SSブログ

「戦争推進の知事」を脚色して「10万人を超える命を救った偉人」に?沖縄側の感情を考えたのか? [沖縄戦]

302003771_7939168026157432_7210029391074917479_n.jpg


10万人を超える命を住民を救った「偉人」ーと、この映画は描く。日本のシンドラーのような作品だが、かなり事実と違う。フィクションを加えて映画を作る。それは劇映画では特別ではない。が、この作品の場合。沖縄側の立場を考えるべきではなかったか? その辺を考えていきたい。主人となる島田叡知事(演じるは萩原聖人)、荒井警察部長(演じるは村上淳)。本当はどんな人だったのか? 

沖縄戦研究の第一人者が地元紙で解説している。この映画のテーマとなる部分。核となるのは島田と荒井が「どんなことがあっても県民を守り抜くぞ!」と誓い合う場面。そこから彼らは住民を救うための努力と葛藤が続く。が、これは事実ではない。むしろ、反対の行動をしていることが分かるという。

実際はこう「島田と荒井の住民保護は老人、婦女子に限られており青少年らが疎開を行おうとすれば、戦線離脱であり厳重取り締まりを要するーと警告を発している。また、疎開地では避難民を米軍に投降させないために。塩谷警察署を新たに設置、避難民の戦意高揚と彼らの監視強化を計った」

これは明らかに国の指示に忠実に従っただけ。県民を守るというより。管理し、国に従わせるという行為。偉人の行為とは思えない。専門家はこう結論づける「2人の本質は国体を守ることを前提とした住民保護だった」

映画の中で島田と荒井が雨の中、自ら住民を誘導する場面がある。2人の熱い思いが伝わる。だが、その記録はない。映画の創作。そのことで彼らは体を張って県民を守ろうとしたという思いが観客に印象付けられる。実際にはしていない感動的な行動を創作、彼らを偉人にするための手法である。

また、32軍の沖縄を捨て石にするという作戦。島田たちは知らなかったという場面もあるが、専門家はそれも疑問視。立場的に知らない訳がない。だが、知らないということにしなければ「住民を守る!」という思い、映画のテーマが成り立たない。本当に島田たちが「県民を救う」という強い思いがあれば、国や軍と正面衝突。左遷されるだろう。

そうはなってない。彼らは国の指示に従い行動していたから。だが、それでは物語が成り立たない。そこで映画では知らなかったことにした。「偉人にするための巧妙な脚色がある」と専門家は指摘している。

302581839_7985517641522470_3652643824130495791_n.jpg

また、別の専門家から、これは直接聞いた話。島田は会議で「住民にも鎌、包丁を持たせて米軍に突撃させたらどうか?」という提案している。記録に残っている。「何があっても住民を守り抜く!」という誓いを立てる知事の言葉とは思えない。そして、その発言は映画では描かれていない。偉人の感動エピソードを創作。戦争推進者の側面は消し去っている。

そして何より、なぜ「生きろ」と知事は叫んだのか? あの軍国主義の時代に? その背景が描かれていない。理由は「現代の作家」が「現代の価値観」で「命の大切さ」を島田に言わせることで彼を偉人にしたかった。小声で職員に「生きろ」と言った現実のエピソードを拡大解釈して、「生きろ!」と叫び続けた人道主義者にした。その方が観客の共感を呼べる。

監督のインタビューを読み、背景を知る。島田たちの地元からの支援。「素晴らしい。我が県の誇りだ!」と映画を応援してもらえる。それでは「偉人」として描くしかなくなる。地元から「島田は偉人にしないで!」という願いが出ていたが、それには答えていない。

映画を見ていても、沖縄側の視点があまり感じられない。監督自身も「自分はヤマトンチューだ。その立場から描くしかない」という。が、沖縄側に立って考えてないことで、映画が沖縄を踏みつけるものになることに気づいていない。

乱暴にいうと「ナチドイツのアイヒマンは偉人だった。本当はユダヤ人を救おうとした!」ーという映画に近い。ユダヤ人の立場からは絶対にあり得ない設定。同じく当時の沖縄、日本軍に翻弄され踏みつけられ、県民の4人に1人が犠牲となった。それなのに実在の国側の人物を脚色、美化して「本当は政府側にも県民を守ろうとした素晴らしい人物がいた!」という映画にしてしまった。

「国側にもいい人がいたなんて、事実じゃないだろ!」「今更、政府の弁護をするな!嘘をアピールするな!」となる。感動よりも怒り。それらを意図した映画ではないが、そんな解釈されても仕方ない。結局、沖縄戦を歪めてヤマトンチューが楽しむ感動ドラマとして作られている。

「島田を偉人にしないで」と沖縄から声が上がっても、無視。なぜ? 島田叡知事を偉人にしたか?それは島田の出身地でも映画の製作費を集めなければならないからのようだ。地元で「戦争推進をした知事」という映画にはできない。「偉人」でなくては支援してもらえない。そんな背景があったと思えている。

もう一人の主人公・新井警察部長の出身地でも映画支援を受けている。地元では「新井は素晴らしい人だった」という声が出始めた頃。「映画にして我が県の偉人をアピールしよう!」という流れがあったようだ。製作サイドとしては「偉人」にするしかない。沖縄からは「島田知事は偉人として描かないで」という声が上がっていたが、それには応えられない。現実を描くと両県からの支援がなくなってしまうから?

だから島田たちの故郷の思い「我が県、出身の偉人物語」にした? ただ、これでは沖縄戦時。本土を守るために、沖縄を見捨てた軍のやり方がダブってしまう。沖縄を犠牲にして本土を守ろうとした日本。同じことを映画でやってしまっていいのか? それを沖縄戦の映画でやっていいのか? そこはあれこれ考えねばならいところだ...。


128770876_4723230964417837_3027575472875011853_o.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

もう若い頃のように行かない? [健康]

60360099_2681381781936109_4371430164978991104_n.jpg


もう若い頃のように行かない?

昨日は体調最低。何もできなかった。1日限り上映の見たい映画があったのに行けず。食欲もなく自宅入院状態。体調悪化してから4日。良くなるどころか悪化? と言っても、寝てりゃ治る!というレベル。病院行くとかいう話ではない。

そもそも過労でダウンしたのが、先月の末。2週ほどでかなり回復したが、様子を見ようと1週間ほどリハビリを兼ねて仕事をしていた。ら、3週目で体調が悪化。自宅入院状態に逆戻り。まあ、いつもは2週で回復に向かったりせず、最低1〜2ヶ月は寝たきり。その意味で今回は早すぎる。「乙女たち」は9ヶ月の仕事。いつもは1〜2年がかり。疲れもその分少ないか?と思ったりもしていた。

が、短期間に不可能実行指令を果たすのは、精神的にかなり負担がかかったようだ。困ったちゃんもいて毎日イライラ!血圧危険値。そんな9ヶ月は「1年プロジェクト」と変わりないものだったのかも? また、春からは別のプロジェクトもスタート。2本立てで進んでいた。これ実質的に1年プロジェクトより疲労度は大きいのかも?おまけにもう60代。回復力も低下するし、体力も落ちていく。

もう少し、大人しくしておいた方がいいだろう。と思いながら来週は仕事でトークショーがある。これは休めないので週末で回復せねばならない。ただ、回復は努力より時間だからなあ。先月末は過労で舞台挨拶を休むという監督人生始まって以来の失態。体調管理の大切さを痛感。以前は、勢いと根性だけで乗り切って来たからなあ。



297237901_7793153734092196_8618374516547301287_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

本日、配信予定だった動画「マスクについて」=Y社に削除されました! [YouTube]

305398800_8002666189807615_1435045062766832754_n.jpg


いつも動画「太田監督ー私の映画部屋」をご覧くださっている方。ありがとうございます。先日1周年を迎えました。この1年。休みなく配信をして来ました。本日は(406)「マスクを強制する人たち?=戦時中と変わらぬ日本人!」を配信予定でしたが、できなくなりました。

すでに収録し、タイマーセットして、いつものように午前10時から配信スタートの予定でしたが、YouT側に動画を削除されたのです。

理由は「WHOの主張と違う」「ガイドライン違反」というもの。動画は「マスクは本当に意味があるか?」を考えるもの。「WHOはマスクを推奨しているのに、批判することを言うな!」と言うことのようです。それで配信前にいきなり動画削除。

これはもう言論弾圧。言論統制と言えます。社が支持する言論を批判、反する動画は削除!配信させない!と言うこと。この種の話は以前よりよく聞きます。最近は567、枠店に関しての動画が削除されると聞きます。ある種の勢力に都合の悪い意見を封殺する動きが色んなメディアで見られます。

これにどう対処していくべきか?このような仕打ちをするメディアを使い続けることにも疑問を感じますがまた、それを利用して、かわしながら主張を続けると言うのもありかも?ま、とにかく本日の配信はありません。

楽しみにしてくれた方。申し訳ありません。動画は僕のFBで本日公開します。試しに昨日アップしたら問題なしでした。いつものように午前10時に配信。

その動画の何がいけないのか?何が削除理由なのか?も考えながらご覧いただけると、幸いです。


映画監督 太田隆文

こちらで見れます!=>https://www.facebook.com/takafumi.ota.52/posts/pfbid027zwzCWrPiK9ubmAEZkAb2aCGm9bU5VxFD44q3QFFNmjBCTz7mF53yLZVKnRWGeiCl

以下がY社からの通知(クリックすると大きくなります)

スクリーンショット 2022-09-17 11.13.18.png


マスク.jpg




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。