SSブログ

私のユーチューブ。どうも、裏で操作されているな? [YouTube]

ED3D8A85-3D14-4ACA-A43A-B81155139CCB.jpeg


私のユーチューブ。どうも、裏で操作されているな?

再生回数が伸びないような工作をしているはずだ。「こいつ、ヤバい。余計なことを喋り過ぎ!でも、コードに触れる言葉を全部避けている。だったらこうだー」と言う行動に出たのだろう。

Y社の目論みをあちこちで、書きまくって批判してもいるからね。「まさかや。いくらなんで、そんなことはせんやろ〜」と言う人もいるだろう。次回、検証する。


308987685_8050877771653123_729576715040801973_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

枠点プロジェクトーここまでの総括! [コロナウイルス]

311860155_2659850724146877_3353364531954375837_n.jpg


枠点プロジェクトーここまでの総括!

「副反応が厳しいので、もう嫌!」ーと言う声を多く聞く。そのせいで数値が下がっているのだと思える。打たす側としては、①折角購入したんだ。在庫を捌きたい。②全部打つとF社と契約した。③「効かない奴おるな。もっと打たんと効果出んのかな?」④「全部打て〜」と上の人から言われてびびっている。と言うところだろう。

さて、すでに1800人ほどが死亡していると聞くが(公的な発表がそれなんで、本来は10倍?100倍?)効果ありとなしの人がいるだろう。僕の友人でも副反応で1週間仕事を休んだ者。全く影響なく、翌日から仕事をしている者。いろいろいる。

後遺症で苦しむ人の話も聞くが、身の回りではいない。そして、枠点の何%かはハズレにしてあるだろう。その割合は?50% 10% ?的中率高すぎるの疑われる。だから不特定多数に打たせたかったはず。「私、打っても何もなかった」と言う人たちも必要なのだ。そうなるとあたりは50〜60%か?

先方としては毎回7割打ったのだから、プロジェクト成功を言うことか?あとは「仕上げをごろうじろ?」か、枠点ー問題ありは、すでに国内のマスコミを少し記事にしている。海外ではファイアーが「治験なし」との発表をして大きな騒動に。日本では報道なし。そろそろ、幕じめの時期なので、「えー実は〜」と言う展開がくるはずだ。

218254289_5793063384101251_4983137508261430008_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

SF映画。地球滅亡カウントダウン! 新しい星に移住する人類。でも、全員は行けない! [my opinion]

flyer_1.jpg


SF映画。地球滅亡カウントダウン! 新しい星に移住する人類。でも、全員は行けない!

昔、こんなSF映画があった。巨大隕石が地球に激突することが確実となり、ノアの方舟と言える宇宙船を建造。人類は別の新天地を目指す。が、全人類が乗り込める訳ではない。選ばれるのは、若くて、有能で、技術や知識がある者。年寄り、持病持ちは落とされる。次の時代に必要とされない者は、宇宙船に乗れない。

その選別は大変だ。年齢を誤魔化す老人。手に職がある見せかける若者。金を使い乗船リストに乗る大企業の社長。政治力で割り込む議員。規定があっても揉める。そのために戦争が起こるかもしれない。宇宙船乗っ取り。あるいは「どうせ、乗れないのなら破壊しろ!」と言う過激なグループも出てくるだろう。映画では多くの犠牲を出しながらハコ船号は宇宙に飛び立つ。

この先は僕の想像。選別を揉めずに簡単にする方法がある。「誰を宇宙船に乗せるか?」を考えるのではなく、乗せない人間、乗せるべきではない輩を選ぶのだ。いや、地球政府が選ぶのではない。次の時代に必要とされない人たち自身が、不適格であると手を上げる環境を作り上げる。例えば、見え見えの伝染病を演出。どう考えて危ない治療薬を発表。「タダで投与できますよ〜」とアナウンスすれば、考える力のない市民たちが手をあげて集まる。

船に乗せてはいけないのは、その人たちと地球政府は判断する。考える力が欠如。言われたことしか出来ない。疑わず従うだけの人たち。文句は言うが行動しない。頑張る人の批判ばかり。その種の人の労働力なら次の星ではロボットが賄う。大切なのは自分で考え、疑い、行動し、技術を持った若い人たちなのだ。

その選別法なら、あれこれテストやリサーチをしなくても、簡単に結果が出る。薬を飲んだ人はある結果が出て、自動的に船には乗れなくなる。次の星で活躍するのは、そうではない人たち。と言う悲しいSF映画って近い将来、現実になるかもなあとか、考えてしまう。政府にすれば、その方が選ぶの簡単だし。ま、架空の物語だけどね。


305805147_8044059805668253_125146098877597071_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

(再)れいわ新選組を批判する人たち③=教育の満点主義に毒された? [2022]



(再)れいわ新選組を批判する人たち③=教育の満点主義に毒された?

DSCN4973 2.JPG


【お勧め最近配信作のバックナンバー】

(372)れいわ新選組と戦争=ゼレンスキー演説と理解不能な国会議員たち?
https://youtu.be/1afLjv5eQ18

(373)れいわに関心ない人の背景=日本人は悲観主義者が好き?
https://youtu.be/aCAXaAMZ_Wo

(368)れいわ批判する人の背景=CD ,PCと脳と日本が関係?
https://youtu.be/1jP7tdvjFkg

(369)れいわ批判する人の背景②=正義中毒?優越感?妬み?何なのか?
https://youtu.be/dpeFEicepxk

(370)れいわ批判する人の背景③=教育の満点主義に毒された?
https://youtu.be/K4Ok_ts9Ea8

(367)大石あきこが凄い!=時代は彼女を必要としている!
https://youtu.be/FCztt2L4bXU

(366)れいわ新選組、がんばれ!ではダメ=我々が何をすればいいのか?
https://youtu.be/c0uf4wzMDDY

(365)れいわ新選組の知名度を上げるため=映画宣伝に学ぶ
https://youtu.be/CQE21za2ya8




57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n-55d86.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「政府には騙されないぜ!」と自己満足に浸っていないか!=567プロジェクトはそれをも見透かした方針? [コロナウイルス]

217398592_5787954331278823_4071773806119879554_n.jpg


「政府には騙されないぜ!」と自己満足に浸っていないか!=567プロジェクトはそれをも見透かした方針?

私のFB友達の多くはリテラシーが高く、情報通の方が多い。いろいろ教えられることがある。だが、ここしばらくコメント欄を見ていて強い違和感を感じる。枠点の件だ。

以前の記事=市役所から送られて来た予防接種のお知らせのことを改めて記事にした。多くの反応は「読まずに捨てた」「封筒を開けてない」「シュレッダーにかけた」というもの。

「読むまでもない。俺は(私は)打たないよ! ヤバいのはもう分かっている」

この反応にも彼らのリテラシーの高さを感じる。一方、打った人たちに聞くと、その多くが役所からのお知らせを読まず、同封されていた接種券を持ち、打ちに行ってる。僕の聞いた限りで「読んで納得したので会場に行った」という人はいない。そのお知らせに、どれだけ怖いことが書かられてあったか?を何ヶ月か前に記事にしたのだ。それを再掲載したら先のコメント。

「読まずに捨てた!」

「封筒を開けてない!」

「シュレッダーにかけた!」


最初は賢明だーと思えたが、よくよく考えると違うのではないか? 彼らの多くは原発問題を詳しく知り、567の裏にも気づいている。国葬は反対。ロシア問題でも誘導されていない。とても鋭い。だから役所の手紙を開けるまでもなく、その意味、意図、誘導に気づいていたので「捨てた」「読まない」ということだろう。多くの人が同じ知見を持っていれば、日本の未来が変わったと思えるが、大多数は彼らのような鋭い眼を持っていない。

しかし、敢えて問いたい。封も切らずに捨てることは正しかったのか?ロクでもない内容だと分かっていても、封を切り、手紙を読めば、予想を超える酷いお知らせだと分かる。彼らなら「何が問題か?」を理解する。手紙は何も考えずに読めば「打ちに行こう!」と思えるもの。だが、リテラシーの高い彼らが読めば確実に問題点を見抜くことができる。

もし、その危険性、誤魔化し、誘導、印象操作を彼らが、いつも政府等の問題をFBで指摘するように、記事にして発信していればどうだったか?それでも打つ奴は打つ。だが、ちょっと考える人は「あれ?いつも鋭い***さんが、何でこんなこと言うのか?」と考えるはずだ。僕の記事を読んで「打つのやめた!」と言う人もいる。リテラシーがある人の多くはテレビや専門家より、よく知る事情通の友人の言葉が信頼できることに気づいているからだ。

もし、彼らが手紙を読めば問題に気づく、黙っていられないだろう。FBで記事にすれば多くの人に危険性を拡散できたはずだ。だが、彼らの多くは封も開けず、手紙を処分している。ここに問題を感じる。テレビを信じ込んでいる人たちは、もう救いようがない。しかし、FBやYouTubeで情報を探し、真実を求めている人は多い。そんな人たちに危険を伝える機会だったのに、彼らはそれをしないで終わった。

「皆、馬鹿だから注射に行くだろう。でも、俺は馬鹿じゃない。だから、手紙も読まないし、注射にも行かない!」

それは正解だが、問題がある。それでは枠点プロジェクトに疑問と危険性を感じながら、声を上げず、見て見ぬふりをしていると言えないか? 日頃のFB記事で「枠点は危険」と書いているかもしれない。が、それでは根拠がない。個人の意見だ。対して役所からの手紙は読めば危険しか感じないシロモノ。それを拡散すれば多くがヤバい!と感じたはず。無責任だ!と憤っただろう。

しかし「(手紙)を見ざる」「(危険性を)言わざる」してしまった。問題をアピールする機会であったのに、何もしていない。「俺は誘導されないぜ!」「危険なのは分かっている!」と思っても何もしていないのだ。結局、枠点プロジェクトの推進に意義も唱えず、邪魔もせず、反論もせずに過ごしたのだ。もし、封を開けて手紙を読んでいたら?彼らはその危険性に気づかない訳がない。行動に出たはずだ。

ただ、私も偉そうには言えない。同じく最初は封を切るつもりはなかった。役所ならではの血の通わない文章だと想像したからだ。読む意味がない。ただ、FBで567を記事にするにあたり「枠点、反対!」ではアピールしないので、そのネタにするために読んだ。だが、その内容は驚き。隠そうとせず、枠点がどれだけ危険か!を平然と綴ったものだった。これを読んだ上で接種したら何があっても文句は言えない。そんなシロモノであった。

そう。僕も最初は読むつもりがなかった。彼らを批判できない。しかし、反対派が手紙を読まないであろうと想像したから、あそこまでの内容を伝えたきたのかもしれない。「反対派はどうせ読まない。何もしない。問題ないよ?」そんな姿勢さえ感じる。我々は「政府には騙されないぞ!」と思いながら、結局、彼らの手法に乗せられて大きな批判、警告のチャンスを逃したのだ。だが、多くはこう思う。

「俺は騙されないぜ。役所の手紙なんて読まねえよ〜」

そんな自己満足に陥っていないか?「俺は違うんだぜ」で終わっていないか? 手紙を読まずに捨てたことを自慢してどうする? 危険を察知した時は、少しでも多くの人に伝える。それが気づいた者の役割だ。その機会を私たちは自ら捨てた!と言える。


218254289_5793063384101251_4983137508261430008_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。