SSブログ

「乙女たちの沖縄戦〜白梅学徒の記録〜」たちの沖縄戦」感想by 東ちづるさん [乙女たちの沖縄戦]

298104362_7818125604928342_157473034288143893_n.jpg

東ちづるさんから頂いた感想

子どもの頃から聞かされていた戦争体験者の語りや証言を思い出しました。

体験者や被爆者の生の声を聞くことも難しくなってきた戦後。

戦前にならないよう、できることは悔いのないようアクションしたいです。


ブログ用.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「乙女たちの沖縄戦」への批判コメント⑥ 「ドキュメンタリーがドラマ臭いんだよ」ー映画制作の方法論を知らない人たち。解説 [乙女たちの沖縄戦]

DSCN4572.JPG

「乙女たちの沖縄戦」への批判コメント⑥ 映画制作の方法論を知らない人たち。解説ー終

このシリーズ好評なので、どこかに上から目線でおかしな批判しているコメントはないか?さらに探してみた。「つまらない!」というのも一つの感想であり、それは認める。そもそも沖縄戦に興味がない。戦争は映像で見るのも嫌という人もいる。

ただ、沖縄戦を知らず事実無根なことを信じて「違うぞ〜」というコメント。映画表現を理解せずに「***にした方がいい!」というのは明らかな間違い。知らないことを思い込みで批判してるだけ。その手のおかしなコメントを読み「いいね」している人もいる。それでは沖縄戦について誤った認識を持ってしまう。だから解説。最終回は映画表現について。批判コメントはこうだ。

「ドキュメンタリーパートとドラマパートに分かれいたけど、ドキュメンタリーパートがドラマ臭いんだよな〜。もっと普通に撮ればいいのによ〜」

日頃、ドキュメンタリー映画をあまり見ない方か?ドキュメンタリーと言ってもいろんなスタイルがある。「プロジェクトX」だってドキュメンタリー。「ゆきゆきて進軍」「はりぼて」「香川一区」も同様。皆、スタイルが違う。ドラマだってドキュメンタリータッチのドラマがある。その意味で今回の「乙女」はドラマタッチのドキュメンタリーにした。

「ドラマ臭い」のではなく「ドラマ仕立て」なのである。コメント主は週末の昼や深夜に放送されるドキュメンタリー番組あたりを「ドキュメンタリー」と思い込んでいるのだろう。あの種の番組は予算が低く、カメラマンを呼ぶ費用がなく、ディレクター自身がカメラを回していることも多い。当然、撮影は上手くない。ブレる画面。ピンボケ。被写体がフレームから外れる。だが、ドキュメンタリーなので視聴者は受け入れる。また、その手の不安定な撮影こそが「ドキュメンタリーだ」と思い込む人もいる。(コメント主もそんな1人だろう)

米国ドラマ「24」はまさにそんな手法を取り入れて、わざと不安定なカメラ、ピントが外れる。画面がブレるという方法論で撮影されている。そのことでドラマではなくドキュメンタリーを見ている気持ちにさせてリアリティを強く感じるのである。僕はその手法の逆をドキュメンタリーに取り入れた。

三脚でフィックスしたカメラ。ドラマのような美しいフレーム。ピンボケなんて作らない。もし、案内人が素人さんなら難しいが、女優さんだったので、何も言わなくてもフレームからはみ出したり、急に動き出したりせず、カメラレンズも見ないので可能だった。日曜昼のテレビドキュメンタリーと違い、映画撮影ができるカメラマンさん。ディレクターが撮影した訳ではない。彼女に密着しながらドラマと同じ丁寧な撮影をしたのである。

その意味は何か? 後半がドラマパートだからだ。前半で日曜午後のドキュメンタリー番組のような手ブレ、ピンボケ、暗い画面。といかにもドキュメンタリーという映像を見せられて、後半でいきなりカチッとした画面で、照明まで当てられた映像だどう思うか?前半と後半は完全な別物に思えてしまうだろう? いかにも作られたドラマを見ている気分にならないか?

そこでドキュメンタリーパートからドラマ仕立ての映像を見せることで、そのギャップをなくし、スムーズに橋渡しする。ドラマ部分がいかにもドラマと感じないように持って行く働きをしているのだ。そのためにもドキュメンタリーパートの撮影をドラマのように丁寧にし、見づらい画面を極力避けて、まるでドラマを見るような美しい画面で撮影したのである。

さらに解説すると、見づらい画面こそがドキュメンタリーということではない。先にも説明したが予算が少ない。時間がない。だから、あのようなブレブレの画面。ピント外れるような映像が多発するだけ。もちろん、決定的瞬間を取るためには画面の美しさにこだわれないこともあるが、金と時間をかければドキュメンタリーだって美しい画面で撮ることはできる。

それを知らずに「見づらい画面こそがドキュメンタリーであり、ドラマ臭い。もっと普通に撮ればいい」と指摘するコメント主さん。それは手抜きして撮影しろ!というのに等しい。そしてドラマ仕立てのドキュメンタリーパートだからこそ、再現ドラマにも違和感なく入れる。

それはカップラーメンしか食べたことない人が、手打ち麺を専門店で食べて「カップの味がしない」と批判するのに近い。あるいはカレーラーメンを食べて「カレー臭いんだよな」と不満を漏らすようなもの。「これ変」と思った時、自分が正しいと思わずに、自身をまず疑ってみることが大事。自分の知識は間違っていないか?自分は映画表現をどこまで知っているのか?なぜ、通常と違う表現を使ったのか? 考えることで視野も広くなるはずだ。


ブログ用.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

4Kなんて必要ない!と思っていたが、時代の波は押し寄せる。 [映画業界物語]

300484511_7900927839981451_990123866939281286_n.jpg


4Kなんて必要ない!と思っていたが、時代の波は押し寄せる。

「乙女たちの沖縄戦」は4Kだった。データカードも高い!おまけに映画館でかける映画は24Pで撮らねばならない。ここは時代遅れ。そしてHDDも大容量が必要。

撮影が終わるとHDDにコピー。万が一を考えて2台のHDDにコピーしておく。SDカードも消さずに置く。万が一、失くしたり消えたら大変。もう一度、撮ることはできない。

ドラマならまだ、多額の出費をしてキャストを再集結して撮影できるが、ドキュメンタリーは無理。あの瞬間だから撮れた絵というのがたくさんある。だから、コピーはかかせない。


78333202_3245059878901627_1537660045007781888_o.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

私だって、私だって、疲れるわ〜(元ネタ分かる人凄い) [映画業界物語]

私だって、私だって、疲れるわ〜(元ネタ分かる人凄い)

毎回、①撮影が終わると、あるいは②作品が完成すると、それとも③公開が終わるとダウンする。③の時が一番酷く8ヶ月寝込んだことがある。毎回、7人分の仕事をする。要は過労。あの過労死の過労だが、以前はなかなか理解されず「本当はサボってんだろう?」「倒れるまで働くなんて有り得ねえよ」とかよく言われた。

やる気のないサラリーマンならではのコメント。映画は低予算でいいものはできない。だが、方法はある。僕が7人分働くことで(ギャラは1人分)経費が削減され、いろんな相互効果もあり節約もできることで、予算の2倍3倍をかけねばならない作品ができる。これを当たり前のやり方でやれば、予算通りの作品にしかならない。

ドキュメンタリーで言えばNHKにも及ばない「だから何?」としか思えない作品になる。観客の心に突き刺さる映画にするには予算も時間も労力も必要。だから、僕が7人分働くことで対応。一部のスタッフにも同じ形で頑張ってもらっている。

だが、そこに別の仕事が重なり、同時進行だと疲労度倍! さらにこの先10年後にも、その方法論を維持するのも難しい。健康や病気、老化を考えねばならない。ただ、今はその方法でしか良い作品を作ることはできないが、改良の余地もあるはずだ。あれこれ考える。

え? 何の話って? 分かる人だけ分かればいい。あ〜今日で「乙女たちの沖縄戦」関東公開が終了。ありがとうございました。

294323059_7745172148890355_8640451737632891488_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

統一問題の裏側。大胆推理。ついて来れなくてもOKです。 [A狙撃事件]

統一問題の裏側。大胆推理。ついて来れなくてもOKです。

今進行しているのは、アメリカが日本支配を任せていたA政権=統一グループ(両方ともにアメリカが育てた団体)をクビにして、別の統治者を持ってくるための作業ではないか?そのためにアメリカの手駒である日テレ(こちらもアメリカが作った)を使い旧勢力を攻撃。殲滅しようとしている。

雑誌の急先鋒「新潮」もアメリカの御用誌。あのミヤネ屋が急に正しい報道を始めたのも納得できる。指令が出ているからだ。なんて書くと、また「陰謀論だ〜」と、マスコミ情報を鵜呑みにするだけで考える力のない人たちが、あれこれ言ってくるだろう。

しかし、あのミヤネ屋が「急に正義に目覚めて悪を追求する!」なんておかしいでしょう? おまけに日テレだよ。A政権とズブズブだった。何があったのか?考えてほしい。ただ、今後はそのミヤネ屋には頑張ってAグループは殲滅してもらいたい。NHKや朝日グループよりはマシだ。

次にどんな酷い連中が出てくるか?分からないが、Aグループがこのまま永続するのはお天道様が許さない。ま、妄想好きの映画屋の想像。ムキになってコメントせぬように、下らないものは即削除する。「あ、その発想ありかも?だったら・・」と考えるきっかけにしてほしい。


297458659_7800504976690405_6802776977694560545_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

アメリカが何をしようとしているか?知るための簡単な方法 [マスコミ問題]

アメリカが何をしようとしているか?知るための簡単な方法

テレビでよく見るデイブ・スペクターの発言に注目することは大事。彼は911の時、ある番組で「あれはテロリストの犯行ではなく、組織的な犯罪である」と指摘した専門家に対して、感情的に取り乱して反論を続けた。完全に激昂。

そして米大統領選ではトランプ批判を続けた。多分、彼はあるアメリカの勢力の意向通りに日本を誘導すると言う役割があり、それをテレビやネットで発信する仕事をしているのだろう。911はテロリストの犯行でなければ湾岸戦争は始められなかった。

日本から莫大な支援を受けて軍需産業が大儲けすることはできなかっただろう。なのにテロでないと言われ焦り逆上した。使命を果たさねば。といつも冷静な彼が取り乱してしまう。そしてトランプはその勢力と敵対する存在。だからイメージダウンさせて葬りたい。それらの日本誘導担当も彼なのだろう。(567に関してはパックンが担当?)

そんな彼が今、統一教会を批判している。となるとこれはアメリカの意図だと思える。しかし、あの教会はもともとアメリカの支援で巨大化した組織。それを自ら潰そうと言うのか? だが、彼が批判を続けているのを見ると、そこにアメリカの意志があると思える。

ただ、今回はその後、日本人をどこに誘導しようとしているか?が見えない。911は戦争に誘導。トランプの時は大統領から引き摺り下ろす。では、今回は?

いずれにもしても、そこにアメリカの意図がある。なんと言っても彼のイニシャルこそ、D(デイブ)S(スペクター)なのだから。お粗末!?


297458659_7800504976690405_6802776977694560545_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。