SSブログ

原発映画を作る(2)子供たちが危ない  [始動編]

 IMG_0178.jpg

 2012年 春

 昨年、秋頃から、隠されていた原発事故の真実が

 報道されるようになって来たが、未だに多くが伝えられていないことがある。

 放射能の影響だ。

 広島でもそうだったが、その後、多くの人が放射能による原爆病で命を失い

 或いは、今も苦しんでいる。

 チェルノブイリでは多くの人が放射能によって病気になり、死んで行った。

 癌や白血病等にかかりやすくなる。

 特に顕著なのが子供。

 大人の4倍の影響を受ける。

 P1100336.jpg

 それも事故後すぐにではない、4−5年経ってから

 多くの子供たちが病気になった。そして死んで行った。

 そして、奇形児の出産率が極めて高くなる。

 それが日本で起きないと誰が言えようか?

 なのに、チェルノブイリで避難した地区と同じ放射線量がある福島県の町

 今も子供たちが住んでいる。

 汚染された地区の野菜を

 ”食べて応援!”

 と政府はキャンペーン。

 日本中の子供たちは、汚染された食材を食べている。

 東北だけではない、東京でも放射線量の高いホットスポットがいくつも存在。

 IMG_0838.jpg

 なのに、ある学者などは”ニコニコと笑っていれば、放射能は来ない”とか

 ”少量の放射能は健康にいい!”

 なんていうが、そんなバカなことはない。

 チェルノブイリ原発事故のあと。ロシアの子供たちが元気になったという話は聞かない。

 日本でも確実に放射能による被害者が増えて行くだろう。

 何とかせねば・・と思えた。

 でも、僕に何ができる? 

 山本太郎さんのようにデモの先頭に立つこともできない

 小出裕章さんのように原子力の問題を伝えることもできない。

 上杉隆さんのように、真実を報道することもできない。


 僕には何もできない。

 が、このまま、おとなしくしていていいのか?

 前作で抱えた借金を返済するために、働くだけでいいのか?

 しかし、何も・・・できない・・。

 そう考えていて、思いついた。

 映画なら作れる・・

 いや、映画なら作ることができると気づいた。

 (つづく)


 IMG_2482.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。