SSブログ

ヒットラーは”景気回復”で立候補、戦争を始めた!知事選も同じだ [都知事選13]

 5750_583702661704042_1923721652_n.jpg

 都知事選について、僕のまわりにいる友人たちに聞くと、多くは細川支持。次に宇都宮支持。誰もが共通して言うのは”舛添だけは駄目!”まあ、業界の人も多いので、皆テレビでは報道されない情報をキャッチしていて、偏向報道にダマされない連中が多いのが理由だ。

 だが、ちまたでは舛添優勢という報道がある。誰が支持しているんだろう?と不思議に思って、カタギの人たちに話を聞いてみた。

年配主婦
”舛添さんは嫌い。でも、細川さんも信用できない。あー何とかいう弁護士さんがいたわね。けど、よく知らないしー”

30代OL
”舛添さんは好きではないけど、やはり自民じゃないともう駄目だと思う。だから、自民が支持する舛添さんかな”

食堂のおやじ
”候補者はみんな年寄りばかりだからねー。投票したくなる人がいないなあ”

 こんな感じの声が結構多かった。でも、皆、仕事で忙しく、テレビと新聞から情報を得るだけ。原発事故も収束したと思っている。いや、原発そのものに関心がない。景気が大切。給料上げてほしい。さらに、先に民主党の裏切りを見て失望しているだけに、やっぱり自民かな?と思ってしまうようだ。

 さらに、彼等、彼女らは福島のことを考える余裕がなく。東京でも放射能が子供たちの健康を蝕んでいることも知らない。次に原発事故が起きて致死量の放射能が東京を直撃したら・・・なんて考えもしない。原発より景気!福島より東京!だから、自民! そんな自分のことで精一杯の人たちが数多くいるのが現実だ。

 思い出すのはアドルフ・ヒットラー。彼は第一次大戦でボロボロになったドイツを建て直すために、経済復興を掲げて政界に打って出た。国民から熱烈支持されてトップに立つ。何だか今の日本に似ている! だが、ヒットラーは暴走、第二次大戦に突き進んで行く。国民が彼の危険性に気づかず。経済復興に飛びついた結果が多くの国民を、いや他国の人々の命をも奪う結果となった。

 果たして日本はどうなのか? 同じ過ちを繰り返してはいないか? それを確認するのに分かりやすいのが、実は原発問題。少し考えてみよう。福島の原発事故は収束していない。今も続いている。その原因さえ分からないのに、なぜ再稼働を急ぐのか? 次に事故が起きたらどうするのか? 福島の悲劇をくり返すではないか?

 オリンピックで浮かれている場合か? 競技場や選手村を作るなら、その分、東北の復興が遅れる。それより福島にお金も労力も使うべきではないか?”汚染水はコントロールされている””東京は安全です!”もう、東京さえ良ければ、それでいいと言っているのと同じ。

 そもそも福島は東京に電気を送るために原発を押し付けられ、その事故で多くの人が古里を追われたのだ。なのに、”東京は安全です”でいいのか?オリンピックで景気回復!て言っていいのか? そこだけ考えても、現政権はおかしい。

 もう1歩進んで考えれば、本当は東京のことすら、考えてはいないだろう。そこに住む1%の金持ちがさらに、儲けることができるように、がんばっているだけのような気もしてくる。

 福島を切り捨てた人たちは、いとも簡単に都民も切り捨て、1%の金持ちのために尽くすだろう。そうなれば、やがて日本はかつてのドイツと同じ過ちを繰り返す。

 原発に賛成か反対か?ではない。原発問題を見つめると、暴走政権の正体が見えて来る。だから、都知事選の争点は”原発”と言われるのだ。それに都民が気づくか?どうか?それが今回の都知事選である。


1012532_585640191510289_876252670_n.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。