SSブログ

日本人はアメリカを知らない。分かった気になっているだけ=だから、現実を見ることができない? [日本人の問題]

181658961_5419392764801650_8698161613899976685_n.jpg

日本人はアメリカを知らない。分かった気になっているだけ=だから、現実を見ることができない?

中学時代からアメリカ映画ばかり見ていた。テレビでは「刑事コロンボ」「刑事コジャック」「スタートレック」「バイオニック・ジェミー」「チャーリーズエンジェル 」とアメリカドラマ。音楽はB・スプリングスティーン。ビリージョエル。Cベリー。ハンバーガーを食べてコーヒーを飲む。80年頃はテレビ朝日がCNNを放送。テレビ神奈川がMTV。しっかり見ていた。アメリカ三昧?!日本にいてアメリカ生活?

「スクリーン」「ロードショー」も読んでいたからアメリカ映画界のこともバッチリ! 出来ないのは英語だけ?と言う状態。映画を見ているとアメリカの生活、習慣、価値観、歴史、事件、政治も学べる。だから、留学しても何も困らないと思っていた。が、アメリカで生活してみると知らなかったことがいろいろあった。文化芸術面ではアメリカ人より詳しい(英語学校の先生と懐かしのアメリカドラマの話なんて出来るのはクラスで僕だけ!)だが、生活面となるとそうでもなかった。当たり前のことを知らなかった。

お金にしても、日本人の大人なら会社に行く時は財布に数万円入っている。帰りに飲み会あるかもしれないし。営業中にサボって映画見たりするかもしれない。飲んでで遅くなりタクシーで帰宅するかもしれない。が、アメリカ人はキャッシュで持つのはせいぜい50ドル〜100ドル。1ドル=100円とすると、1万円ほど。多くの人がクレジットカードを使う。今でこそ、日本でもキャッシュレスとか言うが、アメリカでは80年代からそんな感じ。

理由は治安の悪さ。道歩いていても強盗に遭うことがある。銃やナイフを突きつけられる。その時に渡すためのキャッシュが50〜100ドルなのだ。最低40ドルは持っておけと言われた。でないと、強盗が「なにー!10ドルしか持ってない?こっちも体張ってやってたんだ!」と憤慨して殴られたりする。が、40ドルでも盗れれば「少ないけどまあ、いいか」と納得するらしい。こちらも40ドルで殺されなければいいか?と言うこと。それがロスアンゼルスの常識だった。

大きな買い物はクレジットカード。あと、財布にキャッシュは入れない。ズボンのポケットに分けて入れる。右に40ドル。左に50ドルとか。レジで財布開くと、客を装った泥棒が中身を確認。金が入った財布の主を尾行。人通りのない道まで来て襲撃。財布を奪うと言うことをする。だから、日本のように財布にキャッシュ、身分証、クレジットカードを全部入れたりしない。なのに多くの日本人観光客は財布にドルを入れてショッピング。レジで財布を開いて支払いをする。だから、よく狙われる。

アメリカ映画をかなり見ていたが、そのことは知らなかった。日本人旅行者が知らないのは当然だ。他にもいろんなことがある。ガイドブックには「**人を見たら注意」とか書かれていない。差別に繋がる。しかし、貧しい人たちには犯罪に走る人が多い。注意が必要なのだ。が、その事実は日本のニュースでも絶対に報道しない。偏見を煽ることになる。(マスコミは情報を脚色したり、大切なことを伝えないことが多い)そんなふうに日本にいると、知ることができない悲しい現実がたくさんある。旅行では分からない。何年も住んでみないと分からない。

一番危険なのは、その種の事実を知らないのに、マスコミ情報だけで分かったつもりになり、日本の価値観や道徳で判断。批判したり攻撃したりする人たちがいる。不法移民問題もその一つ。移民と不法移民は違う。後者は犯罪者だ。にも関わらず日本では「かわいそうな人たち」と解釈することが多い。そこから誤解と事実誤認が始まる。そうやって誘導する人たちもいる。アメリカのことを考えるなら、まずアメリカを知ることから始めるべきだ。多くの日本人はアメリカについて何も知らないと思った方が正解。そうすれば、いろんな事件も読み解くこともできる。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。