SSブログ

「Fukushima50」が隠した事実=大津波の対策を潰したのは吉田所長!だから全電源喪失が起き、日本が危機に? [Fukushima50を検証]

88228319_3567695069971438_5889524250246643712_o.jpg

大津波の対策を潰したのは吉田所長!=ということは、彼のために全電源喪失が起き日本を危機にした?

添田孝史著「原発事故と大津波 警告を葬った人々」(岩波新書)を読むと、東電がいかにいい加減で隠蔽体質の強い組織であるか?が説明されている。朝日新聞の科学記者(科学的な知識を持ち事故を取材する記者)によって書かれたものだ。

大津波が来ることは311以前から何度も指摘されており、保安院からも注意を受けていた。にも関わらず、東電側は費用がかかる対策をしたく無いので先延ばし、無視、別の資料を作り検討し直しということを繰り返していた。

つまり大津波は「想定外」ではなく「1000年に1度の大津波」でもなく、想定されていたものであり、その対策を東電と福島第一原発側が怠っただけなのだ。さらに、想定された大津波の対策を拒否し、握りつぶした人物こそ、映画のメインキャラの1人。渡辺謙が演じた吉田所長その人なのである。

決死の活躍で、部下たちと共に原発を守り、事故対策をする姿が描かれていたが、その事故を起こすきっかけを作ったのが吉田所長その人。当時は所長ではなかったが、彼は津波の専門家では無い。にも関わらず「大津波は来ない」と対策を拒否した。原発事故で本人がその責任を取ることなった。つまり、彼は映画で描かれたように「日本を救うために頑張った」のではなく、自身が津波対策をしなかったために、日本を危機に陥れ、部下の命を危険に晒したのである。

その罪深い人物の、そんな背景を一切描かず、隠して、英雄として描いたのが「Fukushima50」という映画。隠蔽、改ざん、嘘で固めて、やるべきことをやらない。映画も東電も同じ体質なのだ。


俳優について=>https://cinemacinema.blog.ss-blog.jp/2020-03-09

製作面について記事=https://cinemacinema.blog.ss-blog.jp/2020-03-07

要は東電賞賛映画?=>https://cinemacinema.blog.ss-blog.jp/2020-03-08


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画「Fukushima 50」事実でないことを事実として描く=生前に吉田所長自身が否定したことまで!? [Fukushima50を検証]

87157216_3542904532450492_4845346876578332672_o.jpg

映画「Fukushima 50」事実でないことを事実として描く。=生前に吉田所長自身が否定したことまで!?

劇中で「総理の視察のせいで、ベントが遅れた」という描き方をしている。が、それは事実ではないこと。吉田所長自身が生前に否定。説明している。

(2014年9月17日 東京新聞記事より、福1吉田所長のインタビュー)

<官邸には現場の苦闘が伝わらず、十二日朝、菅直人首相がヘリコプターで福島第一に乗り込んだ>
 -首相は何を話したか。

 「かなり厳しい口調で、『どういう状況になっているんだ』と聞かれたので、『要するに電源がほとんど死んでいます。制御が効かない状態です』と。『何でそうなったんだ』ということで、『はっきり津波の高さも分かりません。津波で電源が全部水没して効かないです』という話をしたら、『何でそんなことで原子炉がこんなことになるんだ』と原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹委員長に質問していました。『ベントどうなった』というから、『われわれは一生懸命やっていますけれども、現場は大変です』という話はしました。記憶はそれくらいしかない。時間はそんなに長くなかったと思います」

 -いかに現場が厳しい状況になっているかは説明したか。

 「なかなかその雰囲気からしゃべれる状況ではなくて、現場は大変ですよということは言いましたが、何で大変か十分説明できたとは思っていません」

 -首相が来たことで、ベントが遅れたか。

 「全くないです。早くできるものは(首相のヘリに汚染蒸気を)かけてしまったっていいじゃないかぐらいですから。私だって、格納容器の圧力を下げたくてしようがないわけですよ。総理が飛んでいようが、炉の安全を考えれば、早くしたいというのが、現場としてはそうです」

元記事=>https://genpatsu.tokyo-np.co.jp/page/detail/12

***********************

つまり、吉田所長が否定していることを、映画では「事実」として描いている。「総理のためにベントが遅れた」=>「事故対応の邪魔をした存在」ドラマでいう「悪役」。そのことで、職員50人は「それに耐えて頑張った英雄」という存在にできる。事実を曲げて嘘で描いている。

そんなことをこの映画でしていいのか? 映画冒頭に「真実の物語」とテロップを出し、エンディングに「この映画はフィクションであり、登場する人物は架空のものです」とは出さない。吉田所長も、東電も実名。つまり、全て真実ーノンフィクションということ。そんな作品で事実でないことを描き、嘘を描く?

さらに佐野史郎演じる「総理」は菅直人という名前では一度も呼ばれない。一方、吉田所長は「吉田所長」であり実名。ここから分かること。先の「総理がベントを遅らせた」という事実でないエピソードを描いたのは「勘違い」や「知らなかった」という理由ではないという事だ。事実ではないことを知りながら挿入したエピソードだと言える。

なぜなら「事実ではない!」と告訴された時に「あれは菅総理ではない。総理という名の架空の人物だ」と弁明するために「菅直人」という名前を使わず「総理」にしてあるのだろう。そこからもこの映画は意図的に嘘を交えて「悪いのは天災と官邸。東電は頑張った。日本を救った」という解釈を広めたいという事か? 似たことをした国がある。汚染水が溢れているのに総理が「アンダーコントロール」と嘘を言い、オリンピックを誘致。同じ手法なのだ。

俳優について=>https://cinemacinema.blog.ss-blog.jp/2020-03-09

製作面について記事=https://cinemacinema.blog.ss-blog.jp/2020-03-07

要は東電賞賛映画?=>https://cinemacinema.blog.ss-blog.jp/2020-03-08


asahi20_edited-1-1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

コロナウイルス騒動。日本と日本人が試されているのか? [コロナウイルス]

89961421_3567547866652825_4859062506745757696_n.jpg

コロナウイルス騒動。日本と日本人が試されているのか?

毎日、テレビとネットをチェックしている。テレビだけ見ていては原発事故の時と同じで、重大な事実を隠していることがあるので信頼できず、例えデマのように思えてもネット情報の方が事実であること。これも原発事故で学んだ。大事なのはマスコミに騙されないということだ。

さて、友人関係からも情報を集めているが、映画関係者はロケが中止、延期が相次いでいるという。まあ、この時期にラブシーンとか演じたらマズイことになるかもしれないしなあ。濃厚接触だし。また、撮影で地方に行くにしても、地元が嫌がる。スタッフに患者がいたら、町中に感染するという不安を持たれるという。

CMの方は放送があるので、延期できない状態らしいが、スタジオ入り口でスタッフの熱を計り、マスクを渡し、消毒薬で手を洗ってからしか入れないという。ドラマの方の話はまだ聞いていないが、これも放送があるから延期はできない。が、キャストの1人が感染しているだけでも大変なことになる。撮影続行不可能という事態も考えられる。

アメリカが非常事態宣言を発令。トランプがオリンピックの延期発言。これはもう今年は断念だろう。元総理のおじいさんだけがマスクせずに頑張っているだけ。この時期に開催することに意味はない。いや、マイナスが多すぎ。が、オリンピックどころではなく、Twitterを見ていると、人類の危機というものまである。大袈裟ではなく、その可能性は高い。

すでにリーマン・ショックを超えて、限りなく原発事故に近づく騒ぎになっている。細菌兵器である可能性もあり、だとしたら、ミサイルの飛ばない戦争が始まっているようなもの。建物は壊れないが、人は倒れ、経済はボロボロになる。消費税10%、コロナ危機、そしてオリンピック中止で、日本は大打撃を受ける。なのに政府は後手後手。というより危機管理能力がない。マスコミも何か大事なことを隠しているはず。

不安は大きいし、大きな犠牲も払うことになるだろう。だが、原発事故の後に、原子力ムラの正体が分かり、マスコミの体たらくがクローズアップされたように、見えなかった膿や汚れた構図がまた発覚。日本が大きく変わることにも繋がるはずだ。無能な指導者が排除され、より良い未来を掴むチャンスにもなる。そのためにも政府やマスコミに騙されず、この危機を乗り切り、生き延びよう。


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

コロナウイルス騒動と似た構図?=原発事故。あの時も嘘と隠蔽。真実は伝えられていない。今回も? [コロナウイルス]

safe_image-1.php.jpeg

コロナウイルス騒動と似た構図?=原発事故。あの時も嘘と隠蔽。真実は伝えられていない。今回も?

コロナウイス。推移を見ていると7年前の原発事故を思い出す。地震直後に全電源喪失。メルトダウンの危機だったのに何も発表せず。地元の人たちが避難したことさえ報道せず。水素爆発があった時も、御用評論家が「あれは放射能は入っていませんね〜」と嘘をテレビ伝え。「ヤバそうだけど。大丈夫なんだなあ」と僕らは思えていた。

それが各地で高濃度の放射能が測定。どこから来たの?ということになる。やはり爆発? そう、あの時の放射能は風に流され、避難中の人たちの上から降り注ぎ、多くが被曝。東京にも流れて来て僕らの上にも大量に降っていたのだ。それが分かったのは随分後のこと。スピーディの測定も極めて正確だったのに「測定できなかった」と嘘を言って隠蔽した。

今回のコロナウイルス騒動も、何か似た展開だ。最初は「新型インフルエンザ」死亡率も低い。と報道。海外で患者数は増えるが日本ではそれほどでもない。ダイヤモンド・プリンセス号に乗客を閉じ込めて「カサンドラクロス」状態。やがて日本で患者数が上がらないのはPCR検査をしないからと分かる。

中国への渡航歴がないからダメ。とか、感染が広がっているのにそんなこと言って拒否。「身の周りに患者いない!」デマツイートまで流れて、連日詳しく報道する「モーニングショー」に圧力。総理は専門家の提案もなく、菅官房長官や荻小田大臣の反対も無視して、全国の学校を休校させる宣言。福1の事故で混乱した官邸を思い出す。また、放射能が拡散しているのを隠蔽したのも。患者数の増加を隠すのと共通する。

政権が変われど、日本政府の体質は隠蔽と後手後手の対応は同じだ。が、まだ、原発事故の時の民主党政権。菅直人の方がはるかに真剣に対応しようとしたと思える。あの映画では彼が混乱を起こしたように描いているが、張本人は東電。隠蔽秘密体質が原因。それでいうと、今回こそ、映画通りに総理が混乱の原因だ。

それらの状況から感じること。あの時は「放射能」の恐怖でパニックが起こることを恐れて隠した。今回はウイルス。だが、現時点ではエボラレベルの怖さはない。なのに、宝塚も、ディズニーもお休み。甲子園も中止になった。この対応と報道の落差。未だにオリンピックをするという元総理の老人までいる。原発事故と同様に何かとんでもないパニックなる症状があるのではないか?

単なる新型インフルエンザではなく、「肺炎を起こして、高齢者は死に至る危険性がある。」という以上の隠された何か?があるウイルスだろう。「男性は生殖能力を失うことがある」というのは、海外では報道されているが、日本では未だに伝えない。やがて驚愕の事実が出てくると感じる。



60764999_2681749791899308_369149531398340608_n-8d7ef-51fa7.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画