SSブログ

このポスターが言わんとすること。 [コロナウイルス]

271122708_6721078731299707_4508764472402082214_n.jpg


このポスターが言わんとすること。

要は枠てん打っても感染するということ。感染したら誰かに移す可能性があるということだ。つまり枠てんは無意味だったということ!ちゃんと、そこまで書けよ!このポスターだけでカラクリが見える。それでも気づかないアホな日本人が多いということね?



asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

動画(209)大晦日スペシャル=今年1年を振り返る! [YouTube]




(209)大晦日スペシャル=今年1年を振り返る!



asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

動画(208)嫌われる大切さ=評価される。優秀ということ?! [YouTube]



(208)嫌われる大切さ=評価される。優秀ということ?!




60764999_2681749791899308_369149531398340608_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

餃子定食。多すぎる。一列で十分。 [2021]

270618352_6716774311730149_1677971160017786587_n.jpg

餃子定食。多すぎる。一列で十分。





60764999_2681749791899308_369149531398340608_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

長々と反論コメントを書き込んでくる人たちの背景? [my opinion]

188549047_5511232148951044_5185309899470978954_n.jpg


長々と反論コメントを書き込んでくる人たちの背景?

今も時々、僕の書いた記事に対して反論してくる人がいる。よくあるのは「そうとうは限らないだろう?」とか「ま、そういう意見もあるかもしれませんね」という短いもの。これらは記事を読み「違うだろう〜」と感じたが、論理的に反論する力がない、具体的に反証をあげることができない。けど、認めたくないという人がよく使うコメント。

対して長々と反論を書き込んでくる人もいる。一見、理路整然と書かれた文章。だが、よく読むと隠された事実を知らない、古い情報を信じている。表面的なことしか見ていない。マスコミを鵜呑みにしている。という背景が多い。

だが、長い文章を書くには労力も時間も必要。反論を書いても収益化はされない。なぜ、それなのに長々と反論を書き込んでくるのか?その動機には「強い怒り」「正義感」「個人的な何か」があるはず。つまり感情的な強い何かがないと、長文の反論をわざわざすることはない。

例えば、思い込みが強い体質。些細なことでも自分の意見と違うと許せなくなる。あるいは正義感が強すぎて「俺が教えてやらねば」と考える。ただ、その種の人の多くは視野が狭く思い込みが激しい。だから、価値観が狭くなり、そこからはみ出すことが許せなくなる。その延長に病的な行動に走る人もいる。何かのストレスを解消するために反論して相手を論破しようとするタイプもいる。

また、本当に病気で、現実を正確に捉えられない。「思い込み」が強いを超えて妄想を信じている。そんな人たちも時々います。言えるのは長々と書かれた反論で「なるほど、そういう考え方もあるなあ」とか「僕は間違っていた。この人の指摘は正しい」と思ったことは一度もないということ。つまり、情報豊富で論理性があり、書く力があるマトモ人であれば、知名度のない映画監督の記事にいちいち反論したりしない。

何か問題を抱え、ストレスがあり、状況握力に欠けた、感情的で思い込みの強い人しか、時間と労力をかけて長々と反論コメントを書いては来ないということ。その意味でいつも「反論はいらない」とお願いしている。もし、僕が間違ったことを書いていても、まともな人なら「この監督バカだね」と思うだけで、いちいち反論はしない。つまり、あれこれ反論してくる人は何か?個人的に問題を抱えているということが多い。そんなことも感じてしまう。



asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

動画(207)趣味は何ですか、と聞かれたら=「謎解きです」と答える? [YouTube]



(207)趣味は何ですか、と聞かれたら=「謎解きです」と答える?




60764999_2681749791899308_369149531398340608_n.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

昨年、緊急事態宣言下に収録したzoomドラマの背景に「エッシャー通りの赤いポスト」? [2021]

186767_01.jpg


昨年、緊急事態宣言下に収録したzoomドラマ「同窓会」背景?

それに出てくれたのがこの映画の主役の藤丸千さん。そして同作品には藤田朋子さんも出演。

実はこの作品で千ちゃんと知り合った藤田さんが連れてきてくれたのが「同窓会」

藤田さんはご存知、ここしばらくの太田組作品のレギュラー。

そんな背景の映画。早く見に行きたい!

「同窓会」はこちらで無料配信中=> https://youtu.be/W6WVR4OomRQ


241823656_6093203847420535_4261776287517856819_n.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

「エッシャー通りの赤いポスト」 現在公開中のこの映画。主役はなんと! [YouTube]



#エッシャー通りの赤いポスト 現在公開中のこの映画。主役はなんと!

僕が監督したズームドラマ「同窓会」に出演している藤丸千ちゃん(写真、下段、真ん中)

なのです!

ぜひ、見てください。泣かされます。


186767_01.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

YouTube動画「私の映画部屋」知らない間に登録者が増加! [2021]

241823656_6093203847420535_4261776287517856819_n.jpg


YouTube動画「私の映画部屋」知らない間に登録者が増加!

スタート時に600人だった登録者。「私の映画部屋」を始めてすぐに800人くらいになる。それが山本太郎応援企画でガーーと増えて1800人まで行った。が、応援企画が終わると再生数も減り。テレビ番組なら打ち切りか?と思ったら、そこそこの数字が続いている。

とはいうものの政治マスコミネタは評判がいいが、それ以外はさほど数字が上がらない。やはり「れいわ」支持者が多く、映画ファンではない人が多いのだろう。と思っていたら、知らない間に「登録者数」が1929人になっていた。なんと130人ほど増えている!

やはり、続けていると増えてくるのだなあと思える。もう少しで2000人。もちろん、有名芸能人やブロガーの数には敵わないが、こちとらもともと知名度がない上に、スタートしたのが今年の9月。それが2ヶ月ほどで収益化となり、登録者がもうすぐ2000人というのはまずまずだろう。

ブログ、FBと違いYouTubeは事前に収録しておいてタイマーで配信ができるのが便利。実は来年の第1週分まで既に収録済み。ただ、大晦日と三ヶ日はクリスマス前だと気分が出ない。まあ、テレビのお正月番組は冬の初めに収録するので、出演者たちは「まだ、正月先だよな〜」と思いながら「あけましておめでとうございます」とか言ってたんだなあ。と実感する。

それは嫌なので、その4日間は当日に収録、数時間後に配信。振り返れば9月からスタート。まだ3ヶ月なのに、これだけ展開するとは思わなかった。動画配信はなかなか興味深いものがある。そこそこ好評だし、これまで僕のこと、僕の映画を知らなかった人たちも見てくれている。この番組のおかげで「朝日のあたる家」DVDを買ってくれた人も多い。今後は映画を通じてだけでなく、沖縄戦や原発の話もYouTubeで伝えていきたい。ま、すぐにバンされるかもしれないけどね!


asahi20_edited-1-f0023.jpg



nice!(0)  コメント(0)