SSブログ
マスコミ問題 ブログトップ

マスコミはいつの時代も真実を伝えない=金儲け優先。権力者には逆らわない? [マスコミ問題]

195384578_5564415380299387_5060944664574057295_n.jpg

マスコミはいつの時代も真実を伝えない=金儲け優先。権力者には逆らわない?

この本は大手新聞が戦時中、いかにして真実の報道をやめて軍に迎合し、大本営発表に追づいするようになったか?を検証している。軍に都合のいいニュースを、嘘を、今でいうフェイクニュースを連日、国民に伝えた当時の新聞。朝日新聞、毎日新聞の変節。何か、ここしばらくのマスコミと通じるところがあり、興味深い。

昨年辺りからマスコミはフェイクニュースで国民誘導をすることが使命のように、嘘やデマを垂れ流している。もちろん、以前からその向きはあったが、ここしばらくは戦中を思わせる酷さ。特に昨年の大統領選、567感染のあたりは報道ではなく、完全な誘導になってしまった。その意味で戦時中を見つめることで、今が見えてくると思えた。

戦前に一番売れていたのは毎日新聞。今や、いつ消えるのか?と言われる毎日が一番のメジャー紙だった。ついで朝日新聞。その朝日が発行部数を伸ばし、毎日を抜くことになるのだが、そのきっかけは戦争報道だった。戦争を報道すると売れる。国民は「どうなるんだろう?」「アメリカ参戦するのかな?」「満洲はどうなっている?」「俺も戦争に行くのかな?」とか不安になるので、状況を知りたくて新聞を読む。テレビのない時代。ラジオはあったが新聞はとても大事な情報源だった。

不安があるから知ろうとするーだから新聞が売れる。なので、戦争の記事を増やす。これ、現在のテレビ状況と同じ。567が不安!感染するかも?どうなっているんだろう?知りたい。だから、報道番組を見る。視聴率が上がる。もっと視聴率を取りたい。だから、番組は恐怖を煽る。ある有名な朝の番組のPが言っていたが、「不安を煽れば視聴率が取れる。だから567ネタを毎日放送する」真面目で誠実そうなキャスターや政府を忖度することなく物言う社員コメンテーターを見ていると、真剣そのものだが、実は番組としてはそれが本音なのだ。

そのことを裏付けるように、戦時中の朝日新聞(先の番組と同じグループ!)も、戦争を記事にすると売れる。と言うことで連日、戦争を扱い、毎日新聞を追い抜く。戦争情報が必要だ。そのために軍と接触する。そうなると軍に批判的な記事が書けなくなる。批判すると情報をくれない。結果、軍の言いなりとなり、嘘も、フェイクも、軍の言う通りに記事して、所謂、大本営発表になって行く。負け続きの戦況を「連戦連勝」と報じるようになった、それが背景なのだ。さらに、世論も戦争推進に向いていた。賢明な記者たちには戦争反対の者もいたが、世論に逆らうと発行部数が下がる。批判を受ける。強硬な団体から抗議が来て、脅迫される。それらも考慮して朝日新聞は「戦争推進」「軍のいいなりの報道」路線を選んだという。

昨年からのテレビ、新聞のおかしな報道も、同じように大きな力(この場合は世論ではなく、政府や大企業。巨大権力)の指示でフェイクニュースを流したと思える。戦時中も現代も、マスコミには「真の報道」と言う思いはなく、売り上げ、権力者のいいなり。それが報道機関であることが分かる。この本、読み進めたらまた記事で紹介する。


D7nVbYIVUAElq7L.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

この本を読んでいる。マスコミは真実を報道しない。危険を煽ると新聞は売れる!テレビも同じ? [マスコミ問題]

195384578_5564415380299387_5060944664574057295_n.jpg

この本を読んでいる。マスコミは真実を報道しない。危険を煽ると新聞は売れる!テレビも同じ?

まず、分かったこと。戦前は毎日新聞が一番売れていて、続いて朝日。この2つが2大メジャー新聞。戦争になり、朝日が売れ出し毎日を抜く。理由は戦争をバンバン報道したから。読者は戦争を知りたい。戦争を報道すると新聞は売れる。これは現代にも通じる。コロコロ感染を報じると視聴率が取れる。

だから、情報番組はコロを毎日特集する。「モー」が代表。その関係者の言葉思い出す。「危険を煽るほどに視聴率は取れる」戦中の朝日新聞も同様。こうして「朝日」は軍に迎合。大本営発表はタレ流して行く。そういえば「モー」も同じグループだったけ? 今のマスコミも同様なのか?


D7nVbYIVUAElq7L.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

なんて無神経で想像力のない見出しなんだ!=ほっとしてられない現実を伝えろ! [マスコミ問題]

20160601_1688892.jpg

なんて無神経で想像力のない見出しなんだ!

これ=> <映画館への休業要請緩和にユーロスペース支配人「ほっとしました」>

「ほっとしました」という見出し。これは支配人の本音なので、嘘は書いていない。しかし、この見出しを見れば「あーよかった。映画館営業再開だね!」と多くが思う。それは違うのではないか? 多くの映画館は正月、夏休みに次ぐ書き入れ時のGWを自粛させられたのだ。その間の収入はない。それでも土地代。建物内のレンタル料。人件費は出て行く。完全な赤字だ。

それも同じ時期に演劇公演は行われていた。昨年、感染を出して問題になったのは演劇だ。対して映画館は感染ゼロ。なのに休業させられた。全く無意味な自粛。それでいて、新聞がこんな「ほっとしました」という見出しを出せば、「あーよかった。これでもう安心だね」と読者は思うのではないか?何と無神経な見出しをつけたものだ。

支配人としてもほっとした一面。大きな収入を失い。赤字を抱えてかなり苦悩しているはず。それこそを見出しに持ってくるべきだろう。想像力のない。無神経な見出し。何?スポーツ報知。なるほど放置した見出しにした訳だな。最悪だ。

元〜>https://hochi.news/articles/20210529-OHT1T51107.html?fbclid=IwAR1T0iaCw85jBvEhyIn8l1TouOfhZTCSP5aWdczG0M9uPlYTTvQ67NdMe_4

記事より

緊急事態宣言の延長に伴い、東京都がこれまで独自策として休業要請していた映画館に対する措置を緩和することを受け、29日、制限緩和を求め活動してきた映画館関係者からは安堵(あんど)の声が漏れた。

 新型コロナ禍で映画館を救おうと活動してきた「SAVE the CINEMA」のメンバー西原孝至さんは「活動が実って6月1日から時短営業になることは率直にまず、よかったなと思います」と話す。

一方、「休業要請に関し、最後まで納得できる説明はいただけなかった」といい、「今も協力金などありますが、ミニシアターにとっても大手のシネコンにとってもとても一日の営業が失われた分をまかなえる協力金の額ではない」と引き続き国や都に訴えていくつもりだ。

 渋谷区にあるミニシアター「ユーロスペース」の北條誠人支配人は「ほっとしました。うれしいです」と率直な思いを明かす。「私たちだけの訴えではたぶん緩和されなかった。ハッシュタグなどを使い、ツイッターデモなどを行った皆さんの声が東京都に届いたんだと思います」。

 また、今回の休業は床面積1000平方メートル超の大型映画館への要請だったが、ミニシアターも共に緩和を訴える活動をしてきた。そのことについては、「手応えがあった。こんなことは初めてのことですから。コロナによって新しい結びつきが出来てきたかな」と希望も感じている。

 休業要請の緩和にむけ、大手シネコンとミニシアターの関係者が合同で都庁を訪れ、都民ファーストの会の都議へ訴えるなどの活動も行った。「今まではミニシアターはミニシアター。シネコンはシネコンのすみ分けで、それぞれの活動をやってきた。でも今回は一緒になってできた。(業界の)流れが変わったと思う」という。

 今後については、「やっと一歩踏み出せた感じがします。このまま前に前に少しずつ、進んで生きられればいいですし。そのためには今まで同様、それ以上に感染防止のための努力はしなければいけないと思います」と新型コロナ禍でも安全な映画館を守るため、感染防止対策を徹底していく。

 今月12日の宣言延長の際、都は劇場については休業から時短要請に切り替えたが、映画館については休業要請を維持。この決定について、全国興行生活衛生同業組合連合会(全興連)や日本映画製作者連盟(映連)が声明文を出すなど、波紋が広がっていた。

 6月1日からの宣言延長を受け、都は映画館に対し、午後9時までの時短と観客の人数を上限5000人かつ収容率50%以内に制限する要請へ対応を緩和した。


D7nVbYIVUAElq7L.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

全ての諸悪はテレビ。映画館ではなくテレビを止めろ! [マスコミ問題]

172204944_5323327494408178_4372747248284548000_n.jpg

全ての諸悪はテレビ。映画館ではなくテレビを止めろ!

誰も歩いていない広い通りで、マスクを外して歩いていた。正面から70代と思われるオヤジが自転車でやってくる。すれ違いざまに吐き捨てるようにこう言った。「マスク外すんじゃねえ!」そんな記事を書くと、多くの人から「俺も言われあことある」「先週2度も言われた」「何様のつもりか!」という共感のコメントをたくさん頂いた。

オヤジの心理状態を考える。70代ということは毎日テレビを見ている世代。報道を鵜呑みにしがち。そもそもマスクではウイルスは防げない。自身の飛沫を抑えるだけ。なので広い通りで喋ることもなく1人で歩いても迷惑をかけていない。にも関わらずオヤジは「マスク外すな!」と命令口調で注意。彼は、マスクで感染は防げないという科学的な知識はなく、テレビから得た情報を鵜呑み、さらに「感染」「怖い!」「マスクしろ」と単純化して把握してしまったのだろう。

その後、久々にテレビの報道番組を見たら、背景が分かった。女性レポーターが歌舞伎町にの飲食店街に行き「マスクをしてない人は何人いるでしょうか?」と視聴者に問いかけて人数を数え出した。さらに、マスクしない人を見つけるとインタビュー「なぜ、マスクしないのですか?」と問い出す。まるで見せしめ。「この非常事態にマスクをせぬとは!この非国民め!」という感じ。そして番組中にマスクの意味は説明しない。感染予防にならないことも伝えない。こんな番組を見ていているので、あのオヤジは「テレビも言ってんだろ!」と注意したのだろう。

ここから分かること。マスコミは正確な情報を伝えない。ある種の誘導もする(これは以前に記事にしたので省略)もう一つはテレビを見ている層はこのように誘導され、平気で他人に強制するということ。戦時中も戦争に疑問を持つだけで「非国民!」と多くが批判し、バッシングや嫌がらせを受けた。マスク騒動ももはや同じレベル。現代でも人と違うことをいう。政府発表を疑う、批判すると、あれこれ言ってくる人たちがいる。

小池都知事が言えば、皆、マスクをし、自粛をする。この1年、感染例なしの映画館が、また小池の指示で休業させられている。そのくせ演劇公演はOKという。意味不明。ようやく、その辺に抵抗する人たちが出てきたが、なぜ、日本人は国や都、マスコミがいうと大人しく従うのか? そこで働く人たちに問題があることは重々承知しているのに、今も信じ従うのはなぜだろう?

その小池を昨年の選挙で選んだのは都民自身。山本太郎も宇都宮健児も立候補したのに小池を選んだ。その1番の理由はテレビによく出ていたからだ。それを利用して小池は候補者同士の討論番組の出演を抑え、自分だけが毎日、テレビで顔を売る戦略に出た。そして都民はまんまと引っ掛かった。山本太郎は15兆円規模の底上げをすると公約(総務省とも相談。実施可能だと確認)その彼を支持せず都民は小池を選んだ。

その意味では都民は自業自得とも言える。総括すると、テレビに出ている小池を選び、テレビが「マスクしろ」というからする。無意味なマスクを他人にも強制。めっちゃ愚か。日本人は本当に追い詰められて大きな犠牲を出さないと、自分たちが誘導され踏みつけられていることに気づかないのか? だから、その前にテレビを止めよう。先の流れを見ればテレビがなければ、小池も当選しないし、無意味なマスク強要もなくなる。映画館ではなく、テレビを止めろ!


D7nVbYIVUAElq7L.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

フェイクで国民を誘導して、大金を稼ぐ会社。知ってるかな? [マスコミ問題]

20141028173103.jpg

フェイクで国民を誘導して、大金を稼ぐ会社。知ってるかな?

Facebookを見ていると、いろんな人がいろんな意見を書いている。ころな、枠てん、菅政権、寅事件、原発問題。多くが批判。それは大切。政府や企業の都合で世の中を動かしてもらっては困る。いつも踏みつけられるのは庶民だ。しかし、「原発反対」とか「自粛するなら金を出せ」と言う声はその通り。だが、この1、2年に起きていることはそう単純なことばかりではない。

そのために勘違い、誘導、印象操作されて、政府や企業が望むことを意見している人。まんまと乗せられている人たちも多い。金持ちたちがよく使う手は「子供」「女性」「マイノリティ」が虐げられている、危険に晒されていることを、当人に語らせること。それで多くが引っかかる。可哀想な子たちが、女性が、人々が嘘を言う訳はない。応援せねば!と思ってしまう。

湾岸戦争時、クエートの少女ナイラによる証言で、イラク軍の蛮行が暴露されアメリカの世論が変わり戦争に突入した。あの件を仕組んだのは広告代理店。彼女はクエート生まれではなく、クエートに行ったこともなく、アメリカのクエート大使館、職員のアメリカ生まれの娘だった。

その後、彼女の消息は分からない。世論誘導のために雇われたのだ。このイベントの費用が15億円。その代理店に払われている。しかし、15億の費用で戦争ができて、軍需産業が大儲け。その後、イラクをアメリカの支配下に置く(その後のイラク戦争により)アメリカの企業が参入。そこで上げる利益に比べれば安いものなのだ。

現在、その代理店はWHOと契約している。何か、同じようなありもしないことを演出して、多くの人を怖がらせ世論を誘導することで、誰かが大儲けするプロジェクトを進めているかもしれない。何だか、思い当たるよね?

m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
マスコミ問題 ブログトップ