SSブログ

(272)劇場再上映記念ー映画界のタブーに挑戦?=「朝日のあたる家」禁断の原発事故映画を作る。再配信 [YouTube]



(272)劇場再上映記念ー映画界のタブーに挑戦?=「朝日のあたる家」禁断の原発事故映画を作る。再配信

 今夜7時から!

m_60764999_2681749791899308_369149531398340608_n-8d7ef-51fa7-7dd60.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

”The House of Rising Sun" (2013)coming soon! to the theaters [2022]

%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202014-10-17%208.29.01.png


”The House of Rising Sun" (2013)

coming soon! to the theaters

Movie about nuclearplant accident.
February27,March3,9 @ Ekoda Film festival Tokyo
March 27. Theater Seven @Osaka


朝日ー横長.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

動画(271)定年後の計画?=元気な内に何をするべきか? [YouTube]



(271)定年後の計画?=元気な内に何をするべきか?


%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202014-10-17%208.29.01.png
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

編集作業。今になってスピードアップ。霊は本当に降りてきたのか? [2022]

274090731_7021983141209263_1622740823993493663_n.jpg


編集作業。今になってスピードアップ。霊は本当に降りてきたのか?

締め切りまであと少しなって、ようやく作業がスピードアップ。「さっさと始めればよかったんだよ〜」とか言われそうだが、スタートしたのは1ヶ月以上前。作業に集中しスピードを上げるまでには、何週間もかかる。1週間の時もあるが、4週間の時もある。そこまで自分を追い込み、環境を整えて、全集中できるように持って行かねばならない。

格闘家。特にボクサーも、同じような努力をしているのではないか?だから、試合前になるとジムに泊まり込み、自宅には帰らない。家にいると日常モードになってしまい、闘争心が掻き立てられないからだろう。テレビ見たり、新聞読んだり、親兄弟と話していると、試合モードが阻害されるのだ。

机の上にある恋人の写真とか見ると「どうしてるかな〜?」とか考えてしまう。「次の誕生日は何をプレゼントしようか?」とか思っていると闘争心が萎えてしまう。だから、試合に集中するためにジムに籠り、一日中練習する。編集作業も同じ。人に会わない。テレビを見ない。世間に関心を持たない。編集素材が描く世界に集中する。

それが今回は2回も寸断。それぞれに5日づつ別の作業をせねばならなかった。それらを終えてから再開。完全に別モードになっている。その期間が本当に苦しい。作業はパソコンするのだが、そこに頭の痛いメールが来ると、血が逆流。編集より怒りに駆られてしまう。先にも説明したアホなPは「どうですか?」などと、進行を探ろうと電話して来たが、それほど邪魔なものはない。

いろいろあったが、締め切りを目前にしてスピードアップ。霊は来ているのか?と疑いながら作業。粗編で3時間になったものを、昨日で2時間半まで縮めた。ただ、切ればいいというものではない。その世界を小さくするのではなく、圧縮する。そのためには数秒ずつ切って行かないとならない。10分ドカッと切ると世界の空気が急激に減って、見る人に伝わらなくなる。

目標は1時間半。あと1時間切らねばならないが、最後の方はまだ詰め編集が終わっていない。その辺でかなり稼げるはず。問題はその後だ。2時間まで縮めても、あと30分。この30分がボクシングの減量と同じで本当に苦しい。

今回のインタビュー映像は、体験者が魂を込めて吐き出した言葉。その全てを伝えたい。ただ、それだと見るものが混乱する。ある程度、整理し短くする必要はある。が、その先は大切な言葉も削らなければならなくなることが多い。上映時間の問題だけでなく、観客が耐えられる時間も必要。ドキュメンタリーには3時間、4時間というものもある。記録として必要だからだ。しかし、そのことで見る気を無くす観客もいる。そのせめぎ合いも存在する。

締め切りまでに完成させる必要はない。が、今回は僕の企画でも製作でもない。依頼を受けた仕事。その会社の関係者が見て分かるレベルの詰め編集は必要。せめて1時間40分くらいにすることは大事。残念ながら編集料が出ない低予算作だが、そんな問題ではない。ここ数日が戦いだ。




%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88%202014-10-17%208.29.01.png
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。