SSブログ

動画(277)劇場再上映記念ー山本太郎出演シーン。感動的なあの演技も紹介だ!(再配信) [YouTube]



(277)劇場再上映記念ー山本太郎出演シーン。感動的なあの演技も紹介だ!(再配信)


FLMHuM2aIAAebZm.jpeg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

依頼人向けの試写。昨日、無事終了。 [2022]

274449797_7044125988994978_8715768220133112799_n.jpg


依頼人向けの試写。昨日、無事終了。


まだ、完全に編集が終わっていない状態なので、少し心配ではあったが、かなりの好評。このまま進めることになる。先方もドキュメンタリーの仕事を何本もやっているので、作業途中でも分かってもらえた。

テレビのドキュメンタリーを見ていてよく思うのが、楽してできる編集法で済ませていること。毎週放送するために時間のかからない方法を選んでいる。時間がかからない分だけ、当然クオリティが下がる。だが、テレビの場合はそれより、納期に間に合い、予算内で、トラブルを起こさないことが大事とされる。

僕は若い頃にメイキングの編集を3ヶ月以上かけてやった。当然、3ヶ月間暮らせるだけでギャラではない。それでもクオリティの高いものを作りたい。見る人が「へーーー凄いなあ」と映画制作の現場を興味深く感じる作品にしたい。特にメイキングは手を抜こうと思ったらいくらでも手を抜ける。DVD特典についているものを見ると分かるが、数時間で編集できるものが多い。

多くの作家が「1ヶ月も編集していたらギャラが合わなくなる!」と計算するからだ。「どーせ、メイキングなんて真剣に見ないしよ」と思ってしまう。だから、日本映画のメイキングには酷いものが多い。そもそも、製作サイドが十分なギャラを払わないのが問題ではあるが、編集する側も目先の生活だけを考えるべきではない。若手の頃はギャラをもらってやる編集実習と僕は思ってやっ。

僕が監督になってから若い作家にメイキングを頼んだが、どれも酷すぎ。大切な場面を撮影できていないこともあり、何より編集が酷い。
2日で作業しました!みたいなものばかり。理由は先と同じ「あのギャラで1ヶ月かけて作業はできませんよ」と言うもの。見る人のことを考えていない。自分の都合だ。「借金してでもやれ!」とは言わないが、メイキングはいろんな編集ができる。勉強になる。自分の作った作品を多くの人に見てもらえる。彼らは監督志望なのに、そのチャンスを生かそうとせず、安易な編集で早く終わろうとした。

1ヶ月暮らすのに十分なギャラではないが、金をもらって実習をするのがメイキング監督と言う仕事。それをみすみす楽して終わらせてしまう。その姿勢も問題。と言って別の人に頼む予算はない。だから、僕がギャラなしで編集する。「向日葵の丘」も「明日にかける橋」も自身で編集した。

できれば若手が編集したバージョンも数録して、比較できるようにしたいくらいだ。手を抜き時間をかけずに作業した編集と、必要な時間をかけた編集がどれだけ違うものか?分かるような形にしたいところだが、若手の作品は人様に見せられるレベルではないので、それもできない。

編集はとても大切だし、こだわらねばならないもの。今回も編集料は出ていない。が、僕が取材したもの。内容も一番把握している。安いギャラで他の人がやれば余計に時間がかかる上に、楽して作業するだろう。クオリティも下がる。そんな仕事に1ヶ月以上もかけるバカもいない。

でも、今回も多くの人が見るであろう作品。個人の都合や生活で測り、作業してはいけない。何より編集はとても重要な仕事。手抜きをするくらいなら、やらないほうがいい。さあ、「詰め編集」②のスタートだ。


%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202014-10-17%208.29.01.png
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。