SSブログ
my opinion ブログトップ
前の10件 | -

Facebookに無神経なコメント。批判。=多くの人が悩んでいる。 [my opinion]

42748032_2188963914511234_3578087780569317376_n.jpg

Facebookに無神経なコメント。批判。=多くの人が悩んでいる。

「友達申請をくれる方へお願い」という記事を書くと毎回「いいね」がたくさん来る。何で? 単なる「お願い」だ。「批判や反論はいりません」というわがままなお知らせ。というのも一時期、無神経なコメントを書き込んで来る「友達」が多かったからだ。Facebookは2チャンネルではないし。Q& Aでもないのに、あれこれプライベートな質問してくる人がいた。議論を吹っかけてくる人。

イベントのP Rや長文の持論を書き込む人。「そんなことは自分のFacebookで書け!」と怒り爆発。顰蹙覚悟で「禁止条項」を挙げた。「何を偉そうに!」「何様だ」「Facebookは交流のためのツールだろ!」とか批判殺到?と思ったら「友達」数は全く減らず、むしろ増えた。

それからもう8年以上経つが、新しい友達が増えるたびに「お願い」を掲載する。その度に「いいね」多数。多かれ少なかれ同じ悩みを抱える人が多いのだ。僕の過激発言に共感した方々が「いいね」をくれるようだ。ある友人もいう。

「本当におかしな人は即ブロックできる。が、悪意がないのに、あれこれ言ってくる人。親切なのは分かるけどウザい人。的外れなコメントする人。上から目線で説教する人。そんな人たちはブロックしにくい。と言って、余計なことコメントするな!とは言いづらいし、友達削除して逆恨みネットであれこれ悪口を書きまくるの叶わないしなあ」

実際に会って話す時は許されるが、ネットではいけないことがあるのを理解できない人がいる。また「友達承認」されると本物の友達になったと思い込み、タメ口でコメントしてくる人もいる。顔写真はアニメ。プロフィールも空欄。年齢も分からない。そんな人から親しげにコメントされても怖さが先立つ。居酒屋で話すのと、会社で話をするのは違う。それぞれの場でしてはいけない話。してもいい話がある。ネットも同じなのだが、それが分からない人がいる。

そんな姿勢で寄って来られても、日本人は相手を傷つけたくないと対応してしまうことが多い。次第に我慢の限界に来てFacebookをやめてしまう。僕もいい加減うんざりして2度ほど数ヶ月休んだことがある。そこで無神経な態度で来られる前に「反論はいらない。批判もいらない。議論もしない。友達削除します」と宣言した。おかしなコメントは激減。皆、悪気はなく、ついつい勘違いしてあれこれ必要ないことを書き込んでいたのだ。

今でも無神経で攻撃的なコメントは来る。その場合は即、削除させてもらっている。これは会社で仕事をしていると、知らない人が訪ねて来て、殴りかかってくるのと同じ。殴り返さないが、その人には出て行ってもらうのは常識。Facebookでも同じ対応をするべきだ。それでなくても職場や通勤途中でストレスが多い。なぜ、ネットでまで余計な気遣いをする必要があるのか? 注意を伝えた上でも無神経な言動をする人には遠慮はいらない。そんな風に考える。



IMG_2850.jpeg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

政治的発言をする芸能人が支持される時代が始まる [my opinion]

92375998_3670137153060562_3500165112335958016_o.jpg

政治的発言をする芸能人が支持される時代が始まる

KYON2やきゃりーをTwitterで批判していたのは、ファンや中立を演じるネトウヨの攻撃だったこと。ある記事で指摘していた。政権批判をした時に、ウヨウヨ集まって来るネトウヨたち。自分から「ネット右翼です」とは言わない。プロフィールを見ると「右でも左でもない」と書かれている。なぜか?

右翼や左翼。あるいは政権支持と名乗ると批判されても「ああ、なるほどね」と思われる。だから、自分は偏らない一般市民であることをアピール。そんな一般人から批判されることで、相手に「私の言うことはおかしいのかな?」と感じさせる策略なのである。また、芸能人が悲しい思いをする言葉や表現を使う。

「ファンだったのに!」「失望しました!」「もう応援しません!」

いかにも長年のファンだったのに、あんたのツイートで傷ついた嫌になったと言う言い方をして、人気商売である芸能人を不安にさせたり、傷つけたりしたいのである。あと「何も知らないくせに」「芸能人は口出すな」「***さんが政治的発言」と言うパターンもある。要は知名度があり人気のある芸能人が政権批判をすることで、注目を浴び、支持者が増えるのを恐れている人たちがいると言うこと。

それは誰か?答えは簡単。政府だ。だから、24億円も使って対策。ネトウヨを使い芸能人を攻撃する。そのことで嫌な思いをさせる。人気が落ちると思わせる。そしてツイートを削除させ、影響を阻止しようとする。きゃりーがツイートを削除した理由は「私の発言でファンの人たちが争うには悲しい」と言うものだったが、ファンではない。ファンを装ったネトウヨだ。まんまと嵌められツイートを削除させられた。

しかし、KYON2のように攻撃を受けてもツイートを続ける芸能人もいる。実は今回だけでなく、その種の発言を続ける芸能人はいる。ラサール石井さん。宍戸開さん。松尾貴史さん。加藤登紀子さんら。いつも「なるほど!」と言うツイート。だから、ネトウヨの攻撃も多く受ける。ある種の人たちの「芸能人は政治発言をするなら」キャンペーンは粉砕された。これからは声をあげる芸能人が評価され支持される時代になると思えている。


60764999_2681749791899308_369149531398340608_n-8d7ef-51fa7.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

検察定年延長案が見送りー小泉今日子の功績が大きいのでは? [my opinion]

98604840_3802914256449517_8812103874308472832_o.jpg

検察定年延長案が見送りー小泉今日子の功績が大きいのでは?

一番は多くの国民が反対の声をあげたことだ。検察OBが意見書を出したことも大きい。が、そんな中で注目したいのは芸能人である小泉今日子の発言。もちろん今回は多くの芸能人が声を上げているが、トップアイドルで国民的な人気の彼女が政治に対して意見を述べたというの衝撃は大きかった。

もともと芸能人は政治に関する意見を言わない。事務所も言わさない。原発事故前後からはその空気が強くなった。僕が監督した「朝日のあたる家」でも多くの有名俳優から出演拒否された。原発事故の映画に出て干されたらどうしよう?という怖れを感じたからだ。

その後は政権批判をしない。政権を持ち上げ、擁護するタレントや芸人はあの人から寿司をご馳走されたり。声をあげるとネトウヨの攻撃。まるで戦時中に「戦争反対」と言うと「非国民」と周りからも叩かれたように(それでは済まず憲兵が飛んできて豚箱で拷問)現代は「反日」とか意味不明の批判を浴びる(政府=日本ではないので反日という表現自体がおかしい)

そんな中で80年から第一線で活躍したトップアイドルが政権が可決を狙う法案に、真っ向から反対したのだ。それは一般が考える以上に危険極まりない行為。だが、その効果は大きく、そのことで法案の危険性を知った人も多いだろう。思うのだけど、未来から振り返った時に「最初に政治に対して意見を言ったのはアイドルの小泉今日子である」となるのではないか?

今回、小泉が高く評価され支持されたように、これからはアイドルでも、俳優でも、ミュージシャンでも、政治に対する意見をいうのは当たり前になって行くだろう。何も言わない者は信頼されず、問題ある政府を支持するものは「提灯持ち」と思われて人気が下降。そんな時代になって行くように思える。「芸能人は政治発言するな」「ロックに政治を持ち込むな」なんてことを言う人もいるが、有名人に意見されては政府が困ると言うだけのこと。

今後は政治に対して意見を述べる芸能人は信頼、尊敬される存在になって行くだろう。俳優、音楽関係、タレントは、そのためには政治を知らなければならない。でないと意見が言えないと言うこと。彼ら彼女らが勉強し発言することで、ファンの人たちも政治を知る。3S政策も崩れて行くと思える。


60764999_2681749791899308_369149531398340608_n-8d7ef-51fa7.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

コメント欄で否定、反論してくる人たちの心理を探る? [my opinion]

67645069_2872025129538439_3456112208306503680_n.jpg

コメント欄で反論、否定してくる人たちの心理を探る?

緊急事態宣言でも忙しい。あれこれ部屋でやることがある。それでもいつもよりは時間があるので、あれこれFacebookで記事を書く。と、こんなコメントが来ることがある。

「だからと言って***とは限りませませんよ」

「だとしても一概には言えませんよ」

何だか上から目線。慇懃無礼な感じ。反論にもなっていない。どんな意見に対してでも言える表現。「それで?」と言う感じだ。この手のコメントを書き込む人の心理、想像してみた。

まず、完全否定ではない。もし、そうなら、この手の人は「分かってないなあ〜」とか「もう少し勉強してから書きなさいよ」とかいう言い方をしがち。「俺は鋭いんだぜ」と思っており、人を否定することで自己の優越感を持ちたいタイプ。では、「***とは限らない」というコメント。どういう心理で書くのか?

「この監督がいうことも分かる。当たっている部分もある。俺が考えていた説とは違う。でも、俺の説の方が正しいはずだ。けど、反論できない。と言って、この記事を認めたくない。たかが映画監督のくせに、ムカつく。でも、反論をして論破されたら悔しい。そうだ...」

という葛藤があったと想像。だから、

「だからと言って***とは限りませませんよ」

とコメントした。これは「お前のいうことには一理ある」「が、それが正しいとか限らない」「俺は認めないぞ」「自惚れるんじゃないぞ」ということだ。認めないということで自身のプライドを守っているのだ。詰まらない話だ。誰しも自分の説が論破されたら気分が悪い。傷つく。でも、そこで素直に自分の過ちを認めることで視野が広くなる。なのにプライドを守ろうとする。

同じことをやっていたのが、戦時中の日本軍。嘘の戦果を大本営から発表。負けた戦闘を勝ったと伝える。退却したのではない「転進」全滅ではない「玉砕」。死ねというのではなく自決しろ。全てプライドを守り、自らの失敗を認めないだけの言葉のすり替え。先のコメント書き込む人も近い状態にいるように思える。

記事やコメントは勝ち負けではない。会ったこともない同士。バックグランドもあまり分からない。年齢を出していない人。写真がない人。そんな同士が議論して勝った負けたと感じることに意味はない。いちいち反論しなくても「こんな意見もあるんだね〜せいぜい、がんばりや〜」と思うだけで十分ではないだろうか。



60764999_2681749791899308_369149531398340608_n-8d7ef-51fa7.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ジャーナリストは現実を把握しているか? 時には映画や漫画のクリエーターが現実を見抜くこともある [my opinion]

IMG_0284.jpg


ジャーナリストは現実を把握しているか? 時には映画や漫画のクリエーターが現実を見抜くこともある

1990年代前半。僕はアルバイトをしながらシナリオを書いていた。ある企業が隠れて秘密兵器を開発しているという物語。それを知った主人公が事件に巻き込まれるというもの。ま、映画や漫画の世界ではよくタイプの1本。そのストーリーを当時、大手テレビ局報道部で仕事をしていたベテラン記者に話した。

「そんなことはあり得ないよ。企業というのは必ず派閥があり、一方が武器を作れば、もう一方が告発して潰すんだよ」

なるほど、企業とはそういうところなのだろう。もう一人。有名出版社の編集者に見てもらった。

「リアリティがないんだよ。日本では武器の開発は違法。そんなことをすれば必ずバレる。狭い国だからね。いくら映画でも、もっとリアリティある話を作らないと」

両者から全否定された。が、本当にそうだろうか? 日本では密かに秘密兵器を開発したり、武器を持ったり出来ないのか? と思ったが、いろんな現実を見てきた人たちが「あり得ない」というのだから、やはり無理な設定なのではなのか...と考えた。

それから数年後。オウム真理教による地下鉄サリン事件が起きた。それからの報道は映画を超えていた。サリンだけではない。ソ連製のAK。軍用ヘリコプター。ボツリヌス菌。VXガスまで開発。アルマゲドンを計画していた。以前から怪しまれていた団体だが、そこまでとは!映画監督を目指していた僕も驚愕した。

思い出したのは数年前のあれ。「日本で武器を開発するなんてあり得ない」と大手テレビ局報道部の記者や有名出版社の編集者が全否定したことをオウムは実践していたのだ。

そこで感じた。常に現実を追い、隠れた真実を探すジャーナリストたちの想像を絶することが現実にはある。彼らは現実は知っているが想像力をなくしている。むしろ、現実を知らないクリエーターの方が現実を想像し得ることもある。自画自賛ではない。秘密兵器を開発する映画や漫画はたくさんある。僕だけではない。それをマスコミで働く人たちは想像できなかった。なかなか、興味ふかい。



60764999_2681749791899308_369149531398340608_n-8d7ef-51fa7.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

陰謀論を信じる人。信じない人=それは本当に真実なのか? [my opinion]

43172433_2198164496924509_3540851079832928256_n.jpg

陰謀論を信じる人。信じない人=それは本当に真実なのか?


「それは陰謀論だよ〜」

と笑う人がいる。逆に、信ぴょう性のない陰謀論を「あれは事実だ!お前は政府に騙されているんだよ」と信じ込んでしまうタイプ。それぞれに問題はあるが、その心理を見つめてみたい。僕も実は陰謀論が好きで、その手の本や記事はしっかり読む。大抵は2通り。「面白おかしく想像した嘘」「マスコミが報道できない真実」それを検証するのは楽しい。

友人で「それはあり得へんやろ?」という説を信じきっている奴がいる。あれこれ考えても筋が通らない。そんな友人は非常に思い込みが強く、倫理ではなく、小さな部分でハマってしまい、全てを信じ込んでしまう。宗教にハマるのと同じ構図。勘違いとか思い違いなのに「凄い」と感じたことがきっけとなる。

逆にマスコミは絶対に報道できない事実というのも実際にある。が、日本の教育により想像力が育っていない。平和な時代が続いた国で暮らしているので「それでは映画や。現実にはあり得へん」と決めつけてしまうタイプ。だから、NHKで報道しないタイプの事件を聞くと「また、陰謀論か。こんなことで喜ぶ奴の気持ちが分からない」と考えてしまう。

「陰謀論」という言葉には語源がある。英語で「conspiracy」と言い、ケネディ暗殺後にCIAが作った言葉。つまり、オズワルド犯人説以外は「陰謀論」というレッテルを貼り付けて封殺するためだ。その言葉は生き続け、日本でも定着し、特に想像力がない人が隠された事実(嘘か本当か別にして)を否定するために使われている。

ただ、陰謀を信じる人には先の友人のように思い込みが強いことも多くて、第三者がそれを聞くと「えーー?」と思えることが多い。論理の飛躍もある。だから余計に「陰謀論」と思われ、事実だとしても伝わらない。CIAは見事な言葉を作り出したものだ。そして聞く方も想像力のないNHK信者のような人だと、余計に拒否する。

だが、陰謀論は存在する。陰謀論ではない。陰謀。ヤバくて公に出来ないという事件はたくさんある。報道関係者、政界で仕事する人ならそんな件を聞いたり体験したことはあるはず。多くの国民には知らされない。マスコミも触れない。NHKが報じない。だから国民がその事件を知っても「あり得ない。陰謀論だ」と思ってしまう。

よく言われているトンデモ話が真実なこともある。「でも、証拠ないしな」という人がいるが、裁判ではない。話の整合性。他と比較をしていけば、かなりなところまで分かる。ただ、陰謀論好きはどうしても宗教の勧誘のように、強行に自分の説を押し付ける。自説の矛盾に気づかない。だから、嫌がられ信頼をなくし「陰謀論なんてやはりないんだ」と思われる。そこが問題なのだ。



asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

何故、人のFacebookに「**は嫌いです」なんて書き込むのか?=趣味嗜好を会ったこともない人に伝える人たち [my opinion]

42559780_2184330188307940_385835659731927040_o.jpg

何故、人のFacebookに「**は嫌いです」なんて書き込むのか?=趣味嗜好を会ったこともない人に伝える人たち

コメント欄。以前のような失礼千万なものはほぼなくなったが(時々ありますが)最近も首を傾げるものを見かける。これはひねくれ者の私の主観であり、一般的にはよくあることかもしれない。が、とても気になる。

「私は**が嫌いです」というコメントしてくる人がいる。橋下やホリエモンのことを記事にすると、よく書き込まれる。彼らを嫌う人は多いだろう。でも、それ以外の政治家や芸能人でもそんな似たようなコメントをする人がいる。

そんなことをコメント蘭に書いて何になるのだろう? これが「嫌いです。何故ならば*****だから、それは首長として相応しい行為とは思えません」と理由を書くのならまだ分かる。が、好き嫌い、好み、趣味嗜好。そんなことを聞かれてもいないのに、書き込んでくる意味が分からない。読んだ人の何かプラスになるのか? 

親しい同士ならまだ「君はあの人が嫌いなんだね」と、その人の嗜好を知る情報ともなり、付き合う上での指針ともなるかもだが、Facebook上の友達にそれを知らせる意味はない。「エビフライ食べました」という写真入りの記事に「洋食は嫌いです」とコメントするのと同じ。「あんたも食べろ」というのではない。そう考えると、無意味であることがよく分かるだろう。

何でそんなことを書き込むのか?考えてみる。橋下と聞き「あーあいつねー、嫌いなんだよなー」と感じる。それを深く考えずに「嫌いだ」と書き込む。その記事を書いた僕がどう思うか? それを読んだ他の読者がどう感じるか?も考えずに書く。テレビを見ていて、嫌なタレントができてた。「こいつ嫌な奴だよなー」と1人でつぶやくことはある。それと同じ。でも、いちいち、他人のFacebookに書き込む必要はない。2チャンネルではないのだ。

僕のFacebookのコメント蘭を見てもらえば、多くは真面目に社会や政治を考えている人が多い。ちょっと破茶滅茶な人もいるが、真剣に考えていることが分かる。そこに「こいつは嫌いだ」と自分の趣味嗜好をコメントすることに意味があるか? 駅の伝言板(最近はないけど)「バカ」「***死ね」「**嫌い」と書くようなもの。要はコメント欄を感情のはけ口に使っているだけなのだ。

ただ、僕も橋下は大きな問題を感じる。が、それを「嫌い」と言っても広がらない。多くに問題点が伝わらない。彼の問題点を挙げて批判してこそ他人の理解が得られる。好き嫌いをいくら叫んでも多くの賛同は得られない。そこを考えることが大事ではないか? 


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

誘導されダマされた人たちに、真相を伝えるべきか?そっとしておくべきか? [my opinion]

92375998_3670137153060562_3500165112335958016_o.jpg

誘導されたダマされた人たちに、真相を伝えるべきか?そっとしておくべきか?

以前「朝日のあたる家」を応援してくれた反原発の方が映画「新聞記者」を見て感動したという記事を書いていた。その方とは何度かお会いしている。まっすぐで素敵な方であり、原子力ムラに騙されず。反対を続けているのに、なぜ、「新聞記者」には引っかかってしまったか驚く。

何度も書いたが、あの映画は現政権を批判しているように思わせて、何も批判していない。というより現実を反映しないフィクション。昔からよくある「事件記者」ドラマ。それをいかにも禁断の政権批判をしているように見せかける宣伝をした映画。それに乗せられて絶賛する人が多いことが不思議でならない。

そのことを先の方に伝えようか?と考えたこともある。が、連絡しても理解されず「なぜ、あの作品の素晴らしさが分からないのですか!」と反論されたなら寂しい。もし「Fukushima50」なら話は違う。本来、津波用の防波堤を高くする案を潰した吉田所長を英雄のように描くのはアウト。明らかに東電擁護の映画。事実でない部分がいくつもあり、観客を誘導している。

あの映画を見ると「東電も頑張ったのね。彼らも津波の被害者ね」とか思うが、それは事実ではない。が、「新聞記者」が批判するのは現政権。あの映画を見て「やっぱり許せない」と結論付けることに大きな問題はない。ただ、誘導されているし、勘違いさせられている。それはよくないこと。ただ、考えてしまう。

偽物の羽毛ぶとんを買い。気づかず喜んでいる人にあえて偽物と伝えるかどうか?伝えない方がハッピーかもしれない。あれこれ考えてしまう。

「新聞記者」記事=>https://cinemacinema.blog.ss-blog.jp/2020-03-27



asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

Twitterは操作されている。コロナ対策批判をすると、フォローが増えなくなる? [my opinion]

94134350_3695246807216263_5688368971607179264_n.jpg

Twitterは操作されている。コロナ対策批判をすると、フォローが増えなくなる?

このブログ「朝日のあたる家ー監督日記」記事のアドレスは、Twitterでも発信。多くが読みに来てくれる。先日の「PCR検査抑制の真相」記事は5000件アクセスを超えた。「バカがバカを呼ぶ」も好評。

そのせいか、この数週間で500人くらいがフォローが増えた、間も無く8000人フォローになる。が、急にフォローがピタリと止まった。逆に毎日、数人ずつ減って行く。「いいね」「リツイート」は相変わらず多い。少し増えてもまた減って行く。変だ。僕のツイート内容の多くは「コロナ対策問題」批判や疑問や分析。そんな時に23億円のコロナ情報統制費用のニュースを聞いた。

こちら=>https://lite-ra.com/2020/04/post-5363.html?fbclid=IwAR3DF4hiEtNACjFaFT-ZZnO3bv6uq2dQWbg_gGLpO6ahtHF1LQd549Qr1Iw

かなりの大金を使い。批判を抑え込もうとしている。特にフォロワー数の多い危険人物を押さえておかねば!ということだろう。僕は約8000人。著名人のように何万ものフォロワーはいないが、映画監督業種では多い方だろう。おまけにツイート内容が過激?「こいつはやばいぜよ〜」と目を付けられたのかもしれない。

現在、正確にはフォローが4973人。ここからほとんど増えない。増えてもすぐに減る。この数値がどれだけ減るか?で抑制作戦の動きも見える。しかし、コロナ対策にはよほど批判が強いので僕のような小物まで抑制せなばならんのやろなあ。


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

日本は今もアメリカの植民地。しかし、アメリカもまた搾取されている? [my opinion]

51350047_2438132496261040_6746350310035292160_n.jpg

日本は今もアメリカの植民地。しかし、アメリカもまた搾取されている?

「洗脳支配」(苫米地英人・著 ビジネス社刊)この本で指摘していること。日本政府は年間30〜40兆円分のアメリカ国債を購入しているが、それは決して返ってこない。そして多くの日本人はそのことを知らない。それだけの額があれば、不況対策、福祉、福島の支援、コロナ対策。いろんなことができる。なのに、我々日本人が汗水流して働いた金は、アメリカ様を支えるために支払われている。日本は今も植民地だということ。

日本人がどんなに働いても、それなりの生活ができないのはそのせい。しかし、アメリカもまた搾取されている。この本ではそれも指摘している。

「アメリカの税収は日本円に換算しておよそ6000兆円。その中のかなりな部分が、アメリカ政府がFRBに払っている利払い金と言われています。いわばヨーロッパのオーナーたちへの自国の通貨を印刷してもらう印刷代の支払いにアメリカ人が毎年、全員汗水流して働いているという構図です」

つまり、日本人が稼いだ金をアメリカが、そのアメリカが稼いだ金はFRB(アメリなの日銀のような組織)を通じてヨーロッパのある種の人たちが吸い上げている訳だ。知る人は知る話だが、改めて読むとため息が出る。この本には書かれていないが、そのFRBを取り戻そうとしたのがケネディ大統領。だから暗殺された。

そのFRBを所有するヨーロッパの人たちこそ、ロスチャイルド家。彼らに宣戦布告したのがトランプ。だから、アメリカのマスコミが全て敵に回った。それが先日、FRBの新会長がトランプになったとの情報が流れた。ケネディができたなかったことをトランプが成し遂げたのだ。が、その辺の事情は日本でほとんど報道されず。敵側の4大ネットワークが日本のマスコミの情報ソースなので、相変わらずトランプは悪人扱いなのだ。

洗脳の話を書こうとして、外れてしまった。続きはまたいずれ。


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | - my opinion ブログトップ