SSブログ

ひとつの映画が完成。公開が終わるとダウン。近況報告 [乙女たちの沖縄戦]

275771431_7144400318967544_8037747019542219015_n.jpg


ひとつの映画が完成。公開が終わるとダウン。近況報告

今回は最新作「乙女たちの沖縄戦」の関東最後の横浜公開が終わる2日前にダウンしてしまった。ここしばらく自宅入院状態が続いた。これはもう歳のせいで持久力がなくなったのか?と思える。

FBで4年前の記事が出てきたので読むと、地元公開がスタートする前にダウンしていた。なんと今回が初ではなく、すでに4年前に同じことが起きていた!

当時を思い出し共通点を探すと、トラブルを起こす関係者がいて、その対処に時間も労力も取られたことがある。本来やらねばならない仕事が山積みなのに、その尻拭いに何週間も取られた。毎日がイライラ!「あのバカのせいで!!」と血圧上昇。「血圧が上がるくらいで〜」と侮ってはいけない。歳を取ると血管が細くなり脆くなる。怒り爆発で血圧が上がれば、血管が切れて脳梗塞ということもあり得るのだ。

今回も「明日から大事な作業!」なので準備をせねばならない日に、問題を起こした本人に長い説教メールを書かねばならなかった。流石に反省したようだったが、数日後にまた同じようなトラブルを起こした。もう、呆れ果てて連絡はしていないが、迷惑をかけた方々には謝罪して回った。

困ったちゃんは他にもいてイライラ。血圧は危険値?! 本来の仕事に費やす時間と労力を取られること自体、大きなストレスとなる。結果、終わった時にホッとして疲労困憊がドバー。こうして過労で毎度、長期間寝込むこととなる。

ただ、今回は何年もかけたプロジェクトではなかったこともあり、疲労度マックスではなかった。また、すでに次の仕事がスタートしており、心の底から「終わったーー」と思えなかったので、ストッパーが効いたのかも。そのため短い期間のダウンで回復に向かっている。が、これは同時に時限爆弾を抱えたまま、走り出すということでもある。注意せねば。

ハリウッドのキングと言われたクラークゲーブル。彼が亡くなった原因は共演者にあると聞く。撮影が始まっても現場に来ない。スタジオを探すと控室にいた。「演じる自信がない・・・」と落ち込んでいる。説得してスタジオへ。でも、翌日も同じ。そんなことの繰り返し、ゲーブルは毎日イライラ。イライラ。そのストレスで体調を崩し、心臓麻痺で死んだと言われる。59歳。ストレスを舐めてはいけない。無邪気な困ったちゃんに殺されないようにせねば。



294323059_7745172148890355_8640451737632891488_n.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。