SSブログ

JR福島駅の線量は? 東京の?倍。 [他の仕事]

 IMG_7396.jpg

 福島市内。

 今はどうなっているのか?

 線量をあちこちで計ってみた。

 JR福島駅。

 早朝で多くの通勤客が行き交う中

 IMG_7407.jpg

 線量を計る。

 IMG_7404.jpg

 0.21μシーベルト

 0.18μシーベルト

 通学路や公園よりは低いが、

 東京の約4倍と、約5倍。

 「ただちに健康被害はない」

 という人もいるかもしれないが、低線量被曝の影響はまだ

 解明されていない・・。

 (つづく)










nice!(0)  コメント(0) 

「除染作業は完了しました」という福島の公園ー線量? [他の仕事]

 IMG_7394.jpg

 福島市内の公園

 こんな看板が建てられていた。

 「この公園は除染作業が完了しました」

 念のために空間線量を計ってみた。

 IMG_7393.jpg

 黄色、0,34μシーベルト

 白、 0.41μシーベルト

 東京は0.05なので、約7倍から8倍。

 除染作業をしてこの値か?

 或いは除染後にまた放射能が降り注ぎ、線量を上げているのか?

 ここで子供たちが遊ぶ姿を想像したくない。

 でも、これが福島の現実である。

 (つづく)

 





nice!(0)  コメント(0) 

福島/通学路の線量。東京の30倍。 [他の仕事]

 IMG_7382.jpg

 福島市。早朝。中学生が行き交う通学路

 その脇にある草むらで線量を計ってみた

 IMG_7383.jpg

 左。1.62μシーベルト

 右。1.06μシーベルト

 東京の線量は0.05(もちろんホットスポットもあり、地域によって差はあるが)

 福島のこのあたりは

 東京の20倍から30倍の

 放射線量ということだ。

 その横を10代の子供たちが通り過ぎて行く。胸が痛い。

 (つづく)

 





nice!(0)  コメント(0) 

福島/小学校の通学路。線量は東京の23倍。 [他の仕事]

 IMG_7354.jpg

 かなり間が空いたが、福島取材の続きを書く

 (これ以前はこちら=> http://cinemacinema.blog.so-net.ne.jp/2012-11-11-3

 原発50基を全て巡る旅。

 福島編

 まずは早朝、市内の小学校周辺へ

 幼い子供たちが登校して行く

 日本中どこでも見られる風景だが

 ここ福島は違う

 通学路にある並木で、放射線量を計る

 IMG_7355.jpg

 黄色のガイガーカウンタでは 0.75

 白の方は、1.17

 東京の平均が0.05なので

 黄色だと15倍。白だと23倍となる

 並木の根元はもっと線量が高い!

 僕の目の前を何人もの小学生が通り過ぎて行く

 通学路だろ! これでいいの? 

 毎日、この子たちはここを通るんだよ!

 23倍もの放射線を受けてるんだよ!

 胸が締め付けられる・・。

 (つづく)

 

 
nice!(0)  コメント(0) 

ウクライナの人は日本食がお好き? [他の仕事]

 P1080521.jpg

 最終日。チェルノブイリ原発での

 取材が終わり、首都キエフに戻り

 夕食タイムとなる

 現地コーディネーターの方々に”何がいい?”と訊くと

 ”Jpanese food Sushi!"

との声が帰って来た。

 そこでこの日の夕食は寿司

 キエフの町にはあちこちに、寿司レストランがある

 P1080592.jpg

 といっても、ファーストフード感覚

 板さんが握ってくれたり、クルクルでまわってくる訳ではない

 写真下のような感じで出て来る

 P1080593.jpg

 この日、スタッフ一同、ニコニコ

 あと、うどんもあったので頼む

 と、写真下

 P1080596_2.jpg

 スープと具とわずかな春雨のみ!

 麺は入っていない・・。

 とにかく、念願のチェルノブイリ原発の撮影は終わった。

 帰国して、残る撮影はあれだけだ!


 (つづく)

 


nice!(0)  コメント(0) 

原発事故で死の町となったプリピャチ(2) [他の仕事]

IMG_9430.jpg

 チェルノブイリ原発事故の放射能が降り注ぎ

 市民が全員避難

 誰一人いない死の町となったウクライナのプリピャチ

 浜岡や福井の原発が事故になれば

 東京や大阪がこうなるのだろう。

 IMG_9445.jpg

 線量は今も高い

 1.39μシーベルト

 IMG_9437.jpg




nice!(0)  コメント(0) 

原発事故で死の町となったプリピャチ [他の仕事]

 IMG_9519.jpg

 原発の次に向かったのが、

 チェルノブイリ原発事故で全員が避難

 今も住民は戻って来れず、死の町となった

 プリピャチ。

 IMG_9395.jpg

 写真は幼稚園。

 あまりにも無惨。

 IMG_9403.jpg

 これが原発事故・・。

 飯館村も同じだった・・。

 IMG_9407.jpg


nice!(0)  コメント(0) 

チェルノブイリ原発4号基前。放射線量、測定不能! [他の仕事]

 IMG_9306.jpg

 チェルノブイリ原発取材

 構内を進む

 1号基、2号基、3号基を通り

 いよいよ、事故のあった4号基へ

 写真下。最初の犠牲者の慰霊碑。

 IMG_9295.jpg

 だが、彼の遺体は未だに見つかっていない。

 どこで亡くなったか?も分からないという。

 そして、彼が働いていた場所。

 IMG_9299.jpg

 この壁の向こうは石棺となった4号機である。

 ガイガーカウンターの数値は9.99となり測定不能

 25年経った今、コンクリートの石棺に閉じ込められた今も

 強烈な放射能を発している。

 これが福島第一の25年なのか・・。


(つづく)


nice!(0)  コメント(0) 

チェルノブイリ原発内部へ! [他の仕事]

 IMG_9331.jpg

 チェルノブイリ原発。正面玄関

 ここから内部に入る

 厳重な身元確認。パスポートを提示

 すでに申請した書類を比べて本人確認

 その後、金属探知機を通って(空港みたい)中へ

 それらの場所は撮影禁止で写真はない。

 まず、手前の部屋に入り、着替え。白衣を着る

 放射能を原発外に持ち出さないためである。

 線量計も胸に付ける

 IMG_9325.jpg

 所員の方がガイドとなり、中を案内してくれる。

 IMG_9288.jpg

 ここをまっすぐに進むと

 1号機、2号機、3号機。そして事故が起こった4号機内部となる。

 以下の写真。右側の窓から見える風景。

 全てチェルノブイリ原発敷地内の建物である。

  IMG_9282.jpg

 IMG_9290.jpg

 (つづく)

 
nice!(0)  コメント(0) 

チェルノブイリ原発に到着! [他の仕事]

 IMG_9347.jpg

 チェルンブイリ原発に到着

 写真上が建家。

 今回は前々から手続きし、内部での取材許可を頂いている

 写真下。正面入り口

 IMG_9333.jpg

 ここで厳重なチェックを受けて構内に入る

 そして、事故を起こした4号機の前まで

 構内を進む。

  (つづく)


 





nice!(0)  コメント(0)