SSブログ

Netflixオリジナルドラマ「マインドハンター」を見ていて特に興味を惹かれた場面。 [精神病&精神障害]

10614252_716399628434344_4341808076062053210_n-e4844.jpg

Netflixオリジナルドラマ「マインドハンター」を見ていて特に興味を惹かれた場面。

主人公のFBI捜査官が警察で残虐な犯罪者のレクチャーをする。彼がなぜ、そんな凶行に至ったかの心理分析。だが、現場の警官たちは興味を持たない。こういうのだ。

「もともと、おかしな奴だったんだよ」「そんな奴は一生、ムショにブチこめばいい」「射殺だ」「家庭環境なんて関係ねえよ」

1970年代の警察はそんな感じだったのだ。精神異常とか残虐殺人について無知なので、そんな反応。これ、僕が精神病の話をした時の周りの反応と同じ。ある社長が理不尽の限りを尽くし、プロジェクトをギタギタにして、多くの人が振り回されたことがあった。いろいろ調べると社長は双極性障害であった。

でも、説明しても、多くの関係者はキョトンとするか「あいつはただ嫌な野郎だよ」と憤るかのどちらかだった。また、境界性パーソナリティ障害の女性のために、あれこれトラブルが起こり、多くが迷惑した時は逆の反応。

「あの人は悪い人じゃない」「ブログを見たけど普通でしたよ」「監督の方がおかしいんじゃない?」

ほとんどが患者の問題に気づかない。もちろん先の存在とは違い、患者が犯罪を犯すことはほとんどないのだが、心を病んでいるというのは共通する。凶悪殺人の犯人も多くが家庭に問題があり、幼少期にトラウマがある。患者の場合も、すべてではないが、同じような背景がある。(双極性障害などは今も正確な原因を特定できてはいないが)それを見つめることで、わかってくること。見えてくることがあるのだが、それを見つめよう、考えてようという人はまずいない。70代のアメリカの警官と同じ。

関心を持つ人のほとんどは自身が患者の被害に遭った経験がある場合。いくら言葉で説明しても一般の人は理解もしないし、想像もできないようだ。こちらが「宇宙人がやってきた」と言っているかのような冷たい視線が返ってくるだけ。

それどころかトラブルの原因が患者であることにさえ気づかない人も多い。「単なる嫌な奴」と解釈する人。その患者の嘘や妄想に振り回されている被害者が責められたり。あるいは原因は患者ではなく、何らかの別のことでトラブルが起こったと考える人も多い。結果、状況把握できず。問題は大きくなり、被害者が攻撃され、患者は同様の行動を続けてしまうことがよくある。

まさに「マインドハンター」の一場面と同じ。そんな状況を変えるべく主人公は残虐な犯罪で収監された犯罪者にインタビューを試みるという物語。「ジョーカー」もダブる部分がある興味あるドラマである。



m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

Netflixオリジナルドラマ「マインドハンター」は興味津々!狂気の犯罪を取材するFBI [映画感想]

74459512_3116497445091205_2177862329641730048_n.jpg


「マインドハンター」は興味津々!狂気の犯罪を取材するFBI

1990年代に映画「羊たちの沈黙」がヒットしたことで心理分析官という仕事が注目された。ロバートKレスラーの著作「FBI心理分析官」も大ベストセラーになり、犯罪者を紹介する「マーダーケースブック」なる週刊誌まで発刊になった。

僕はその手の分野がめちゃめちゃ好きで、真剣に読んでおり、当時、その手のサイコサスペンス小説まで書いてしまった。しかし、それらはブームとして終焉を迎え、多くが忘れてしまった。その後も「セブン」や「ゾディアック」という名作映画が作られたが、僕の周りで関心を示す人は少なかった。

それが「全裸監督」放送で話題となったNetflix。同じくオリジナルドラマで「マインドハンター」というアメリカの連続ドラマが配信中。これがかなり面白い!先の「セブン」「ゾディアック」のデビッド・フィンチャーが監督しているので納得。さらに、あの当時の心理分析官もので、毎回、怪事件を解く話かと思ったら大違い。

1977年当時、心理分析がまだ理解されていなかった時に、それを確立しようと調査を続けるFBI捜査官たちの物語。第1話など奇々怪怪の事件と直面。主人公が「全く分からない」と呟いて終わる。そんなドラマありか!!!!という凄いエンディング。そこから物語が始まるのだが、一気に3話見てしまった。また、夢中に見てしまうドラマ の発見だ。



m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画