SSブログ

ハハハハハ。説明いらいないね。 [社会政治]

200044745_5626260470781544_4779604421106420019_n.jpg


ハハハハハ。説明いらいないね。


D7nVbYIVUAElq7L.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

このIOC委員の発言。本当の意味はこれ!許せんぜよ!日本人をなめるな! [2021]

safe_image.php.jpeg

このIOC委員の発言。意味は

「日本人がどんだけコロナに感染して死んでも関係ないで〜。アメリカのテレビ局がオリンピックを放送するために払う放映権7780億円。中止になると入ってけーへんやろ!!どんな犠牲が出てもやってもらわな困るんじゃ!」

と言っているのと同じ。そこまで言われてもオリンピック がやりたいか?日本人よ。

(記事より)Yahooニュース

国際オリンピック委員会(IOC)の最古参委員であるディック・パウンド氏(79)の「アルマゲドン」発言が波紋を広げている。英紙「イブニング・スタンダード」(電子版)は2021年5月25日、東京五輪開催へ向けてのパウンド氏の見解を報じた。記事の中でパウンド氏は「前例のないアルマゲドンに見舞われない限り、東京五輪は計画通りに進むだろう」と持論を述べた。

■最終戦争、人類滅亡意味する「アルマゲドン」
 パウンド氏が口にした「アルマゲドン」とは、最終戦争、人類滅亡を意味する言葉で、とても過激な表現だ。パウンド氏は、突発的な大事に直面しない限り五輪は開催されると強調したかったかもしれないが、残念ながら「アルマゲドン」を用いたことで理解に苦しむものになった。
 そもそも東京五輪・パラリンピックは、スポーツを通じて東日本大震災の復興を後押しするもので、「復興五輪」を掲げてきた。そして現在、新型コロナウイルスの影響で先行きに不安を抱えている国民もおり、そのような中であまりにも配慮に欠けたIOC委員の発言だった。

D7nVbYIVUAElq7L.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。