SSブログ

ウイルスで世界が全滅する「復活の日」まさに今の日本? [映画感想]

87218876_3535387073202238_6427113877778989056_n.jpg

ウイルスで世界が全滅する「復活の日」まさに今の日本?

1980年に大ヒットした角川映画。amazonプライムで見つけた。僕は当時からひねくれ者でテレビで大宣伝する映画は見に行かない主義。確かテレビ放送の時に見た。それ以来の鑑賞。

映画で登場する「MM88」このウイルスは細菌兵器でして開発したもので、ワクチンがない。強い感染力で死亡率が高い。劇中でこんな解説がある。「最初は普通の風邪と変わらない」「それがたちまち肺炎となり」「他の症状を併発して」「今までに見たとことのない...」これってコロナやんか!

映画としては先日見た「感染列島」と違い、医者たちが長期間、不眠不休で治療にあたるので目の下にクマができ、顔色が悪く、汗が噴き出している。「感染」は何週間経っても主人公たちはサッパリとした顔で、髪型さえ変わらない。日本映画はその辺の演出がないことが多いが、「復活の日」はちゃんとしている。

前半のウイルスが広がる展開は人ごとでない。バタバタと死んでいく患者を埋葬できずに積み上げて、自衛隊が火炎放射器で燃やす。最近の日本映画では見ない、大物量作戦。物凄い数のエキストラ。大規模なロケ。超大作感満載。そして南極基地にいた人々だけが生き残り、どうするか?と言うのが後半だが、ここから「何で?」と言う展開。

子孫繁栄をどうするか?をこの映画で論じる必要があるのか? 「ウオーキングデッド」のシーズン1の次に現シーズン(いかに共存するか?がテーマ)が来るようなもの。2、3、4とウォーカーに追われる恐怖を描いたように、ウイルスの恐怖を丹念に見せるべきではないか?

safe_image-1.php.jpeg

緒形拳の医者の話は1シーンしかなく、もっと掘り下げることができる。患者の家族とか、医者の苦悩。その辺「感染列島」は丁寧に描き、涙を誘った。が、こちらはダイジェスト的に見せるだけ。勿体無い。また、海外セールスを考えて、アメリカの有名俳優も多数登場するが、物語自体がインターナショナルになっていない。監督と共同脚本が深作欣二だが、アメリカ人の発想を理解しておらず、ハリウッド俳優を配置しただけでいつもと同じ日本映画として作っている。

グレンフォード演じる大統領の場面があるが、本来なら内閣総理大臣の場面。それを入れ替えただけ。おまけにアメリカの惨状はほとんど描かれない。これではアメリカ人観客は見づらい。共感できない。感情移入できないとなる。もし、アメリカセールスを考えるなら、草刈正雄と最後に行動を共にするボースペンソンの視点で最初から描くべき。

いわゆる昭和「ガメラ」方式(キングコング対ゴジラも同様)でアメリカ人キャラを出して、アメリカ人が物語を見やすいようにすることが大事。なのに、最後になって主役格になり、草刈正雄に花を持たす役割。アメリカ人観客が見ていたらがっかりするだろう(それもカッコ悪い形で死に至る)

そのため海外ではセールスできず、日本の場面をほとんどカットして編集し直した。それでも売れず(日本場面ないと、ほとんど物語として成立しないだろう)アメリカのケーブルテレビがようやく買ったと言う結末と聞く。

ただ、当時、この映画の予告編はめちゃめちゃ感動的で、それだけで涙するほど。ま、感動場面を全部見せてしまうと言う角川得意のパターンだけど。でも、25億円の制作費で25億円の収益。海外にも売れず。でも、今、見返して、それは当然だとも感じる。あー主題はウイルスだった。この映画を見た当時はこれはSFであり、こんなこと現実には起こらないようなあーと思っていた人は多いだろうなあ。



asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

いろんな意見を聞き、情報を得て、論理性、整合性を持って考えれば真相は見てくる! [my opinion]

IMG_5239.JPG

いろんな意見を聞き、情報を得て、論理性、整合性を持って考えれば真相は見てくる!

原発事故の悲劇を描いた映画「朝日のあたる家」(山本太郎さんも出演)を撮ったことで、いろんな人たちと出会った。反原発に人生を賭ける人たちから、学者、ジャーナリスト、政治家、首長、元総理、評論家、経済学者、また、情報通の方々から、その後も原発以外のことも教えていただく。

そんな情報を時々、記事にしてFacebookでアップさせてもらっている。かなり意外なものもあるが、その情報源が誰か?はもちろん言えない。「証拠見せろ!」と言う人がいるかもしれないが、刑事ではないし、ジャーナリストでもないので、それを立証することはしない。

ただ、世の中にはデマが溢れているし、国民の目をそらすためのフェイクニュースも多い。国会議員が言ったら、学者が論文で指摘しているから、と言うだけで信じてはいけない。信頼している人からの情報でも、そもそもの出所が問題ある場所かもしれない。「私は新聞記者じゃないから、本当のことが何か?は分からないよー」と言う友人もいる。

でも、現実に照らし合わせ、他の意見と比較することで、真実に近づくことはできる。前後関係。流れ。誰が一番得をするのか?と言うミステリーで犯人を探す時の基本も大事だ。また、平和な時代に長く生きていると想像力が欠乏する。安全な国ニホンに住んでいると、アメリカのマクドナルドでバッグをテーブルに置いてトイレに行ったりする!日本の発想だけでなく、海外からの視点でも考えてみる。

被害者の立場に立つ。同情するだけでなく、加害者の立場にも立ってみる。どんなメリットがあるのか? リスクは何なのか? そして何より論理性、整合性。思い込みは厳禁。都市伝説に当てはめたり、作られた陰謀説に無理やり合わせて「これだ!」と考えない。想像や妄想に陥らず、論理の飛躍に注意して考えれば、真相に近づくことは可能。

原発事故もそうやってアプローチしていたら、いろんな人たちによって真実が暴露され、電力会社が隠していたこと。原子力ムラが密かに進めていたことは国民の知るところとなった。今回のコロナウイルス騒動もいろいろ裏があると思える。単なるインフルエンザの流行とは違う。考えれば、いろいろ見えてくるはずだ。


asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

デマだと分かった今でも買い占める人がいる! [2020]

87444703_3533193996754879_5788941862840565760_n.jpg

昨日、せっかく店頭にトイレットペーパーが並んだのに

デマだと分かった今でも買い占める人がいるようだ!



asahi20_edited-1-f0023.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

News 23が安倍総理を大批判。 コロナによる休校問題。 [2020]

89223206_3530743820333230_1803745299198377984_n.jpg

News 23が安倍総理を大批判。

コロナによる休校問題。今夜の「News23 」で安倍総理の決断理由を追求。専門家からの提案もなし。何の根拠もなく決めたこと。荻小田も、菅も反対したのに、今井秘書官と2人のみで決定。支持率回復目当て。

総理のリーダーシップのなさを指摘。ここしばらくないくらいに批判。そう、今だ!いいぞ。小川さん。今がチャンス何だ!大切なのは視聴者が「ダメだな。この人。何も考えてねーなぁ」と感じること。頑張れTBS




asahi20_edited-1-f0023.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画