SSブログ

あの人はなぜ、冷酷なのか?でも、サイコパスではない。言えない秘密がある...。 [双極性障害]

90227021_3577764155631196_5966222672412016640_n.jpg

あの人はなぜ、冷酷なのか?でも、サイコパスではない。言えない秘密がある...。

会見を見た多くの人が憤りを感じ、怒りを爆発させていた。冷酷。悪魔。国民の生活を知らなさ過ぎる。サイコパス。虚言癖。赤い血が流れていないのか?しかし、どれも正解ではないとのこと。以前にも紹介させてもらったが、知人の精神科医の先生が教えてくれた話。今回も紹介する。

あの人が組織の上に立つのは無理。結局、こういうことになる。取り巻きたちは知った上で彼を利用しているのだろう。そして国民は毎回、騙される。そんな彼が抱えるものとは? 問題ある指摘なのでシェアはしないでほしい。

****************************

[新月]あの人の背景ーだから森羅万象。嘘をつくのではなく副作用?

潰瘍性大腸炎の治療薬として、抗うつ剤が使われる。が、副作用として双極性障害の躁状態のようになるらしい。抗うつ剤の効果で、鬱の逆になるということ。では、具体的に双極性障害の躁状態とはどんなものか? 精神科医師に聞いた。

ー患者は「私は何でもできる!」と言う万能感を持ってしまい。自分ができるはずのない仕事、経験のない事業を突然に始めたりする。借金までして大金を注ぎ込んだり、家族や友人が止めても聞かず、暴走することがある。

例えば家族や社員にも相談せず。必要のない高額な機会を購入、できるはずのない仕事を始めたりするので家族や会社が混乱する。患者が会社トップの場合は、社員の反対を押し切って無意味な新事業を始め、膨大な借金をし倒産したり。家長なら貯金をはたいて会社を立ち上げ大失敗。無一文になり家族を路頭に迷わせるたりもする。

自分の発言を後になり「そんなことは一度も言っていない!」と言ったり、言ったこともないことを「私は前々からそう発言している!」と言い張る。そんなふうに周りをかき回すのも症状の一つ。皆で決めたことを後になって、無断でひっくり返して「新しい判断です!」と言い出したりもする。

また、他人の立場や苦痛が理解できず、冷酷に見える。説明を求められても意味不明なことを長々と話し「誤魔化さないでください」と注意したら「私は誠心誠意、説明している!」と怒り出す。散々、無意味な発言をしておいて、それを指摘すると「お前こそが無意味だ!」と言い返す。周りを怒らせ、混乱させる。多くの場合。患者とは気づかれず「おかしな人」「冷淡な人」と嫌われるが、悪意はなく全て症状。また大人気ない行動もあり、立場を考えず、はしゃいだりする。

それが双極性障害の躁状態。個人差はあるが、それらが主な症状例。抗うつ剤を治療に使うことで同じような症状が出るらしい。が、マスコミが精神病、精神障害には一切触れないので多くの人は気づかない。だが、それがあの人の奇行の理由。

ーと言う話を複数の精神科の先生から聞かされて驚愕。「でも、日本中の精神科医は皆、知っているはずですよ」といわれた。繰り返すが、以上の指摘は医学素人な私の推測、意見ではなく精神科の医師から聞いた説明である。ちなみに、その薬の投与を減らすと鬱状態になり、やる気をなくし全てを投げ出してしまうらしい。要はそんな状態の患者で、判断力のないことを知りながら、取り巻きが煽てて、利用し、焚き付け、常識を超えることをさせ、甘い汁を吸っていると言う構図なのだ。

あのヒットラーは覚醒剤を常用。妄想で判断ができず暴走し、国を滅ぼしたという説があるが、似た構図だろう。トップが病気だと国が巻き込まれ崩壊に向かってしまう。いろんな意味で一番苦しいのは本人だ。症状が治れば自分のしたことを後悔するはず。早く役職から降りて治療に専念して欲しい。

参考ー 治療に抗うつ剤が使われる

https://www.morisawa-mental-clinic.com/post/2018/11/03/%E8%85%B8%E3%81%AE%E7%82%8E%E7%97%87%E6%80%A7%E7%96%BE%E6%82%A3%E3%81%AF%E6%8A%97%E3%81%86%E3%81%A4%E8%96%AC%E3%81%A7%E9%98%B2%E3%81%92%E3%82%8B%E3%81%8B%EF%BC%9F



asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 1

Enrique

双極性障害の記事を読ませていただきました。
あの人の場合は,薬の副作用でその症状になっていたと。「なるほど」と思うところがあります。

どの種類の精神病も正しく認識されて,それなりに対処すれば遥かに被害は少ないのに,この病気の場合変に隠すため,ムダな苦労をすることになります。マスコミにもその責任の一旦があるというのも大いに納得出来ます。多くの国民が無条件で信じるNHKあたりが,その病気について正しい情報を繰り返し流せば,大いに改善するはずでしょうから。 

双極性には色んなタイプがあるにしても,割と知能の高い人の症状である場合も多く
トップにそういう人がつくと大変な事になります。当方は義父と職場の同僚(部下)の2人にかなりひどい目に遭いました。義父の場合は職場の長になってその症状が出て流石にすぐに医者にかからせて何とかなりましたが,職場の人たちは大変だったようです。むろん家族も大変だった様です。当方も少なからず罹災しましたが,退職後はかなり治っていました。

職場の人の場合は遥かに苦労しました。職場人生の3大苦労話の一つになります。ここで詳細は述べませんが,おおかたの苦労がそのことを誰も知らないためであった事が,それが解決し掛けた頃にようやく分かりました。彼はそのことを隠して採用されたのでした。もっとも本人は気がついていない可能性もあります。というか気がついてないところが病気の証でもあるのですが。職場のトップも3代にわたって,問題に気がついていながらそれに触れず,部門のトップとなった私が4代目の職場トップに働きかけて,ようやく解決しました。高校時代からかかっていたという担当医に詳細話を聞いて,家族にも伝え,辞職の勧告を行いました(本人は部門の変更を希望していたのですが人事規則でそれは出来ないとの事でした)。鬱になっていた彼は(姿を現しませんでしたが),気の毒なくらい消沈して素直に従いました。彼が問題を起こすのは,躁状態の時だったことが分かりました。いわば下っ端の彼一人が躁状態の時には,誰も対処できず,職場が破壊されない様守るのが精一杯でした。10年以上の言葉に尽せぬ苦労は,彼の病気を全く知らなかったための事だったのです。

ネットでお付き合いした方にもその症状が疑われる方がいました。やはりその時は結構熱くなりましたが,この人はそれだと思ったらこちらの精神状態がラクになりました。
by Enrique (2021-07-23 06:04) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。