928_3265707423503539_6373859500239093760_n.jpg

‪ドキュメンタリー沖縄戦ー完成披露上映会@沖縄。お陰さまで満員御礼の連続。

千人の方がご覧になりました。そして「全国の映画館でこの映画を上映し、沖縄戦を伝えて欲しい」との声を数多く頂きました。何とか全国公開ができるように頑張ります。‬

「ドキュメンタリー沖縄戦」予告編=> https://youtu.be/81I-BLROlxY


safe_image-1.php.jpeg

nice!(0)  コメント(0) 

「ドキュメンタリー沖縄戦」ナレーションは「ゴジラ」の宝田明さんが担当!12月9日〜10日完成披露上映会@沖縄、入場無料 [2019]

75619078_3236222153118733_5981841432653070336_o.jpg


「ドキュメンタリー沖縄戦」ナレーションは宝田明さんが担当!

12月9日10日に沖縄の那覇で完成披露上映会のある「ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶」のナレーションは宝田明さんが担当している。僕の監督作「明日にかける橋」がご縁で実現した。

宝田さんは子供時代を満州で過ごし。終戦後に命の危険にさらされながら家族と共に日本に戻ってきた。その経験から、あの人生は戦争の悲しみを伝えることをテーマとし、講演会活動等を行なっている。

そのことを聞き、「明日にかける橋」では戦中を生き抜いた建築会社の社長の役を依頼。バブル景気も戦争時も金持ちが儲ける構図は同じ、国民が利用されていることを指摘する役どころを演じてもらった。

そして「沖縄戦」のナレーション。あれこれ考えて、やはり戦時中を知る方にお願いしたいと、「明日にかける橋」のご縁で、大胆にも大御所の宝田さんにお願いしてしまった。

快諾を頂き、都内のスタジオでナレーション録り。戦争を体験した人でなければ出ない説得力。そして名優ならでは言葉で作品は数段レベルアップ。ラストの言葉には映画を見た人たちは涙していた。

そんな宝田明さんがナレーションをする映画「ドキュメンタリー沖縄戦」はいよいよ12月に沖縄で完成披露上映会が行われる。入場無料。豪華パンフレットを全員にプレゼント。ぜひ!

「朝日のあたる家」の太田隆文監督作品
予告編=> https://youtu.be/81I-BLROlxY

12月9日(月)〜10日(火) 沖縄、那覇市、
パレットくもじ(県庁前)市民劇場
9日 ①午後3時〜 ②6時30分〜
10日 午前9時40分〜 入場無料



73320400_3138188356255447_1754527516606857216_n-1.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

映画監督 太田隆文プロフィール [2019]

73321415_3109912925749657_681684156815507456_n.jpg

太田隆文監督プロフィール

1961年生まれ。「スターウォーズ」のジョージ・ルーカス監督らハリウッド監督の多くが学んだ南カルフォルニア大学(USC)映画科に学ぶ。

「ストロベリーフィールズ」(2005年 佐津川愛美、谷村美月)

「青い青い空」(2010年 波岡一喜、鈴木砂羽、松坂慶子、長門裕之)

「朝日のあたる家」(2013年 並樹史朗、斉藤とも子、いしだ壱成、山本太郎)

「向日葵の丘1983年夏」(常盤貴子 田中美里、藤田朋子、津川雅彦、芳根京子)

「明日にかける橋 1989年の想い出」(鈴木杏、板尾創路、田中美里、藤田朋子、宝田明)

帰国後、大林宣彦監督に師事。地方を舞台にした感動作を作り続け、全ての作品は海外の映画祭で上映。大物俳優や国民的俳優が数多く出演。また、太田作品に出演したのち大ブレイクしたのが谷村美月、芳根京子ら。出演はしていないが、最終候補に残った若手俳優も、その後、NHKの朝ドラ等に出演。新人発見の監督と言われる。

2013年には原発事故を題材にした「朝日のあたる家」を監督。山本太郎が出演したことも話題になった。全国23館で公開。世界6カ国で上映された。最新作は沖縄戦を題材とした初の長編ドキュメンタリー作品。

E99D92E7A9BAE698A0E794BBE8888E_edited-2.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

驚きの250円弁当! 何かあるのか?食べてみる。 [2019]

74349811_3137662999641316_1622487770817626112_n.jpg


驚きの250円弁当! 何かあるのか?食べてみる。

食べ物の写真はあの「野菜足りない事件?」以来、極力掲載しないようにしているのだが、これは興味深いのでアップ。写真はサバ弁当。値段に注目。なんと250円!

僕が学生時代(30年ほど前)一番安かったのり弁当でさえ、290円したのに!この時代に250円とは驚き。

めっちゃマズイのか?

何かあるのか?知りたくて買ってみた。そこそこであれば、これから毎日、ランチはこの弁当だ!



okinawaビジュアル.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

太田監督の映画製作日記ーバックナンバーが読めます!三つのブログ [2019]

IMG_2081.jpg


太田監督日記ーバックナンバーのお知らせ

毎日アップしている記事。バックナンバーがブログで読めます。カテゴリー別に分けてあり、検索もできるので便利です。作品ごとになっていて、

●「明日にかける橋」監督日記

企画時からキャスティング、撮影、編集、完成披露試写会、宣伝、全公開、地元公開、そして今週末のアンコール上映まで。その先もお知らせがあるごとに更新します。現在、So-netブログ映画部門で10位。

https://cinematic-arts.blog.so-net.ne.jp

●「朝日のあたる家」監督日記

こちらも企画時から撮影、公開、DVD発売。その後の展開。最近は社会派の記事は全部、こちらにアップ。安倍内閣、トランプ、原発問題、さらには精神病、アッキード事件、ディープステイトの件まで。「朝日」路線の硬派記事を多く掲載。現在、So-netブログ映画部門で16位。

https://cinemacinema.blog.so-net.ne.jp

●「ドキュメンタリー沖縄戦」監督日記

これが最新作。春完成予定のドキュメンタリー映画。沖縄取材、沖縄戦勉強から、編集、この後は試写会、公開まで経過を詳しくレポートします。沖縄問題、戦争のことも綴ります。

https://okinawa2017.blog.so-net.ne.jp

ジャンルを選んでクリックすれば、その記事がズラーと出ます。映画界で仕事したい方。監督になりたい。俳優になりたい。スタッフをやりたい。という人も、現場の様子、作業の流れがよく分かる記事がいっぱい。

映画ファンの方も映画サイトでは伝えない、過酷な現実も掲載しています。もちろん、舞台裏も詳しく書いているので、映画が2倍楽しくなるはず。興味ある方は是非是非、お読みください。



0315_asu_B5_omote_1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 2019 ブログトップ