SSブログ

原発、安倍政治を批判した人が五輪とワクチンでは、なぜ誘導されたのか?=推理した! [オリンピック問題]

217168071_5799679080106348_957435024290609718_n.jpg

原発、安倍政治を批判した人が五輪とワクチンでは、なぜ誘導されたのか?=推理した!

ある友人。原発反対。安倍政治を許すな!と言っていたが、オリンピック応援、説明しても「だって選手は1年、苦しい思いをして頑張ったんだから試合に出してあげたいじゃないか?」という。「店、開きたくても開けない飲食店はどうなのよ?」と聞くと「だから、オリンピックで応援するんだよ」......ダメだこりゃ。

友人はワクチンも、すでに2回受けている。危険性を説明すると「俺の職場はいろんな人と接することが多い。だから、みんな迷惑をかけないように摂取したんだよ」という。摂取直後に死亡という報道もあるが、こういう。「何事もリスクはつきものさ。インフルエンザの摂取でも死ぬ人はいるしなあ」その数が段違いであることも知らないようだ。

さらに説明しようとしたが、話きたくないという顔。何かあっても、これこそ自己責任。と考えることにした。ただ、不思議なのは原発問題には関心を持ち、あれこれ勉強。安倍問題も詳しく知っており「あいつだけは許せない!」と息巻いていた。どちらのデモに参加している。昔は社会問題に全く興味を示さなかったのに、311以降は関心を持ち。ネットでもあれこれ意見していた。なのに567あたりから、テレビしか見ないその辺のおっさんと同じレベルになってしまった。

218254289_5793063384101251_4983137508261430008_n.jpg


推理した。「原発、安倍問題」と、「オリンピック、枠てん問題」の違い。前者は鋭く実情を見抜いたが、後者は誘導されまくり、政府の思う壺。友人は馬鹿ではない。原発事故についてはあれこれ調べて詳しい。森友、家計事件も把握している。なのにアスリート頑張れ!、ワクチン大切!と頑な。マスコミに誘導され、乗せられるタイプではない、、、311で覚醒して、政府やマスコミの思惑を見破る眼力を持つ人だと感じていたのだが。

4つの共通点を分析して答えを見つけた。原発&安倍も様々な誘導や印象操作があったが、彼は騙されていない。「オリンピック&ワクチン」も同様だが、誘導されている。そうなった背景。全て彼は「感情」で判断している。原発事故=「福島の人たち気の毒、住む家も仕事もなくす。東電許せない!」安倍政治=「特定の人を優遇。公文書改竄。亡くなった職員もいる。安倍許せない!」と思ったのだ。

オリンピック=「選手が頑張る。1年延期。苦しい戦い。努力。やっと開催。頑張って欲しい!」ワクチン=「周りの人に迷惑かけたくない。俺が感染して苦しむのはいい。でも、職場の人。お客さんを苦しませたくない」そう、こちらの2つは「優しさ」つまり、彼の判断は4つとも感情から来ている。「許せない」「酷い」「可愛そう」「迷惑かけられない」そんな他人を思う気持ちが、発言や行動に結びついている。

物凄く優しい、他人の気持ちを考える奴なのだ。でも、そのために後者の2つは誘導された。確かに選手は大変だろう。苦しい1年だった。しかし、一般国民も同じ。567禍で苦しんでいる。その中で感染拡大を止めないで、世界から選手やマスコミを呼んで強行開催することの危険性を考えない。努力する選手、個人を見て「試合をさせてあげたい!」と願っただけなのだ。他で苦しんでいる人。感染の危険性に思いが及んでいない。

枠てんも同様。同僚やお客の心配をする。だから枠てん。ただ、それが如何なるものか?どんな問題があるのか? 説明書を読むだけでも疑問が出てくるのに、周りの人たちへの思いから、危険性の高い枠てんを2回も摂取してしまった。彼の行動の基本は「感情」なのだ。法律とか理論ではない。筋が通らない!とか、違法行為である!ということではなく、感情。「可愛そう。頑張って欲しい。苦しませたくない」ということで判断しているのだ。


213665205_5736731056401151_6217366111102890228_n.jpg


「優しい奴」だとは思う。だが、他に大勢いる苦しむ人たちの存在を想像できていない。彼が以前批判していたマスコミや政府に乗せられている。「選手を試合に出してあげたい!」という思いは間違ってはいないが、そのために使われる費用で救える患者が救えない。感染が広がるということに気付いていない。

だが、これはパターンなのだ。多くの場合。国民を誘導する手段は「感情を揺さぶること」太平洋戦争で日本は「米英鬼畜」といい、アメリカは「リメンバー・パールハーバー」と叫んだ。どちらも感情を揺さぶる。

湾岸戦争ではイラク軍がやってもない蛮行を、クエートに住んだこともない少女ナイラが国連で演説。世論を戦争に誘導した。米国のベトナム参戦も同様。満州事変も日本の関東軍が裏で仕組んでいた。「許せない!」「助けなければならない!」マッチポンプで国民を怒らせて戦争を始める。

今回もまさに同じ手法。原発と安倍政治は仕組まれたものではない。だから、友人の目は被害者側に向き感情が揺さぶられた。が、仕組まれた五輪と枠てんも、まさに感情を揺さぶり誘導するもの。つまり、友人はとても優しい心の持ち主ではあるが、先の2つも覚醒して鋭く見抜いたのではなく「可愛そう」という思いから始まったもの。だから、あとの2つでは見事に誘導された。多分、多くの日本人が同じ発想なのではないか? 

「あの政治家、嫌いです」と言い方をする人が多い。タレントではない、好き嫌いで判断するのはおかしいが、人の判断基準、基本は好き嫌いなのだ。そこからあれこれ考えて判断すべきなのだが、多くの人はしない。「嫌い」それで終わり。深く思考をすることを学校では教えていない。

単純発想で、言われたことをするだけのサラリーマンを育てるのが日本の教育。「あの友人は違う」と思っていたが、彼もまた同じだったのだ。ただ、人より優しく。行動的なだけ。そのために簡単に誘導されてしまった。

政府や企業が国民を誘導するときには、必ず感情を揺さぶる。「誰かを守るため、日本のため、家族のため」とアピールする。しかし、彼らが求めるのは自分たちの地位と利益だけ。それを守るために多くの国民が踏みつけにされ、犠牲にする。

その究極が戦争。オリンピックも、ワクチンも、裏で大儲けしている人たちがいる。それに気づかず「応援したい!」「励まされた!」という人たちが今回もたくさんいた。だが、誘導されていることに気付いてもらうのは難しい。まさに洗脳なのだが、多くはこういう。「俺、洗脳なんてされてないから!」今回もその繰り返しだった。



57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(3)  コメント(0) 

コロナ禍ではなく、夏休み。来るべき時代のための充電と考える。 [コロナウイルス]

Eyrg2epVEAkUWkO.jpeg

コロナ禍ではなく、夏休み。来るべき時代のための充電と考える。

五輪開催の2週間ほど。毎日、鉛を飲むような気持ちで過ごした。ようやく、それが終わったと聞き安堵。残る問題はコロナだ。五輪で気が緩んだせいもあり、感染が爆発。菅のいう「安全安心」は全くまやかし。これで新型ウイルスを選手が持って帰り、世界で感染爆発になったらどうするつもりか? そのことで菅が辞任。小池が引退すれば、それは意味ある五輪だったかもしれない。いけない。ネガティブになるので、考え方を変えよう。

映画界も567で壊滅状態と言われる。以前からの企画は延期や中止。テレビだけが無理にでも撮影しているが、多くの業界人が仕事を失い厳しい状態を送っている。そんな中での五輪。余計にイラついた。なぜ、スポーツだけが特別扱い?!おっとまた「怒りモード」になってしまう。ポジティブに考えよう。

僕の場合。監督デビューから15年。休みなしに走り続けた。その作品がまだ上映中で舞台挨拶ツアーをしているのに、次回作のロケハンもせねばならないこともあった。2本同時に進行ということもあった。最初はいろいろ頭の古い人がいて大変だったが、今は素晴らしい仲間たちと毎回、映画が作りができている。ただ、低予算作品ばかりで時間も製作費もなく、毎回厳しい戦い。スタッフ、キャストに助けられてばかりだった。

監督業だけでなく、脚本も担当。編集、プロデュサー、宣伝もやる。撮影前には製作部の仕事であるロケハンも自分でする。毎回1人7役ほどやる。1本終わるとボロボロになり、医者に「過労死するから休め」と言われる。全国公開が終わりダウン。数ヶ月寝込む。血圧が危険値、疲労困憊で寝たきり。ま、毎回、遺作と思っているので、そこで死んでも構わない。が、生き延びたら、映画の神様が「もう1本撮れ!」と言っているのだと考える。

それを15年続けてきて感じる。映画以外のことを考える時間も大切。映画の題材以外のことを勉強するのも大事。その意味でコロナ禍は「休め!」という機会かもしれない。大人の夏休みなのだろう。仕事がしたくても出来ない。それは意味あることかもしれない。学生時代に読んでいない本を読む。映画を見る。あるいは若い頃に読んだ本や映画をもう一度読む、見る。あの頃と違う印象を持つはずだ。

間も無く60代。完全にジジイの年齢になる。70代になれば体力的に監督業はきつくなるだろうし、そんな歳まで依頼が来るとは思えない。そのためにも60代が勝負になる。しかし、表現の仕事。創作力は無から湧き出すものではない。「才能」なんて存在しない。体験、知識からしか物語は生まれて来ない。取材というのもあるが、それも知識の吸収。依頼が来てから始めたのでは遅い。だが、仕事をしていると、そんな時間がない。その時間。今、あると考えたい。

学生時代からそうだが、夏休みと言って旅行に行ったりバイトをしたりしなかった。あの頃から休みになると映画と読書。興味あることを勉強。今なら戦後の日本。原爆。123便事件。ロッキード事件。ケネディ暗殺に関わった日本人。気になる事件がある。沖縄戦勉強でも感じたが、沖縄戦を知るのに沖縄戦だけを勉強してもダメだということ。太平洋戦争だけでなく、ヨーロッパ戦線、日中戦争、そして戦後の日本も知らないと本当の意味での沖縄戦は見えて来ない。3年勉強しただけでは十分ではない。

今は長編漫画「カムイ伝」を読んでいる。第1部の15巻は読み終え、現在は第2部。これもまとまった時間がないと読めない。山崎豊子の小説は大学時代に読んだが、その後に出版された「沈まぬ太陽」も読みたい。これも長い小説なので余裕がないとダメだ。15年前に読もうとしていて監督デビュー。その後、チャンスなしとなった。あと、名作と言われる文学で読んでいないものも多い。ま、基本、好きではないが、昔から「罪と罰」だけは読みたいと思っている。

「人間の条件」と「戦争と人間」も全部見直した。この2つの長く重い。仕事中に見ると、仕事が出来なくなる。そんな時間ができた。人生最後の夏休みが来た。と思うようにする。下手したら、567が明けても、仕事はないかもしれないが、今は充電だ。経済、生活、いろいろ問題はあるが、充電期間だと考える。多分、この1年で大きな展開がある。時代が変わるだろう。予感でしかないが、その日のための準備でもある。五輪もやっと終わった。自分のペースで、充電を続けよう。


57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

五輪強行開催で痛感した日本人の愚かさ=この国に未来はあるのか? [オリンピック問題]


9.jpg

五輪強行開催で痛感した日本人の愚かさ=この国に未来はあるのか?

オリンピックが終わったそうだ。あーやっと?と言う感じ。何度も何度も書いたけど、この感染拡大の中で何で五輪だけ強行したのか?納得できない。ま、理由は簡単。「利権」だ。やれば儲かる人たちがいる。やらないと困る人たちがいた。IOCは約7000億円の米放映権が入る。バッハは1泊400万円のホテルに泊まる。部屋代のほとんどが日本側の支払い。そのお礼に菅と小池は勲章をもらうらしい。

結果、感染爆発。「帰省は中止」といいながらオリンピック開催したのでは国民の気が緩む。街は人で溢れれていた。何が緊急事態宣言か? 映画館はまた1席開けての自粛体制。多くの映画撮影が中止になっている。演劇やコンサートも同様。子供たちの運動会。その中でなぜ、五輪だけ強行なのか? ニュースを見れば、選手たちが笑顔で「がんばりました!」と金メダルを誇る。余計に腹が立ち別のチャンネルに変える。

開会式はユダヤ人惨殺ゴッコの演出家のプランということで見たが、競技は一切見なかった。見たいとは思わない。いや、見たくなかった。空手は少し興味あったが見なかった。多くの犠牲の上に、一部の選ばれし選手たちが、どんなに頑張っても応援できなし共感できない。そして選手たちは絶対に一般国民の現状を語らない。自分がメダル取ったことを誇るばかりだ。入院できない患者、店を開けられない飲食店、運動会のできない子供たちのこと。考えていないのか?

ただ、唯一、良かったこと。オリンピックは利権塗れで、もはやスポーツの祭典ではないということが認識できたことだ。政府は理不尽を通し、国民を犠牲にしても強行するということ。それは戦争や原発と同じであるということが確認できた。今の政府、自民党はそういう人たちの集団であり、国民のための政治をしていないことが完全に明確になった。犠牲が出ても強行するのは、戦争もいとわないということなのだ。掛け声だけでなく彼らは戦争をやること。よく分かった。

後の時代から見ると「あそこから日本崩壊が決定的になったな?」「自民の終わりが始まったな」というイベントとなった気がする。落ちるところまで落ちたということ。ただ、同時に「アスリートに励まされた」「元気をもらった」という奴隷としかいいようのない国民が圧倒的多数であることも感じた。「五輪が始まった以上、日本を応援しよう!」戦争の時もいうのだろう。その意味で、もう一度、戦争してまた、先の大戦のように多くの犠牲者を出さなければ、国に乗せられ誘導されていることに気づかないかもしれない。

そうすればまた70年ほど「戦争はいけない!」と言い続けるのだろう。日本人がそこまで愚かではないと思いたいが、オリンピック騒動を見ていると、その程度の国民性しかないことも痛感する。ただ、次は先の大戦とは違う。2年後、5年後に結果が出るかもしれない。そこでまた気づく機会になるのかもしれない。あー暗い話ばかり書いてしまったが、567と五輪(どちらも5)のダブルパンチで打ちのめされた2週間。五輪終わったので元気だそう。



57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。