SSブログ

「タクシードライバー」のトラビスは、あなたのそばにいる?! [my opinion]

132577781_4809458789128387_7673616069518780956_n.jpg

「タクシードライバー」のトラビスは、あなたのそばにいる?!

以前、FBで応援してくれていた若い男性。僕の映画に寄付をしてくれ、試写会にも来てくれた。ネットでもあれこれ応援、映画を高く評価してくれた。それがある時から僕に対する個人的批判を始める。理由がまるで分からない。挙げ足取りのようなコメント。感情的な攻撃。何年にも渡って応援してくれたのに、何があったのだ?

長年支援、応援してくれたので即、友達削除とはできず、理由を聞いてみたが、「別に」と言うような返事。映画への寄付までくれた人が毎日、誹謗中傷コメント。上から目線で嘲るものばかり。読むのも辛く。悲しいが「友達」から削除した。そんな彼、どんな人物だったんだろう?一度だけ見かけたことがある。試写会に来てくれた時に会った。

試写場を受け取った時。簡単な挨拶をした。30代の若い華奢な男性。文学青年といった感じ。彼は何も言わずに会釈だけして会場に入った。終わってからロビーにいた。他の人は皆、感想を伝えに来てくれたが、彼はそのまま帰ってしまった。シャイな人なのだろうと思えた。

そこから考えると、彼は非常に繊細。僕のFB記事に共感。何か応援したいと思うようになり、映画の寄付をくれた。ネットでもあれこれ宣伝してくれた。僕の映画をいち早く見ようと試写会にも来てくれた。が、繊細な彼は僕に話しかけることもなく、帰る。恥ずかしがり屋なのか?話すのが苦手。孤独を愛する文学青年のような感じなのだろう。

それだけに感じる力が強く、いろんなことを感じる。この歪んだ社会に生きていると、色々と辛いこともある。それを人一倍感じるタイプだろう。会社で嫌なことがあったかもしれない。友達も少なく、話を聞いてもらう人もいない。自分の中で苦しさを溜め込んでしまう。イライラが込み上げる。

そんな時、僕のFB記事を見る。相変わらず社会批判、あれこれ意見を発信している。彼は思う。「いい気なもんだ。俺がこんなに辛い目をしているので、相変わらず正義の味方気取りかよ!」さまざまなストレスや抑圧が彼を歪めていた。「偉そうになんだ。あれこれ応援してやったのに、俺のことなんて考えてもいないだろう」こうして批判が始まる。

会社や社会で感じる屈辱や不満を、形を変えて僕にぶつける。いじめられた子供が帰り道で、動物や虫を虐待するのと同じ。しかし、僕には意味が分からない。だが、彼にも自分がなぜ、個人攻撃をするのか?分からなくなっていただろう。意識にあるのは「この監督。許せない。無神経だ」それだけ。

「何かあったのですか?」と聞かれても「別に」と答える。「今更、俺を気遣うようなことを言ってもダメだよ。お前は絶対に許さないからな」歪んでしまった彼はそう思い込む。そして「友達削除」。その後、彼がどうしているか?は知らない。まだ30代。これからどんな人生を送るのか?でも、僕には何もできない。そして、似たような心病んだ人は少なくない。

そこまで考えて気づいた。「タクシードライバー」のトラビスに似ている。孤独。友達がいない。ナイーブ。内に秘めたものを持つ。あるきっかけで議員候補に期待。ボランティアまでしようとする。が、その候補者のスタッフである女性(ベッツィ=シビル・シェパード)に振られると、候補者に怒りを向けて暗殺まで考える。

同じことは「れいわ新選組」でも聞く。太郎さん。素晴らしい」と支持していた人たち。やがて誹謗中傷、個人的な攻撃を始める。「太郎は間違っている!分かってない!」と声を上げる。

が、先の彼と同じように別のことで失望し、怒りを向けているだけではないか? もちろん、一部の人だが、同じような構図。意外に多いかもしれない。そんなことを考えている。


333988686_1159719391404871_2750625018969850896_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。