SSブログ

昨年大ヒットした「ドキュメンタリー沖縄戦」 横浜、大阪、沖縄でリバイバル公開! [沖縄戦]

116374419_4134027453338194_3107080710832610074_o.jpg



昔は人気の映画が数年後に映画館で再公開(リバイバル)ということがよくあった。「ウエストサイド物語」「ベンハー」「2001年宇宙の旅」等はそのお陰で映画館で見ている。が、最近はDVDというのが出る。ネトフリもある。そんなことで一度、上映を終えた映画が再び映画館で公開されるなんてことがまずない。にも関わらず、昨年、全国28館もの映画館で公開された「ドキュメンタリー沖縄戦」が現時点で3館も再公開するというのは普通ではない。

1館だけで再上映はたまにある。1日だけの上映もある。が、1週間以上、興業として映画館で上映されるのは最近は類のない出来事だ。これは監督である僕が「上映してよ〜」と言ってもダメ。配給会社が動き、映画館が賛同しなければ実現しない。担当者は言う

「この映画は残念ながら未だにDVDが発売できません。でも、見たいと言う声が数多くあります。昨年大ヒットしたことで知名度が上がり、私も見たい。見たいが見逃したと言う声をいくつも聞きました。今年は沖縄復帰49年。来年は50年。ぜひ、多くの人に見てもらうべき作品と思っています」

本当にその通り。現在のコロナ禍。政府がやっていることは沖縄戦と同じ。県民を踏みつけることばかりだ。75年前の現実を見つめることで、今の時代が見えてくる。横浜、大阪、沖縄で公開決定。東京、北海道も交渉中。ぜひ、ご覧いただきたい。

横浜シネマリン(神奈川) 6/19(土)〜6/25(金)
第七藝術劇場(大阪) 6/19(土)〜25(金)
沖縄市民小劇場あしびなー 6/28(月)~29日(火)


予告編=>https://youtu.be/PSTPwvC94ao


144698748_4971400386267559_9205383203717573495_n.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

昨年の大ヒットに応えて、映画館でリバイバル公開決定! 「ドキュメンタリー沖縄戦」 [沖縄戦]

185425141_5486325674775025_3259401290827555511_n.jpg

【昨年の大ヒットに応えて、映画館でリバイバル公開決定!】

#ドキュメンタリー沖縄戦 ですが今年も上映いたします。

戦後76年改めて #沖縄戦 を見つめるきっかけにしてもらえれば幸いです。

#横浜シネマリン(神奈川) 6/19(土)〜6/25(金) ※初日舞台挨拶を予定
#第七藝術劇場(大阪) 6/19(土)〜25(金)
#沖縄市民小劇場あしびなー 6/28(月)~29日(火)


予告編=>https://youtu.be/PSTPwvC94ao



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

毎晩、赤ワイン。飲んでます。高血圧にも有効。 [原発問題]

192178321_5577235752350683_1212190805967462134_n.jpg


毎晩、赤ワイン。飲んでます。

高血圧にも有効。


D7nVbYIVUAElq7L.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

アジフライ。なぜか?好き。 [2021]


193464207_5577511368989788_6193536072324834099_n.jpg


アジフライ。なぜか?好き。








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

なぜ、世界の大手マスコミは「567=生物兵器説」を突然、主張し始めたのか? [コロナウイルス]

89961421_3567547866652825_4859062506745757696_n-40746.jpg

なぜ、世界の大手マスコミは「567=生物兵器説」を突然、主張し始めたのか?

ここに来てワシントンポスト 等、世界の主要メディアが567生物兵器説を主張し始めた。と言っても日本のメディアは相変わらずだし、何がどうなっているの?と思う人もいるだろう。説明する。昨年より拡散が広がった567。当初「中国。武漢の細菌研究所から漏れたウイルスが感染源」という指摘が出た。寅さんも近い発言をしている。が、すぐに「陰謀論だ〜」と多くのメディアが否定。科学者たちは「コウモリからの自然発生」を主張。ほとんど全てのメディアがそれ支持。生物兵器説は根拠のない陰謀論だと決めつけた。

そのことで「寅の発言は嘘ばかり」「中国差別」という批判にもつながった。それが今年になり、この1週間くらいでワシントンポストを始めとする世界の大手メディア(日本は含まれない)は、陰謀論説を否定。訂正。武漢研究所で作られた生物兵器ではないか?説を主張し始めた。興味深いのはそれを当時から訴えていた科学者もいたが、学会、医学誌、マスコミ、いずれにも拒否されて、その説を発表できなかった。それがここに来て、多くのマスコミが彼の意見を報道。ただ、それは1年前に彼が言ったことと同じものだ。

付け加えると、大統領補佐官でもあった医学者ファウチ博士は567の研究をアメリカでしていたが、それに多額の補助金をつけて研究を依頼したのが、武漢の細菌研究所だ。これは事実。その武漢から感染が始まったのなら、研究所から漏洩の可能性を疑うのが筋。にも関わらず、多くのマスコミが「陰謀論だ〜」と完全否定。そのことから考えても、やはり生物兵器であったことを実感してしまう。開発していた勢力が巨大な圧力をマスコミにかけて、陰謀論として事実を隠そうとしたのだろう。生物兵器の研究はジュネーブ条約で禁止。戦争でも使えない。それを研究していたとなると大変なことになる。当然、隠そうとするだろう。

さらに武漢の研究所は感染騒動があった後、政府によって爆破されたという情報もある。証拠隠滅以外の何物でもない。もし、自然発生であれば残しておき、無実を証明すればいい。爆破したということは無実を証明するより、有罪であることを隠したいということだ。桜を見る会事件の安倍と同じ。違法行為をしてないなら招待リストを見せればいい、破棄したと言うのが違法がバレるから。同じ構図だ。また、素人でも生物兵器説を思いつくのに、世界のマスコミが否定。当然、日本のマスコミは「生物兵器説」自体を紹介したことがない。そんな状態が1年も続いたのに、ここに来て隠滅グループのはずの大手マスコミが「生物兵器説」「武漢研究所から漏洩」説を主張し始めたのはなぜか? ただ、相変わらず日本は外電ですら、その報道を紹介しない。世界で知らないのは日本人だけ?毎回のパターンだ。

https://jp.wsj.com/articles/the-virus-lab-theorys-new-credibility-11622097256?reflink=desktopwebshare_facebook&fbclid=IwAR3XSl9XcoSfh1TNDlX-FwExACx_FevbDqQG9_PqRHzJtsB1jqv1qg3q4bs

今、多くの海外のメディアは陰謀論を取り下げ、生物兵器である可能性を強く指摘している。

記事よりー「米紙ワシントンポストは、その契機になった出来事として、2020年秋、アメリカの情報機関が、2019年11月(武漢で最初の感染者が出る1ヶ月前)に、武漢ウイルス研究所の3人の研究員が新型コロナと類似した症状で入院していたという情報を得たことに注目している」

https://news.yahoo.co.jp/byline/iizukamakiko/20210601-00240643/?fbclid=IwAR283F8J2BzQSeyZAKv3NYnpwMPOfAj88Hw5SIvmyjMDU8wP9wWKxlVuXCw

D7nVbYIVUAElq7L.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

シェア専用。指圧機。ほしい! [2021]

195387694_5573842476023344_6694775919329164483_n.jpg


シェア専用。指圧機。ほしい!



D7nVbYIVUAElq7L.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ロッキード事件の真相? [事件]

やっと読み終えた。本当に書く力のないジャーナリストの本。題材は面白いのに文章力が無さすぎる。
192629502_5573082666099325_8193396284968844817_n.jpg

こんな分厚い本にする必要もない。3分の2はなくてもいい話。

ただ、結論は興味深い。事件の黒幕は田中角栄ではなく、岸信介と中曽根康弘。角栄はワイロをもらっていない。多分、その通りだろう。

でも、この本はお勧めしない。先の真犯人の名前知れば十分。読む価値なし。本当に詰まらない。読みづらい。



D7nVbYIVUAElq7L.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

なんて無神経で想像力のない見出しなんだ!=ほっとしてられない現実を伝えろ! [マスコミ問題]

20160601_1688892.jpg

なんて無神経で想像力のない見出しなんだ!

これ=> <映画館への休業要請緩和にユーロスペース支配人「ほっとしました」>

「ほっとしました」という見出し。これは支配人の本音なので、嘘は書いていない。しかし、この見出しを見れば「あーよかった。映画館営業再開だね!」と多くが思う。それは違うのではないか? 多くの映画館は正月、夏休みに次ぐ書き入れ時のGWを自粛させられたのだ。その間の収入はない。それでも土地代。建物内のレンタル料。人件費は出て行く。完全な赤字だ。

それも同じ時期に演劇公演は行われていた。昨年、感染を出して問題になったのは演劇だ。対して映画館は感染ゼロ。なのに休業させられた。全く無意味な自粛。それでいて、新聞がこんな「ほっとしました」という見出しを出せば、「あーよかった。これでもう安心だね」と読者は思うのではないか?何と無神経な見出しをつけたものだ。

支配人としてもほっとした一面。大きな収入を失い。赤字を抱えてかなり苦悩しているはず。それこそを見出しに持ってくるべきだろう。想像力のない。無神経な見出し。何?スポーツ報知。なるほど放置した見出しにした訳だな。最悪だ。

元〜>https://hochi.news/articles/20210529-OHT1T51107.html?fbclid=IwAR1T0iaCw85jBvEhyIn8l1TouOfhZTCSP5aWdczG0M9uPlYTTvQ67NdMe_4

記事より

緊急事態宣言の延長に伴い、東京都がこれまで独自策として休業要請していた映画館に対する措置を緩和することを受け、29日、制限緩和を求め活動してきた映画館関係者からは安堵(あんど)の声が漏れた。

 新型コロナ禍で映画館を救おうと活動してきた「SAVE the CINEMA」のメンバー西原孝至さんは「活動が実って6月1日から時短営業になることは率直にまず、よかったなと思います」と話す。

一方、「休業要請に関し、最後まで納得できる説明はいただけなかった」といい、「今も協力金などありますが、ミニシアターにとっても大手のシネコンにとってもとても一日の営業が失われた分をまかなえる協力金の額ではない」と引き続き国や都に訴えていくつもりだ。

 渋谷区にあるミニシアター「ユーロスペース」の北條誠人支配人は「ほっとしました。うれしいです」と率直な思いを明かす。「私たちだけの訴えではたぶん緩和されなかった。ハッシュタグなどを使い、ツイッターデモなどを行った皆さんの声が東京都に届いたんだと思います」。

 また、今回の休業は床面積1000平方メートル超の大型映画館への要請だったが、ミニシアターも共に緩和を訴える活動をしてきた。そのことについては、「手応えがあった。こんなことは初めてのことですから。コロナによって新しい結びつきが出来てきたかな」と希望も感じている。

 休業要請の緩和にむけ、大手シネコンとミニシアターの関係者が合同で都庁を訪れ、都民ファーストの会の都議へ訴えるなどの活動も行った。「今まではミニシアターはミニシアター。シネコンはシネコンのすみ分けで、それぞれの活動をやってきた。でも今回は一緒になってできた。(業界の)流れが変わったと思う」という。

 今後については、「やっと一歩踏み出せた感じがします。このまま前に前に少しずつ、進んで生きられればいいですし。そのためには今まで同様、それ以上に感染防止のための努力はしなければいけないと思います」と新型コロナ禍でも安全な映画館を守るため、感染防止対策を徹底していく。

 今月12日の宣言延長の際、都は劇場については休業から時短要請に切り替えたが、映画館については休業要請を維持。この決定について、全国興行生活衛生同業組合連合会(全興連)や日本映画製作者連盟(映連)が声明文を出すなど、波紋が広がっていた。

 6月1日からの宣言延長を受け、都は映画館に対し、午後9時までの時短と観客の人数を上限5000人かつ収容率50%以内に制限する要請へ対応を緩和した。


D7nVbYIVUAElq7L.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

東京オリンピックと沖縄戦は同じ構図=市民を犠牲にして国が利益を得ようとする。 [社会政治]

191894691_5557486287658963_2759044244155154467_n.jpg

東京オリンピックと沖縄戦は同じ構図=市民を犠牲にして国が利益を得ようとする。

オリンピック報道を見ていて、思い出したのが沖縄戦での政府の対応。「ドキュメンタリー沖縄戦」で紹介できなかったエピソードがある。沖縄には32軍が送り込まれた。そこで飛行場建設。地元住民が動員された。規定には賃金を払うとあったが、ほとんどの地区で支払いはなかった。タダ働き。そして、飛行場はアメリカ軍に取られ、今も米軍基地として使われている。他にも農家、漁村から食糧を取り立て、女性を動員して兵士の食事を作らせた。14歳から70歳までの住民を総動員。軍に協力させたのだ。

徴兵とは別に防衛隊という組織を作り、住民を徴用。軍の手伝いをさせた。戦場での武器運搬もさせられて、死んだ者も多い。映画でも描いたが、離島では軍の指示で集団自殺までさせられている。「生きて虜囚の辱めを受けず」と教え込み、アメリカ軍に捕まるくらいなら死を選べ!と擦り込んだ。しかし、本当の理由は住民がいると軍の足手纏いになること。食料が不足すること。捕まって軍のことを喋られては困るという、軍の都合だったと聞く。

74591907_3184165541657728_5972235695345893376_o.jpg

何よりも、軍は沖縄を守ろう。米軍を撃退しようという思いは最初からなかった。沖縄に米軍を釘付けにし、体力消耗させ、時間を稼ぎ、その間に本土決戦、本土防衛の準備をするというのが目的。つまり、大本営としては32軍が玉砕するのは当然。沖縄の住民がどれだけ犠牲になろうと構わないということだった。なので、軍に住民の避難計画はなく、多くが軍と行動を共にしたために多くの犠牲が出た。米軍の容赦ない攻撃も大きいが、住民が巻き込まれたのは日本軍の方針が大きく影響している。そのために当時の人口の4分の1が犠牲になったのだ。

それを思うと、今のオリンピックがダブる。民間人にボランティアを求める。医者までボランティア。それでいて、取りまとめをするパソナのような会社は莫大な額で請け負っている。まさに沖縄戦と同じ構図。本土(パソナ)の利益のために、沖縄住民(国民)にタダ働きさせる。無謀な作戦でも突き進み。国自体の損得しか考えない。コロナ禍の中で開催。観客や関係者にどれだけ犠牲が出ようと進める。まさに沖縄戦と同じと思える。76年前の日本と、今の日本。同じではないか? 

そんな時代。昨年大ヒットした「ドキュメンタリー沖縄戦」を再公開したいという声が各地から上がり、6月から各地の映画館で上映される。DVDには当分ならない(永遠に?)とのことなので、ぜひ映画館で見て頂きたい。学校では絶対に教えない歴史。そして今の日本が見えてくるはずだ。


144698748_4971400386267559_9205383203717573495_n.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

先の都知事選で山本太郎を選んでおけば良かったね=都民の皆様! [コロナウイルス]

193546645_5557587637648828_4441067030517465787_n.jpg

先の都知事選で山本太郎を選んでおけば良かったね=都民の皆様!

あれから1年。山本太郎はこう言っていた。「15兆円であなたを底上げ」彼が都知事になっていれば、都民は毎月、給付金をもらっていたんだねえ。なのに、なぜか? 緑のおばさんを選んでしまった。

給付金どころか、禁酒法!まで発令。感染が5%しかないと言われる会食の店を自粛させ。感染ゼロの映画館を休業。運動会を中止。なのに「オリンピックはやる!」と言い続ける支離滅裂なおばさんが、今の東京都知事なのだ。

「ああ、あの時、山本太郎に投票しておけば!」多くがそう思っているのなら、まだ希望がある。が、見ていると自分たちが選んだ小池を批判する声ばかり。都民はこれからも、そんなことを繰り返していくのかなあ?


IMG_4533.jpeg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

元経産大臣は嘘つき?コロナ危機でも消費税を下げない理由! [再掲載]

95038335_3730693167004960_192932190089117696_n.jpg

元経産大臣は嘘つき?コロナ危機でも消費税を下げない理由!

2020年4月の記事より

あの人について、もう1つムカつくツイートがある。読んでほしい。

甘利 明 @Akira_Amari4月22日
「消費税を何で下げないの?よく頂く質問です。健康保険や年金や介護保険まで完備している日本のような国って実は世界で数カ国しかないんです。将来に渡って制度が続く為には専用の財源が必要です。だから社会保障にしか使えない消費税を導入したんです」

これは嘘。「社会保障にしか使えない消費税」なんてよく言える。8%消費税時代から、そのほとんどが社会保障には使われず、大企業の法人税減税した分の補填に使われている。そうやって党が大企業のご機嫌を取っているのだ(献金してもらえるし)。つまり、大企業が収めるべき税金を庶民に払わせているのが消費税だ。

そのことはれいわ新撰組も共産党も以前から指摘している。政府の記録を精査。社会保障にはほとんど使われていないことを確認している。にも関わらず、未だに「社会保障にしか使えない」と元経産大臣が言うのは、物凄い不勉強か? 嘘つきと言える。さらにツイートにはおかしな部分がある。

「将来に渡って制度が続く為には専用の財源が必要」=>だから消費税を下げられない。

という説明をしている。が、将来どころか今、コロナ感染で多くの国民が困っているのだ。せめて消費税を今だけゼロにすると言うことができるはずだ。それがなぜ「将来の財源」だからゼロにできないになるのか? 一時停止ができない理由にはならない。おかしい。つまり実際はそれが理由ではないのだ。要はこうだ。

「消費税ゼロにすると大企業の法人税を上げねばならないのは忍びない。ここは引き続き庶民に大企業分が払うべき税を払い続けてもらわないと、企業の支持が得られなくなる。献金がもらえなくなる」

と言うこと。だから緊急事態でも国民に重い負担を強いているのだ。元大臣のツイートからそれがよく分かる。


60764999_2681749791899308_369149531398340608_n-8d7ef-51fa7.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

静岡県の川勝知事とお会いした時のこと=行動する学者!凄い人だ。 [原発問題]

静岡県の川勝知事とお会いした時のこと=行動する学者!凄い人だ。

 静岡県浜松市を舞台した映画「青い青い空」の完成披露試写会をした時のもの。2010年だ。何と浜松市長と静岡新聞知事が駆けつけてくれて、市長が上映前の挨拶。知事が終わってからの解説?!をしてくれた豪華版。そのあと、プレスの囲みを受けた時の写真がこれ。僕は何かを言おうとしたときにカメラのシャッターが切られたので、こんな顔。これが翌日の新聞にカラーで出てしまった。

その川勝知事。映画製作スタート前にもご挨拶に伺った。知事はもともと大学の学長だった人。そもそもは政治家ではなく学者。だから、知識豊富。博学。静岡県のことを話すと、物凄く詳しい。僕は仕事柄、いろんな街の知事、市長、町長とお会いする。国会議員や元総理ともお会いする。首長と言われる人たちだけあり、皆凄いか!というとそうでもない人も多い。「この人はお飾りだな」「実家が金持ちなのだろう」「この人は偉そうにしているが、職員に舐められている」当人とお話し、お付きの人たちの反応を見るとすぐに分かる。

そんな中で川勝知事の印象は強烈だった。話していると、多くの首長は職員に「おい、あれは今、どのくらいだ?」とすぐに聞く。いけないとは言わない。人口、収益、産業の数値、知事が全ての数字を覚えてる余裕はない。だから担当者に聞く。だが、川勝知事はそれらの数字を全部覚えている。数値を上げながら、工業、林業、漁業、サービス業の現状を説明。今後の展開を語る。さすが元学者。論理的。これが政治家と呼ばれる人たちなら「県民と話し合いながら、前向きに進めたいと思います」とか、差し障りのない言い方。中身のない言い方をして、課題を先延ばしにする。なのに、川勝さんは具体的に話す。

そして何よりも凄かったこと。映画を製作するにあたってのお願いに行ったのだが、題材が書道。親と子供で見て欲しい大切なテーマがあることをお伝えすると「だったら、教育課が協力できるな」と秘書に「監督を教育課にお連れして、担当者に協力するように伝えてください」と言った。が、続けて「いや、私が行こう。監督。行きますよ!」というとすぐに立ち上がり知事室を出て、巨大な県庁のかなり離れた場所にある教育課まで自らが先頭に立って案内してくれた。

知事は多忙だ。分刻みの仕事。秘書は止める「知事。私がお連れしますが」「いや、私が案内する!」と言ったときには席を立ち歩き出していた。僕等も慌てて後を追う。そこからは、まるで映画の一場面。廊下を進むと、多くの職員が行き交う。そこに背の高い知事がやってくる。職員はびっくり。まさか、この場所にこの時間にいきなり知事がやってくるとは思わず。え?何で?という感じ。次の瞬間に道を開ける。そこを知事が笑顔で進んで行く。僕らはアワワと後を追う。

そして教育課。知事が僕らを担当者に紹介してくれて「よろしく頼むよ」と言い残すと、急ぎ足で戻って言った。まるで風のようだった。なぜ、わざわざ自ら案内してくれたのか? 多分、秘書に案内させるより、自分が出向くことで、担当者も「知事自ら連れて来られた」と思うことで「これは頑張らねな!」と感じさせることが目的だったのではないか? 映画というのは多くの人にアピールする。地元のイメージアップにもなる。が、お役所ではそれを理解しづらい人が多い。その辺を知事は感じていたので、自らが動くことで応援に繋げようと考えたのだろう。

その後、知事にお会いしたのが写真の完成披露試写会。その時も、単なる感謝を伝えるスピーチではなく、書道の魅力。地元がスクリーンに映し出された意味を解説。まさに学者。でも、学者と言うと知識だけの人だと思われがちだ。川勝知事は行動力ある学者というべき。数年後、僕は原発事故を描いた「朝日のあたる家」を監督。この時はお訪ねするのを躊躇した。劇中で事故を起こすモデルにしたのが静岡県の浜岡原発なのだ。その再稼働をめぐって知事は物凄い圧力をかかっていると聞いていた。

当時、大阪の橋下知事は原発反対を表明していたが、しばらくすると反対を止めた。彼と交流があった人に聞くと「物凄い圧力がかかり橋下さんは反対すると損だと痛感。方向を転換した。もう、2度と原発のことは言わないだろう」その通りになった。原子力ムラは橋下の有力な支持者、企業、団体を丹念に訪ねてまわり理解を訴えた。それら支持者を通して圧力をかけたと言う。「次の選挙がヤバイ」橋下はそう考えたのだろう。同じような圧力が川勝知事にもかかっていること。想像できる。

一期目。知事は原発問題にはあまり触れていない。その頃に「朝日」を応援してくれた反原発グループは「知事は推進派だ。許さない」と言っていた。が、知事をよく知る支持者からこんな話を聞いた。「今、反対を表明すると厳しい攻撃を受けて大変なことになる。だから耐えているんだ。でも、知事は再稼働は反対ですよ」そこは大事。ストレートに反対表明したら潰され、次の選挙で推進派が当選したらアウト。二期目。知事は「住民の支持が得られなければ再稼働はできない」と言い出した。そして今は「自分が知事でいる限り、再稼働はさせない!」と言っていると聞く。

さらにリニアモーターカーにも反対。こちらも原発に負けないほどの弊害があるのにマスコミは報道しない。リニアがなくても何らマイナスはなく、静岡の自然を破壊するだけ。だが、これも国策。物凄い圧力がかかる。だが、川勝知事は正面から反対。科学と数値を考えて県民のプラスにならないことは認めないのだ。あの日の姿を思い出す。秘書が止めるのに県庁内を自ら案内、教育課まで連れてくれた。いろんな首長にお会いしたが、川勝さんのような人はなかなかいない。

なのに「本当は再稼働したいんだ」と言う反原発の人たちがまだいるらしい。本当に分かっていない。彼は味方だ。批判している場合じゃない。応援しなきゃ!静岡は恵まれている。こんな素敵な知事がいるのだから。大阪や東京はあいつらだぜ? イソジンと緑のタヌキ! 静岡県の選挙。あ、僕は選挙権ないけど、応援したい。


D7nVbYIVUAElq7L.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画