SSブログ

太田監督ー私の映画部屋⑤「ドキュメンタリー沖縄戦」について語る! [YouTube]



太田監督ー私の映画部屋⑤「ドキュメンタリー沖縄戦」について語る!

「ドキュメンタリー沖縄戦」」ネット配信10月7日(木)で終了。

 日本全国どこでも見られます。お早めにご覧ください。
DVD発売はありません。

学校では教えない真実の沖縄戦!

詳しくはこちらのサイトで=>
バーチャルシネマ https://www.aevc.aeoncinema.com



1028_okinawa_B5_omote.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

「ドキュメンタリー沖縄戦」」ネット配信10月7日(木)で終了。  [沖縄戦]

スクリーンショット 2021-10-04 9.15.23.png

「ドキュメンタリー沖縄戦」」ネット配信10月7日(木)で終了。 

日本全国どこでも見られます。お早めにご覧ください。

DVD発売はありません。

学校では教えない真実の沖縄戦!

詳しくはこちらのサイトで=>
バーチャルシネマ https://www.aevc.aeoncinema.com


1028_okinawa_B5_omote.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

動画「太田監督 私の映画部屋」バックナンバー はこちら!  [YouTube]

67730571_2898453226895629_8082856768620724224_n.jpg


【「太田監督 私の映画部屋」バックナンバー 】  

①「コロナ禍の映画界は今?」
https://youtu.be/CH08FN2Y9AY

②監督作「向日葵の丘 1983年 夏」ってどんな映画なの?
https://youtu.be/w7nTPVBuWMk

③「ドキュメンタリー沖縄戦」がイオンで配信開始!
https://youtu.be/dWegdEdhuL0

④ 「有名になりたい!」と言う女の子たち?
https://youtu.be/B1-7sDEDCYk

⑤「ドキュメンタリー沖縄戦」について再び。
https://youtu.be/AoTahkyqsQY

⑥ 「 LAの大学で映画を学んだ頃」
  https://youtu.be/axeSX--r43I

⑦ 「 映画の撮影現場ってどんな感じ?」
 https://youtu.be/yeswF-hwM0s

⑧「1989年の想い出」ーLAで「ブラックレイン」を観た!
https://youtu.be/lIXFR04pGgY

⑨ 「巨匠・松林宗恵監督の想い出」ー「連合艦隊」の巨匠。お友達は大スターばかり!
https://youtu.be/cG_Ern_XRa8

⑩ 「大人は間違ったことを子供に教える?」
https://youtu.be/WXqsn7A3mDs

(11)「撮影現場で助監督はどんな仕事をするのか?」
https://youtu.be/R1Rrur_-smE

(12)「才能あるのか〜と聞かれたことある?」 
https://youtu.be/dbhz9NbwL7w

 (13) アメリカを見ると日本が分かる【銀行編】
https://youtu.be/8DuqxliS2VQ

(14) アメリカを見つめると日本が見えてくる【日米車社会比較】
https://youtu.be/4sMI5JWhG-A

(15)「終わったことを嘆いても仕方ない。と前向きな人はダメ?」
https://youtu.be/eRTo5EsfUX4

(16)「愚痴を言うな!」がダメ。スピルバーグは反省の人? 
https://youtu.be/a6dkw1H32EM

(17)歴史は教科書では学べないー沖縄戦の勉強で感じたこと!
https://youtu.be/wC2FhPp9f2Q

(18)「想い出の名画座ー大阪編」
https://youtu.be/o4gXIC2zTbs

(19)夢を潰す日本人。夢を応援するアメリカ人?
https://youtu.be/qh_1r1T9zDI

(20 )「なぜ、大手が作る映画は詰まらなくなるのか?」
https://youtu.be/bhue3lQn3qU



241823656_6093203847420535_4261776287517856819_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

動画「太田監督ー私の映画部屋」(45)英語にするとヤバイ?日本の有名食品=LA留学体験記 [YouTube]




(45)英語にするとヤバイ?日本の有名食品=LA留学体験記


ED3D8A85-3D14-4ACA-A43A-B81155139CCB.jpeg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

動画「太田監督ー私の映画部屋」(44)大林宣彦監督に憧れて、僕のデビュー作は地方を舞台にした女子高生の青春物語 [YouTube]




(44)大林宣彦監督に憧れて、僕のデビュー作は地方を舞台にした女子高生の青春物語


1370272_509837852438737_1497927869_n-1-affc8.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

動画「太田監督ー私の映画部屋」(43)映画を観て「ツッコミどころ、満載!」とはしゃぐ若者の悲しい背景? [YouTube]





(43)映画を観て「ツッコミどころ、満載!」とはしゃぐ若者の悲しい背景?

若い映画ファンのレベルが低下?説明なしでは理解できない。

自己中心の発想。教育が日本人の考える力を奪った?

ED3D8A85-3D14-4ACA-A43A-B81155139CCB.jpeg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

動画「太田監督ー私の映画部屋」(42)3S政策を知らない80年代の日本人? [YouTube]



(42)3S政策を知らない80年代の日本人?

このブログを読んでくれている皆さんなら、ご存知ですよね?日本人を誘導する3S政策!
そのことを僕が知ったのは、1987年のLAでした。
3S政策とは何か? 政府が誘導するそれは何か?動画で解説します



ED3D8A85-3D14-4ACA-A43A-B81155139CCB.jpeg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

動画「太田監督ー私の映画部屋」(41)沖縄戦はなぜ学校で教えられないのか? 知られてはいけないこと [YouTube]



(41)沖縄戦はなぜ学校で教えられないのか? 知られてはいけないこと



ED3D8A85-3D14-4ACA-A43A-B81155139CCB.jpeg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

減量生活ー飲み会の危機は切り抜けた? [健康]

244048950_6200655076675411_1908764595421265847_n.jpg

減量生活ー飲み会の危機は切り抜けた?

先日も人と会い飲む機会があり、減量生活を続ける中で大いなる脅威となった。が、幸い渋谷の果てにある店。かなり歩かねばならず、そこでエネルギーを消費したせいか?翌日の体重はさほど変わらず。あと、飲み放題だったが、料理がショボく(写真は別の日のもの)。量も少ない。揚げ物もわずか。それが僕にはちょうどよかったようだ。

と言う訳でー7キロに増えていたが、その後はー8キロに戻り。今、−9キロ台に肉薄している。以前のように頭に回る血が足りなくて、ボーとすることもない。空腹でカロリーの低いものを少量食べて抑えることもなくなった。体が少量の食事に慣れたのだろう。

思うのは今まではいかに、必要以上のカロリーを摂っていたか? 激しい肉体労働をするのではないのなら、わずかな食事で人のエネルギーは賄えると言うことだ。

世の中には美味しそうなものが多く、あれこれ食べたくなる。それに惹かれてつい食べてしまう。本来、そんなに食べなくても人のエネルギーは足りているのだ。テレビや広告に乗せられて、食べログとか見て、食欲の罠に落ちていたのでは?とか考える。

ま、でも、567収束後に元の社会に戻ると、外食もせねばならず、すぐに体重増加してしまうのだろう。若い頃は安くて量のある定食屋を探したものだが、今は少量で健康的な食事の店を探すことになるとは。人生分からないものだ。


m_57611785_2620420724698882_5993821032744484864_n-55d86.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

レッテルを貼りに騙されてはいないか?!「非国民」「アカ」=言葉の持つ怖さを考えてみる [再掲載]

C2MkbJTUAAAJsPN.jpg


【レッテルを貼りに騙されてはいないか?!「非国民」「アカ」=言葉の持つ怖さを考えてみる】

その昔、共産主義者のことを「アカ」と呼び毛嫌いした時代があった。日本だけでなく、アメリカでもソビエトが掲げる共産主義を危険視し、それを支持する人たちは危険と感じ、避け、嫌い、差別した。その蔑称が「アカ」だった。

同じような言葉に「非国民」というのがある。戦時中、政府や軍に協力的でない国民をそう呼んだ。戦争映画を見ているとよくそんな場面を見かけるが、要は戦争に反対したり、理不尽なことをする軍を批判したりすると、そんなレッテルを貼り、糾弾するための言葉だ。

これらの危険なところは、その事実がなくても、その種のレッテルを貼られることで、多くの人から拒絶され、差別され、攻撃されること。「あいつはアカだ」「非国民だ」そう言われる人を見ると、意味が分からなくても、何かいけないことをしている人たちで、近寄らない方がいい。仲良くしてはいけないと思えてしまう。

実際には違っていても、そう言われることを避けるために誤解される行為をしない。進んでその種の人を批判するという風潮さえ生まれる。言葉というのは恐ろしいもの。例えば、おかしな人がいる。何をしているか分からない。理屈っぽい。過激な考え方。むずかしい本読んでいる。海外の文学に傾倒している。それだけで戦時中は「非国民だ」「アカだ」と言われてしまった。もし、そんな言葉がなかったら、

「あの人は海外の本ばかり読んでいるし、過激な発言多いし、何をしている人だろう? 変わっているね?」

で終わる。でも、「アカ」とか「非国民」という言葉が作られたことで

「きっとあいつはアカだ」「非国民だ」

とよく分からないのにレッテルを貼り批判する。物事をある種の方向に動かし、人々を先導したい人たちにとっては、とても便利な言葉。他と違うことを言う人。個性的な人たちがいると、よく分かっていないのに「アカだ」「非国民だ」と決めつけ差別する。ある種の差別用語であり、言われた人も屈辱だし、周りの人も影響を受ける。自分の目で確かめようとせず、その言葉を鵜呑みにする。

人は詳しい背景を知ろうとしたり、比較、分析したりせず。安易にその種のレッテルを貼りがち。考えることをせずに、決めつけるところがある。戦時中はそこに目をつけて「非国民」と言う言葉を作り、浸透させ、利用したのだろう。

戦時中だけではない。今でも同じだ。アニメが好きと言うだけで「あいつはオタクだ」と決めつけたり、勉強ができないと「落ちこぼれ」と呼ぶ。ネットの世界では、現政権に批判的な人を「反日」と呼び批判、攻撃する。主に「ネトウヨ」と呼ばれる人たちが。

だが、意味を取り違えている。政権=日本ではない。なのに政権批判すると「反日」というのはおかしい。そもそも反日というのは海外で日本を良く思わない国を指す言葉。それを国内で使ってどうする? だが、「非国民」と同じ手法で、政権を批判させないレッテルとして利用しているのだ。

これらが俗にいう「レッテル貼り」だ。単なる言葉であるが、それが大きな効果を発揮する。身近なところで言えば「ストーカー」も同じ。例えば

「あの人。ずっと付きまとっていて困るの」

と言うと、昔なら「よっぽと君のことが好きなんだよ」と言われたかもしれない。それを「あの人。ずっと付きまとっている。ストーカーなの」と言えば「それは怖いな。警察に届けた?」となる。

大ヒットドラマ「101回目のプロポーズ」の武田鉄矢の真似をすると、今ではストーカー扱いされる訳だ。あの時代はそんな言葉はなかった。そんな風に「ストーカー」=「付きまとう異常者」と言う定義ができてしまい。それをレッテルとして貼られると、本当にその人が好きでも異常者扱いされてしまう。レッテル貼りがとても危険だと言うこと、分かってもらえただろう。戦時中は国がそれを利用。「非国民」レッテルを使い、戦争反対を言えない空気を作った。

今また、戦争に向かい進んでいる現政権を支持する人たちは「反日」と言う言葉で、批判を押し込めようとしている。ただ、その政権の総理がやたら

「レッテル貼りはやめてください」

と国会で言うのは、笑えないブラックジョークだ。戦争法を「安保法案」と全く逆のレッテルを貼り、強行裁決をしているのに、野党には「やめてください」と言っているのだ。レッテルに騙されてはいけない。本質を見抜かなければ、とんでもないところに連れて行かれてしまう。


asahi _edited-1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。