SSブログ

バカがいるとプロジェクトで事件多発。でも、素人目にはトラブルが見えない?=悪徳も困るがバカも困る! [映画業界物語]

P1140145.jpg

バカがいるとプロジェクトで事件多発。でも、素人目にはトラブルが見えない?=悪徳も困るがバカも困る!

ビデオメーカーや製作プロダクションの若いPに多いタイプ。別業種の仕事をしていたが、映画界に憧れて転職してきた連中。大して経験を積んでないのに、先輩がどんどん辞めて行くので未熟な奴でも現場に送り込まれる。そのためにトラブルが起きる。

映画界の常識やルールは他業種。さらに世間とは違う。にも関わらず、彼らは通用しないルールを振り回し、スタッフを逆なで、怒らせる。また、「Pは偉い!」という勘違い。経験もないのに高飛車になる。また、バカでもPと言われるとスタッフは「また、仕事をもらうこともあるだろう」と下手に出ることが多い。そのためにバカPの勘違いがさらに進む。

脚本を書いたこともない。物語作りのノウハウもない。映画のあり方も知らない。そんな連中が自分の趣味でシナリオを指摘。直しを要求。悪徳芸能プロにチヤホヤされて、仕事のない俳優たちを押し付けられたり。映画製作の上で邪魔にしかならない存在となる。むしろいない方がありがたい存在だが、出資したビデオメーカーが送り込んでくるのだ。

映画製作の基本はあるが、臨機横柄に進めなければならない。台風が来れば撮影はできない。俳優が撮影前に怪我をすることもある。腕はいいが気難しいスタッフもいる。Pはその辺もカバーせねばならないのだが、むしろトラブルを生み出すばかりという奴と何度も仕事をした。必要のないことを勝手に始める。やらなければならないケアを全くやらない。そのために協力してくれる会社からクレームが来る。

なので僕は監督なのに、Pが起こしたトラブルの収拾に奔走。謝罪したり、根回しをしたり、それでもPの愚行は続くので、起こす事件を予測。先回りして手を打っていた。監督業だけでもてんやわんやなのに、そのPの対応、後始末までした。当時、血圧を測っていたらやはり200を超えていたと思える。挙句の果てに、そのPは約束のギャラを払わず。経費数百万を不払い。

なのにスポンサーはPの問題点に気づかず。「ま、大きな事件に至ってないんだから問題ないでしょう?」と言い出す。「俺が全て止めたから問題にならなかったんだろ!」と怒鳴りたくなる。Pのやらかしたことを全て暴露してやったが、スポンサーにはどれだけ大きなことか?理解できず、内輪揉めしているだけと解釈された。

その種のトラブルの原因は映画作りを知らない未熟なPが、あるいはアホな奴らがプロジェクト・リーダーとなり製作を推進するから。ただ映画界だけでなく役所や近所にもそんなタイプはいる。そんな頃から僕自身もプロデュサーという肩書きをつけるようにして、Pは入れずに僕がプロジェクトを推進することにした。それ以来、その手の事件は起こっていないのだが....結論まで行かなかったが、今回はここまで。


60764999_2681749791899308_369149531398340608_n-8d7ef.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

どこの業界にも会社に巣食うウジ虫たちがいる?=映画界も同様だ。 [映画業界物語]

IMG_2280.JPG

どこの業界にも会社に巣食うウジ虫たちがいる?=映画界も同様だ。

監督業はクリエイティブだ。イメージやセンス。言葉にしづらいものを作品に持ち込み描き出す仕事。しかし、映画はそんな芸術的な側面だけでなく、通常のビジネスと同じプロジェクトでもある。会社で新製品発売プロジェクトチームを作り、推進していくような感じだ。

通常、映画の場合はプロデュサーがチームリーダーとなり、監督の希望を聞いて進める。スタッフ、キャストをどうするか? ロケ地をどこにするか? できる限り監督の要望に応えるようにPは努力する。ただ、監督が「クライマックスは大爆発の連続にしたい!」と言っても予算的にダメな場合、Pがあれこれ説得、代案を出したりする。

ジブリの宮崎駿監督と鈴木敏夫Pの関係をイメージしてもらえると分かりやすいだろう。監督というのは本当に気難しく、製作費のことなんて考えず、純粋に描きたいものを描こう!とする。対してPは現実的に予算や時間を考えて、完成後の興行や宣伝も視野に入れて、監督の希望に沿いながらも、時には止め役にもなり、プロジェクトを推進する仕事なのだ。

しかし、そんなPにはロクでもない奴が多いというのも現実。本来、ジブリの鈴木Pのように監督の思いを大切にするべき仕事なのに、立場を利用し、悪用し、私腹を肥やしたり、芸能プロダクションと癒着したりする連中がいる。予算はあるのに「もう、お金がありません。無理です」と言って製作費をかなり残して自社の収入にしたり、裏金をもらったプロダクションの俳優を監督の意志に反してねじ込んだり。

何より作品に対する愛情がない。「素晴らしい映画を作ろう!」とか、「大ヒットさせよう」という気持ちはゼロ。目の前にある映画の製作費から金を抜いて、飲み食いに使ったり。芸能プロに接待してもらったり、利権を作ったり。そんなことばかりしているウジ虫のような連中だ。先日見たドラマ「沈まぬ太陽」の舞台となる航空会社でも同じような連中がたくさん登場。

山崎豊子原作なので、モデルとなった日航には本当にあんな社員たちがいたはず。会社での立場を利用して出入り業者からマージンを取る。子会社の経費で買ったクルーザーを私物化する。裏金を作り政治家に取り入る。それでいて安全対策費を削り、大きな事故を招く。これは航空会社だけではなく、宗教団体でも、政治団体でも同じ。今の政権はそれを絵に書いたようなもの。政治の中枢に居座り、一部の人たちに莫大な利益を与えたり。加計学園とかね?

同じ構図が映画界にもある。ここからが書きたい話だったが、長くなったので、またいずれ!


60764999_2681749791899308_369149531398340608_n-8d7ef.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

チャンスは幸せの青い鳥が運んでくるとは限らない? [映画業界物語]

12279112_936091206465184_5798642374334691830_n.jpg

チャンスは幸せの青い鳥が運んでくるとは限らない?

本当にどうしようもないバカがときどきいる。非常識極まりない。未熟で何の実績もないのに、上から目線。「殴ったろか!」と思える連中。どこの会社や組織にも何人か、そんな輩がいる。

映画監督デビューした頃はそんな連中との仕事が多く、殴り倒したい衝動を抑えることが日課。そいつが起こしたトラブルのために、こちらの作業が遅れているのに、本人がこういわれた。

「いつまでかかっているんですか?締め切りは過ぎていますよ。みんな迷惑しているんですよ」

「そもそもは、てめえのせいで遅れてんだろ!」と、今から会社に乗り込んで反省するまで説教してやろうか!と思うことの連続。血圧計があれば、軽く200を超えていたかもしれない。

そして、彼らの努力不足と間違った対応で結局、プロジェクトが崩壊。こちらは何ヶ月も振り回されたのに、ギャラも払おうとせず、逃げまわることが多かった。映画界は契約書がないので、告訴も出来ない。いや、出来ても訴訟する費用がない。結局、バカを見て終わることになった。そんな思い出話をしていると長年の友人に言われた。

「でも、結局、そんな連中が投げ出したプロジェクトを、形を変えて継続。あるいは、そんな奴らを相手にしながらも、太田は作品を完成させたよね?」

そう言われればそうだ。相手がバカ過ぎるので頓挫しただけで、正当な形で進めて行けば完徹することができるプロジェクトだった。彼らが無能だっただけ。僕の初期の映画はそんな感じ。

友人の指摘を聞き、考えていると、元々は困ったちゃんが持ってきたネタだったが、僕が引き継ぐことで完成したとか。彼らが連れてきた業界の大物さんがいたが、投げ出したので、残った僕が大物さんから可愛がられたりということがあった。

バカが仕事を持ってきて、愚行を続けたが、投げ出しいなくなり。僕がそれを形にしたことで、次のチャンスにつながったということが何度かある。

彼らに感謝しようとは思わないが、チャンス。幸運。というのは幸せの青い鳥だけが運んでくるものではないことを感じる。もちろん、彼らのせいで1年以上を無駄にしたし、巨額の借金も抱えた。約束のギャラももらっていない。

もう2度とそんな連中とは仕事しないが、そこから大きなチャンスに繋がり、飛躍もしてきた。人生分からないものである。



m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画