SSブログ

ドキュメンタリー沖縄戦 2021年上映 =あしびなーシアター(沖縄市) 6/28(月)、29(火) [沖縄戦]

203926742_1214603622292447_2530763769337826594_n.jpg

ドキュメンタリー沖縄戦 2021年上映館情報

#あしびなーシアター(沖縄市)

6/28(月)、29(火)


ドキュメンタリー沖縄戦。東京公開時、監督の舞台挨拶あるかも!@キネカ大森
#キネカ大森(東京) 7/9(金)〜7/15(木)

IMG_4897.jpeg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

沖縄戦は沖縄を守る戦いではなかった?=住民を犠牲にして本土防衛の準備。それが事実。 [沖縄戦]

192564155_5576923592381899_6468207421432307256_n.jpg

沖縄戦は沖縄を守る戦いではなかった?=住民を犠牲にして本土防衛の準備。それが事実。

戦争はいきなり始まらない。国や企業が年月をかけて国民を洗脳、憎しみを掻き立て、国民自ら「戦わなければ!」と思うように誘導して始める。戦争はビジネス。多くの企業が儲かる。

マスコミも儲かる。だから、全面的に協力、サポートする。都合の悪いことは報道しない。ひたすら国民を戦争に突き進むように誘導する。企業が儲かれば政治家たちには莫大な献金が入る。そのことで彼らは権力を拡大できる。より大きな力を持てる。それが戦争だ。

そのために悪の枢軸を仕立て上げる。太平洋戦争時、日本はアメリカを「米英鬼畜」と呼び、アメリカは「リメンバー・パール・ハーバー」と叫んだ。どちらも国民の憎しみを掻き立てるもの。ベトナム戦争でアメリカは「ストップ・ザ・コミュニズム」と叫んだ。「共産主義を止めろ」そのためにアメリカは頑張っているのだと国民に告げた。いずれも単なる建前。戦争をすることで儲かるので推進したのだ。

しかし、イラク戦争あたりからバレて来た。「大量破壊兵器を所持している」と因縁をつけて、アメリカはイラクを攻撃した。日本も小泉総理が「確かな証拠を私も見せられた。賛同する」と支援した。が、大量破壊兵器は出て来なかった。911の黒幕がフセイン大統領という訳でもなかった。

要は無実の国に因縁をつけて戦争を仕掛けただけ。ベトナム戦争でアメリカが参戦するきっかになったトンキン湾事件も同様。「アメリカの潜水艦が撃沈された!」というものだが、それも事実ではなかった。要はありもしない事件を仕立てて戦争を始めた。そして多くの軍需産業が大儲けしした。

アメリカだけではない。日本も同様。「満鉄が中国のパルチザンの攻撃を受けた!」と関東軍が反撃に出たのが日中戦争の始まり。だが、それは関東軍の自作自演。満洲を日本の支配下に置くため。そこから10年に渡る戦争がスタート。やがて太平洋戦争に発展していく。どの国も同じ。「祖国を守るための戦い」とか言いながら、実は金儲けのため。

沖縄戦も同じように信じられない事実がある。近年「沖縄の犠牲の上に日本が守られた」とかいわれるが、違う。日本政府は最初から沖縄を守る気がなく、見捨てていた。沖縄の戦闘を少しでも長くして、時間稼ぎをしている間に本土防衛の準備をする。それが目的。その捨て石になったのが沖縄である。

決戦直前に沖縄在留の32軍の最精鋭部隊を台湾に転属させ、その穴埋めに県民を動員。14歳から70歳までの一般人を様々な形で軍に協力させた。あるいは戦闘に参加させている。さらに、足手まといなるであろう時、住民に自決命令を出し集団自決をさせている。

その他の住民の避難誘導もほとんどなく、軍民一体といい、行動を共にすることで、多くの住民が戦闘の犠牲となった。結果、県民の4人に1日が犠牲となる。日本政府は最初から沖縄県民を守る気はなく、本土防衛しか考えていなかったのだ。

そして今「沖縄の尊い犠牲で本土は守られた」と、どの口がいうのか?いや、確かに沖縄住民が犠牲になっている間に本土防衛を準備。米軍は沖縄の苦戦から本土決戦はさらに危険と感じて上陸作戦ではなく、原子爆弾で決着させようとした。その意味で「沖縄の尊い犠牲で本土の一部が守られた」なら正しいかもしれない。

だが、それを別の意味として使い、沖縄戦の実態を学校で教えない。マスコミもしっかりと伝えない。隠して置きたい。今も沖縄を踏みつけにしている日本人の思いが現れている。「ドキュメンタリー沖縄戦」はその事実を描いた作品である。マスコミも教育も封印する沖縄戦の真実。体験者と専門家のインタビューを中心に、米軍の記録映像を駆使して伝える。ぜひ見てほしい。本日6月29日は沖縄市で上映。最終日。


203926742_1214603622292447_2530763769337826594_n.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。