SSブログ

「正月は1人で正月らしいことをしていないだろうから」 [2021]

137680051_4885501461524119_7868637189929045577_o.jpg

いつも、お世話になっている方が「正月は1人で正月らしいことをしていないだろうから」と、お誘い頂き、お節をご馳走になった。残り物ではなく、この日のために改めて作ってくれたのだ。何だか、この連休が三ヶ日気分。ありがたい。多くの人の応援で支えられていること。改めて感じた。ご馳走様でした。


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ジョゼ、めっちゃ名作!涙なしで見れへん。 [映画感想]

136049237_4860233084050957_2459101542450895409_n.jpg

ジョゼ、めっちゃ名作!涙なしで見れへん。

ー紙芝居であそこまで泣けるとは、、、

お勧め。優しくなれます。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

この季節はこれ。カキフライ! [2021]

136944592_4873226429418289_5313507804638707149_n.jpg


この季節はこれ。カキフライ!



m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

お医者さんと意気投合した話=飲み屋で健康診断はしたくない? [事件]

136427865_4873358606071738_9061263639200841390_n.jpg

以前、よく行くランチの店で、職業を聞かれてつい「映画の仕事。。。です」といってしまった。「監督ですか!」「凄い!」とか言われて「高倉健と仕事したことあります!?」とか「ジャニーズ系は?とか質問責めにあった。

まあ、何かの会なら1時間くらい大笑いする話をするのだけど、何で飯喰いに行ってトークショーをせねばならない? お笑い芸人さんも売れてくると、初対面の人に「何か面白いこと言ってよ!」とか言われるらしい。歌手だと飲み屋で歌わされたり。でも、それは仕事。何で飯食いに行って仕事せにゃならん!?

だから、店ではなるべく店員さんと話さない。世間話から親しくなり、あれこれ聞かれてしまう。幸い、テレビには出ないので顔は売れていない。年に1−2回は「太田監督ですよね?」と声をかけられるが、まず映画監督とは思われない。ー「怪しい人」で終わる。でも、逆に興味を持たれ「何者か?」と店で話題になったりする。

そんな話をすると、お医者さんに超共感された。飲み屋でも「医者」というと、あれこれ相談されるそうだ。「何で飯食いに来てタダで健康診断しなきゃけいなんだ!」と憤っていた。「今、プライベートなので」というと「何だ偉そうに....」と言われる。お医者さんとはそんな話で意気投合したことがある。


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

日本の間違った教育が日本人をダメにした=高校時代に教師が言った言葉を考えた? [日本の教育]

IMG_2988.JPG

日本の間違った教育が日本人をダメにした=高校時代に教師が言った言葉を考えた?

高校時代に「こんな勉強をしていて何の役に立つんだろう?」と思えた。それから勉強をやめ映画ばかり見ていた。家ではレコードを聴きながら、映画関係の本や雑誌を読んでいた。当然、成績は下がる。担任に呼び出されて注意された。「何でしっかり勉強しない!」そう聞くから答えた。「あんな勉強をしても意味がないと感じるからです。大学まで10年も英語を勉強しても英会話ができない。それって意味あることですか?」担任は一瞬黙った。彼は英語担当だった。が、教科書を読むことしかできない。にも関わらず、その問いには答えずこう言った。

「あのなあ。勉強というのは自分を鍛えるためにするものだ。大人になりちゃんとした社会生活ができるようになるための訓練なんだ」そういうので訊いた。「社会に出ると古典や漢文。因数分解や連立方程式が役に立つんですか?」そういうと怒鳴られた。「いい加減にしろ。お前は勉強するのが嫌だから、屁理屈を言ってるだけだ! ちゃんとした成績を取らないと留年するだけぞ」これ以上言っても無意味と思えて話を止めた。なぜ、担任は質問に答えず、社会に出るための訓練なんて綺麗事を言ったのか?

社会に出て仕事をする今、役に立っているのは学校時代に習った足し算引き算。後、割り算と掛け算くらい。連立方程式や因数分解を必要としたことはない。古文も漢文も使わない。化学も必要ない。英語も高校を出たレベルでは役に立たず、留学して英会話ができるようになった。日本の大学に進学した同級生はさらに4年、英語を学んだが英会話はできない。友人たちに聞いても学校で学んだことで役に立っていることを聞いても、皆答えられなかった。要は担任が言うように「社会に出るためのもの」ではなかったのだ。

何より僕の質問に答えられなかったのは、担任自身が具体的にどう役立つのか?を理解していない。実感していないからであり、一般論、綺麗事でまとめようとしたのだろう。おまけに突っ込んで聞くと怒り出し「勉強をしたくないだけ」と決めつけて話を逸らす。教師というのはその程度の存在なのだと当時は大いに失望した。が、今考えると、彼は20代。大学を出てすぐに教師になった。社会経験も少ない。会社経験もない。顔を合わせるのは生徒と教師。そしてPTAだけ。そんな狭い世界にいて「社会に出てから」を語るのは無理。中には骨のある教師もいたが、ほとんどの教師は子供たちに伝える「何か」を持たず、決められたカリキュラムを教える。それだけだったのだ。

ただ、その後、振り返って見て、ある意味であの担任は正解だったことにも気付いた。「社会に出るための訓練」は正しいのだ。英会話ができない、必要のない古典、漢文。役に立たない連立方程式。年号を覚えるだけの歴史。社会で全く必要がなく子供たちが興味を持てない。そんな科目でも真面目に取り組む。ひたすら暗記する、与えられた方法で公式を解く。これは会社に入ってからとても役に立つこと。つまり、どんな無意味に仕事を与えられてもいやがらずにこなす。上から言われた方法論やルールで仕事をこなす。文句を言わない。従う。あれこれ考えない。そんな会社ロボットになるための訓練だとすると、とても意味のある教育と言える。

つまり「意味がない」「役に立たない」と不満をいう僕のような生徒は会社に入っても、文句ばかり言って働かない。上司に逆らう。問題を起こす。異分子となる。だから、あれこれ言わないで、言われたことを真面目にこなす大人に矯正するのが教育の場なのだ。要は会社が使いやすい人材を大量生産しているのである。そんな人材は政府にとっても便利。何も考えないから誘導しやすい。不正に気づかない。マスコミが報じれば鵜呑みする。会社、社会の支配者たちが扱いやすい国民を育ててきたのだろう。ただ、成果は上がった。言われたことを逆らわずにやる。多くを搾取されても日本人はよく働き、経済大国になった。戦後の焼け野原から日本は立ち直り、金持ちの国になる。その意味であの教育は正解だったのだ。

しかし、時代が変わり、製品を作り売ればいいと言う時代ではなくなった。バブル崩壊、リーマンショック後の低迷。支配者層もまた与えられたことをこなすだけの教育で育った人たち。新しい時代をどう切り開くか?分からない。国民の多くは従うだけの存在。20年の不況。アジアの国に抜かれて行く。僕らの世代はまだ、教育の枠からはみ出して生きる連中がいた。そんな人たちは様々な業界で活躍している。ま、クリエーターが多いのだが。しかし、あとの世代は管理教育がさらに行き届き、多くが与えられないと何もできない大人になってしまった。「夢を諦めるな」と言うと「その夢がないんだよ!」と嘆く。子供時代から自分の意思で何かをすることがなかったのだろう。

先日、教育関係で働く友人と話した。今後、文科省は「考える力を育てること」に教育方針を変えると言う。数年内に実施。しかし、効果が上がるのは早くて10年後? 彼らが会社の中堅になるのはさらに10年?現在の政府を見ていても、何らか日本復活プランを持つ者はいないだろう。コロナ感染を利用して業界からリベートをもらうことしか考えず、感染収束ではなく拡大させてしまう人たちだ。全く期待できない。そんな中、海外で進行中のあの事件。もしかしたら、それが日本を変えるきっかけになるかも知れぬ....。と密かに期待している。



m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

俳優が常に続ける「人間観察」とは何か?=映画監督もやる大切な勉強?! [映画業界物語]

56608929_2590744574333164_7750076449054261248_n.jpg

俳優が常に続ける「人間観察」とは何か?=映画監督もやる大切な勉強?!

俳優の勉強に「人間観察」というのがある。というのは、自分が人間であるにもかかわらず、人はどんな時にどんな反応を示すか?を把握していないことが多いからだ。いざ、演技をしようとすると分からなくなる。人は怒った時どういう顔をするのか?悲しい時は?あるいは人を待っている時、恋をしているとき? みな、無意識に怒ったり、笑ったりするので、演技をするときは意識してしまい、ぎこちないものになりがち。

だから、日頃から人間観察をする。街角で、喫茶店で、飲み屋で、バイト先で、いろんな人を見て表情や動きを把握する。それを覚えておいて演技に生かす。面白い話がある。勝新太郎さんは飲み屋の女性を何人も連れて、深夜に自宅に帰った時、奥さんの中村玉緒さんにもの凄く怒られたという。でも、勝さんはその時、こう言ったそうだ。

「玉緒。それが真剣に怒った時の顔だ。覚えておけ」

いかに勝さんが演技のことをいつも考えているか?を伝えるエピソードだ。俳優だけではない。作家も、脚本家も、映画監督も同じだ。いろんな人を見て、観察して、作品に使う。僕も経験がある。本当に悲しくて涙が止まらない経験をした時。「人は悲しい時、どんな顔をしているのか?」と思えて、洗面所に行って鏡を見た。意外に悲しそうではなかった。そういうものかもしれない。

同時に、変な人と出会うと興味を持ってしまう。特に嫌われている人は関心がある。会うと、凄く嫌な思いをするのだけど「次に会う時はすぐに怒らず、我慢して、あれこれ質問して、彼が何を考えているのか? 推理しよう」と思う。帰宅してから、その人の言葉を書き出して、あれこれ推理する。その人の履歴書を作ったり。そうすると、その人が何で嫌な奴なのか? 僕らが何で嫌な奴と感じるのか? 背景にあるのは何か?が分かってくる。

普通、嫌な奴ーと思ったら、その人のことを考えない。深く知ろうとしない。避けようとする。「嫌な奴」で終わらせる。だから、正体が分からずに終わる。背景にあるものが見えずに終わる。一般社会では、そんなこと知る必要はないが、映画屋には大切なことだ。そこからドラマが生まれたりする。その意味で今、この時期になってもトランプを批判を続ける人たち。憎み続ける人たちにも興味がある。戦時中の心理にも近い。そんな人たちからも勉強させてもらっている。


IMG_1219.jpeg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画監督は変人で、捻くれ者で、ワガママでなくてはいけない?! [映画業界物語]

45052713_2246809972059961_6031509628464922624_n.jpg

映画監督は変人で、捻くれ者で、ワガママでなくてはいけない?!

世間では映画監督は優秀な人。才能がある人と思いがちだが、それは成功して名前が売れたから、そう言われるのであって、要は変人であることが多い。捻くれ者も多い。先輩や同世代を見回しても、サラリーマン勤が出来る人はまずいない。逆にサラリーマンができる真面目な人はいい映画が撮れない。

僕もかなり変人であり、捻くれ者だ。プラスして、理不尽が許せない。だから会社勤めは絶対に出来ない。3日で上司と衝突して辞めてしまう。納得できないことはできない。それを「甘えている!」「子供だ!」「世間を分かっていない!」と散々、言われたが、納得できないことはできない。会社員はそれに耐えるのも仕事の内。だから無理。

映画界はカタギの世界よりは自由が認められる。ネクタイにスーツで製作会社に行かなくてもいい。ロングヘヤーで破れたGパンでも、さほど批判されない。そんな環境でも僕は何度も先輩たちと衝突。特にPや社長と揉めた。降ろされたり、2度と仕事依頼がなかったりした。逆に言うと、それに我慢して仕事が出来たら会社勤めが出来るだろう。

ギャラが安いとか、労働時間が長いではない。一番は価値観の押し付け。古い価値観でシナリオを直せと言う。古いセンスで編集を変えろと言う。昔ながらの方法論で撮影しろと言われる。まっぴら御免だ。古臭い趣味を押し付けてくる。他にも、癒着した俳優事務所の役者を捻じ込んで来る。やる気のないサラリーマンスタッフを押し付ける。

絶対にNOだ。大事なことはPの価値観に従うことではない。古い伝統を守ることでもない。観客が感動する素敵な映画を作ることだ。それが出来れば古い方法論でもありーだが、古い価値観は現代には通用しないことが多い。だから、これまでと違う価値観や方法論で挑まなければならない。大事なのは素晴らしい作品を作ることだ。それが理解できない大人たちが慣れ親しんだ価値観や方法論を押し付ける

だから揉める。だからトラブル。若い頃は年寄りに従い、実績を作り、少しずつ自分らしい作品を作ればいいのだが、1作目から我慢できず反発。先輩たちに嫌われ、Pからは否定され、2度と声がかからないことが続いた。が、「違う」と思うことを我慢して従うことができない。小学生の頃から成績表には「協調性がない」と書かれた。「我慢が足りない」「わがままである」と言われた。

でも、監督業にはそれが必要だった。巨匠、先輩監督たちを見ると、僕どころではないワガママ。言い出したら聞かない。僕なんてまだまだ。やはり映画界はカタギの世界とは違う。監督した作品はどれも評判がいい。次第にスタッフにも認められ、否定する人たちがいなくなり、「素敵な作品を作りたい!」と言うスタッフが集まる。より良い作品ができる。以前は「お前は監督じゃない!」とPに言われたが、すでに6本の映画を監督した。この世界。ワガママで、ひねくれ者で、変人であることが大事なのだと痛感している?!


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

チェルノブイリ原発取材時。原発の近くにある遊園地。 [原発問題]

134067462_4835047809902818_634425884784958929_o.jpg

チェルノブイリ原発取材時。原発の近くにある遊園地。

線量が高い。事故は1986年。

それから26年後の2012年でこの線量。

今も人は住めず、立ち入りも厳しい制限がある。

日本はあれからまだ9年だ。



m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

チェルノブイリ原発。2012年。 [原発問題]

133855079_4835035836570682_7349449637908849787_n.jpg

チェルノブイリ原発。2012年。



m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画