SSブログ
コロナウイルス ブログトップ
前の10件 | 次の10件

567ウイルスは白人専用の生物兵器?!=だから、日本人の被害が数ない?説 [コロナウイルス]

89961421_3567547866652825_4859062506745757696_n-40746.jpg

567ウイルスは白人専用の生物兵器?!=だから、日本人の被害が数ない?説

昨年の12月に書いた記事。再掲する。このところ海外のメディアで567=生物兵器説が報じられている。1年前は「陰謀論だ〜」と言われたものだが、あのワシントン・ポストさえも武漢由来であることを指摘している。そこで1年半前に書いた私の記事。再掲してみる。SF好きなので、こんなことを考えていた。

******************

(2020年12月記事より)

あれこれネットで情報収集していて「なるほど!」と思うものを見つけた。この春から考えていた「567感染」の答えが「大統領選」情報で見つかった。前々から「567」は生物兵器であると思えていたが、ここしばらくの情報で「大統領選」で不正を行うため!という説で「なるほど」と思えたが、さらにもう一つ。「567は白人ターゲットのウイルス」であると聞いた。

思い出す話がある。過去に流行したエボラ、鳥インフルエンザ、サーズは全てCIAが開発した生物兵器という説がある。調べるとエボラは黒人ターゲット(猛威を振るったのはアフリカ)。鳥インフルエンザは黄色人種(猛威を振るったのは中国)。それらの人口を減らすために作られたらしい。となると567が白人ターゲットというのも有りだ。だから、日本ではアメリカ、ヨーロッパほどの死者が出なかったのではないか? 白人以外にも効果はあるが、白人ほどではないということなのだろう。ただ、中国では被害が大きいと聞く。そこはどうか? と思うが、本当に中国で多くの被害が出たのか?は疑う必要がある。

日本で被害がさほど多くなかったので「ファクトX」と言われた。そのxは=握手しない。土足で上がらない。きれい好き、いろんな説があったが、白人向けのウイルスだったとすると納得できる。さらに、もう一つ。今、言われている枠てン。あれも生物兵器で絶対に受けてはいけないとのこと。ああ、だから、オバマ、クリントン、ブッシュの三悪人が推進しているんだな?と、これも納得。これら情報は別々のサイト。2つから得たものだ。

もちろん、ネット情報なので信憑性は高くない。が、今、アメリカの三大ネットワークや日本のメディはもっと信頼できない。特にNHKなんてダメ。「不*選挙」疑惑を必死で隠している。それよりネット情報を検証、精査、整合性を考えて、筋の通るものを事実に近いと考えることが大事だ。


D7nVbYIVUAElq7L.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

日本人は誘導されやすく、マスコミ報道を鵜呑み。コントロールしやすい国民=SF映画から考える本当の現実? [コロナウイルス]

188549047_5511232148951044_5185309899470978954_n.jpg


日本人は誘導されやすく、マスコミ報道を鵜呑み。コントロールしやすい国民=SF映画から考える本当の現実?

子供の頃からSF映画が好きで、「地球最後の日」とか「宇宙人襲来」的なタイトルだと大喜びで見ていた。そもそもが「ウルトラ」シリーズで育っているので、怪獣、宇宙人と幼なじみのようなもの。特に「セブン」は「侵略」がテーマ。毎週、宇宙人がどんな作戦で地球を狙ってくるか?ワクワクしながら見ていた。

メトロン星人はタバコに薬を入れて、吸った人間を狂わせて争いを起こさせる。そのことで人間同士の信頼感を失わさせる作戦。チブル星人はおもちゃを無料で配る。そのおもちゃは本物同様の性能があり、武器になる。子供たちを洗脳。その武器を使って大人を攻撃させる。でも、大人たちは子供を攻撃できない!というもの。子供向けとは思えない物語を当時の脚本家たちは作っていた。

ところが、中学頃になると「ウルトラ」シリーズどころか、SF映画を見ていても、同級がバカにするようになる。「あんなことはあり得ない」「宇宙人なんていない」それはまだ分かるが、SF映画ではない作品、例えば「007」に登場する悪の秘密結社も存在しない!と思うようになって行く。そして細菌兵器、生物兵器というと「映画の世界」だけの話と言い出す。が、原爆、水爆はリアルだと思うらしい。同級生から見ると僕なんて「現実を知らず、夢の中で遊ぶ子供じみた奴」という印象のようだった。

映画の世界で仕事をしだしてからも、SF作品の企画は評判悪かった。90年代のことだ。プロデュサーやベテラン監督たちにシナリオを見せても、「これってアニメ?」「子供向けの話なの?」と言われた。「リアリティ感じないんだよね」とか否定された。若いPでSFが好きという人でさえ、「うちでSFの企画が通ることは一生ないですね」と言っていた。僕が言われたのと同じように、上の人たちがSFに対する理解がないということだった。

年配の人たちは「リアリティがない」「子供向け」という、彼らの中ではSF=子供向けの荒唐無稽な物語。大人の鑑賞に耐えるものではない。という認識なのだ。が、70年代からアメリカでは次々にSF大作が作られ大ヒットしていた。が、「スターウォーズ」でさえも、公開当時の「朝日新聞」を見ると「子供向けにはスターウォーズがある」という表現になっていた。それが一般的な日本人の認識だった。

ただ、そんな大人たちが言う「子供向け」「リアリティがない」はおかしいことが分かってくる。生物兵器。殺人光線。そんなものは存在しないというのが彼らの認識。その認識はどこから来るのというと、マスコミが報道しているかどうか?なのだ。原爆、水爆はニュースに登場するが、生物兵器という言葉は新聞には登場しない。しかし、生物兵器も、細菌兵器も存在する。彼らに想像力がないことが1番の原因なのだ。

それらはジュネーブ協定で開発が禁止されているので、表向き戦争で使われることがない。ニュースで報道されることがないだけ。そのために聞き慣れない。それなのに多くの日本人は映画に出て来るその種の兵器は「存在しない」「あり得ない」「リアリティがない」と思い込んでしまうのである。

90年代に僕が書いたシナリオで、ある団体が大量破壊兵器を作りクーデーターを企てるというSFドラマがあった。いろんな人に読んでもらったのだが、反応はよくなかった。僕らの世代なら誰でも知っている有名雑誌の編集長は「こんなことが今の日本で起こる訳が無い。リアリティがない。そんな映画を見たいと思う人なんていない!荒唐無稽。子供騙しだ」と全否定された。才能がないとまで言われた。

大手テレビ局報道部のベテラン記者にも意見を聞いた。「日本は狭い国だから大量破壊兵器なんか作ったらすぐにバレてしまう。企業であろうと団体であろうと、必ず抵抗勢力がいて内部告発が行われる。そんな物語は日本では成立しないよ。リアリティのない子供向けにしかならないね〜」

ところが数年後にオウム真理教の地下鉄サリン事件が起こった。そのことで幹部が一斉に逮捕、オウムの実情が連日報道された。サリンを製造していただけでなく、ロシア製のマシンガン。戦闘用ヘリも購入しており、政府を倒すクーデーターを計画していたのだ。僕が書いたシナリオに酷似。ま、こちらの物語では宗教団体ではなかったが、ベテラン記者がいう「日本は狭いからすぐにバレる」「日本ではあり得ない」というのは間違いだった。つまり大手テレビ局の報道記者や、有名雑誌の編集長の想像力というのは大したものではなく、現実についていけていないのである。

そのような人たちが発信するニュースや記事を、多くの日本人は見て、そこで触れられることない生物兵器や悪の秘密結社。殺人兵器は存在しない。子供向けのドラマでしかないと思い込む。大人になるほどに、想像力をなくし、マスコミが報道しないものはあり得ないと考えてしまう。それが日本という国なのだ。その後、日本の映画界もハリウッドの影響を受けて、あと世代替わりが進み。SF作品がかなり増えた。先の若手Pは「うちでは一生無理だ」と言っていたが、その会社でもSFものを制作している。だが、単に流行を追っているだけで、本当にSFを理解して作っていないことも感じる。

さて、今の日本。まるでSF映画のようなことが起こっている。567の感染。枠てん問題。ビルの人類削減計画も言われた。そんな去年の今頃に生物兵器説をFacebookで書いたら、こんなコメントが来た。「ロシアの科学者が生物兵器でないと、すでに断言していますよ」それを読み、元記事を探して、さらに怪しいと思った。この段階で否定すること自体が不自然だ。

マスコミも著名人も「生物兵器だ」なんて言っていない。なのに、否定を先に発表するのは何かあると感じた。その後も生物兵器説の検証記事を書いたら、先の人が「まだ、そんなこと言ってんの?成長しないねえ」とか皮肉を書き込んで来たので「友達削除」してやった。あったことも無い人。60代で固い仕事をしているオヤジが何故、上から目線でコメントしてくるのか?

それから1年。今、世界各国のマスコミが「生物兵器説」の報道を始めている。ワシントンポストにも記事が出た。日本では全く報道されていないが、すでに証拠も見つかっているという。この流れを見ていると、そもそも日本人はマスコミが報じないものはあり得ないと思っていること。映画で描かれているものは現実には存在しないと感じている。

そして大人になるほどに、想像力をなくし、疑うことをせず。マスコミが指摘しないことは受け入れないということなのだ。とすると、嘘でもなんでもマスコミが報道すれば信じる。大騒ぎする。マスコミが隠蔽すれば誰も気づかず。第三者が指摘しても「そんなものは存在しない。陰謀論なんだよ!」と否定するということだ。こんな扱いやすい、誘導しやすい国民は他にもいるのだろうか?つまり、マスコミを支配すれば、国民をコントロールできるということだ。

だとすると567はどうなのだろう? ただ、生物兵器かどうか?より、日本人がいかに誘導されやすく、コントロールしやすい民族であるか? そちらの現実が怖い。


復活の日.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

生物兵器、細菌兵器を扱った映画。 [コロナウイルス]

復活の日.jpg


生物兵器、細菌兵器を扱った映画。

海外のマスコミが567=生物兵器説の報道をしている。そこで思い出す映画を紹介。「復活の日」もウイルスで人類がほぼ全滅するという物語。「カサンドラクロス」はWHOをモデルにした組織で、密かに生物兵器を研究していたら、テロリストが感染して列車に乗ってしまった。軍は秘密保持のために、乗客ごと列車を葬ろうとする映画。

映画の中でも生物兵器のことは知られてはいけないという設定。だってジュネーブ条約で研究すら禁止されているからね。これらは荒唐無稽な映画の中だけの話なのか?それとも現実に起こり得ることなのか? でも、生物兵器は実際に存在するんだよね〜。オウム真理教はボツリヌス菌を使った兵器を作り散布したことあるし。旧日本軍の731部隊もペスト菌を兵器にする研究をしていた。他の団体がもっと大がかりにやってもおかしくない。


D7nVbYIVUAElq7L.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

日本政府と東京都は自国の文化芸術を殲滅したいのか? [コロナウイルス]

188594986_5511201412287451_174426791305054762_n.jpg


日本政府と東京都は自国の文化芸術を殲滅したいのか?

東京の映画館は都に無理やり休業させられている。なので多くの人は映画を見るために神奈川県や千葉県に行く。そのために横浜の映画館が大入り満員になり3蜜を超えたという話も聞く。お役所がやる仕事というのは、無意味で市民を振り回すだけのものであることが多い。

という訳で平日に千葉まで映画を見に行った。映画館は換気能力が高く20 分で館内の空気が入れ替わる。コロナ感染が始まってから1度も感染は報告されていない。にも関わらず、都内の映画館は自粛させられている。これは映画館で働く人、配給会社、映画製作会社、スタッフ、俳優、スタジオ、レンタル会社で働く人たちの生活に影響する。

映画館が止まると、映画が完成しても公開できない。公開待ちの作品が増える。製作会社は制作を延期。あるいは中止。俳優、スタッフは仕事がなくなる。収入がなくなる。家族が困る。生きていけなくなる。これは必要のない映画館休業を都が命じていることで起こることだ。映画関係者を殲滅するためのホロコーストにさえ思える。映画は文化であり芸術。それを小池都知事は根絶やしにしようとしているのか?

韓国ドラマや映画は近年、高いクオリティのものが多い。90年代以降に政府が支援。新しい人材を育て業界を伸ばす努力をしてきたからだ。今ではカンヌ映画祭や米アカデミー賞で韓国映画が受賞する。世界中で大ヒット。韓国には映画という新しい輸出品が出来、その売り上げで韓国経済に貢献している。日本は逆に自国の映画産業を破壊。殲滅しようとしている。芸術を弾圧するばかりで、それを日本の国益にして利益につなげようという発想がまるでない。

電化製品だけではない。日本は文化芸術でもアジアの最下位の国となりそうだ。悲しい。菅、小池、早く辞めろ。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

あの注射はトウモロコシと同じ?=考えてみた! [コロナウイルス]

あの注射はトウモロコシと同じ?=考えてみた!

枠テンのこと。あれこれ言われている。「危険だ」「いや、早く打ちたい」ただ、今回のはいつもとは違うという話。通常インフルエンザとかで使うのは、そのウイルスを弱めたものを体に打ち、免疫をつけ抵抗力をつける。本物が来た時には抗体ができていて撃退できるというシステム。

だが、今回はそういうことではなく、人の遺伝子を操作することでコロ助を受け付けない体に改造!するというもの。これ怖いよね? 遺伝子操作ってあれ。トウモロコシやトマトの品種改良の? すでに問題になっていて、遺伝子操作した野菜は危険と言われる。トマトも切ると中が、あの綺麗なトマトの断面にならない。グチャグチャで気持ち悪い。

遺伝子操作とはそういうこと。それを人間でやろうというのが今回のあれ? 噂だが、コロスケには効くが他の病原菌への抵抗が全てなくなる!という話も聞く。ビル君の暴言も思い出すし、十分な検証もできてないらしい。なのに、いきなり人体実験?! 海外では死者いっぱい出てる。それをマスコミが問題視すればまた安心するが、危険性に触れるメディアがない!誰もが疑問をもたない時はとても危険。戦時中もそうだった。本当のところはどうなんだろうねえ?

とあり得ず僕は注射が大嫌い。子供の頃から嫌い。大人になってからインフルエンザの注射もしたことがない。金払って痛い目に遭うのは嫌だ。この記事もバン対象か???

m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

テレビを信じる人の背景? [コロナウイルス]

177659308_5371906522883608_3910554411002950011_n.jpg


マスクの無意味さ(ウイルスは通り抜ける)について記事にしたら先日、

「マスクは意味があります!」

と見慣れぬアイコンの人からコメントが来た。どんな人か?本人のラインを覗いた。「マスク無用とか、コロナは存在しないとかいうバカは許せない」と書いている。続いて

「テレビを見ない連中は正しい情報を得ていないので、デマを拡散するんだ!」

とある。そこまで言うかあ? 何とかにつける薬は...と言うやつか?もう、何も言うことはない。でも、「菅、政治は許さない」という記事も?背景を知りたくてプロフィールへ。現在、70代。男性。自営業。なるほど、全て納得。テレビはいつも正しい。間違わないんだねー。

けど、菅批判するなら、安倍批判だろう。その時期にNHKがどれだけ大本営か?気づいたはず。ーテレビ、ウソつかないーではないことに気づいたはず。健康に関してはテレビはウソ言わないとか? んーー考えてしまう。分かったのは、やはり諸悪の根源はテレビということ。自主的に受ける洗脳装置なのだろう。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

アメリカ、モンタナ州の医師アニーブカチェック博士の言葉。 [コロナウイルス]

182448133_5425408134200113_7528587303378857694_n.jpg


アメリカ、モンタナ州の医師アニーブカチェック博士の言葉。

「発表されている新型コロナの死亡者は約25%上乗せされている可能性がある」

ーえーーーほんまかいな?アカンやろ!

「(2020年)4月中旬までは新型コロナによる死亡者数は5万4千人だと発表されていた。しかし、CDCのサイトで確認すると、新型コロナのみによる死亡者は1万1千でした」

ー水増ししてんのかいな? なんでやね?

「医療機関がこと診断した段階で3万9千ドルが支払われる。さらに2020年の米国コロナ対策費からコロナに要した費用に20%上乗せして医療機関に支払われれます」

ー医療機関、儲かるなあ。患者は皆、コロナ!にしたなるなあ。アカンけど。

「アメリカの終わり」山中泉著 方丈社より引用。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

なぜ、効果のないマスクをするのか? その背景に政府とマスコミの無能政策が見えてくる? [コロナウイルス]

174861836_5352389308168663_1809071718238220537_n.jpg


なぜ、効果のないマスクをするのか? その背景に政府とマスコミの無能政策が見えてくる?

(ちょっと長いが面白いのでぜひ)

先日、久々に見たテレビのニュース番組。記事で紹介した。レポーターが繁華街に行き、マスクをしていない人の人数を数える。そして「マスクをしない不届き者を探す!」とは言わないで単に「マスクをしない人がどれだけいるか調査しました」と説明。そして道行くマスクをしない人にはインタビュー。「あなたはなぜ、マスクをしないのですか?」と質問。これも質問している建前で、晒し者にしている。「全国の皆さん。この不届き者の弁明を聞いてください!」と言うのが狙いだろう。

なぜ、ニュース番組でこんなことをするのか? 答えは簡単。これを見た視聴者はどう思うか?「あー店でマスクもせずにしゃべっている〜。だから、感染が広がるんだよ」あるいは「やっぱ、道でもマスクしなきゃいけないんだ。私も気をつけよう」と思うだろう。スタジオのキャスターは言葉にしないが「マスクしない人は不届き者です。皆さん。マスクを必ずしましょう!」と言たいのだ。もし、これが実態調査なら、マスクしている人にもインタビューして「なぜ、外でマスクをするのですか?」と質問する。が、しない。そこに「マスクはせねばならない」という番組意図があるからだ。

92375998_3670137153060562_3500165112335958016_o.jpg

これは報道ではなく「マスクしなさい!」という国民に向けたキャンペーン。「欲しがりません。勝つまでは」「生きて虜囚の辱めを受けず」とか戦中に行われた刷り込みと同じ。国民をある方向に誘導するためのもの。もし、マスクが感染予防に絶大な効果があるのなら分かる。が、コロナウイルスはマスクの生地を通り抜けるので無意味。せいぜい、感染者の唾が飛ばないだけ。最近では多少の量では飛沫感染は起きないとも言われる。つもり、マスクはぼぼ効果なし。そんなものをなぜ、マスコミが自粛警察役まで演じて広めるのか?

ここからは推理だ。マスコミが自主的にキャンペーンをしているのではないだろう。得するものはない。感染の怖さを煽り視聴率を上げるのは分かるが自粛警察役はメリットがない。誰が得するか? 国民もプラスなし。予防にはならない。例えば政府はどうか?昨年の緊急事態宣言で大きな経済的打撃を被った。感染を止めるには経済を止めねばならない。経済を動かすと感染が広がる。その両方を同時にしたい。そのための「マスク作戦」ではないか?


103718429_3915730885167853_1263051899382631568_o.jpg

昨年、小池都知事は夜の新宿、渋谷。繁華街。若者が感染拡大の原因と発表した。「夜の新宿には行かないように」とアナウンスした。が、コロナに昼、夜関係あるのか? コロナは夜行性なのか? おかしな話だ。さらに、当時から今に至るまで、通勤電車やパチンコ店での感染はほぼ報道されていない。どちらも三密、四密どころではない。理由はもうお分かりだろう。パチンコ店からは多額の献金が政府関係にされている。だから、危険な場所と指摘できない。通勤電車が危険と言うと人々は恐れて電車に乗らなくなる。経済が回らなくなる。

だから、その2つを感染拡大の危険な場所と絶対に言えない。マスコミも報道しない。しかし、感染は広がっている。誰かを生贄に、スケープゴートしなければならない。「原因は分かりません」では都も政府も面目が立たない。その生贄が夜の新宿、渋谷。そして若者。そう報じれば「アホな若者が飲み屋に集まって感染が広がるのか!」と多くが解釈するだろう。新宿の居酒屋や若者は献金していない。渋谷の店がいくら潰れようと東京都は困らない。だから悪役にされた。それが去年の構図。

だが、その新宿、渋谷も客が激減。(気持ちが緩んで一時よりは客足は増えているが)次なる生贄を探す必要がある。そして感染拡大を止めながらも、経済も動かさなければならない。そこで当時からマスク、マスクと騒いだのを利用して、次なるキャンペーンを始めたのではないか? 感染原因はマスクをしない人たち。その輩のせいで感染拡大が続いている!とマスコミを通じて直接的ではなく、遠回しに印象操作を続けているのだ。先の番組はまさにそれ。

96018235_3748897568517853_9108162730300276736_o.jpg


先に書いた僕の記事「誰もいない道路で、マスク外すな!と指示するオヤジ」を覚えているだろうか? あれはキャンペーン効果が浸透したという現れ。防止効果は関係ない。マスクしない奴は許せねえ!と言うレベルにまで多くの人が誘導されているのだ。そのことで「コロナ感染が止まらない理由は、マスクをしないバカがまだまだいるから!」という印象操作をしている。それを推進するためにニュース番組では、マスクしない人を探して突撃インタビュー。自粛警察と同じことをする。その人を全国ネットで晒し者にする。「悪いのはマスクをしない人たち!」

そのことで政府に対する批判を少しでも避ける。同時に「マスクしてりゃ大丈夫。満員電車も、パチンコ屋も安全ですよ〜」と事実ではないことを庶民に刷り込む。マスク=安全ではないのに、「自粛させず、通勤させて、会社で働かせて、経済を回そう」と言うのが目的。だが、マスクは無意味。街を歩いてもほとんどの人がマスクをしているのに、感染は今も止まらない。マスクは無意味と言う証明だ。本気で感染を止めるには経済を止め、国民に金を配るしかない。

でも、その金を渋り、効果のないマスクを強要して経済を回そうとするのが今の政府のやり方。そこに多くが気づかず、マスクが意味ないと分かるのに、必死にマスクをして。しない者に強要。指示までする。これ何かに似ている? 戦時中の日本だ。国民に竹槍を持たせてアメリカと戦えと命じた。竹槍で米兵は倒せない。なのに必死に練習した国民。この国は75年経っても変わっていないのだ。

あと、別の視点から「コロナの正体?」も後日、検証してみたい。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

マスコミがコロナ感染で恐怖を煽る理由? [コロナウイルス]

175064185_5352503284823932_1161321053838700798_n.jpg

マスコミがコロナ感染で恐怖を煽る理由?

その報道番組。あるコーナーでは若い女性レポーターが街に出て、いくつもの店を回り、マスクをしていない人が何人いるか?を検証するものだった。ある居酒屋では「1、2、3、4、5、かなりの人がマスクをせずに話をしていますね〜」とレポート。街角ではマスクをしない人にインタビュー。「なぜ、マスクをしないんですか?」と質問。見ていて疲労感が込み上げる。

 このコーナー。「マスクはせねばならない」という前提で作られているだろう。そして「不謹慎にもマスクをしない人がこんなにいます!」と告発。街角インタビューでは「マスクをしないのには不謹慎ですよ!どう考えてますか?」と糾弾。しかし、この番組は前提を伝えない。「この時期、マスクをしてコロナ感染を抑えなければなりません。それが守られているでしょうか?」とはいわない。

172204944_5323327494408178_4372747248284548000_n.jpg

スタジオのキャスターが言ったのは「街角でどのくらいの人がマスクをしているか?検証してみました」だ。検証と言いながら、これは摘発や糾弾。言葉には出さないが「あんた不謹慎だよ」と指摘しているのだ。それによって視聴者は「いつでもマスクせねばならない!」という思いを強くするだろう。

 そこがマスコミの汚いところ。クレームが来れば「あれは検証です」というが、実際にやっていることは「摘発」であり「糾弾」。お前らマスクもせずに何考えてんだ!感染したらどうすんだよ! と主張したいのだろう。しかし、おかしい。

感染したくなければ街に出なければいい。その人たちの責任は責めず、マスクをしない人を糾弾している。居酒屋で飲んだり食べたりで、いちいち話すたびにマスクはしない。また、客もそれを覚悟で来ているはず。それを「マスクをしない人たち」と指摘することにどんな意味があるのか?

 北朝鮮なら分かる。「この店にいるお客。1、2、3、4、5人も金総書記のバッチをつけていません! 許せません!逮捕です」その番組がやっていることも、限りなく近い。いや、北朝鮮で金正恩を支持しなければならないというのは、あの国なら理解できる。が、日本で必ずマスクをする、というのはどういう意味か? 

 ウイルスはマスクを通り抜けること、医学的に正しい。ただ、飛沫感染が言われるので、唾が飛ばないという利点はあるが、「マスクでコロナは防げない!」は医学の常識。なのに北朝鮮のバッチのように「つけなければならない!」という意識が蔓延している。(先日の自転車オヤジもそう)それを推進しているのがマスコミ。

 どうも、コロナに関しては疑問が多い。これは昨年から指摘していることだが、最近はマスコミの煽動が気になる。なぜ、コロナ感染で騒ぐのか? 一つは視聴率が取れるから。だが、それだけではないだろう。不安を煽ることで、マスクを強要することで何か別の目的があるに違いない。

174861836_5352389308168663_1809071718238220537_n.jpg

どこからか指示されてやっている? それはまた次の話になるので、今回はこうまとめる。テレビを見なければ、コロナで怯えることはない。死亡者数も実は多くない。例年のインフルエンザの方が多く亡くなっている。何だか、これも沖縄戦がダブる。

 米軍上陸前から県民にはアメリカ軍の恐ろしさを徹底して伝えた。「米軍に捕まると、男は鼻を削がれて、戦車で轢き殺される。女はレイプされて、殺される」県民は恐怖した。彼らが追い詰められた時、軍は自決せよと伝えた(それだけでなく日頃から、生きて虜囚の辱めをうけずと洗脳)。

県民は「アメリカ兵に辱めを受けるくらいなら自決しよう」と多くが集団自決した。そこには軍の思惑があった。足でまといになる。食料を確保したい。捕虜になり情報を米軍に喋らせたくない。そんな目的があったことも言われる。そのためにアメリカ軍を使い恐怖を煽った。実際は投降した県民を彼らは虐待してはいない。怪我を治療。食料を与えている。全て日本軍が流したデマだったのだ。

 恐怖を使い国民をコントロールするのは国がよく使う手。その意味でコロナ感染の恐怖を異常なほどに報じるマスコミ。本当の目的は別にあると思えてしまう。ま、テレビばかり見てると印象操作されて分からないけどね!


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg 






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「マスク外すな!」と指示する見知らぬオヤジ=背景にある危険なもの?(改訂版) [コロナウイルス]

174861836_5352389308168663_1809071718238220537_n.jpg


住宅街の道。1人で歩いていると、向こう側から自転車に乗ったオヤジ。髪は五分刈り。マスクをした70代。近所の人だろう。すれ違い様にこう言われた。「マスク、外すんじゃねえよ!」自転車なので一瞬の出来事。何か言い返してやろうと振り返るが、すでにオヤジの後ろ姿は小さくなっていた。

歩いていた歩道。とても広い。人が4人並んで歩ける。僕とその自転車オヤジ以外は誰もいない。見渡す限り2人。そんな場所でマスクをしないことを咎めるオヤジ? そもそも緑の狸によると「三密」が危険。室内で、多くの人が集まり、おしゃべり。食事。だから感染が起こる。だが、青空の下。室内ではない。人もいない。お喋りもしない。そんな環境でオヤジは感染が起こると思っていたのか?

何よりマスクでウイルスは防げない。医療用のものでないと通り抜けてしまう。ただ、飛沫感染ーマスクをすることで唾が飛ばないという利点はある。自身が感染している場合に移さずに済む。だが、室内ではない。三密どころか一密ですらない。自転車ですれ違うのは2秒くらい。「マスク外すんじゃねえよ」と指示する。どういう人なのか?

103688302_3898681886872753_8523583310553009772_o.jpg


多分、彼の心理は「コロナが流行っている」「マスクをしなきゃウツる」「危険だ」というだけのこと。緑のおばさんの注意すら把握していない。ただただ、マスクしないと危険。コロナは怖い。多分テレビで仕入れた。今、テレビを見るのは50代以上の世代。若い人は見ない。ただ、情報番組ではかなり詳しく報じる。昨年から連日、緑のおばさんが登場して、カタカナ言葉を使って対策を説明している。

オジさん。その説明を把握できていない。理解できたのは「マスクしろ」「感染する」「危険」というだけだろう。にも関わらず、分かったつもりになり、すれ違っただけの人に「マスク外すな!」と指示。自身が把握できた中途半端な知識を押し付けた。どんな立場にいると思っているのか? 他人様にあれこれ言える存在と感じているのか?

似たような話はあちこちで聞く。電車の中でマスクで鼻を隠していない人に、見知らぬ他人が注意してもめたとか。それらの多くが年配の男性。頭が固く、情報を正確に把握しないくせに、他人に強制。「マスクしない」=「悪」という認識なのだ。彼らは「正義感」さえ感じているだろう。「分かってねえ奴が多いんだよ!」「言ってやらねえとわからないんだ!」それは正義ではなく、傲慢であり勘違いでしかない。だが、同じことが過去に起こっている。

戦時中。「非国民!」と決めつける人たち。戦争を反対するのではなく、疑問を感じただけで非国民レッテルを貼り、批判。粛清。「戦争はやらなければならないこと。日本国民の義務なのだ」という頑な思い。今、振り返れば矛盾だらけ。無意味。国が出した無茶な指示を国民が必死で守ろうとした。それと似ている。マスコミが発する「マスクをしよう」指示。疑うこともせずに、見ず知らずの他人にまで強制するオヤジ。時代は変わっても、多くの大人は国やマスコミからの指示を疑うことなく、受け入れ他人に強制する。

そんな1人が先に出会った自転車オヤジなのだ。もし、日本が戦争になったら、彼は先の時代と同じように「非国民!」「売国奴!」と国の指示に従わない他人を怒鳴りつけ、強制するだろう。いつの時代も多くの日本人は国とマスコミに簡単に誘導される。戦時中のことを調べるほどに、今の日本も同じであることを痛感する。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の10件 | 次の10件 コロナウイルス ブログトップ