SSブログ

まだ、編集に戻れていない。もう2月だ。 [2022]

273110812_6934777669929811_2011700602619939619_n.jpg

まだ、編集に戻れていない。もう2月だ。

夏休みの宿題とは違い、単に作業をすればいいというものではない。ノリと熱さがが大切。でないと惹きつける作品にはならない。とは言え、別の仕事を終えて編集に戻ってから今日で1週間だ。日ごろなら遠くに行くと気分が変わるので良いが、編集中はダメ。せっかくのノリが戻って来ない。

おまけにバイクが直ったのも嬉しいことだが、晴れると(晴れなくても)乗ってしまう。さらに「呪術廻戦」全23話がamazonで見れるのも良くない!そんなこんなで作業に戻れない。が、何もしない訳ではなく、あれこれ考えている。その1つが今回の作品である****と結びつけば火が付く。つまり、遠出したことだけではなく、その題材を明確に把握しきれていないところも原因の一つなのだ。

くだらない人たちがいる。愚かな人たちがいる。正義を振り翳し、あれこれ言ってくる人たちがいる。戦時中も同じだったのだろう。「非国民」「アカ」「売国奴」国の方針に従わない者に、その種のレッテルを貼りバッシング。憲兵なら分かるが、同じ一般市民が強要、見知らぬ人まであれこれ言ってくる。マスク、枠てん、5類にしてはいけない!テレビも、専門家も大合唱。しかし、彼らが正しいとは思えない。

戦時中も同じだったはず。何も考えずにマスコミ報道を鵜呑みにしている。うすら笑いを浮かべて「何も分かってないんだね?」「陰謀論好きだね?」いやいや、分かってないのはあんただよ!と言いたいところだが、誘導されたバカと関わるのも虚しい。本当の敵は大衆を誘導する連中だ。目の前の愚人を言い負かしても意味はないのだ。

だが、一ついいこと。現代を生きながら戦時中を体験できる。こんな感じなのだ。賢いと思っていた人たちが簡単に誘導され、プロパガンダを流し続ける。馬鹿な人たちはもっと簡単に扇動。こうして人々は自分達の命と財産を失う大イベントに、自ら飛び込んで行く。戦時中も今も、手を変え品を変えれば簡単に騙されてしまう。てなことを考えていると、編集に戻れそうだ。


m_asahi20_edited-1-f0023-a8af6.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。