SSブログ

Facebookで分かる日本人の気質=ネガティブに考えるのが大人? [my opinion]

IMG_0006.jpg

Facebookで分かる日本人の気質=ネガティブに考えるのが大人?

寅事件。おさらいシリーズを7本ほどアップした。というのも、寅事件の現在を検証する記事を書いた時「この件はよく分からない」とのコメントが複数あったからだ。選挙からずっと注目している人向けには、その都度、解説記事を上げていたが、それ以降に興味を持った人が、続きを解説されても分からないというのはあるだろう。

この段階で振り返ると、情報は膨大でどこから見ていけばいいか?が混乱する。そこで「そもそも」から始まるシリーズをアップした。評判はまずまず良かったが、一時の盛り上がりほどではなかった。すでに多くの人の関心は寅ではなく、コロコロであり、オリンピックなのだろう。そして、「いいね」をくれる人の多くはオンタイムで寅事件記事を読んでくれた人たちだった。

関心のない人たちの一部がマスコミ情報を鵜呑み。正義を掲げるように攻撃するのが「陰謀論だ〜」グループ。そもそも、多くの日本人はアメリカの選挙に興味を持っていないのだろう。それが多数派なのだと思える。

Facebookをやっていると頭が痛くなることが多いが、このように人々の関心がどこにあるか?が分かるのはメリット。日本人気質も分かる。昨年の夏に小池に投票しておいて、今、小池を批判している人たちがいる。だったら、山本太郎か宇都宮に投票すればいいのに!と思える。テレビに小池が毎日出ているから、「頑張ってるなあ」と感じたのが原因だろう。状況把握力が貧しい。

総理就任当時に「菅は安倍よりも酷い」「時代はもっと悪くなる」とか書いている人がいたが、菅は安倍の後ろ盾があったから強気に振る舞っていただけで、単なる無能な役人であることが明白になっている。安倍のように常識を越えたことはしない。だから、マスコミの調査で支持率が30%になる。もし、菅が30%なら安倍は5%だったろう。それがいつも50%前後だったのは、マスコミの忖度か?圧力によるものだったと思える。

数字が事実に近い形で出るということは、安倍ほど菅は悪質ではないということだ。つまり「安倍より酷い」ではない。「安倍方が酷い」だ。決して評価はできないが、アベほど酷くはない。なのに「安倍より酷い」という人がいた。「何も変わらない」と主張する人もいた。より悪くなると批判していた。が、そうではなかった。日本人は「より悪く考えること」が、大人の考え方だと思っているところがある。だが、それは現実を見ず、把握せず、悲観的なだけ。「コロコロの後には戦争が来る!」と書いていた人もあるけど、コロが報道されている通りなら、3蜜を超える軍隊が動ける訳がない。

これも「より悪い方に考える」日本人の特性だと思える。もっと言えば、ころ感染こそが、新しい形の戦争なのだ。生物兵器説もアメリカのマスコミでさえ言い始めている。そう言えば寅は最初から「チャイナ・ウイルス」とか「武漢肺炎」とか言っていた。最初は不謹慎だと思えたが、それは正解だったとも思えて来る。

テレビを見ていると分からない、そんなこともFacebookでは気付くことが多い。テレビ報道はグローバリストと政府の代弁でしかない。庶民の声は反映されない。Fではそれを知ることができる。日本人気質も感じられる。いつもF批判ばかりしているので(その内、バンされる?)今回は良さに注目してみた。でも、また批判するぞ。基本、Fは問題だらけだからね。


D7nVbYIVUAElq7L.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

日本人を誘導するのは簡単=感情的に揺さぶれば冷静さをなくし、すぐに暴走する? [日本人の問題]

96018235_3748897568517853_9108162730300276736_o.jpg

日本人を誘導するのは簡単=感情的に揺さぶれば冷静さをなくし、すぐに暴走する?


タイムラインを流れてくる記事。あるいは僕の記事に書き込まれるコメント。読んでいると、論理性に欠けるものがよくある。いいところに気づいているのに、なぜそんな結論になるのか?と思えることがある。数字で表現すると分かりやすいが、100ー30=70。50にはならない。30を引いて残るのは70だ。数字だと間違いにすぐに気づくが、文章だと気づかないことがある。多くの原因は感情に左右される。思い込みがあること。

ご存知のように僕は安倍支持ではない。が、今回はあえて間違った安倍批判の話を紹介する。「嫌いな奴には何を言っていい!」という風潮があるが、それでは単なる誹謗中傷。だが、嫌われ者に対して間違った批判をするのを分析することで、いろんなものが見える。

安倍総理時代に「なぜ、彼はおかしな発言をするのか?」いろんな事情通から聞いた話を記事にした。医学関係者の証言もあり、かなり真相に迫ったもの。そこに書き込まれたコメントがこれ。

「そうじゃありませんよ。分かってませんねえ。あの人は昔から嘘つきだったんです。子供の頃に『宿題やった?』と聞かれて『やったー』と言って遊びに行っていた。家庭教師をしていた平沢勝栄議員がそう言ってました。嘘の常習犯だったって。と言うことは?もう分かるでしょう?子供時代から虚言癖があったのです」

「もう、分かるでしょう?」と言う表現。上から目線で、あんたでも、ここまで言えば分かるでしょう?と言うニアンスを感じる。このコメントは安倍晋三がおかしな発言が多い理由と背景を分析した記事への反論。だが、要約すると「昔から嘘つきなんだよ〜」と言うだけ。論理性も乏しい。まず、子供の頃に「宿題やった」と遊びに行く子供は虚言癖なのか? そんな子供は日本中にたくさんいる。僕も同じようなことを言って遊びに行った。友達でもその手を使う奴は多く、あとでバレて叱られたと言う話もよく聞いた。子供にとって「宿題やった」はよく使う手だ。

その子達が大人になって安倍ような意味不明の発言をしたり、毎回違う意見を主張したりすることをしているのか? その子達だけでなく、大人の世界で安倍のような奇妙な発言する人は少ない。嘘つきの集まりである政界でも、あれほど白々しいことを言うのは安倍だけだ。それを子供の頃、よく嘘を着いたから今も嘘つくなんて、全く根拠になっていない。それ以前に「では、なぜ、虚言癖なのか?」「その原因は?」を医学的に検証する必要がある。「子供の頃、嘘をついた』=>「だから今も嘘をついている」=>「虚言癖である」にはならない。

大人で嘘を付く人は多い。蕎麦屋だって「まだ、そば届かないんですけど?」と電話すれば「今、出ました!」と必ず言う。ほとんどが嘘。蕎麦屋の多くは虚言癖か? また、安倍は嘘つきというが、よくよく聞くと、嘘だけではなく、意味不明の発言も多い。また、いい大人(それも総理という立場)とは思えないヤジを飛ばしたりするのは、精神的な異常性を感じる。さらに、以前言っていたことを180度違うことを言い出す。嘘を言うにしても、前回の整合性を考えて言うものだ。安倍にはそれが感じられない。

つまり、「安倍はよく嘘を言う」ーではなく、言語回路、あるいは精神的に何らかの異常、正常でないものがあると思える。「虚言癖」の範疇から出ている。こう考えていくと、嘘つく大人=>子供の頃から嘘つき=>平沢勝栄という議員の証言。それらを繋げただけのコメントなのだ。また「宿題やった」以外の嘘を平沢も、他の人物も証言していない。単なる子供時代のエピソードにしか過ぎないのだ。大学時代、家庭、就職してからの神戸製鋼所加古川製鉄所、秘書時代も、頻繁に嘘を着き続けていた!というのなら虚言癖という可能性もあるが、そんな話は聞かない。

さらにコメント主は安倍嫌い。許せない!という感じの方だ。だからテレビで安倍のおかしな発言を聞くと「また、嘘ついている!」考える。嘘なのか?意味不明の発言か?考えずに「嘘」に分類してしまう。嫌悪感を持っているところに、平沢議員の話を聞く「やっぱりねー」と納得。「虚言癖」という言葉を思い出す。詳しいことは知らない。嘘を付く病気くらいに思っている。「だから、安倍は子供の頃から虚言癖だった」と結論づける。それは「子供の頃に万引きをしたから、彼は大人になっても泥棒だ」というのと同じ。ある種の決めつけ、レッテル貼りに近い。

アメリカで言えば「彼は有色人種だ。だから、泥棒をしたのはあいつだ」という差別的な決めつけにも近い。嫌われ者の総理だから、誰も深く考えず、そうだそうだ!と思いがちだが、そのコメント主が言っていることは、非常に危険であり差別的なものが強い。「前科者だから」「昔、泥棒したから」だから「今も泥棒する」にはならない。安倍への憎しみが強いので、論理性が欠如して、決めつけが強くなっていることに気づかない。もちろん、その人がもともと深く考えないタイプかもしれないが、憎しみは冷静さを奪い、人を暴走させる。

関東大震災の時も、特定の民族が「井戸に毒を入れた」という噂が流れ、暴徒がその人たちを殺傷した事件があった。それも感情的になり、事実を正確に見つめることができなかったからだ。寅事件も同様。「差別主義者だ」というマスコミ報道で感情的になっているので、事実を確認しようとせずにフェイクニュースを信じてしまう。

コメント主と同じように憎しみを抱いている人は「寅は差別主義者」=>「だから、支持者を煽り議会襲撃」=>「なるほど。やりそうだ!」とマスコミ報道を信じてしまう。嫌悪感があるので「本当はどうなのか?」とか考えない。安倍発言も同様だ。問題だらけで無能の彼を批判することは必要。でも、的外れな批判、レッテル貼りは無意味。それは誹謗中傷と同じ。安倍弁護ではない。事実を正確に見ることを言っている。

他でも、いろんなコメントを見るたびに、同じことを感じる。「この人は見落としている事実がある。それを見つめれば主張は成立しないのが分かるのに、、、」間違ったことを主張していることに気づいていない。その事件の責任は**さんではないのに? その人を糾弾している。一部しか報道しないマスコミ情報だけで感情的になり冷静に事実を見れていない。そんなコメントをよく見る。これも教育が「考える」力を育てなかったからか? 

そんな人たちを誘導するのは簡単。深く考えない。感情を揺さぶればすぐに怒り出し、冷静さを失う。論理性を無くす。そして暴走。戦時中も「鬼畜米兵」というレッテルを貼り、敵対心を助長した。それがマスコミの仕事だった。彼らは今も同じことを続けている。誘導されないためには考えること。感情的にならないことだ。

D7nVbYIVUAElq7L.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

元経産大臣は嘘つき?コロナ危機でも消費税を下げない理由! [再掲載]

95038335_3730693167004960_192932190089117696_n.jpg

元経産大臣は嘘つき?コロナ危機でも消費税を下げない理由!

2020年4月の記事より

あの人について、もう1つムカつくツイートがある。読んでほしい。

甘利 明 @Akira_Amari4月22日
「消費税を何で下げないの?よく頂く質問です。健康保険や年金や介護保険まで完備している日本のような国って実は世界で数カ国しかないんです。将来に渡って制度が続く為には専用の財源が必要です。だから社会保障にしか使えない消費税を導入したんです」

これは嘘。「社会保障にしか使えない消費税」なんてよく言える。8%消費税時代から、そのほとんどが社会保障には使われず、大企業の法人税減税した分の補填に使われている。そうやって党が大企業のご機嫌を取っているのだ(献金してもらえるし)。つまり、大企業が収めるべき税金を庶民に払わせているのが消費税だ。

そのことはれいわ新撰組も共産党も以前から指摘している。政府の記録を精査。社会保障にはほとんど使われていないことを確認している。にも関わらず、未だに「社会保障にしか使えない」と元経産大臣が言うのは、物凄い不勉強か? 嘘つきと言える。さらにツイートにはおかしな部分がある。

「将来に渡って制度が続く為には専用の財源が必要」=>だから消費税を下げられない。

という説明をしている。が、将来どころか今、コロナ感染で多くの国民が困っているのだ。せめて消費税を今だけゼロにすると言うことができるはずだ。それがなぜ「将来の財源」だからゼロにできないになるのか? 一時停止ができない理由にはならない。おかしい。つまり実際はそれが理由ではないのだ。要はこうだ。

「消費税ゼロにすると大企業の法人税を上げねばならないのは忍びない。ここは引き続き庶民に大企業分が払うべき税を払い続けてもらわないと、企業の支持が得られなくなる。献金がもらえなくなる」

と言うこと。だから緊急事態でも国民に重い負担を強いているのだ。元大臣のツイートからそれがよく分かる。


60764999_2681749791899308_369149531398340608_n-8d7ef-51fa7.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

静岡県の川勝知事とお会いした時のこと=行動する学者!凄い人だ。 [原発問題]

静岡県の川勝知事とお会いした時のこと=行動する学者!凄い人だ。

 静岡県浜松市を舞台した映画「青い青い空」の完成披露試写会をした時のもの。2010年だ。何と浜松市長と静岡新聞知事が駆けつけてくれて、市長が上映前の挨拶。知事が終わってからの解説?!をしてくれた豪華版。そのあと、プレスの囲みを受けた時の写真がこれ。僕は何かを言おうとしたときにカメラのシャッターが切られたので、こんな顔。これが翌日の新聞にカラーで出てしまった。

その川勝知事。映画製作スタート前にもご挨拶に伺った。知事はもともと大学の学長だった人。そもそもは政治家ではなく学者。だから、知識豊富。博学。静岡県のことを話すと、物凄く詳しい。僕は仕事柄、いろんな街の知事、市長、町長とお会いする。国会議員や元総理ともお会いする。首長と言われる人たちだけあり、皆凄いか!というとそうでもない人も多い。「この人はお飾りだな」「実家が金持ちなのだろう」「この人は偉そうにしているが、職員に舐められている」当人とお話し、お付きの人たちの反応を見るとすぐに分かる。

そんな中で川勝知事の印象は強烈だった。話していると、多くの首長は職員に「おい、あれは今、どのくらいだ?」とすぐに聞く。いけないとは言わない。人口、収益、産業の数値、知事が全ての数字を覚えてる余裕はない。だから担当者に聞く。だが、川勝知事はそれらの数字を全部覚えている。数値を上げながら、工業、林業、漁業、サービス業の現状を説明。今後の展開を語る。さすが元学者。論理的。これが政治家と呼ばれる人たちなら「県民と話し合いながら、前向きに進めたいと思います」とか、差し障りのない言い方。中身のない言い方をして、課題を先延ばしにする。なのに、川勝さんは具体的に話す。

そして何よりも凄かったこと。映画を製作するにあたってのお願いに行ったのだが、題材が書道。親と子供で見て欲しい大切なテーマがあることをお伝えすると「だったら、教育課が協力できるな」と秘書に「監督を教育課にお連れして、担当者に協力するように伝えてください」と言った。が、続けて「いや、私が行こう。監督。行きますよ!」というとすぐに立ち上がり知事室を出て、巨大な県庁のかなり離れた場所にある教育課まで自らが先頭に立って案内してくれた。

知事は多忙だ。分刻みの仕事。秘書は止める「知事。私がお連れしますが」「いや、私が案内する!」と言ったときには席を立ち歩き出していた。僕等も慌てて後を追う。そこからは、まるで映画の一場面。廊下を進むと、多くの職員が行き交う。そこに背の高い知事がやってくる。職員はびっくり。まさか、この場所にこの時間にいきなり知事がやってくるとは思わず。え?何で?という感じ。次の瞬間に道を開ける。そこを知事が笑顔で進んで行く。僕らはアワワと後を追う。

そして教育課。知事が僕らを担当者に紹介してくれて「よろしく頼むよ」と言い残すと、急ぎ足で戻って言った。まるで風のようだった。なぜ、わざわざ自ら案内してくれたのか? 多分、秘書に案内させるより、自分が出向くことで、担当者も「知事自ら連れて来られた」と思うことで「これは頑張らねな!」と感じさせることが目的だったのではないか? 映画というのは多くの人にアピールする。地元のイメージアップにもなる。が、お役所ではそれを理解しづらい人が多い。その辺を知事は感じていたので、自らが動くことで応援に繋げようと考えたのだろう。

その後、知事にお会いしたのが写真の完成披露試写会。その時も、単なる感謝を伝えるスピーチではなく、書道の魅力。地元がスクリーンに映し出された意味を解説。まさに学者。でも、学者と言うと知識だけの人だと思われがちだ。川勝知事は行動力ある学者というべき。数年後、僕は原発事故を描いた「朝日のあたる家」を監督。この時はお訪ねするのを躊躇した。劇中で事故を起こすモデルにしたのが静岡県の浜岡原発なのだ。その再稼働をめぐって知事は物凄い圧力をかかっていると聞いていた。

当時、大阪の橋下知事は原発反対を表明していたが、しばらくすると反対を止めた。彼と交流があった人に聞くと「物凄い圧力がかかり橋下さんは反対すると損だと痛感。方向を転換した。もう、2度と原発のことは言わないだろう」その通りになった。原子力ムラは橋下の有力な支持者、企業、団体を丹念に訪ねてまわり理解を訴えた。それら支持者を通して圧力をかけたと言う。「次の選挙がヤバイ」橋下はそう考えたのだろう。同じような圧力が川勝知事にもかかっていること。想像できる。

一期目。知事は原発問題にはあまり触れていない。その頃に「朝日」を応援してくれた反原発グループは「知事は推進派だ。許さない」と言っていた。が、知事をよく知る支持者からこんな話を聞いた。「今、反対を表明すると厳しい攻撃を受けて大変なことになる。だから耐えているんだ。でも、知事は再稼働は反対ですよ」そこは大事。ストレートに反対表明したら潰され、次の選挙で推進派が当選したらアウト。二期目。知事は「住民の支持が得られなければ再稼働はできない」と言い出した。そして今は「自分が知事でいる限り、再稼働はさせない!」と言っていると聞く。

さらにリニアモーターカーにも反対。こちらも原発に負けないほどの弊害があるのにマスコミは報道しない。リニアがなくても何らマイナスはなく、静岡の自然を破壊するだけ。だが、これも国策。物凄い圧力がかかる。だが、川勝知事は正面から反対。科学と数値を考えて県民のプラスにならないことは認めないのだ。あの日の姿を思い出す。秘書が止めるのに県庁内を自ら案内、教育課まで連れてくれた。いろんな首長にお会いしたが、川勝さんのような人はなかなかいない。

なのに「本当は再稼働したいんだ」と言う反原発の人たちがまだいるらしい。本当に分かっていない。彼は味方だ。批判している場合じゃない。応援しなきゃ!静岡は恵まれている。こんな素敵な知事がいるのだから。大阪や東京はあいつらだぜ? イソジンと緑のタヌキ! 静岡県の選挙。あ、僕は選挙権ないけど、応援したい。


D7nVbYIVUAElq7L.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

テネシー州で子供150人救出 [トランプ問題]

テネシー州で子供150人救出
https://www.cnn.co.jp/usa/35167340.html
ジョージア州で子供39人救出
https://news.tv-asahi.co.jp/news.../articles/000191991.html
ニューメキシコ州で子供11人発見
https://www.bbc.com/japanese/45079897
https://www.cnn.co.jp/usa/35123588.html
スーダン子供85人救出
https://www.cnn.co.jp/world/35125484.html
ナイジェリア19人を救出
https://www.cnn.co.jp/world/35143338.html
ジョージア州子供39人救出
https://www.epochtimes.jp/p/2020/09/61784.html
メキシコ子供23人救出
https://www.cnn.co.jp/world/35157199.html
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

全ての諸悪はテレビ。映画館ではなくテレビを止めろ! [マスコミ問題]

172204944_5323327494408178_4372747248284548000_n.jpg

全ての諸悪はテレビ。映画館ではなくテレビを止めろ!

誰も歩いていない広い通りで、マスクを外して歩いていた。正面から70代と思われるオヤジが自転車でやってくる。すれ違いざまに吐き捨てるようにこう言った。「マスク外すんじゃねえ!」そんな記事を書くと、多くの人から「俺も言われあことある」「先週2度も言われた」「何様のつもりか!」という共感のコメントをたくさん頂いた。

オヤジの心理状態を考える。70代ということは毎日テレビを見ている世代。報道を鵜呑みにしがち。そもそもマスクではウイルスは防げない。自身の飛沫を抑えるだけ。なので広い通りで喋ることもなく1人で歩いても迷惑をかけていない。にも関わらずオヤジは「マスク外すな!」と命令口調で注意。彼は、マスクで感染は防げないという科学的な知識はなく、テレビから得た情報を鵜呑み、さらに「感染」「怖い!」「マスクしろ」と単純化して把握してしまったのだろう。

その後、久々にテレビの報道番組を見たら、背景が分かった。女性レポーターが歌舞伎町にの飲食店街に行き「マスクをしてない人は何人いるでしょうか?」と視聴者に問いかけて人数を数え出した。さらに、マスクしない人を見つけるとインタビュー「なぜ、マスクしないのですか?」と問い出す。まるで見せしめ。「この非常事態にマスクをせぬとは!この非国民め!」という感じ。そして番組中にマスクの意味は説明しない。感染予防にならないことも伝えない。こんな番組を見ていているので、あのオヤジは「テレビも言ってんだろ!」と注意したのだろう。

ここから分かること。マスコミは正確な情報を伝えない。ある種の誘導もする(これは以前に記事にしたので省略)もう一つはテレビを見ている層はこのように誘導され、平気で他人に強制するということ。戦時中も戦争に疑問を持つだけで「非国民!」と多くが批判し、バッシングや嫌がらせを受けた。マスク騒動ももはや同じレベル。現代でも人と違うことをいう。政府発表を疑う、批判すると、あれこれ言ってくる人たちがいる。

小池都知事が言えば、皆、マスクをし、自粛をする。この1年、感染例なしの映画館が、また小池の指示で休業させられている。そのくせ演劇公演はOKという。意味不明。ようやく、その辺に抵抗する人たちが出てきたが、なぜ、日本人は国や都、マスコミがいうと大人しく従うのか? そこで働く人たちに問題があることは重々承知しているのに、今も信じ従うのはなぜだろう?

その小池を昨年の選挙で選んだのは都民自身。山本太郎も宇都宮健児も立候補したのに小池を選んだ。その1番の理由はテレビによく出ていたからだ。それを利用して小池は候補者同士の討論番組の出演を抑え、自分だけが毎日、テレビで顔を売る戦略に出た。そして都民はまんまと引っ掛かった。山本太郎は15兆円規模の底上げをすると公約(総務省とも相談。実施可能だと確認)その彼を支持せず都民は小池を選んだ。

その意味では都民は自業自得とも言える。総括すると、テレビに出ている小池を選び、テレビが「マスクしろ」というからする。無意味なマスクを他人にも強制。めっちゃ愚か。日本人は本当に追い詰められて大きな犠牲を出さないと、自分たちが誘導され踏みつけられていることに気づかないのか? だから、その前にテレビを止めよう。先の流れを見ればテレビがなければ、小池も当選しないし、無意味なマスク強要もなくなる。映画館ではなく、テレビを止めろ!


D7nVbYIVUAElq7L.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ウインナーは添加物がいっぱい!?でも、もう一度トライ。 [食品問題]

187144944_5511585902249002_7745844256208767932_n.jpg

ウインナーは添加物がいっぱい!?でも、もう一度トライ。

数ヶ月前にその事実を知り、ウインナーを食べるのはやめた。と言っても時遅し、4年ほど毎朝、ホットドッグを自分で作り食べていた。僕の体はもう添加物で出来ているだろう。それ以降、モスバーガーのホットドッグを食べても、何か変な味がする。以前は大好きで週3で食べていたのだが、その時は全く感じなかった。

そして久々に自宅でウインナーを食べてみた。すると!食べ終わった後、口の中がネチャネチャ。何かの化学物質が口に残るのだろう。それが非常に気持ち悪い。防腐剤か?凝固剤か?そう言えば、以前に毎朝食べていた時も、このネチャネチャ感があったこと思い出す。添加物は毎日食べると、次第に気づかなくなるのだろう。そして体を蝕む。数ヶ月のウインナー禁止でさらに拒絶反応が強くなったのだろう。

知らない内に、日本人は薬漬けになっているのだ。ちなみに、コンビニ、スーパーの弁当も極力食べない。調理の時、ご飯に防腐剤をシャワーのようにかけるという。それが僕の場合。胃に来る。もたれる。腐ったものを食べても平気だが、添加物には敏感なのか?


D7nVbYIVUAElq7L.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

日本政府と東京都は自国の文化芸術を殲滅したいのか? [コロナウイルス]

188594986_5511201412287451_174426791305054762_n.jpg


日本政府と東京都は自国の文化芸術を殲滅したいのか?

東京の映画館は都に無理やり休業させられている。なので多くの人は映画を見るために神奈川県や千葉県に行く。そのために横浜の映画館が大入り満員になり3蜜を超えたという話も聞く。お役所がやる仕事というのは、無意味で市民を振り回すだけのものであることが多い。

という訳で平日に千葉まで映画を見に行った。映画館は換気能力が高く20 分で館内の空気が入れ替わる。コロナ感染が始まってから1度も感染は報告されていない。にも関わらず、都内の映画館は自粛させられている。これは映画館で働く人、配給会社、映画製作会社、スタッフ、俳優、スタジオ、レンタル会社で働く人たちの生活に影響する。

映画館が止まると、映画が完成しても公開できない。公開待ちの作品が増える。製作会社は制作を延期。あるいは中止。俳優、スタッフは仕事がなくなる。収入がなくなる。家族が困る。生きていけなくなる。これは必要のない映画館休業を都が命じていることで起こることだ。映画関係者を殲滅するためのホロコーストにさえ思える。映画は文化であり芸術。それを小池都知事は根絶やしにしようとしているのか?

韓国ドラマや映画は近年、高いクオリティのものが多い。90年代以降に政府が支援。新しい人材を育て業界を伸ばす努力をしてきたからだ。今ではカンヌ映画祭や米アカデミー賞で韓国映画が受賞する。世界中で大ヒット。韓国には映画という新しい輸出品が出来、その売り上げで韓国経済に貢献している。日本は逆に自国の映画産業を破壊。殲滅しようとしている。芸術を弾圧するばかりで、それを日本の国益にして利益につなげようという発想がまるでない。

電化製品だけではない。日本は文化芸術でもアジアの最下位の国となりそうだ。悲しい。菅、小池、早く辞めろ。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

フェイクで国民を誘導して、大金を稼ぐ会社。知ってるかな? [マスコミ問題]

20141028173103.jpg

フェイクで国民を誘導して、大金を稼ぐ会社。知ってるかな?

Facebookを見ていると、いろんな人がいろんな意見を書いている。ころな、枠てん、菅政権、寅事件、原発問題。多くが批判。それは大切。政府や企業の都合で世の中を動かしてもらっては困る。いつも踏みつけられるのは庶民だ。しかし、「原発反対」とか「自粛するなら金を出せ」と言う声はその通り。だが、この1、2年に起きていることはそう単純なことばかりではない。

そのために勘違い、誘導、印象操作されて、政府や企業が望むことを意見している人。まんまと乗せられている人たちも多い。金持ちたちがよく使う手は「子供」「女性」「マイノリティ」が虐げられている、危険に晒されていることを、当人に語らせること。それで多くが引っかかる。可哀想な子たちが、女性が、人々が嘘を言う訳はない。応援せねば!と思ってしまう。

湾岸戦争時、クエートの少女ナイラによる証言で、イラク軍の蛮行が暴露されアメリカの世論が変わり戦争に突入した。あの件を仕組んだのは広告代理店。彼女はクエート生まれではなく、クエートに行ったこともなく、アメリカのクエート大使館、職員のアメリカ生まれの娘だった。

その後、彼女の消息は分からない。世論誘導のために雇われたのだ。このイベントの費用が15億円。その代理店に払われている。しかし、15億の費用で戦争ができて、軍需産業が大儲け。その後、イラクをアメリカの支配下に置く(その後のイラク戦争により)アメリカの企業が参入。そこで上げる利益に比べれば安いものなのだ。

現在、その代理店はWHOと契約している。何か、同じようなありもしないことを演出して、多くの人を怖がらせ世論を誘導することで、誰かが大儲けするプロジェクトを進めているかもしれない。何だか、思い当たるよね?

m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画