SSブログ

原発事故の悲劇を描いた映画「朝日のあたる家」2013年公開 [原発問題]

DYn7EjcU8AAhGUs.jpg


原発事故の悲劇を描いた映画「朝日のあたる家」2013年公開

並樹史郎、斉藤とも子、いしだ壱成、山本太郎

監督、脚本 太田隆文

公式hp=> http://asahinoataruie.jp


Ev9onDgVIAQMBRt.jpeg
nice!(0)  コメント(0) 

デビュー作から16年。6本の監督作を撮った。最初の映画はこれだった。 [2021]

20643558_1570497203024578_866954958507508745_o202.jpg


僕の映画監督デビュー作。2005年。「ストロベリーフィールズ」

あれから16年。

「朝日のあたる家」(2013年)が3本目。

「沖縄戦」が6本の監督作。早いなあ〜。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

「ワイルドスピード」最新作。宇宙にまで行くがレベルは低い [映画感想]

233451224_5925356464205275_2254814116176276425_n.jpg

「ワイルドスピード」最新作。宇宙にまで行くがレベルは低い

金はべらぼうにかかっている。アクションは派手だ。物語もある。兄と弟の対立(007みたい?)父の苦悩。家族愛と感動要素もある。が、感動できないどころか、退屈してしまう。ストーリーに乗れないと、どんな派手なアクションがあってもハラハラできない。わー凄いなあ。で終わる。

まさに、そんな映画。、あ。このシリーズはもともと、そんなノリなので、変に感動要素を入れない方が良かったのかも?しかし、全く乗れなかった。その理由を考えたい。

57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。