SSブログ
2020 ブログトップ
前の10件 | -

袋井茶と一緒に頂いたパンフレット。女性が時代をリードする? [2020]

100053785_3837634626310813_5140015116648972288_o.jpg

袋井茶と一緒に頂いたパンフレット。女性が時代をリードする?

「明日にかける橋」の実行委員から頂いたお茶。毎日飲んでいる。やはり、他と一味、二味違う。そのお茶と一緒に送ってもらったのが写真のパンフレット。映画完成後に委員会の皆さんは「明日」に出演した宝田明さんを招き講演会をしている。素晴らしい。

故郷映画というのは故郷を全国にアピールするためのもの。「明日」もその1本だ。全国でその手の映画が作られている。が、その多くがせっかく映画を作りながら地元で上映して終わることが多い。それでは何のために作ったのか?分からない。文化祭と同じ。自分たちで作って自分たちで見て終わり。それでは自己満足に過ぎない。

自分たちの街の素晴らしさ。他県の人たちに伝えてこそ故郷映画の意義がある。その意味で「明日」は全国20箇所以上の映画館で公開。ロスアンゼルスや北海道の映画祭でも上映された。ロケ地となった「袋井」「森町」「磐田」という街の名前、風景は全国にアピールされた。映画で街の存在を知った人は多いだろう。だが、委員会の方々はそれで終わらせず、出演者である宝田明さんを招待。地元で講演会まで開催。

宝田さんも撮影でお世話になった街ということで、快く引き受けたはず。地元の方々は「出会い」をしっかりと生かしている。このように映画はいろんな形で展開できるのに、それを活用できる街は少ない。それだけに「明日」の実行委員の皆さん。本当に素晴らしい。何が違うのか?と考えると、中心メンバーの多くが女性であったこと思い出す。なるほど。

ここしばらくも政府対応のあまりの酷さに声をあげたタレントは昨年のローラ。コロナ禍できゃりーぱみゅぱみゅ。そしてKYON2。こちらも皆、女性。多くの賛同の声が上がった。今の時代、やはり女性の方が時代を敏感に察知し、声を上げ、行動できるのかもしれない。どうしても男は組織に入り、与えられたことをするだけのことが多く、自分で考えて行動できない。これからの時代、いろいろ女性から学ばなきゃいけないのだろう。

予告編=>https://youtu.be/MacNc2k56wQ



IMG_3811.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

僕が毎日、Facebookやブログに記事をあげる理由? [2020]

76702447_3195139880560294_3381954091792990208_o.jpg

僕が毎日、Facebookやブログに記事をあげる理由?

このところまた「いいね」をたくさんもらっている。100越えが何度もある。知らない方からのコメントも増えた。多くの方が読んでくれている証。ありがたい。そこで久々に書かしてもらう。以前にこんなコメントを頂いた。

「最近、取材した記事が少ないですよ。サボってるんじゃないですか?しっかり外へ行って取材して記事を書いてください」

はあ? 僕は記者でもジャーナリストでもない。もし、そうならタダで読めるFacebookに記事は書かない。メディアで発表する。何を勘違いしたのだろう? 僕の職業は映画監督。脚本も書く。ここで記事にするのは主に自身の映画のこと。宣伝だ。ただ、常に映画を撮っている訳ではないので、それ以外のことも書く。でも、「これを伝えたい!」とかいうことより、自分なりに考えること、分析したことを文章にしてまとめたものが多い。

1人であれこれ考えると論理性がなくなり、堂々巡りになることが多い。が、文章にして、誰かが読むと思うと論理性や客観性に気をつけて書く。そのことで疑問の結論を見つけることができる。それが一番の目的。もちろん、読んでもらうことは歓迎だ。「へー」と思ったり「そうかあ」と考えたりしてくれればそれで嬉しい。し、そのことで他の人の意見を知り、議論するという意図はない。


意見はいろいろある。誰が正しいか?分からない。だから、どちらが正しいか?ネット上で議論することに意味を感じない。特にFacebook友達の多くは、会ったこともない方々。プロフィールがない。顔写真もない。年齢も分からない。意見を交換するならその辺が分からないと無意味。それに過激なコメントがあると他の「友達」が萎縮する。だから問題あるコメントが続く方は友達から削除させてもらっている。また、顔の分かる長年の友人であれば、わざわざFacebook上で話し合う必要はない。

しかし、あれこれ考えながら書くと気づくことが多い。考えが整理され、論理的な思考ができる。答えが見つかる。芸人の上岡龍太郎さんが言っていた。「弟子を持ついい点は説教をすることで、自分が考えていることが分かる。あれこれ弟子に言葉で説明することで、あ、私はこんなことを考えていたんだ。こんな価値観を持っているんだと認識できる」僕の記事はそれと同じ意味を持つ。

自分の価値観、考え方、志向、想像力、文字にすることではっきりする。Facebookで記事を書けば、自分の方向性や進むべき道も見えてくる。なので、あれこれ意見してもらわなくてもいい。面白がって読んで貰えば幸いだ。


IMG_2850.jpeg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

リモートドラマ「同窓会」大好評。今回は舞台裏を紹介! [2020]



リモートドラマ「同窓会」大好評。今回は舞台裏を紹介!

YouTubeの再生回数も2300回を超え、コメント欄も絶賛の連続。本当にありがたいことだ。さて、今回の作品。どのような経緯で作られたか?メイキング的なお話をしよう。

先にも書いたが、最初は女優の藤田朋子さんが「何かしたい!」「太田さん何か書いて」という連絡が来た。そこで考えた。どうせならドラマがいい。藤田さんを中心に数名がいて、スタジオ等に集まらずに演じられるドラマ。思い出したのがズーム飲み会。ネットを使い実際に会わずに飲み会をするというもの。それをドラマにすれば俳優たちが集合しないで芝居ができる。

ただ、飲み会というのでは面白くない。ドラマらしい展開を考えて、同窓会を思いつく。このコロナ禍の中でも、それなら実現可能。そこで悲しみと、絆と、感動を描けたら?と考えた。1週間ほど「脚本家」モードで缶詰になり(すでに自粛で缶詰だし)書き上げた。藤田さんに送ると喜んでくれて、仲間を集めてやりたい!ということになる。

というのも、このドラマで大事なのは本当に仲のいい俳優が集まるということ。仲の良さが観ている人に伝わる。そこからスタートしないとドラマが成立しない。いくら演じても仲の良さは作り出せるものではない。本当に藤田さんと仲のいい人たちが集まることに意味があった。実際、メンバーは1人を除いて全員が同じ歳。まさに同級生。(残る1人は役の上でも年下)そして全員が藤田さんと親しい。

そのメンバーでリハーサル2回、本番2回。2日に渡ってzoomで挑戦。テレビドラマや舞台とは違う難しさがあったが、出演者は皆、実力派ばかり。難なくこなして見事な作品を作り上げた。それが現在配信中のリモートドラマ「同窓会」である。さてどんな仕上がりか?ぜひ、ご覧頂きたい。



60764999_2681749791899308_369149531398340608_n-8d7ef-51fa7.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

リモートドラマ「同窓会」大好評で2800回再生突破! 元気になれるショートストーリー [2020]



リモートドラマ「同窓会」大好評で2800回再生突破!

藤田朋子さんの発案で俳優たちが集合。制作された短編。
zoomを使い、それぞれが自宅で収録。新しい形のドラマ。

笑って、ぐっと来て、感動して、泣けて、元気の出る物語。
脚本と演出は私、太田が担当。ぜひ、このドラマで
元気になってください。無料で配信中です。



asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

近況。 [2020]

98075548_3788570141217262_1479585125023875072_n.jpg

近況。

新宿、銀座の現状を取材。街を何時間も歩き回ったことで翌日は体調不良。先月まで寝込んでいたので、まだ体力が戻っていないのだろう。血圧はかなり下がって来たが、まだ高め。あまり張り切らずに養生もせねば。

体調が悪いとDVDも見れない。映画を見るのは物凄い集中力が必要。疲労困憊だと何度も中断してしまう。あれこれ見たい映画があるのに悔しい。リモートドラマ制作と「ドキュメンタリー沖縄戦」映画館公開発表で忙しかったので、コロナ情報収拾の時間がなく。「モーニングショー」以外の情報番組は録画したが見ていないものがある。

何で、緊急事態宣言でずっと部屋にいるのに、こんなに忙しいのか? 早くしないと宣言解除になってしまう? でも、まず、体調を良くすることが大事。


60764999_2681749791899308_369149531398340608_n-8d7ef-51fa7.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

リモートドラマ「同窓会」を配信スタート。涙と感動の短編ドラマ [2020]




リモートドラマ「同窓会」を配信。涙と感動の短編ドラマ

コロナ感染で自粛が続く中「ミュージシャンは自宅で演奏し配信している。俳優も何かしたい!」と考えていた藤田朋子さん。

僕の監督作「向日葵の丘 1983年夏」「明日にかける橋 1989年の想い出」に出演してくれた女優さんだ。彼女からそんな連絡。「映画人として僕も何かしたい!」と共感。オリジナル・シナリオを書いた。

藤田さんの俳優仲間からも賛同の声。「私たちも何かしたいと思っていた。ぜひ、参加したい!」と5人が集結。スタジオには集まらず、それぞれが自宅にいて、スマホの前で演技。zoomを使ってネット上で共演。僕が演出を担当。リモート・ドラマを作り上げた。

出演は藤田朋子(渡る世間は鬼ばかり)、矢田政伸(メランコリック)二階堂 智(ラストサムライ)神野美伽(歌手)藤丸 千(ミセス・ノイズィ)の5人。皆、第1線で活躍する実力派ばかり。自粛で部屋に籠る人たちがこのドラマを見て、元気になってくれると嬉しい。涙と感動の同級生物語。

以下のアドレスで無料配信中。

https://youtu.be/W6WVR4OomRQ



asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

Twitter お勧めトレンド2位  #検察庁法改正案に抗議します [2020]

96018235_3748897568517853_9108162730300276736_o.jpg

Twitter お勧めトレンド2位

小泉今日子さんもツイート。なんと「いいね」1万件強。これは何かというと、あの方があの座を降りた後。逮捕される可能性が高い。その時に見逃がしてくれる人を検事総長にしておこうという企み。そのための法改正をコロナ感染の真っ只中でやろうとしている。ということらしい。やらせるか!

#検察庁法改正案に抗議します


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「朝日のあたる家」を監督して以来。いろんな業界の方が応援してくれる。 [2020]

60352931_2678399602234327_8595171067666890752_n.jpg

「朝日のあたる家」を監督して以来。いろんな業界の方が応援してくれる。


映画界だけでなく、マスコミ関係、政治家、医学関係、原発関係と、僕の知らない情報や裏話を教えてくれたりする。もちろん、それら情報を鵜呑みにはせず、テレビ、ネット、新聞等でも確認。フェイクニュースでない裏付けをできる限りしたものに、僕の推理を加えた記事を書いている。

僕の場合。監督業になる前にはライター業をしており、「週刊プレイボーイ」や「cosmopolitan」「PENTHOSE 」等に記事を書かせてもらっていた。事件や人物を追跡し、取材し、インタビューして記事にした。レギュラーで書かせてもらった雑誌のある編集者さんには、本当にお世話になり、いろいろ教わった。学校を卒業してそのまま映画界に飛び込んでいては学べないことを学んだ。

そんな経験があるので「朝日のあたる家」の時は原発取材をかなりしたし、「ドキュメンタリー沖縄戦」のような作品も撮れる。そんな意味でブログと言えども、いい加減なことは書かない。なんで結構、あれこれ調べて書くこと多く、時間がかかる。職業病?とは言え、編集者もいない。校閲もない。あれこれ間違えても確認してくれる人もいない。なかなか、大変ではある。そうそう、何を書こうとしたか?忘れていたが、ある情報通の方から聞いた話を書こうとしたのに話が逸れた。本題はまた別の機会に。



asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

今も言葉が見つからないでいる...。 [2020]

94596052_3701976516543292_2582825832384823296_n.jpg

今も言葉が見つからないでいる...。

著名な方が亡くなると、速攻で「冥福をお祈りします」とtweetする人たちがいる。が、本当に親しい人が亡くなると、ありきたりな言葉で気持ちを伝えたくない。そう思ってしまう。と言っても、未だにその言葉が見つからず、あれこれ想い出を手繰るばかり....。

あれから10日。まだ、何も書けないでいる。15年という年月。あれこれ教わり、応援してくれた人が逝ってしまったことを、どう捉えればいいのか? 今も考え続けている.....。生きること。死ぬこと。伝えること。受け取ること。

想い出をひとつずつ、記憶の本棚から取り出してみる。もらった言葉を何度も思い返しながら、夜空を見上げる。答えはどこにあるのか? 自分の人生をどう生きるべきなのか? ひとつの時代が終わろうとしている中で、最後の宿題を受け取ったのだろう。また、気持ちの整理がついたら書きたい...。尊敬と感謝を込めて、

さびしんぼう.jpg


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

横浜のミニシアタージャック&ベティ。経営危機 応援しよう! [2020]

1379719_533282100079432_1582292810_n.jpg

横浜のミニシアタージャック&ベティ

僕の監督作品「朝日のあたる家」を上映してくれた映画館。

原発事故を描いた映画なので当時、メジャー映画館は全て上映拒否の中、

DSCN6864-174b3.jpg

日本で一番早く手を挙げてくれた。

素敵な支配人さん。

12074814_911673218906983_8706069069340827380_n-6f09c.jpg

「朝日のあたる家」に続く監督作「向日葵の丘」に登場した映画館

ここジャック&ベティがモデル。

一階から階段を上がり2階にスクリーンがある。

津川雅彦さん演じる梶原支配人の名前は、この劇場の支配人さんから頂いた。

その「向日葵の丘」もこちらで公開。「朝日」以降の横浜公開は全てジャック&ベティ。

実は僕が10代の頃に通った映画館でもある。

それが今、コロナ感染で休業に見舞われ廃業危機の状態。

皆さん。応援をお願いします! 以下のHPへ!

http://www.jackandbetty.net/shop/products/detail.php?product_id=3096


asahi20_edited-1-f0023.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - 2020 ブログトップ