SSブログ

A狙撃事件の背景を推理する(以前の続きです) [A狙撃事件]

298729156_552359353338808_4205871570496873648_n.jpg


A狙撃事件の背景を推理する(以前の続き)殺害の動機は何か?

本日は少し体調が良いので、ずっと書きたかった記事を書く。狙撃事件推理の続きだ。前回は山上容疑者の銃に、殺傷能力があることを説明した。多くの人が「あんなもので狙撃はできない!」というが、見た目で判断してはいけない。専門家に聞くと「十分に命を奪うことができる」とのこと(詳しくは前回の記事でー https://cinemacinema.blog.ss-blog.jp/2022-10-24

それに対する批判コメントも来たが、要は「人の意見を認めたくない!」というだけのもの。どの指摘も簡単に却下できる問題点があり「***とは限らないだろう?」と言うよくあるタイプの批判、と言うよりイチャモンに近いものだった。そして「第二の狙撃者」説を挙げる人が相変わらず多いが、その論証をする者は誰もいない。

要はケネディ暗殺事件を重ねて「オズワルドではなく第二第三の狙撃者がいた!だから、これも同じだ〜」と言ってるだけ。それは可能性にしか過ぎない。ケネディの件は大変参考になるのだが、その指摘は推理ではなく想像。ただ、山上が撃ったか?第二のスパイナーがいたか? は大きなの問題ではない。どちらにしても背後に計画を立て推進した勢力がいるという話も前回書いた。それが誰なのか?そこを今回考えてみる。前回の説明。少しだけおさらい。

❶Aがなぜ、すでに応援演説をした奈良で再び街宣をしたのか?
❷長野で演説する予定がなぜ、急に奈良になった?
❸狙撃された場所は警備が難しく、立憲の泉代表が警察に申請したときに演説を拒否された場所である。
❹狙撃場所の近くに統一教会がある

❺前回の応援演説は近鉄西大寺駅前だったが、狙撃時は警備が難しいと警察がいう場所になった。
❻演説時にAの後ろにいたカメラマンが別の場所に移動。その隙間から山上容疑者は狙撃した。
❼山上は岡山でも狙撃を考えたが警備が厳しく中止。するとなぜか?彼の住む街で安倍の街宣が決まった。

つまり、権力を持ち、さまざまな変更や決定をする存在なくして、この犯行は成り立たない。山上に演説場所の変更はできない。では、偶然に狙撃に適した状態が揃ったと言うことか?山上が憎むA。自分が住む街にやってくる。すでに街宣が終わったのに再び。それも警備が難しい場所での演説。誰かが山上ために「ええ、チャンスやで〜」とお膳立てしたかのようだ。というか、そうでないと犯行は成り立たない。偶然が揃った訳ではないだろう。

そうするとすぐに「CIAだ〜」と言い出す人たちがいる。その可能性はあるが、彼らの背景にあるのは映画や漫画の印象。暗殺=CIAと言うだけのこと。ちゃんと論理的に考えて行こう。そこで犯人が誰か?を探る前いに動機を考えよう。なぜ、Aは殺害されたのか? これまで日本の政治家で急に失脚した人たちがいる。小沢一郎、鳩山由紀夫、田中角栄。殺された人もいる。中川親子。自殺と言われるがあまりにも不自然。

共通するのは皆、アメリカが困ることをして恨みを買ったこと。では、Aはどうか?大量の戦闘機を買い、理不尽な条約を結び、ひたすらアメリカ様に尽くして来たではないか? 投票日前にヒラリーに挨拶にまで行った(国際的に非常識!)そんなことまでしてアメリカに諂っていた。なのになぜ? 

まず、気になったのがロシアが発表した入国拒否リスト。それになぜか!Aが入っていない。あいつこそリストの1番にせねばならないのに?いや、北方領土問題を無かったことにしたお礼か?何度もプーチンと会議をしたから?だったら、いかに彼がバカか?把握しているはず。スピーチで「一緒に駆け抜けよう」なんて青春讃歌を謳う総理なのだ。

ネットを調べていると「Aは密かにロシア、中国と裏で連絡を取り合い、世界平和を考えいた」との記事。確か元外務省官僚が実名で書いていた。が、Aが世界平和〜考える訳がない。アメリカの言いなりで、国民を踏みつけて世界で金をばら撒く。それだけの人。云々(でんでん!)。しかし、ロシア入国の件が引っかかる。さらにネットで調べると、「Aはプーチン擁護をしていた」「だから殺されたのだ!」との情報?

そんなアホな〜と検索するが、その手の記事は出て来ない。そこでFB記事で「その種の記事をご存知の方。教えてください」と告知した。ら、本当にそんな記事が送られてきた。こう言う人も「この手の記事は事件の後、急激に削除されほとんど残っていません」んーーー実に面白い。見えてくるものがある。実際にAはロシアやプーチンを擁護する発言をあちこちでしていた。では、何でそんなこと?世界が「プーチンは悪魔だ!」と言っている時期だ。

一つ説明しておくと、これも昨日書いたが、「プーチンは悪魔」は西側マスコミが拡散している。多くの日本人はそれに乗せられている。戦闘に関しても、全てに関しても西側とロシア側の報道は極端に違う。その意味でどちらか片方だけを信用するのは危険。なのに、戦争反対の共産党までゼレンスキーの演説にスタンディングオベーション。多くが「ウクライナに栄光あれ」(勝利してね〜と言う意味だ)なんて言い出す。とても危険。印象操作と誘導が行われていることを感じる。

そんな状況なのになぜ、Aはなぜ、プーチン擁護発言をしたのか? 先の元官僚が言うように世界平和を願っていた? それはないだろう。何か別の理由があるはず。それはあと説明するが、先に挙げた動機が見えてくる。Aは北方領土問題も無かったことにし、100億円くらいロシアに寄付した人。おまけにプーと何度も会談している。

そんな奴がこの時期にロシア擁護。それだけでもアメリカから危険視されてもおかしくない。でも、それだけで暗殺されるか? その答えを得るにはウクライナ問題の裏を知る必要がある。

あーまた長くなったので、続きはいずれ。でも、ウクライナ問題の真相はFB友達の多くは把握しているはず。Aの発言と隠密行動(次回説明)を彼らは危険レベルと理解したのだ。と言って先の官僚のようにAが世界平和を考えて行動したのではない。その背景はFB友達も気づいていないはず。

ただ、その件。安倍が世界平和など絶対に考えない理由は数年前にFB記事で、僕は何度も書いている。では、Aのロシア擁護発言の目的は何だったのか?そしてA狙撃の動機は何なのか?果たして真犯人は?やがて意外な真相が見えてくる。続きはまたいずれ。


m_57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n-55d86.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。