SSブログ

2月。東京で「ドキュメンタリー沖縄戦」が再映! [沖縄戦]

IMG_3751.jpg

2月。東京で「ドキュメンタリー沖縄戦」が再映!

「ドキュメンタリー沖縄戦」昨年11月の沖縄上映を最後に終了したが、その後、別の映画館から依頼があり、今年2月に東京での公開が決まった。これは嬉しい。と言うのは「沖縄戦」大好評で今年の7月に東京公開。その後、日本全国27館で次々に上映。最後が沖縄だった。

映画館は最低2週間の上映だが、ヒットすると3週4週と延びていく。だが、コロナで1ヶ月ほど映画館が休業。そのために上映せねばならない映画が山積みとなり、どの映画館でもギュウギュウの上映となっていた。特に都会は大変。なので、「沖縄戦」がヒットしても3週目、4週目の上映ができないところが出てくる。

そこでムーブーバー。映画館を変更して上映が続ける対応となった。大阪も2館。京都も2館。横浜も2館。と1館目が終わったら2館目が始まると言う形。ところが東京。2週の予定を4週間上映してくれたが、あとが詰まっていて、5週目ができなかった。しかし、ムーブオーバーするにも東京は他の劇場もいっぱい。

そんなわけで「観たい!」と言う声はまだまだあるのに、東京公開は終了。横浜や京都ではやっているのに〜と言う残念な状態があった。そんな声に答えて東京のシネマハウス大塚さんが手を挙げてくれた。ここは森達也監督のドキュメンタリー特集などをよくやるところで、僕も何度も行っている。素敵な劇場からの上映依頼。ありがたい。

DVD発売はまだ決まっていないので、見れなかった人は当分見れない予定だったが、東京の再映が決まり嬉しい。2月から上映。よろしく。




118791317_4298505766890361_8313874717155338516_o.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

2017年春から、毎朝お茶を飲むことにした。 [2021]

141472968_4939213586152906_4429288364914211777_n.jpg

静岡県西部で撮影した「明日にかける橋」

製作スタートの2017年春から、毎朝お茶を飲むことにした。

それまでは学生時代からずっとコーヒーだったのをお茶にした。

それから4年。今も毎朝、お茶。

そのせいか、この4年間。風邪を引いていない。

過労で倒れるが風邪はない。お茶は凄い。


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

考えること。調べること。把握すること。伝えること。ーそれがクリエーターの仕事。 [映画業界物語]

40288026_2137306393010320_9009797108659650560_n.jpg

考えること。調べること。把握すること。伝えること。ーそれがクリエーターの仕事。(短縮版)

映画監督業で大切なこと。いや、監督だけでなく、作家でも、漫画家でも、クリエーター、それらの仕事は皆、同じものが大切ー「考える時間」だ。もちろん、締め切りがあり、それまでに上げなければならず、十分に考えられずに終わることが多い。

「このスピード時代に何、甘えたこと言ってんの?」「俺は短時間でもやれるぞ」とか言う人もいるが、必要な時間をかけた作品には絶対に敵わない。インスタントでは伝わらないのだ。おまけに時代は大きな曲がり角。今までのように時間に追われていては正しい方向には進めない。

そんな疑問を感じている時にコロナ禍。多くの仲間や俳優たちが仕事を失い大変な思いをした。それは悲しいことだが、時間ができた。その間に沖縄戦だけでなく、戦争の勉強を続けた。戦争は数ヶ月だけ勉強、数冊の本を読んだだけでは把握できない。そして過去の悲劇だけではなく、これからも起こる可能性がある。現代も把握せねばならない。

それを学び!考える!大切な機会に転用した。過去を学ぶこと。現在を知るための時間が持てたことは重要。沖縄戦で終わらずに「戦争とは何か?」を見つめ、考えて、「大切なことは何なのか?」を伝えねばならない。それが僕の仕事なのだと思えている。


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

日本の戦後教育は国策? =戦時中と同じだったこと。ある取材で痛感。 [日本の教育]

61654713_2708964762511144_8870839184168845312_n.jpg

日本の戦後教育は国策?
=戦時中と同じだったこと。ある取材で痛感。

戦中の教育=「米英鬼畜」「欲しがりません。勝つまでは」という教育と戦後の教育が同じ構図であることを何度も伝えてきた。僕にとって10代の高校時代からの疑問であり、当時から「無意味な勉強」と思えていたが、40年近い月日の中で検証し、答えを得た。

確信するに至ったのは3年に及んだ沖縄戦ドキュメンタリーの取材だった。その中で当時を知る方々からお話を伺い、戦時中の皇民化教育とはどういうものか?を調べた。それがまさに、僕らが幼い頃から受けた戦後教育と同じ方法論であったこと。

「戦争をしろ!」

と上から命じるだけでなく、国民自らが

「戦争をせねば!」

と考え願うようになる教育。そして親や大人たちも推奨し褒め称える。戦後教育も同じ構図。

「しっかり勉強して、一流大学に行こう!」

子供達が自らそれを目指し、親たちもまた戦中と同じようにその考え、行為を褒め称える。国策は押し付けるのではなく、国民の1人1人がその価値観に賛同し、国が求める方向に努力して進むものであること。2つの時代を検証し痛感した。

もちろん、戦後は戦争といっても受験戦争。日本を経済大国にするための国策教育。その全てを否定するものではない。が、

「与えられたことを疑わずに確実にこなす」

そんな人材を育てるものなので、それ以外の素質があって、その素質に著しく欠ける者も、例外なくそのベルトコンベアに乗せられて選別され、それ以外の力を養う機会を失った。

そのような人材ばかりを育てたために、20年も続く不況を脱することができず、日本を三流の後進国に貶めた原因にもなっている。いずれにしても戦時中は戦争に反対すると

「非国民」「死ぬのが怖いのか!」

と言われた。受験戦争を批判すると

「落ちこぼれ」「お前は勉強するのが嫌なだけ!」

と言われた。国が思う方向に子供達を思想教育し育てようとすることは、賛同できないし、非常に危険であり、大きな犠牲を伴う。

だが、いずれも国策は国民全体に浸透し、それを疑うことなく親も子供も従ったことは恐ろしいとしか言えない。もし、戦争が再び起きれば、国は同じ方法論で教育を再開。国民はまた疑うことなく従い、太平戦争の悲劇を繰り返すことになるはずだ。そんなこと「沖縄戦」で取材した当時を知る方々の話を聞いていて強く感じた。その意味でも「ドキュメンタリー沖縄戦」見て頂きたい。

沖縄戦ブログ=>https://okinawa2017.blog.so-net.ne.jp



78333202_3245059878901627_1537660045007781888_o.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

与えられたことするだけの存在。自分で考えることができない人材。 [再掲載]

131951373_4794431850631081_5529041400396803204_n.jpg

今の教育からはリーダーは出て来ないし、

そんな教育で育った人がリーダーになったら大変なことになるよ。

与えられたことするだけの存在。自分で考えることができない人材。

あ、すでにそんな人達がリーダー......だから今の日本。




m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

人間関係で悩む、あなたへ。我慢せず自分の意見を伝える?=久米宏に学んでみた [再掲載]

IMG_3081.JPG

人間関係で悩む、あなたへ。我慢せず自分の意見を伝える?=久米宏に学んでみた。

先に紹介した久米宏の発言。「20%に好かれる番組作り」あれこれ応用が効く。Facebook。友達が1000人未満の頃は、何をどう書いても、「友達」は僕を知る本物の友達や僕の映画を応援してくれる人たちが中心なので問題はなかった。過激な意見を書いても「監督らしいなあー」と好評。

ところが「友達」が2−3000人を超えると、明らかに僕を知らない。僕の映画を見たこともない人たちが増えた。さらに「映画監督? 面白そうじゃん」と友達申請してくる人も多い。それはそれでいいのだけど、中には常識のない人、「友達」承認されると本当の友達になったと思い込み、いきなり「お前さあ」とかコメントしてくる人もいた。

一番多かったのは、「アイドルの**子って、本当に性格悪いんですか?」とか聞いてくる人。「監督の映画はどこで上映していますか?」「上映時間を教えてください」とか、すでに記事に何度も書いてあること。あるいはネットで検索すればいいものを直接聞いてくる人たちが出てきた。他にもプライベートな質問。「どうすれば映画の仕事ができるか?」という相談。「君、全く分かってないね?」という上から目線の批判。誹謗中傷。揚げ足取り。そんなことコメントして何が楽しいの?という人たちが増えた!

久米宏はいう「視聴率が30%になると批判が増え、やりづらくなった」その縮小版だ。「ニュースステーション」は当初、打倒NHKを目指し、個性的な番組を続けていたが、次第にNHK的な誰もが文句を言わない報道をせねばならなくなったという。そして、汚染された茶葉問題。そこで久米は「終焉を感じた」らしい。規模は違えど、僕のFacebookも似たような状況だった。

で、数年前に考えたのたこと。誰も批判しい無難な記事を書くのではなく、より個性的な記事を書くということ。こう告知した。「反論、批判は要りません。それはご自分のサイトで」「質問、相談も受けません」「誹謗中傷はすぐ削除」「守れない人は友達削除します」そう言いながら、不安だった。「何様だ!」「偉そうに」と反発を予想した。「友達」が激減するかもしれない。でも、それでいい。テレビ番組ではない。個人のFacebookで自分の意見を言えないようでは意味がない。20%の支持でいい。と考えた。

結果、「友達」は減らず、むしろ増えた。今はほぼ5千人だ。批判や中傷もなくなり、プレイベートな質問や相談もほとんどなくなった。「友達」たちは理解してくれたのだ。ただ、先の「れいわ」ブームで「友達」が数百増えてから、また、似たようなコメントが復活したが、告知を繰り返すことで理解を得られている。それでも非常識なことを書き込む人は削除。テレビの場合ならこうは行かないが、Facebookでは可能だった。批判や中傷を気にする必要はない。自分らしさを伝えれば、分かってもらえること感じる。



70224074_2983834808357470_1482878334147756032_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

戦争が終わって16年後。僕は生まれた。わずか16年であること今更気づく。戦争は遠い昔のことではない。 [再掲載]

戦闘機2.jpg

戦争が終わって16年後。僕は生まれた。わずか16年であること今更気づいた。

「この世界の片隅に」を観ながら考えた。太平洋戦争が始まったのが1941年。昭和16年。終戦というか敗戦が1945年。昭和20年。そのことは前から知っている。計算してみた。僕が生まれたのは1961年。昭和36年。つまり、戦争が終わってから16年しか経っていない。昔は16年といえば長い長い年月だったが、30歳過ぎた頃からは5年10年があっという間。

昨年夏、オウム真理教の地下鉄サリン事件の本を読んだのだけど、Facebookに書くと「子供の頃なので、よく覚えていないですけど、確かにあの頃.....」とのコメントが入った。そうか、サリン事件はそんな昔? 忘れもしない1995年だ。計算すると今から25年前!敗戦は僕が生まれる16年前。サリン事件は25年前?

つまり、今の時点から、振り返ってみると、戦争が終わって僕が生まれるまでの時間より、サリン事件があってから今までの年月の方が長いということだ!それは阪神大震災にも言える。サリン事件と同じ1995年。その3ヶ月後に神戸の街を訪ねた。まだ、廃墟のビルが残っており、水を配るポンプ車が回っていた。まるで戦争の後のようだったこと。鮮明に覚えている。

それも25年前。つまり、僕がサリン事件や阪神大震災をしっかりと覚えているように、僕が生まれた当時の大人たちは、それよりも短い16年前の戦争を覚えていないはずがない。そして、自身の記憶を手繰れば5歳頃。幼稚園に入った頃の記憶はある。その頃でさえ敗戦から21年。まだ震災よりも時間が経っていない。

当時に見た風景こそが戦争で焼け野原となったところから復興しつつあった日本の姿。まだ、傷痍軍人はいて、商店街で手や足のない人が白い服を着てアコディオンを演奏していた。子供心に怖かった印象があるが、彼らこそ戦争で傷つき帰国した兵士たちだったのだ。しかし、僕はその人たちが太平洋戦争で傷つたことを想像できていなかった。今の若い人が「オウム事件当時は子供だったので」というのと同じ。

敗戦からわずか16年....戦争は遠い遠い昔だと思えていたが、わずか16年なのだ。子供の頃、出会った大人の女性たちこそが「この世界の」すずさんだ。そう、僕らはすずさんに会っている。話している。言葉を交わしている。でも、戦争の話はほとんど聞いていない。

それをリアルに伝えるのが映画でありドラマなのだろう。歴史を知らない子供たちは、戦争を実感できない。そして永遠に戦争を放棄と誓ったこの国が、わずか70年ほどで戦争のできる国に戻ってしまった。狂った指導者はいつまた戦争を始めるか?分からない。それを止めるのはデモや選挙だけではない。「この世界の」のような作品を作り続けること。大事なのだと自らに問いかけた。


82387405_3382356795171934_7969329727741624320_n.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

いろんな意見を聞き、情報を得て、論理性、整合性を持って考えれば真相は見てくる! [再掲載]

IMG_5239.JPG

いろんな意見を聞き、情報を得て、論理性、整合性を持って考えれば真相は見てくる!

原発事故の悲劇を描いた映画「朝日のあたる家」(山本太郎さんも出演)を撮ったことで、いろんな人たちと出会った。反原発に人生を賭ける人たちから、学者、ジャーナリスト、政治家、首長、元総理、評論家、経済学者、また、情報通の方々から、その後も原発以外のことも教えていただく。

そんな情報を時々、記事にしてFacebookでアップさせてもらっている。かなり意外なものもあるが、その情報源が誰か?はもちろん言えない。「証拠見せろ!」と言う人がいるかもしれないが、刑事ではないし、ジャーナリストでもないので、それを立証することはしない。

ただ、世の中にはデマが溢れているし、国民の目をそらすためのフェイクニュースも多い。国会議員が言ったら、学者が論文で指摘しているから、と言うだけで信じてはいけない。信頼している人からの情報でも、そもそもの出所が問題ある場所かもしれない。「私は新聞記者じゃないから、本当のことが何か?は分からないよー」と言う友人もいる。

でも、現実に照らし合わせ、他の意見と比較することで、真実に近づくことはできる。前後関係。流れ。誰が一番得をするのか?と言うミステリーで犯人を探す時の基本も大事だ。また、平和な時代に長く生きていると想像力が欠乏する。安全な国ニホンに住んでいると、アメリカのマクドナルドでバッグをテーブルに置いてトイレに行ったりする!日本の発想だけでなく、海外からの視点でも考えてみる。

被害者の立場に立つ。同情するだけでなく、加害者の立場にも立ってみる。どんなメリットがあるのか? リスクは何なのか? そして何より論理性、整合性。思い込みは厳禁。都市伝説に当てはめたり、作られた陰謀説に無理やり合わせて「これだ!」と考えない。想像や妄想に陥らず、論理の飛躍に注意して考えれば、真相に近づくことは可能。

原発事故もそうやってアプローチしていたら、いろんな人たちによって真実が暴露され、電力会社が隠していたこと。原子力ムラが密かに進めていたことは国民の知るところとなった。今回のコロナウイルス騒動もいろいろ裏があると思える。単なるインフルエンザの流行とは違う。考えれば、いろいろ見えてくるはずだ。


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

騙されてはいけない。誘導されてはいけない。正義感が強く、行動力のあるあなた。ご注意あれ! [再掲載]

117444450_4195956660478606_7584262177885892346_o.jpg

騙されてはいけない。誘導されてはいけない。正義感が強く、行動力のあるあなた。ご注意あれ!


杉下右京は言う。「細かいことが気になる困った性格!」僕も似たようなところがある。だから脚本家という仕事ができるのかも? ただ、嫌がられる。「そんなんこと。どうでもいいだろう!」とよく言われるが、どうでもよくない。

問題ある奴がいる。迷惑ばかりかけている。「なぜ、彼は嫌われることばかりするのか? 何か理由があるんじゃないか?」と言うと、友人は「あいつは単に嫌な奴なんだよ!」と怒る。が、調べていくと、その人は精神病だった。悪意はないが、精神状態が普通でないので無責任なこと、人を傷つける発言が多い。そのためにトラブルが起きていた。

何か事件やトラブルには必ず原因がある。嫌われている人がいたら、彼ら彼女らの背景や生活に何かがある。単に「嫌な奴」なんてあり得ない。ただ、考えるのが面倒という人が多い。「嫌な奴」と決めつけ、済ませてしまう。

「あの政治家は許せない。裏切られた。2度と応援しない!」

と怒る友人もいる。理由を聞く。ほとんどが聞きかじった情報やツイッターでのデマが背景。さらに聞くと、友人はその人を過大評価していた。なのに現実が見えてくると「裏切られた!」「彼は変わってしまった!」と嘆く。もともと、そう言う人なのに...。

あるいは「勝手な思い込み」で、その人を見ていた。現実が見えてくる。「自分の見る目がなかった」とは考えず、「裏切れた」「彼は変わった」と断定。怒りに駆られ、誹謗中傷。バッシング。「俺は裏切られた!」「正義は私にある!」と攻撃。悲しい。ただ、彼ら彼女らは熱く、真面目で、正義感が強い。だから、強い怒りがこみ上げる。悪い人たちではない。むしろ「思い」ある人たち。でも、現実が見えない。

その噂。本当に正しいのか? その情報。本当に事実なのか? 思い込みはないか? 別のことをダブらせていないか? 関係ない怒りを向けてはいないか? そうは考えない。ツイート見る。「何ーーーそれは酷い。許せない!」リツイートして攻撃。誰が、いつ、発信したツイートか確認しない。発信した人物が何者で、どんな背景があるか?確認しない。アイコンがアニメキャラでハンドルネームなのに安易に信じてしまう。

マスコミが「今、日本は**国から攻撃を受け、多くの子供が殺害されました」と報じれば、「何〜許せねえ! 志願して自衛隊に入って戦うぜ!」と言う人が続出するのではないか? アメリカがよく使う手だが、日本も過去に使っている。情報を確かめることは大事だ。いつ、誰が、どんな人が発信したのか? 背景は? 目的は? 裏は? 情報の真偽は? 少し考えるだけで、いろんなことが見えてくるはずだ。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

トンカツ定食 [2021]

139972014_4923006271106971_2609277025571776590_n.jpg


トンカツ定食




asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画