SSブログ

昨年、緊急事態宣言下に収録したzoomドラマの背景に「エッシャー通りの赤いポスト」? [2021]

186767_01.jpg


昨年、緊急事態宣言下に収録したzoomドラマ「同窓会」背景?

それに出てくれたのがこの映画の主役の藤丸千さん。そして同作品には藤田朋子さんも出演。

実はこの作品で千ちゃんと知り合った藤田さんが連れてきてくれたのが「同窓会」

藤田さんはご存知、ここしばらくの太田組作品のレギュラー。

そんな背景の映画。早く見に行きたい!

「同窓会」はこちらで無料配信中=> https://youtu.be/W6WVR4OomRQ


241823656_6093203847420535_4261776287517856819_n.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

「エッシャー通りの赤いポスト」 現在公開中のこの映画。主役はなんと! [YouTube]



#エッシャー通りの赤いポスト 現在公開中のこの映画。主役はなんと!

僕が監督したズームドラマ「同窓会」に出演している藤丸千ちゃん(写真、下段、真ん中)

なのです!

ぜひ、見てください。泣かされます。


186767_01.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

YouTube動画「私の映画部屋」知らない間に登録者が増加! [2021]

241823656_6093203847420535_4261776287517856819_n.jpg


YouTube動画「私の映画部屋」知らない間に登録者が増加!

スタート時に600人だった登録者。「私の映画部屋」を始めてすぐに800人くらいになる。それが山本太郎応援企画でガーーと増えて1800人まで行った。が、応援企画が終わると再生数も減り。テレビ番組なら打ち切りか?と思ったら、そこそこの数字が続いている。

とはいうものの政治マスコミネタは評判がいいが、それ以外はさほど数字が上がらない。やはり「れいわ」支持者が多く、映画ファンではない人が多いのだろう。と思っていたら、知らない間に「登録者数」が1929人になっていた。なんと130人ほど増えている!

やはり、続けていると増えてくるのだなあと思える。もう少しで2000人。もちろん、有名芸能人やブロガーの数には敵わないが、こちとらもともと知名度がない上に、スタートしたのが今年の9月。それが2ヶ月ほどで収益化となり、登録者がもうすぐ2000人というのはまずまずだろう。

ブログ、FBと違いYouTubeは事前に収録しておいてタイマーで配信ができるのが便利。実は来年の第1週分まで既に収録済み。ただ、大晦日と三ヶ日はクリスマス前だと気分が出ない。まあ、テレビのお正月番組は冬の初めに収録するので、出演者たちは「まだ、正月先だよな〜」と思いながら「あけましておめでとうございます」とか言ってたんだなあ。と実感する。

それは嫌なので、その4日間は当日に収録、数時間後に配信。振り返れば9月からスタート。まだ3ヶ月なのに、これだけ展開するとは思わなかった。動画配信はなかなか興味深いものがある。そこそこ好評だし、これまで僕のこと、僕の映画を知らなかった人たちも見てくれている。この番組のおかげで「朝日のあたる家」DVDを買ってくれた人も多い。今後は映画を通じてだけでなく、沖縄戦や原発の話もYouTubeで伝えていきたい。ま、すぐにバンされるかもしれないけどね!


asahi20_edited-1-f0023.jpg



nice!(0)  コメント(0) 

動画(206)俳優選びは「思い」だ!=本当に好きな人を選べ。妥協で決めてはいけない。 [YouTube]




(206)俳優選びは「思い」だ!

=本当に好きな人を選べ。妥協で決めてはいけない。



60764999_2681749791899308_369149531398340608_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

これは「戦いの呼び声」なのか? [2021]

270030904_6704236446317269_778180448930427420_n.jpg


これは「戦いの呼び声」なのか?

年末というのに久々にシナリオを書いている。今年も終わろうとする師走なのにある会社から依頼があった。ただ、監督作ではない。いつもは自身が書いたシナリオで監督する。が、今回は脚本のみ。そもそも僕は脚本家としてスタート。監督しない作品のシナリオを書いていた。20年ぶりほどに脚本家業のみの仕事。

しかし、ギャラが安い。そして時間がない。年内に仕上げて、1月上旬に撮影とのこと。通常はシナリオ執筆だけで1ヶ月は必要。それが5日ほど!直し時間はその後の4日間。ま、制作サイドが焦っているのではなく、その上の頭の硬いスポンサーが映画作りを全く知らず、勝手な予定を立てたからだ。

これがもうどうでもいい題材なら、いくら生活が苦しくても断る。なのだが社会派の物語。これは「やらねば!」それに、わずかでもギャラが出るので家賃も払えるし、生活費にもなる。コンビニでバイトするよりもいい。という訳で、年始年末も休むことなく仕事をすることになる。

今までも大晦日は仕事!ということは何度もあったので、それは平気。それと前にも書いたが、この仕事依頼は人生最後の夏休みを終えて、「戦いを再開しろー!」という映画の神様からのメッセージではないか?と思えている。いつも長期間ダウンしていると、戦いの呼び声が聞こえてくる。今回もそれなのか?

が、もう若くない。ヒートテック衣料で暖かくして風邪をひかないようにして、仕事をしよう!来年からは人生最後の戦いが始まることを期待して。


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(0)  コメント(0)