SSブログ

この1年苦しみ続けた後輩監督。笑顔で金メダルを喜ぶ選手=テレビを見ると腹が立つ! [オリンピック問題]

9.jpg

この1年苦しみ続けた後輩監督。笑顔で金メダルを喜ぶ選手=テレビを見ると腹が立つ!

後輩映画監督に相談された。この秋に低予算の映画を撮りたいそうだ。製作費は集まっている。ただ、Pは反対しているという、567感染爆発。来年の春にしようと言われたとのこと。

僕は監督業がメインだが、P業もしている。だから、どちらも気持ちも分かる。後輩はもう1年以上前から今回の準備している。この春に撮ろうと思っていたが、567が続き秋にした。もう、収束だと思っていたら、五輪開幕と共にまた感染爆発。だから、今度こそ秋に撮る。感染収まらなくても撮る!という決意だ。

かなり自腹も切っている。監督料も撮影しないともらえない。待ってる間に別の仕事!なんて監督はできない。やることはある。アルバイトしている暇なんてない。だから、生活費はサラ金で借りている。経済的な大変さもあるが、何よりも、その映画は彼の長年の夢。どうしても形にしたいという。

対してP。感染が収まらないと製作費が余計にかかる。スタッフ、俳優の検温係。マスク、消毒薬の用意。透明のプラスティク板(俳優が演じるときに立てる。レストランにあるのの大きいもの)ロケバスも満席にはできない。関係者を小分けして移動させるために車が必要。ロケ先の地方で嫌がられる。旅館が避けるかもしれない。エキストラが来てくれない。それらのために2割増の費用を考える。

春まで待って収束すれば、それらの費用はいらない。全部、本編のために使える。567対策にいくら費用をかけても、物語には関係ない。クオリティが上がる訳ではない。そして何より、もし、関係者から感染者が出たら、キャストが感染したら大変なことになる。即、撮影中止。下手したらスタッフ皆、隔離の可能性もある。参加したがために567になり重症化、あるいは死亡したら大変だ。そこまでリスクを犯して秋に撮影する意味があるだろうか?という判断。

これはPの方が正しい。それを無茶してやっているのが東京五輪。批判轟々。そのことで感染が拡大している。選手や関係者の健康、命をも危険に晒している。ただ、後輩の気持ちも分かる。製作費もある、スタッフも集まっている。ロケ地も決まっている。シナリオもある。あとは撮るだけとなって、もう半年。なのに567が収まらない。もし、春まで待って別のトラブルが勃発したら? 今度は延期ではなく中止になったら? だったら、リスクがあっても今、撮ってしまった方がいい!

客観的に見ればPが正しいが、監督の気持ちは母親に近い。妊娠したもう半年を超えた。秋、出産予定。でも、都合が悪いから中絶して、また来年、子作りしよう!と言われているのに近い。第三者からすれば理解ができるが、当事者の母親からすると「この子を降ろせ」ということ。到底、耐えられるものではない。そんな強い愛情があるから、精魂込めて映画作りができる。高額な製作費はかかっているが、誰も愛のない企業映画とは違う。

どちらの気持ちも分かるが、今、この事態を考えると他の関係者が犠牲になることもあり得る。監督一人が辛い思いをするだけでは済まない。ただ、確かに映画作りというのはタイミングがあり、その機会を逃すと、同じものはもう出来ないことが多い。来年、別の子を生むから我慢する。と、いう母親はいないだろう。後輩の気持ちはそれと同じなのである。なのにテレビをつけるとアスリートと呼ばれる人がインタビューに答えている。

「金メダル。うれしいです。この1年苦しかったけど、頑張ってよかったです」

後輩だけではない。多くの人が、俳優が、スタッフが、音楽関係者が、飲食の経営者が苦しんでいる。お前は、それを考えたことあるのか!「1回、殴ったろか!と思ってしまう。


asahi .jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。