SSブログ

「ドキュメンタリー沖縄戦」東京公開、初日。 太田隆文監督の舞台挨拶。動画 [沖縄戦]




ドキュメンタリー沖縄戦」東京公開、初日。

太田隆文監督の舞台挨拶。

動画(10分)@新宿、Ksシネマ



ビジュアル横C.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ドキュメンタリー沖縄戦」公開ーあの方もツイートしてくれた! [沖縄戦]

114894503_4091568154250791_7049913860988732723_n.jpg

「ドキュメンタリー沖縄戦」本日、東京公開。なんと、東ちづるさんがツイートしてくれた。すでに1000「いいね」近い大反響!東さん。本当にありがとうございます!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

ドキュメンタリー沖縄戦」昨日、東京公開初日。 満員御礼!! [沖縄戦]

109351216_4097009147040025_4125897201349492188_o.jpg

ドキュメンタリー沖縄戦」昨日、東京公開初日。

満員御礼となるが、コロナ感染予防のために座席は1つ空けて定員の半分にして上映。

そのために列に並びながら、入れなかった方々もいた。本当に申し訳ありません。

この日は監督(私です)の舞台挨拶。マスクをして登壇。

終了後のサインも禁止。観覧後の観客とのお話も距離を開けて間にロープが張られる。

厳重体制だった。

連日、午前10時から上映。1日1回。4週間の上映となる。

新宿Ksシネマにて。



107601886_4038973726176901_7101525993306850029_o.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

いよいよ「ドキュメンタリー沖縄戦」7月25日から東京公開。新宿Ksシネマで。 [沖縄戦]



おかげさまで「ドキュメンタリー沖縄戦」東京公開が決定!7月25日から新宿Ksシネマで。

いつもは劇映画を撮っている僕だが、初めて長編ドキュメンタリーに挑戦。だが、僕は当時、学校の授業で習った程度しか沖縄戦について知らず、今回の取材でゼロから勉強した。それは想像を絶したもので、まさに地獄絵巻。ここまで酷い現実があることを思い知った。3年がかりの取材で昨年の春に完成させた。

学校の授業では「沖縄で唯一の地上戦があった」ということくらいしか教えられず、過酷すぎる沖縄戦の状況を知ることはなかった。また、映画でも「ひめゆりの塔」(リメイクが数本)「沖縄決戦」くらいしか沖縄戦を描いたものはない。広島、長崎の原爆投下を描いたものは映画でも、テレビでも、漫画でも数多く存在するが、なぜか?沖縄戦を描いたものはほとんどない。

また、ドキュメンタリーでも個々の戦闘や事件を描いたものは多く存在するが、沖縄戦の全貌を描いたものはほとんどない。今回は戦争体験者のインタビューがメインだが、全体の流れも紹介。この1本である程度、沖縄戦が分かるという作品を目指した。十数人の体験者と専門家の証言は胸を打つ。涙なしでは聞けない。

それを3年がかりで取材。昨年、3月に完成。あとはコロナ感染が終息に向かってくれれば、映画館公開は実現する。7月25日から新宿Ksシネマ。秋には名古屋、大阪での公開も予定されている。単に歴史を知るだけの作品ではない。未来を見つめるきっかとなるはず。多くの方にご覧頂きたい。


記事1=>https://natalie.mu/eiga/news/379346

記事2=>https://moviche.com/contents/news/161312/

記事3=>https://cinefil.tokyo/_ct/17363748?fbclid=IwAR2Bzy6KCwvUDCoo2QrLPKIT30fesVPHOhUPQ7DGIsiQJL09vp8VUFOmuao

記事4=>http://enterjam.com/?p=250610&fbclid=IwAR02sTn-JeUfM1HbnT1xnHD8AH-7yW3gumPDFB9DESIF292gto0Y1LdoBzs

予告編=>https://youtu.be/ftxymqbKWk8


78333202_3245059878901627_1537660045007781888_o.jpg



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「こいつは許せない!」とタレントを叩く人たち。アメリカの差別主義者も同じ思考だと気づかない? [2020]

IMG_3197.JPG

「こいつは許せない!」とタレントを叩く人たち。アメリカの差別主義者も同じ思考だと気づかない?

タレントの失言。寄ってたかってバッシング。「番組から降ろせ」「テレビに出るな」「許せない」「二度と番組見ない」確かにそのタレントの発言はよくなかった。が、それで迷惑した人は何人いるのか?当事者が批判するなら分かるが、関係のない人。番組を見ていない人まで批判している。聞きかじったことで「それは酷い!」とバッシングに参加。田舎の噂話と似ている。「越してきたあの人。前科者だって!」と何の根拠もない噂が広がり、村八分。脅された訳でもない。本人にも訊いていない。でも、村中で陰口。

ネット時代になっても日本人は似たようなことをしている。都会では隣近所の交流は薄い。だから、村の噂話のようなことは少ない。それがネットの世界では生きている。例に挙げたタレントの話は実際に失言があった。が、根拠のない噂でバッシングする人たちも多い。そのために仕事をなくしたタレントもいる。韓国では自殺したアイドルまでいる。いや、日本でも同じ事件があった。なぜ、人は自分が被害を受けたわけでもないのに、批判したり、ありもしないことを言い触れ回ったりするのか?

現在、話題の本「人はなぜ、他人を許せないのか?」中野信子著。先に紹介したが、そこで指摘された「正義中毒」それが答えだと思える。「正義は我にあり!」とタレントや政治家、個人を叩くことで、脳内でドーパミンが出ていい気持ちになる。それが中毒となり、ターゲットを探しバッシングする。何ら被害を受けてもいない。関係性もないのに、法律、常識、自分の価値観、グループ内のルールからはみ出すと叩く。「我に正義あり!」

本では指摘していないが、その行為は日頃の不満を特定の相手にぶつけているだけ、ストレス解消だと思える。学校のいじめと同じ。勉強、成績、校則、うるさい親、教師、そんなストレスやプレッシャーをクラスの弱い者にぶつける。背が低い、少し変わっている、オタク、髪が縮れている、何でもいい、マジョリティと違う何かを見つけ、いちゃもんをつけて批判、攻撃。それがいじめ。ネットで行われていることと同じだ。

家庭内DVも同じ構図。親たちが持つ価値観。それを子供に押し付ける。親は子供たちの価値観は尊重しない。「子供だから分かっていない。正しいルールを教えるのが親の責務」とこちらも「正義」を感じて批判、注意、叱責する。それが暴力に発展することもある。親の中では「しつけ」という認識。「正しいことをしている」という思いが暴力をも肯定してしまう。

しかし、それらの多くは狭い小さな世界のルールであり価値観。決して「正義」ではない。それに気づかず、我が子だけでなく、友人でも、知人でも、同僚でも、近所の人にも押し付けようとする。

アメリカの黒人差別。「黒人は嫌いだ!」「アメリカから出て行け!」これも同じ。自分たち白人が優秀な民族であると言う認識。それを暴力や差別で守ろうとしている。興味深いのはタレントを執拗にツイッターで叩く人が、アメリカの黒人差別を批判していた。「黒人差別はいけないことだけど、あのタレントは叩かれても仕方のないことをしたんだ!許してはいけない」アメリカの差別主義者はこういう。「黒人は許せない。野放しにしてはいけない」どこが違うのか? 同じだ。

沖縄戦を取材していて、そんな差別感情。「正義のルール」まで軍隊は利用していたことを知る。単なる歴史の勉強ではない。今週末から東京で公開。「ドキュメンタリー沖縄戦」も見て欲しい。


沖縄戦L_edited-L.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「総理は頑張っている」と言う人をバカにする友人。でも、彼もまた嘘に誘導されていることに気づいていない? [A政権について]

99127667_3838107646263511_3874689868319686656_n.jpg

「総理は頑張っている」と言う人をバカにする友人。でも、彼もまた嘘に誘導されていることに気づいていない?

先日、居酒屋で隣に合わせになったグループ。話を聞いていて、凄くレベル高い人たちだと分かる。「今でも中国が攻めてくると言っている人がいてさー。それも40代の男性。バッカじゃないか?と思って〜」「40代どころか50代でもいるよ。まともな会社で管理職やっているのに〜」

店のママが紹介してくれたので、少しお話をした。みなさん。ある大手テレビ局の職員だった。なるほど!とは思うが、テレビの報道番組でその手のニュースはほとんど流れない。でも、関係者は知っているのね?と思ったり。他にもマル秘情報を頂いたり、他から聞いた情報の裏付けをしてもらったりした。この情報化時代でも多くの人が信じる事実は事実ではなく、フェイクであることが多い。事実は意外なほど表には出ていないのだ。

ネットをやっている人は現政権がどれだけフェイクか?をご存知。でも、田舎に行き、NHKと読売新聞しか情報源がない家庭では「総理。頑張ってるよな〜」と思っている人がとても多い。だから、あの党は与党になる。そんな人たちをバカにする友人がいる。「うまく誘導されてんだよなあ〜」でも、彼もまた同じくフェイクに誘導されていることに気づいていない。

Facebook、Twitterは同じ思考の人が集まりがち。だから、政府を批判する人のアカウントには似たような人が「フォロー」「友達」。あの人を支持する「友達」の記事はタイムラインに流れて来ない。だから日本人の多くは、あの党を批判していると思いがち。でも、実は逆。真面目に投票に行くのはあの人を支持している人が多い。都知事選でも、僕のタイムラインで「小池支持」は1人はいなかった。が、結果は圧勝。それを裏操作があったと批判する前に、自分たちがいかに狭いグループにいて、小池批判をしていたか?をまず確認するべき。少なくても僕らはマジョリティではないことを認識しよう。

てなことを書くと「お前は小池支持か!」と言ってくる人がいるかもしれないで書くが、それでは勤皇の志士。「尊王攘夷!」その思想に賛同したないものは敵!切り捨てる。幕末と同じ。狭い世界で同じ考えを持たないと叩く、批判、追放。連合赤軍もそれで崩壊して行った。今回の都知事選を見て、それを思い出した。話を戻す。要は総理の悪行は見抜いている。「今、日本が沈没しようとしているのはあの人のせい!」そこは理解している。よく調べ、情報も持っている。

そんな人でもトランプのこととなると「あいつも同じ穴のムジナだ!」「差別主義者だ」と批判。「中国はいつ日本を攻めて来るか分からない!」「先制攻撃はいけないが、防衛は大事だ」とか言ってる。では、「今、日本は攻撃されている!」と言われれば「防衛は必要だ。自衛隊は戦うべきだ」と主張するのだろうか? 本当に攻撃されているのか?それをどこで確かめる? テレビ放送があれば信じるのか? ネットで聞きかじった噂でタレントをバッシングする人たちが多いのに「今、隣国が日本の船を爆破しました」と国営放送が言えばどうだろう?ネットニュースで見たらどうだろう? 簡単に乗せられてしまうのではないか?

そんな風にリテラシーの高く、A政権を批判する情報を持った人たちでも、実は知らない現実がいくつも存在する。ま、僕も事情通からそんないくつかを教えられただけだ。僕も数年前まで中国を脅威を思っていたし、トランプは戦争屋だと考えていた。

が、それら情報を精査、整合性を考えると、多分、事情通の指摘が正解。テレビやマスコミが流せない理由もあるので多くが知らないだけと言うことも分かってきた。けど、局の人たちは報道しないけど知っているのね〜ということ。先日、よく分かった。鬼太郎のキャッチフレーズではないが「見えてる世界が全てじゃない」。特に「許せない!」「引き摺り下ろせ」というような事件は、影で誰かがけしかけている。目的は別にあることが多い。

アメリカも、日本も戦争を始めるときはいつも、その手を使う。真珠湾、トンキン湾、ピッグス湾、満州事変、911、全部同じパターン。ここしばらくの状態を見ていて、まだまだその手が通用すること感じた。かなりリテラシーが高い人でも巻き込まれる。戦争だけではない。都合の悪い人を抹殺する。利益の誘導。責任のがれ。どんな時でも使える手。よほどでないと、その手の情報操作から逃れられない。国民を見事に誘導する環境が出来上がっている。だから何でも「これ本当に事実か?」と疑うことだ。テレビもネットも信じなこと。裏を取ること。「許せない」事実は特に疑うことだ。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶」ー予告編2020年版B [沖縄戦]



原発事故の悲劇を描いた「朝日のあたる家」太田隆文監督の最新作。
昨年暮、沖縄で完成披露上映会。1000人が詰め掛けて大盛況。
玉城デニー知事からも感謝が伝えられた。
「全国の映画館公開をぜひ!」とのメッセージを頂いた。


78333202_3245059878901627_1537660045007781888_o.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

あの方。最近、出て来ない理由? サボってるのではない?!実は [A政権について]

90227021_3577764155631196_5966222672412016640_n.jpg

あの方。最近、出て来ない理由? サボってるのではない?!実は

小池さんは毎日、感染者数を発表するだけなのに、テレビに出ている。なのに、あちらの方は出て来ない。マスクと10万円で叩かれ、支持率下がったので落ち込んでいる? 何を言っても批判されるから? コロナ対策何もできないから矢面に立ちたくない?

んーーーーー、細かいことが気になる悪い癖なのだけど、少し前に顔が崩れそうなほど疲労したあの方の写真が新聞に出ていた。あれから2週間くらい? 病状が深刻化しているんじゃないかな? もう特効薬が効かないと言う話も聞くし、夫人が好きな葉っぱを使っていると言う噂もある。昨年の暮れ、すでに体力的に限界と言われていたのに、この夏まで頑張ってしまった。

だから、とうとうドクターストップ? 少なくとも今の間に静養しようと考えた。だから出て来ない。もともといなくても誰も困らないけど、情報は完全統制。トップがもう限界なんて絶対に言えないからね。ヒトラーも最後の頃は薬を打ち続けたと聞く。次第に効かなくなり、より強いものを打ち続けた。だから、最後は頭もおかしくなっていた。同じ末路になる予感。



m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画監督の多くは変人だ。一般常識があってはできない仕事。 [映画業界物語]

36776611_2025922294148731_7881449160652619776_o.jpg

映画監督の多くは変人だ。一般常識があってはできない仕事。

「映画監督」と言うと「凄い人」と勘違いする人もいる。もちろん「芸術家」と呼べる「凄い人」もいるが、そうでない「単なる変人」も多い。いずれにしても「世捨て人」「非常識な人」であり、世間に縛られないが、まともな人生を歩めない人たちだ。

だからこそ映画を作れる。安定した生活を求めず「この作品を作るぞ!」と金が十分になくても挑む。名誉や金ではなく、作品作りに命を賭けようとする。観客の心を打つ作品ができる。時には人の人生を変えるような作品も作る。もちろん、金や名誉が大好きな人たちも中にはいる。しがらみや圧力に弱い人もいる。与えられた仕事をこなすだけのサラリーマン監督もいる。が、それらに囚われる人が作る作品は、観客の心に届かないことが多い。いずれにしても映画監督というのはまともでない人たちだ。

僕もそんな1人。50代になっても結婚せず(できず?)、家庭も持たず、生活は安定せず、知名度も低く、厳しい生活を送っているのに、毎回、命がけで映画を撮っている。大手企業が関わらないものが多い。テレビ放映されることもない。中には「二度と商業映画が撮れない」と言われた原発題材の映画まである。それを「勇気ある監督」と評した人もいるが、世間的には「非常識でバカな奴」である。

そんなバカな奴なのに、時々「常識がない!」「おかしい!」「間違っている!」と批判する人がいる。ネトウヨとか、原発推進派なら分かるが、一般の人。それもまともな人。常識がある。「非常識な映画監督」に「常識がない」と批判して何になるのか?と思うのだが、真面目に怒っている人もいる。背景を考えた。どうも、彼ら彼女らは映画監督が良識あるまもとな人と思っているようだ。

「あんな感動する映画を作るのだから、素晴らしい人に違いない」「あれだけ泣ける作品なのだから、博学で世間を知っている人だ」「良識ある頭のいい人に違いない」と誤解する? 「素晴らしい人」と思っていたのにブログを読むと「極端なことをいう」「暴言が多い」「世間と逆行した意見だ」だから「おかしい!」「間違っている!」といいたくなるようだ。

でも、もともと常識がない。世間に縛られない。だから、感動的な映画が作れる。良識があり、空気を読み、波風立てないような奴には映画を作れない。池上彰が面白い映画を作れるか? どこにも差し障りのない発言しかしない奴に、企業や政府が困らないコメントしかしない奴が感動作を作れるか? 極端で空気を読まないからこそ、心を打つ映画が撮れるのだ。

世の中からはみ出しているから出来る仕事。そんな映画監督に「あんたはみ出してるよ!」という。言い換えれば「映画は面白いもの常識を破ったものを作って欲しい。でも、発言や意見は常識的なものにして欲しい」というのと同じ? 映画監督だけでなく、俳優でも、芸人でも、作家でも、芸術家でも、非常識だから出来る仕事。その人たちに「常識がない!」と批判して何になるのか? 時々、そんなことを考える。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画