SSブログ

宿題はいちごを食べること? [撮影準備]

 522578_427298607344449_1140915079_n.jpg

 映画の主人公となる家族はいちご農家。

 その撮影をさせて頂くイチゴ農園で買ったいちご。

 これは俳優さんたちの宿題。

 これを食べて、ロケ地湖西市を感じてもらう。

 太田組式の宿題だ。

 (つづく)

 公式HP=> http://www.asahinoataruie.jp


 支援チラシ(表 .jpg
nice!(1)  コメント(0) 

涙、涙の本読み・・・・そして確信 [撮影準備]

 539667_425940744146902_323972002_n.jpg

 昨日の本読み。

 本当に凄かった。

 「朝日のあたる家」メインキャストが初集結

 お父さん役の並樹史朗さん。

 お母さん役の斉藤とも子さん。

 長女役の平沢いづみさん

 次女役の橋本わかなさん。

 4人が揃って、シナリオを読んだ。

 2時間ほどかけて、シナリオを最初から最後まで声を出して読む。

 まるでラジオ劇を聞くようだった。

 途中から女性陣は涙が溢れる。

 演技の上で涙を流す場面もあるが、それが終わっても涙が止まらない。

 スタッフもシナリオを見ながら、俳優たちの台詞を聞いていたが、

 皆、悲痛な表情で涙を堪えていた。

 あかねの悲しみが、舞の苦しみが

 お父さんの心の叫びが、お母さんのやり切れなさが

 本読みの会場に渦巻く。

 時間が止まり、緊張した静かな空気が張りつめる。

 まるで、名作と呼ばれる舞台を見ているようだ。

 65937_427124687361841_2007686378_n.jpg

 「なぜ、子供たちがこんな目に遭わなければならない」

 「なぜ、両親がこんな辛い思いをせねばならないのか?」

 僕自身が書いた物語なのに、そのテーマが突き刺さる。

 それは俳優たちの力。

 1人1人がそれぞれの人生を創り出し、それぞれの役に命を与えてくれた。

 本読みが終わる。

 でも、誰も何も言わない。ひたすらテッシュで涙を拭う。

 思い出すのは「ストロベリーフィールズ」の本読み

 そして「青い青い空」の本読み

 どちらも、この日と同じだった。

 確信した。

 今回も素晴らしい作品になる。

 素晴らしい俳優さんたちの力で、素晴らしい物語になる。

 いよいよ、数日後には撮影である!

 (つづく)


 支援チラシ(表 .jpg
nice!(0)  コメント(0) 

本読みは撮影前の大切なステップ! [撮影準備]

 65937_427124687361841_2007686378_n.jpg


 映画「朝日のあたる家」本日は本読みを行った。

 メイン俳優4人が集まり、テーブルを囲んでシナリオを頭から声を出して読む。

 それによって、それぞれがどんな感じで台詞を言うか?が見えてくる。

 全体の流れを掴み、撮影に備える。

 スタッフも映画の展開を把握する大切な機会。

 そんな大事な「本読み」最近の映画では行われないことが多い。

 しかシ、太田組では必ず行う。

 そして毎回、キャスト、スタッフ共に、涙涙の展開となる。

 そんなとき完成した映画も涙涙の作品となるのだ。


 (つづく)


 公式HP=> http://www.asahinoataruie.jp



  支援チラシ(表 .jpg
nice!(0)  コメント(0) 

衣装合わせで、メイン俳優初登場。 [撮影準備]


 522663_426937927380517_1653851829_n.jpg

 衣装合わせ。

 主人公たちと初対面。

 並樹史朗さん、斉藤とも子さん、平沢いずみ、橋本わかな

 の家族4人が次々に、衣裳合わせ部屋を訪れる。

 いよいよ始まるという感じ!

 ここからあかねや舞が降臨(?)する。

 734537_426938224047154_401367897_n.jpg

 誰に何を着せると、よりキャラを深く表現できるか? 

 その衣裳でその人の性格や職業。年齢、趣味まで表現できる。

 そして物語の意味もそこで表現せねばならない。

 スタッフが意見を出し合い。

 衣裳合わせが進む。


 (つづく)


 支援チラシ(表 .jpg

nice!(0)  コメント(0) 

シナリオ決定稿が届いた! [撮影準備]



 226848_426089347465375_637394548_n.jpg

 シナリオ。

 原稿書きだけでなく、印刷原稿作りまでやったので、

 出来上がって超感動!

 543958_426090637465246_1161586520_n.jpg

 このシナリオで撮影に挑む。

 (つづく)

 支援チラシ(表 .jpg
nice!(0)  コメント(0) 

長女あかね役の部屋を制作中! [撮影準備]

 32620_423885437685766_1386587212_n.jpg

 「朝日のあたる家」長女あかね

 その部屋。ある家の2階をお借りして改造。制作中。

 写真上が改造中

 下が改造後だ。

 307406_423885544352422_10683843_n.jpg

 あとは、物を持ち込んで飾り込む。

 美術部さんと、応援団の皆様が大活躍

 ミ・・・じゃない。あかね。

 いい部屋になりそうだろ?

 (つづく)

 支援チラシ(表 .jpg
nice!(0)  コメント(0) 

クライマックス近くの重要なシーンのロケ地 [撮影準備]

IMG_0928.JPG

 ここで、あの回想シーン

 お好み焼きのシーンを撮影する

 撮影時と同じアングルで写真を撮ってみた

 クライマックス近くの、もの凄く重要なシーンである。

 (つづく)

 支援チラシ(表 .jpg 



nice!(0)  コメント(0) 

スタッフが参加で監督業に専念! [撮影準備]

 DSCN1103.JPG

 通常だと、映画スタッフが参加するのは

 パートには寄るが

 2ヶ月前とか、3ヶ月前。

 もちろん、1ヶ月前。あるいは現場だけということもあるが

 プロデュサーや監督は1年前から参加するし

 少なくても撮影2、3ヶ月前には何人かのスタッフが参加し、

 準備を進める。

 しかし、今回は低予算。

 なるべく遅く参加してもらうことで

 人件費を安くしてもらっている。

 とは、いえ、直前の参加では時間が足りなくなり準備が間に合わない。

 そこで、これまでは僕が1人7役で動き回り、

 撮影準備を行って来た。

 地元事務局の方々、あるいは前作「青い青い空」で応援してくれた方々と

 ロケハン、協力要請、組織作り、映画のアピール等を続けて来た。

 そして、今月に入り、撮影1ヶ月前となった段階で

 待望のスタッフが参加。

 今回も若きベテランスタッフが何人も参加。

 その実力を発揮。どんどんと問題を片付けてくれる。

 おかげで、僕の仕事も減り。ようやく、監督業に専念できるようになった。

 感謝。

 やはり、スタッフの力は凄い。

 それを改めて感じさせられた。

 (つづく)

 
 支援チラシ(表 .jpg








nice!(0)  コメント(0) 

今日はバレンタインデー! [撮影準備]

 526918_422300211177622_1128095973_n.jpg

 バレンタインデー

 全然、無関係と思っていたら、

 上、写真の豪華バレンタインセットが届いた。

 感激

 以前、お仕事した若き女優さんより

 撮影現場で会える日を楽しみにしている。

 (つづく)

  
 支援チラシ(表 .jpg


nice!(1)  コメント(0) 

シナリオ第4稿 F を執筆中! [撮影準備]

549411_417861614954815_313396520_n.jpg

 ロケハン。市民俳優披露会。ロケハン。

 帰京。

 本日はシナリオ改訂稿

 疲労が溢れる

 時間もない。

 でも、ロケハンで決まった場所に合わせてシナリオ直し

 ブログ。書く元気なし

 これで勘弁。

 (つづく)

 
 支援チラシ(表.jpg
nice!(0)  コメント(0)