SSブログ

日本人はなぜ感情を見せないのか?人前で大笑いする、号泣する。激怒するは恥ずかしいと思うようになったのか? [ムラ社会ルール]

IMG_2596.jpg

日本人はなぜ感情を見せないのか?人前で大笑いする、号泣する。激怒するは恥ずかしいと思うようになったのか?

20過ぎにアメリカ留学。ハリウッド映画は子供の頃から見ている。アメリカについてはとても詳しい!と思っていたが、住んでみるとあれこれ知ることがあった。ただ、一番学んだのはアメリカ人より日本人とは何か?である。比較することで日本人というものが分かってくる。

日本人は大人になると、人前で大笑いしたり、声を上げて泣いたり、怒りにまかせて怒鳴ったりすることは恥ずかしいと考える。「大人げない」「子供っぽい」「常識がない」などと批判される。感情を顔に出すことさえしなくなる。仕事ではそれこそ能面を被ったように感情を出さず、指示されたことに不満を示さずに作業するのが大人で有り、社会人だという認識のようだ。

そんなことがあるので外国人から見ると「日本人は何を考えているか?分からない」となるのだ。嬉しいのか? 悲しいのか? 怒っているのか? 分からない。もちろん、日本人が外国人と対峙した時に、英語が分からずにどうしていいのか?分からないので、笑みを浮かべるしかないということもあるだろう。だが、笑ったり、泣いたりしない日本人は理解できないのも頷ける。

対して、アメリカ人はよく笑い、ちょっとしたことで激怒し、悲しい時に泣く、とても分かりやすい。中国や韓国の人でも日本ほど感情を抑えない。悲しい事件で「哀号!」と泣き叫ぶ韓国のおばちゃんの映像はテレビでも見る。が、日本人は大きな悲劇を目の当たりにしても、ハンカチで涙を抑える程度だ。なぜ、日本人は感情を抑えることが大人であり、社会人であるという国になってしまったのか?

専門家ではないが、侍の時代が長かったからではないか? 侍は悲しいからと泣き叫んではいけない。人前で怒りを爆発することは恥ずかしい。戦国時代ではなく、安定した江戸時代からの習慣ではないか? 人前で大笑いしたり、泣いたり、怒ったりすることは秩序を乱す可能性がある。平穏な時代を乱すかもしれない。そういうことを抑え、排除する意識が生まれて来たのではないか?

殿様がいて、幹部がいて、その下に多くの侍がいる。だが、戦いはない。将軍は謀反を起こさないように、各藩を監視。危険性があれば潰しにかかる。参勤交代で金を使わせる。そんな背景もあり、感情を見せず、大人しくしていることが大事だったのではないか? 

また、今も続く村社会ルール。影響があるはずだ。人と違ったことをしない。新しいことをしない。皆と同じように生活する。狭い村で排除されない。揉めないための知恵から、その種のルールが生まれた。感情を見せないのも。同じ背景があるのではないか? 怒る。泣く。笑う。という人の内面が伝わる反応をしないことで、本心を悟られないように、誤解されないようにしたのではないか? それを徐々にコントロール。抑えることができた人を大人と評するようになった。

なんだか寂しい気もする。感情を抑え込むのが大人という発想。自身で抑え込む。互いに本心を探られないようにする? この国ではそうやって生きて行かねばならない。対してアメリカ人をみると、怒りたい時に怒り、泣きたい時に泣く。おかしければ大笑いする。どちらが人間として自然なのか?と考えてしまう。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

「日本の政治家はバカばかり」という人たち=でも、彼らは印象とデマだけで発言?! [A政権について]

IMG_0177.jpg

「日本の政治家はバカばかり」という人たち=でも、彼らは印象とデマでしか把握していない?!

彼らの発言を聞いていると首を傾げることが多い。「安倍は辞めろ!」という人たちに「次の総理は誰がいい?」と聞く。「麻生はダメ」「菅は嫌い」「石破は戦争する」「小池は日本会議」とかいう答えが返ってくる。「では、誰がいいの?」と聞く。「誰もいない!みんなダメ」という。皆、情報通で政治を語る人たち。「みんなダメ」で済むことでないことは分かるはずだ。

この手の人たち。「みんなダメ」だから選挙に行かない。結果、彼らが毛嫌いしている安倍を応援しているのと同じ。言っていることとやってることが逆だ。それらの人の記事やブログをいろいろ読んだが、明確にそれら政治家を分析し把握しているものはなかった。怒りと失望。印象とデマ。自分の価値観を重ねる。100点主義。こども食堂に集まるクレーマー類。正義中毒も見かける。

「石破はダメだ!」「軍事オタクだから」「すぐに戦争を始める!」そんな簡単に戦争はできない。特にトランプが大統領になってからは無理。何より石破以外が総理になったら、安倍逮捕はない。そこに気づいていない。それ以前にトランプのことも知らない。反トランプのアメリカ・マスコミの報道を鵜呑みにしている。就任演説も聞いていない(日本で放送されていないし)これまで鋭い意見を発信していた人たちが、そこに嵌っている。

もっというと「総理は安倍以外なら誰でもいい」という側面もある。「菅や麻生が総理になったら何も変わらない!」という友人もいるが、現総理の脅威を理解していない。医療の専門家からの情報だが、彼は持病を抑えるための特効薬を使用。その副作用で精神状態が普通ではない。だから森羅万象と言い出す。言ったことを言わないという。虚言癖ではない。副作用だという。酔っ払いがバスの運転をしているようなもの。だから止めなければと聞かされた。少なくとも石破、菅や麻生は正常。真剣に戦争しようとは考えていないはず。

様々な専門家、事情通の話を聞くと、その辺が分かって来た。それを印象だけで、日本やアメリカのフェイクニュースを聞きかじって判断している人がいる。時代はどんどん複雑になり、本質が見えなくなる。頭のいい人も、政治に関心ある人も、今はフェイクニュースに振り回されている。「分かってないなあ」と上から目線。印象だけで判断してはいけない。いろんな情報を精査しよう。整合性を考えれば、ある程度の真実にたどり着けるはずだ。


m_12527945_1003590556381915_2074457293_n.jpg
nice!(0)  コメント(0)