SSブログ

日本映画「感染列島」を見て、現実と同じものを感じ怖くなる?!(再) [コロナウイルス]

SID0029920.png.jpeg

日本映画「感染列島」を見て、現実と同じものを感じる。

2009年の日本映画と同じような事件が11年後に起こるとは誰が想像しただろうか? そう感じるくらいにこの映画は現在のコロナウイルス騒動に似ている。物語の方が早く症状が現れ、死に至るが、多くの映画や小説はこのパターンだ。

が、もし、細菌兵器であるなら(映画では自然発生)潜伏期間が長い方が、患者が自覚なくあちこちに行き、感染を広げてくれるので有効。その意味では映画で描かれた細菌兵器よりコロナの方が現実的。もし、兵器だとしたらだが。

映画は舞台を病院に集約したところがうまく、その中で悲しみの物語が展開する。その合間に日本中で感染が広がる描写が織り込まれる。本筋とは関係なしに、僕はいつも低予算映画ばかり作っているもので、その製作費のかけ方に驚愕。鶏の死骸が山ほど出てくるシーンはいくらくらいかかったんだろう?とか思ってしまうし、医療機器が並ぶ部屋を見ると、レンタル代大変だあと感じる。

病院のシーンなので、「病院にあるもの使ったんじゃない?」とか思う人もいるだろうが、営業中の病院で撮影なんて出来ない。それも治療室。一度、病院でロケをさせてもらったが、営業が終わったあと。あるいは休日にお邪魔して短時間で撮影した。借りてもそれ。物語のメインの舞台をそんな形で撮影したら大変だし、病院も嫌がる。つまり、治療室や手術室はセット。小道具等は全てレンタルだろう。

映画は当たり前に置かれているものも全てスタッフが用意。お金を払って借りてくることが多い。おっと、今回はそんな話ではない。この映画を見るとウイルスの怖さがとても実感する。が、映画を見終えてテレビに切り替えると、「コロナ感染」のニュース。物語は現実でも進行中であることを思い出しさらに怖くなる。


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

Twitter お勧めトレンド2位  #検察庁法改正案に抗議します [2020]

96018235_3748897568517853_9108162730300276736_o.jpg

Twitter お勧めトレンド2位

小泉今日子さんもツイート。なんと「いいね」1万件強。これは何かというと、あの方があの座を降りた後。逮捕される可能性が高い。その時に見逃がしてくれる人を検事総長にしておこうという企み。そのための法改正をコロナ感染の真っ只中でやろうとしている。ということらしい。やらせるか!

#検察庁法改正案に抗議します


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(3)  コメント(0)